メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2014年1月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2014/1/2号 vol.490
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜1月のテーマ【幸運祈願!港七福神めぐり】〜
1月2日号テーマ:ファミリーにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「旧芝離宮で祝うお正月」
期間/1月2日(木)・3日(金)
時間/9:00〜17:00
場所/旧芝離宮恩賜庭園

---[B]「境界域:池田良二&ウォルター・ジュール版画展」
期間/開催中〜1月8日(水)※1月2・3日は休館
時間/月・火・木・金 10:00〜17:30
水 10:00〜20:00
場所/カナダ大使館 高円宮記念ギャラリー

――――――――――――――――――――――――――

あけましておめでとうございます!
『WELCOME港区』編集部です。

2014年、馬年がスタートしましたね。
今年もどうぞよろしくお願いします。

突然ですが、みなさま、
昨夜はどんな夢を見ましたか?

今日は、「初夢の日」です。

昔から初夢で1年の吉凶を占う風習があります。
初夢の夜は大晦日、元日、正月2日、節分等がありますが、
一般には正月2日の夜の夢が初夢とされています。

室町時代から、良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵に
「永き世の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」という回文
(逆さに呼んでも同じ文)の歌を書いたものを枕の下に入れて眠ると
良いとされています。

また、「書き初めの日」でもあります。

久しぶりに書道道具を引っ張りだして、
心を落ち着かせて墨をすり、
その香りを楽しみながら、今年の目標を
白紙に書いてみるのもいいかもしれませんね。

さて、新年最初の1月のテーマは、
「幸運祈願!港七福神めぐり」です。
1週目は、ファミリーにおすすめのコースを巡ります。

家族揃ってお願い事をするのに
オススメのスポットを取り上げます。

さあ、今週も港区さんぽへ出かけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 「六本木一丁目」駅→「六本木通り」→
→【久國神社】→「南部坂」→
→「氷川坂」→【赤坂氷川神社】

★§2 「転坂」→「氷川公園」→「赤坂サカス」→
→「赤坂Bizタワー」→「一ツ木通り」→
→「青山通り」→【豊川稲荷東京別院】→
→「赤坂御用地」→「青山一丁目」駅

★総歩行距離(電車・バスは除く):約3.5km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 「六本木一丁目」駅→「六本木通り」→
→【久國神社】→「南部坂」→
→「氷川坂」→【赤坂氷川神社】
==========================================================

東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅3番出口を出たら、左へ。
右手に歩道橋があるので、六本木通りの反対側へと渡ります。

左側にある階段から地上へ下りたら、くるりと後ろを向いて、
歩道橋を右手に少し歩き、最初の角を左折します。

しばらく歩くと正面にあるのが、
本日最初のスポット、【久國神社】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【久國神社】>>

室町時代の武将で、江戸城を築城したことでも有名な
太田道灌が勧請したと伝えられている【久國神社】。

所蔵品に、鎌倉時代の名工久国作による
道灌寄進の名刀(非公開)があります。

勧請年月不詳ながら、古くはもと千代田村紅葉(現皇居内)に
鎮座されていましたが、久国作の刀が寄進されたことから
「久国稲荷神社」と称されるようになりました。

【久國神社】には、七福神の一人、
布袋尊(ほていそん)が祀られています。

布袋尊は、その名を契此(けいし)といい、
七福神の中ではただ一人実在した中国の唐の時代の禅僧です。

額が広くてお腹は大きく、いつも杖と大きな布袋を持ち歩き、
物を貰えばそれをこの袋に入れて貯え、困る人があると、
その中から取り出して施し、しかもなくなることがなかったといわれています。
そのため当時の人々には布袋和尚と呼ばれて親しまれていました。

福々とした容ぼうから、子宝に恵まれるとか、
器の大きい人物になれるといわれています。

参拝客に外国人も多いためか、おみくじの裏は英語で記載されてあり、
大吉は「EXCELLENT」、吉は「VERY GOOD」と書かれています。
1回10円というのも、魅力的です。
家族みんなで引いてみると楽しいかもしれませんね。

★港区六本木2-1-16

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【久國神社】を出たら、左方向へ。
道なりに進むと、道がY字に分かれています。

左側にある「南部坂」を進んでいきましょう。
「南部坂」は、江戸時代初期に、
南部家中屋敷があったということから、
“忠臣蔵”で有名な場所です。

その後、険しいことから「難歩坂」とも書かれました。

南部坂を上り終えたら、左方向へ進み、
最初の角ですぐ右を向くと「氷川坂」があります。

坂を下っていくと、左側に、
2つ目のスポット【赤坂氷川神社】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【赤坂氷川神社】>>

東京十社のひとつ【赤坂氷川神社】は、
天暦5(951)年、村上天皇の御代とされ、
現在の社殿は享保15(1730)年、
徳川8代将軍吉宗によって建てられました。

元禄のころは、『忠臣蔵』で有名な
浅野内匠頭の夫人・瑶泉院の実家である
浅野土佐守の屋敷があった場所でもあります。

素盞鳴尊(すさのおのみこと)、
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、
大己貴命(おおなむぢのみこと)が御祭神として祀られており、
それぞれ、「厄除け」、「良縁・縁結び」「家内安全」、
そして、「商売繁盛」の御神徳があるといわれています。

他にも、境内には天然記念物の大イチョウがあります。
港区内に現存するイチョウでは、
最大である善福寺「逆さイチョウ」(国指定天然記念物)に次ぐ
大きさと樹齢を保っている貴重な樹木です。
樹齢400年の巨樹を背景に、家族で記念撮影をするのもいいですね。

★港区赤坂6-10-12
http://www.akasakahikawa.or.jp/

==========================================================
§2 「転坂」→「氷川公園」→「赤坂サカス」→
→「赤坂Bizタワー」→「一ツ木通り」→
→「青山通り」→【豊川稲荷東京別院】→
→「赤坂御用地」→「青山一丁目」駅
==========================================================

【赤坂氷川神社】を出たら、「氷川坂」に戻り、
左方向へ坂を下って行きましょう。

すると右側に「転坂」が見えてきます。

江戸時代から道が悪く、
通行する人たちがよく転んだために
こう呼ばれるようになったそうです。

「転坂」を進むと、左手に「氷川公園」が見えてきます。

道に突き当ったら、左折してしばらく直進します。
すると、交差点にぶつかります。

横断歩道を渡り、右斜め側へ進むと、
「赤坂サカス」とその右隣に「赤坂Bizタワー」があります。


「赤坂Bizタワー」の方へ進んでいくと、
目の前に「一ツ木通り」にぶつかります。

「一ツ木通り」を左折したら、
「青山通り」までしばらく進んでいきましょう。

「青山通り」にぶつかったら、左折。
すぐ目の前に歩道橋があるので、階段を上がって、
「青山通り」の反対側へ行きます。

地上へ下りると、目の前にコンビニエンスストアがあるので、
コンビニエンスストアが右手になるように方向転換をします。

「青山通り」を左手に歩くいていくと、右手に見えてくるのが、
本日の最終スポット、【豊川稲荷】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【豊川稲荷東京別院】>>

【豊川稲荷東京別院】は、
曹洞宗の寺院で、日本三大稲荷の一つ、
愛知県の三州本山豊川稲荷の直轄別院です。

江戸時代に大岡越前忠相公が信仰していた尊像を、
忠相の子孫が赤坂一ツ木の下屋敷内に荼枳尼天を勧請。

「商売繁盛・家内安全」の神様として有名で、
お稲荷様だけでなく、さまざまなご利益のある神様が
集合していることでも知られています。

財宝を融通する「融通稲荷尊天(ゆうずういなりそんてん)」、
財と知恵と音楽の神様「弁財天」、
縁切り・災難よけの守護神「叶稲荷」、子授けの神「子宝観音」、
苦しみを代わって受けてくれる「身代わり地蔵」などがあります。

ほかに大岡越前守忠相公の位牌もあり、学業の神様でもあります。

タレントやスポーツ選手など芸能業に従事する者からの信仰が厚く、
年始や節目の行事には有名人の参加者も多数見受けられます。

休憩所で売られている特製いなり寿司は、知る人ぞ知る名物。
参拝をした後は、境内近くにある長イスに座って、
家族みんなでいなり寿司を頬張るのもいいですね。

★港区元赤坂1-4-7
http://www.toyokawainari-tokyo.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【豊川稲荷東京別院】を出たら、右方向へ。

「青山通り」を左手、「赤坂御用地」を右手に、
しばらく道なりに直進します。

先にある横断歩道を渡ったら、
本日のゴール地点、「青山一丁目」駅です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜江戸の名園でお正月を祝おう〜
「旧芝離宮で祝うお正月」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都立8庭園では正月2日から開園し、
新春にふさわしい催しが各庭園で開催されます。

旧芝離宮恩賜庭園では2日・3日の11時からと14時から、
「初春三番叟(はつはるさんばそう)」が披露されます。

三番叟は、「大地を踏みならし、種をまく」動きを中心に、
躍動感あふれる舞により五穀豊穣を祈る伝統芸能のこと。

他にも、羽根つきや独楽まわしなど昔懐かしい遊びが
体験できるなど目白押しです。

期間中、和装で旧芝離宮恩賜庭園を訪れると、
先着30名に庭園オリジナルぽち袋がプレゼントされます。

【期間】1月2日(木)・3日(金)
【時間】9:00〜17:00
【チケット】※入園料のみ必要
一般 150円
65歳以上 70円
小学生以下及び都内在住・在学の中学生 無料
【場所】港区海岸1-4-1
【交通】
JR「浜松町」駅 徒歩1分
都営大江戸線「大門」駅 徒歩3分
【問い合わせ】TEL:03-3434-4029
【URL】http://www.tokyo-park.or.jp/event/2013/11/post-156.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜新年初のアート鑑賞〜
「境界域:池田良二&ウォルター・ジュール版画展」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紫綬褒章を受賞し、世界的に活躍する池田良二と、
カナダのアルバータ大学名誉教授で、
世界各地の公共美術館に作品が収蔵されている
ウォルター・ジュールという2人の版画家。

写真製版の手法と伝統的な技術の融合を提唱し、
それぞれ日本とカナダの版画界のパイオニアとして知られる
彼らの初の合同展を開催中です。

長いキャリアを持つ2人が、
互いに影響し合いながら1988年から2013年に作り上げてきた作品が、
異文化交流というユニークな視点で紹介されています。

【期間】開催中〜1月8日(水)※1月2・3日は休館
【時間】月・火・木・金 10:00〜17:30
水 10:00〜20:00
【場所】港区赤坂7-3-38
【交通】
東京メトロ・都営地下鉄「青山一丁目」駅 徒歩5分
【問い合わせ】TEL:03-5412-6257
【URL】http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK