メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年7月10日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2014/7/10号 vol.517
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
・‥…━━゚+.━★・‥…━━.+゚━★・‥…━━o゚+.

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

┏…━━゚+.━★CONTENTS…━━o゚+.━★━━o゚+.━★━━o゚+.━★
┣■7月のテーマ『涼しい夏旅! ちぃばすミニトリップ』
|7月10日号は「夏イベントも満載! 赤坂ルート大特集」
|☆ミニコラム「ちぃばすの車両」
┣■イベント&アート情報
┣■港区の名建築を訪ねて「港区の洋館特集(2)」
┗…━━゚+.━★…━o゚+.━★…━━o゚+.━★━━★━━o゚+.━★

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今日は何の日!?
7月10日は「納豆の日」です。

なっ(7)とう(10)の語呂合わせから、
関西納豆工業協同組合が1981年関西限定の記念日に、
さらに1992年に全国納豆共同組合連合会が改めて全国の記念日として制定しました。
納豆は良質のたんぱく質を含みスタミナ強化に最適で、
さらにビタミンB群が暑さからくる体力の低下を防ぎ、
またネバネバ成分のムチンが胃壁を守り、消化吸収を助けるという、
まさに夏バテ防止にもぴったりの食品です。
ぜひ食事にも納豆などを取り入れて、夏の暑さを乗り切りたいものですね。

さて7月のテーマは、暑さを避けて『涼しい夏旅! ちぃばすミニトリップ』。
第2週目は六本木朝日神社からもほど近い、六本木ヒルズから出発する
「赤坂ルート」のご紹介です。
夏休みを前に、夏イベントの情報などもいろいろ交え
ちぃばすで回れるおすすめスポットをご紹介します。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
7月のテーマ『涼しい夏旅! ちぃばすミニトリップ』
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「夏イベントも満載! 赤坂ルート大特集」
テレビ朝日・六本木ヒルズ/東京ミッドタウン/国立新美術館/赤坂サカス
豊川稲荷/乃木公園/テレビ朝日・六本木ヒルズ

http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyo-machi/kotsu/bus/community.html
http://www.fujikyu.co.jp/express/

【運賃】小学生以上一律1乗車100円
【問い合わせ】TEL:03-3455-2213(フジエクスプレス)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■1テレビ朝日・六本木ヒルズ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
今回のスタートはテレビ朝日・六本木ヒルズから!
まずはここで夏イベントが開催されているので、楽しんでみましょう!!
敷地内では7月19日から8月24日まで、
「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」を開催。
ヒルズの玄関口【66プラザ】で、なんと66体ものドラえもんが
お出迎えしてくれるのをはじめ、
【六本木ヒルズアリーナ】では、連日子供に大人気のヒーローが登場。
「仮面ライダー鎧武/ガイム」、「ハピネスチャージプリキュア!」などの
「アニメ・ヒーロー」ステージショーが無料で楽しめます。
また【テレビ朝日アトリウム】では、
テレビ朝日の人気番組の世界を楽しめるアトラクションや、
スペースツアーなども盛りだくさん。
かき氷の名店が大集結する「かき氷コレクション」や
「水上プレミアムガーデン」などグルメも楽しめます。
イベントを楽しんだら、
森タワー1階にあるバス停「16 六本木ヒルズ」からちぃばすに乗車しましょう。

http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/
http://www.roppongihills.com/

【場所】港区六本木6-9-1(テレビ朝日)、6-10-1(六本木ヒルズ)
【問い合わせ】0570-068-555(テレビ朝日)、03-6406-6000(六本木ヒルズ)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■2東京ミッドタウン
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
ちぃばすミニトリップ、次に下車するのは「36六本木七丁目」。
このバス停の目の前に「東京ミッドタウン」があります。
ここでは7月18日から8月31日まで、
恒例の夏イベント「ミッドタウン ラブズ サマー 2014」が開催されています。
今年のイベントでは日本文化を体感したり、
日本各地の名産品をモヒートにして味わったり、
都会にいながら“日本”を楽しめるイベントが繰り広げられます。
「東北三大祭り in 東京ミッドタウン」では、
青森の「ねぶた」、秋田の「竿燈」、仙台の七夕の「吹き流し」を展示し、
目で楽しめる「日本の夏」を演出。
「ASHIMIZU」では、足湯ならぬ足水で“涼”を感じさせ、夕涼みを堪能できます。
またハリウッド版映画「GODZILLA ゴジラ」公開記念で、
芝生広場に高さ約6.6mのゴジラも出現。
さらに夜には光とミストを使った特別演出もなされるとのこと、
「BACARDI MIDPARK CAFE」などとともに楽しんでみたいものです。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/summer/2014/

【場所】港区赤坂9-7-1
【問い合わせ】03-3475-3100

+‥‥‥‥‥‥‥‥+
■3国立新美術館
+‥‥‥‥‥‥‥‥+
「36六本木七丁目」から再びバスに乗り、バス停「37乃木坂駅入口」で降ります。
乗車区間は一区間ですが、夏の暑さの中では少しでも涼みながら移動したいものです。
こちらのメールマガジンでも度々登場しているおなじみの美術館ですが、
7月9日から10月20日は注目の大企画展が開催されます。
「オルセー美術館展 印象派の誕生 ―描くことの自由―」では、
「印象派の誕生」をテーマに、パリ・オルセー美術館から、珠玉の絵画84点が来日。
エドゥアール・マネの「笛を吹く少年」やクロード・モネの「草上の昼食」、
ジャン=フランソワ・ミレーの「晩鐘」など、まさに名作が並びます。

http://orsay2014.jp/
http://www.nact.jp/

【場所】港区六本木7-22-2 企画展示室2E
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)

+‥‥‥‥‥‥‥+
■4赤坂サカス
+‥‥‥‥‥‥‥+
次はバス停「40赤坂駅前」で下車。
そこから、すぐの場所にあるのがTBSの「赤坂サカス」。
ここでは7月19日から8月31日まで
「夏サカス2014 デリシャカス 〜番組グルメでおもてなし〜」を開催。
料理人こだわりのメニューとTBSの番組がコラボしたおいしいブースが勢揃い!
からあげやカレー、クレープに加え、夏にぴったり冷たいデザートも。
また今年はハローキティとタッグを組んで、
「HELLO KITTY × BooBo・Boona スポーツカフェ」を設けたり、
HELLO KITTYとBooBo・Boonaのおうちで
アナウンサーによる絵本読み聞かせも行われます。

http://sacas.net/season_event/index.html

【場所】港区赤坂5

+‥‥‥‥‥‥+
■5豊川稲荷
+‥‥‥‥‥‥+
次に降りるバス停は「43豊川稲荷前」。
豊川稲荷は、愛知県豊川閣妙厳寺の別院で曹洞宗の寺院です。
江戸時代の名奉行・大岡越前守が信仰していた、豊川稲荷の分霊を祀っています。
近年は、芸能・スポーツ関係者からも信仰を集めていますが、
全国の信者などから寄せられた多数の狐が並ぶ
「霊狐塚」を撮影する外国人なども増えており、
毎月1日には縁日が開かれます。

http://www.toyokawainari-tokyo.jp/

【場所】港区元赤坂1-4-7
【問い合わせ】TEL:03-3408-3414

+‥‥‥‥‥‥+
■6乃木公園
+‥‥‥‥‥‥+
次に降りるバス停は「51乃木公園」。
目の前に広がっている公園は、日清・日露戦争を戦った
陸軍大将・乃木希(まれ)典(すけ)(1849〜1912)の邸宅が整備されたものです。
約3293uの敷地内には傾斜した地形を上手に利用した3階建ての邸宅が
今でも残っており、馬を愛した大将だけありレンガ造りの立派な厩もあります。
乃木将軍夫妻の命日にあたる9月12日・13日には、
邸宅内部が一般公開されています
(※現在、東日本大震災の影響により中止していますが、終わり次第再開予定)。
また公園に隣接し、明治天皇の崩御に殉じた乃木大将とその妻・静子を
神としてまつる乃木神社もあります。

【場所】港区赤坂8-11-32

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
■7テレビ朝日・六本木ヒルズ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「ちぃばすミニトリップ」赤坂ルートでは、
最後にもう一度、バス停「16 六本木ヒルズ」に戻ってきます。
7月19日から8月24日まで開催する
「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の
連日夕方から始まる「SUMMER STATION LIVE アリーナ」(六本木ヒルズアリーナ)で、
入場料無料のライブを楽しんで帰りましょう!
また夜の六本木ヒルズも、7月19日から8月31日まで、
森タワーにある展望台・東京シティビューの屋上スカイデッキが
営業時間を22時まで延長するほか、回廊では映画公開を記念した展覧会
「Pokemon the movie XY展〜六本木ヒルズ展望台でピカチュウに会おう!〜」
(Pokemonのeはフランス語アクサン・テギュ付き)を開催。
会場限定グッズが手に入るショップや
特別メニューが楽しめるカフェも登場します。

http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/
http://www.roppongihills.com/
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/pokemonten-xy

【場所】港区六本木6-9-1(テレビ朝日)、6-10-1(六本木ヒルズ)
【問い合わせ】0570-068-555(テレビ朝日)、03-6406-6000(六本木ヒルズ)

∽∽∽∽∽∽
☆ミニコラム
∽∽∽∽∽∽
ちぃばすの車両

港区のコミュニティバス・ちぃばすには中型のレインボーUと
小型のぽんちょという車両が使用されていますが、
車体に描かれている画像はオリジナルのデザインです。
実はこのデザイン、路線沿線の小・中学校に依頼し、
そのアイデアを基に作成されたもの。
芝浦小学校、南山小学校、赤羽小学校、赤坂小学校、東洋英和女学院中学部による、
4つのデザインがあります。
各デザインの乗りつぶしにチャレンジすると乗車の楽しみが増えることでしょう。

http://www.fujikyu.co.jp/express/community/vehicle/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
イベント&アート情報
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】「いのちを謳歌」にふさわしい松岡清次郎コレクション
松岡美術館
「松岡清次郎生誕120年 巴里を いのちを 謳歌しよう」

設立者・松岡清次郎の生誕120年を記念し、
およそ1800点のコレクションの中から「いのちを謳歌」に適した作品を
「中国陶磁」、「フランス近代絵画」に分け展示。
第1〜第4土曜日の14:00からギャラリートークも開催しています。

【期間】開催中〜9月28日(日)※月曜は休館(祝日の場合は翌日が休館)
【時間】10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【入場料】一般800円、中高大生500円、65歳以上・障碍者700円
【場所】港区白金台5-12-6展示室4、5、6
【交通】
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅 徒歩約6分
【問い合わせ】TEL:03-5449-0251
http://www.matsuoka-museum.jp/

【2】“アンを抱きしめて・村岡花子物語”など最新作品も展示
キヤノンオープンギャラリー
「わたせせいぞう クリエイティブの世界展
〜ハートカクテルからアンを抱きしめてまで〜」

2014年に画業40周年を迎えた
わたせせいぞう氏のイラストと写真による企画展。
展示作品は全てキヤノンの大判プリンター
「imagePROGRAF」でプリントし展示しています。

【期間】開催中〜7月24日(木)※日曜・祝日は休館
【時間】10:00〜17:30
【入場料】無料
【場所】港区港南2-16-6キヤノンSタワー2階
【交通】
JR山手線ほか「品川」駅 徒歩約8分
京浜急行「品川」駅 徒歩約10分
【問い合わせ】TEL:03-6719-9021
http://cweb.canon.jp/gallery/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
港区の名建築を訪ねて
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
7月は港区の洋館特集(2)

☆片山東熊(1854〜1917)の紹介
山口県生まれ、日本の宮廷建築を代表する建築家。
辰野金吾や曾禰達蔵らともに、
工部大学校(現・東大工学部)造家学科の第1回卒業生となり、
イギリス人建築家ジョサイア・コンドルの最初の弟子でもあります。
工部省にて師コンドルが手掛けた有栖川宮邸の建設に参加し、渡欧。
宮内省内匠寮に移った後、皇室関係の建築物を多く手掛けました。
代表作は、国宝の迎賓館(旧東宮御所)や、
重要文化財の東京国立博物館 表慶館、奈良国立博物館、京都国立博物館など。

■グランドプリンスホテル高輪 貴賓館(旧竹田宮邸)
1911年竣工、鉄骨煉瓦造り2階建て(地下1階)。
宮家のひとつ竹田宮の邸宅として1911年に竣工された、
ネオ・バロック様式の宮殿で、設計は宮内省内匠寮があたり、
片山東熊、木子幸三郎、渡辺譲が担当。片山最後の作品となりました。
フランス式マンサード屋根とドーマ窓を持った外観正面に、
内部はフランス・ルネッサンス様式が取り入れられ、
華やかな装飾に満ちた館となっています。
1972年村野藤吾により改修されました。
現在では、ホテルの施設として、
ウェディングセレモニーや会食に利用されています。

http://www.princehotels.co.jp/takanawa-area/takanawajikan10-55th

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、
どしどしお便りをお送りください。お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/
【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK