メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年12月12日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/12/12号 vol.487
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜12月のテーマ:【番外編「赤穂義士ゆかりの地」巡り】〜
12月12日号テーマ:アクティブシニアにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]
「赤穂義士祭(冬)」
期間/12月14日(土)
時間/11:00〜 墓前供養
14:30〜 義士行列到着
※当日に限り閉門時間は22:00
場所/泉岳寺

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

今回は、12月のテーマである
「イルミネーションに包まれてロマンチックに過ごそう!」
から少し離れ、「赤穂義士ゆかりの地」を巡ります。

赤穂義士が登場するのは、「元禄赤穂事件」です。

江戸時代中期の元禄15年(1702年)12月14日深夜、
大石内蔵助以下47人の義士が
吉良上野介邸に討ち入りました。

47人の義士とは、
吉良義央 (上野介) への遺恨から
江戸城内松の廊下で刃傷沙汰を起こし、
即日切腹となった赤穂藩主・浅野長矩(内匠頭)の遺臣。

見事、主人の無念を果たすも、
幕府の命により彼らは切腹処分となりました。

「元禄赤穂事件」を題材にした創作作品は
『忠臣蔵』と呼ばれ、美しく散った彼らの物語は、
サムライ・ストーリーとして歌舞伎や文楽、演劇、映画など、
国内外で数多く演じられてきました。

今年も、討ち入りをした12月14日が近づいています。
彼らの痕跡をたどりながら、
熱き赤穂義士たちを偲んでみてはいかがでしょうか。

さあ、今週も港区さんぽへ出かけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「アクティブシニアにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 「六本木一丁目」駅→「久國神社」 →
→「南部坂」→「赤坂氷川神社」→
→「日本消防会館(ニッショーホール)」→
→【義士洗足の井戸】→「第一京浜」→
→「汐留」駅

★§2 「泉岳寺」駅 →【泉岳寺】→
→「大石良雄外十六人忠烈の跡」→
→「旧細川邸のシイ」→
→【大石主税良金ら十士切腹の地】(イタリア大使館)→
→「水野監物邸跡」→「三田」駅

★総歩行距離(電車・バスは除く):約7.7km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 「六本木一丁目」駅→「久國神社」 →
→「南部坂」→「赤坂氷川神社」→
→「日本消防会館(ニッショーホール)」→
→【義士洗足の井戸】→「第一京浜」→
→「汐留」駅
==========================================================

東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅3番出口を出たら、左へ。
右手に歩道橋があるので、六本木通りの反対側へと渡ります。

左側にある階段から地上へ下りたら、くるりと後ろを向いて、
歩道橋を右手に少し歩き、最初の角を左折します。

通りにぶつかったら、右へ進みます。
左手に「久國神社」があります。


道なりに進むと、道がY字に分かれています。
左側を進むと「南部坂」ですが、現在工事中なので、
右側を進んで、すこし遠回りをします。

次の角を左に曲がったら、しばらく直進して、
突き当りで左折します。
すると「南部坂」の坂下地点が見えてきます。

「南部坂」の坂下には、赤穂義士四十七人の物語を
表現した立派な石碑が立っているので、
立ち寄ってみるのもいいですね。


やがて右手に「氷川坂」が見えてきます。
坂を下っていくと、左に「赤坂氷川神社」の入口があります。

元禄のころは、『忠臣蔵』で有名な
浅野内匠頭の夫人・瑶泉院の実家である
浅野土佐守の屋敷がありました。

大石内蔵助が、討ち入り前に訪れ夫人に別れを告げた、
『忠臣蔵』にちなんだ場所です。


「赤坂氷川神社」を出たら、再度「氷川坂」方面に行き、
来た道を戻りながら、六本木通りまで向かいます。

六本木通りにぶつかったら、左方向へ。
少し進むと、右手に地下横断歩道の入口があるので、
六本木通りの反対側へと移動します。


地下横断歩道から地上に出ると、
ANAインターコンチネンタルホテルの前に出ます。

六本木通りを左手にしばらく進むと、
右手にコンビニエンスストアがあるので、
一旦、横断歩道を渡ってから、右折します。

歩いて行くと、右方向にアメリカ合衆国大使館、
その先には、ホテルオークラ東京があります。

米国大使館前の交差点で、横断歩道を渡り、
次の角を左に曲がります。

すると右手に、
本日1つ目のスポット、【義士洗足の井戸】があります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【義士洗足の井戸】>>

現在は日本消防会館(ニッショーホール)がありますが、
元禄の頃には、この付近に、江戸幕府のお目付け役である
仙石伯耆守(せんごくほうきのかみ)の屋敷がありました。

上野介の首を打ち取った義士たちが
泉岳寺へ向かう途中、部下2名をこちらに寄せ、
自首させたという場所です。

その際、両名は邸内にある井戸で足を洗ったといわれ、
その井戸を再現したのが、ビル内にある泉のモニュメントです。

他の義士たちは泉岳寺で主君の墓前にあだ打ちの報告を済ませた後
ここに出頭し、細川、毛利、松平、水野の四家に預けられました。

★港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館
http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


「日本消防会館(ニッショーホール)」を出たら、
見た道を戻って左方向へ進むと桜田通りへぶつかります。

横断歩道を渡り、桜田通りの反対側へ移動します。
しばらく道なりに直進すると、愛宕一丁目交差点にぶつかります。
横断歩道を渡り、さらに進むと、日比谷通りにぶつかります。


新橋四丁目交差点を渡り、
日比谷通りの反対側へ移動したら、左へ。
すると、すぐ左手の日比谷通り沿いに、
『忠臣蔵』に関するものが見えてきますよ。


再び、新橋四丁目交差点に戻り、今度は左に進みます。
道なりに進むと、「第一京浜」にぶつかります。

現在でも、調べが続いているようですが、
「第一京浜」は、両国の吉良邸から【泉岳寺】まで
四十七士が歩いた引き上げルートだと言われています。

横断歩道を渡ったら、右方向へ。
「第一京浜」を右手に少し歩き、
最初の角を左に曲がり、道なりに「汐留」駅方面へ歩きましょう。
足休めも兼ねて、ここから電車で「泉岳寺」駅まで移動します。


都営大江戸線「汐留」駅から乗車。

==========================================================
§2 「泉岳寺」駅 →【泉岳寺】→
→「大石良雄外十六人忠烈の跡」→
→「旧細川邸のシイ」→
→【大石主税良金ら十士切腹の地】(イタリア大使館)→
→「水野監物邸跡」→「三田」駅
==========================================================

「泉岳寺」駅で下車し、A2出口から地上に出たら、右方向へ。

道なりに歩いていくと、
本日2つ目のスポット、【泉岳寺】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【泉岳寺】>>

慶長17年(1612年)、将軍徳川家康によって
外桜田(現在の千代田区永田町)に建立された【泉岳寺】。

寛永18年(1641年)の「寛永の大火」によって
焼失しますが、なかなか復興が進まないのを見て、
時の将軍家光公が、浅野、毛利、朽木、丹羽、水谷の
五大名に復興を命じたことがきっかけとなり、
現在の高輪の地に移転、再建されました。

こうした縁で、【泉岳寺】は浅野家の菩提寺となりました。

「元禄赤穂事件」で名を残した、
播磨赤穂藩の第三代藩主・浅野長矩(内匠頭)と、
大石内蔵助良雄をはじめとする赤穂四十七義士が
眠っていることで知られ、浅野長矩および赤穂義士の墓は、
港区指定史跡となっています。

毎年春と冬には、義士たちを偲ぶ「赤穂義士祭」が開催され、
全国から『忠臣蔵』ファンが数多く訪れます。

今年も近づいてきた「赤穂義士祭(冬)」の詳しい情報は、
「観光&イベント情報」コーナーにてご確認くださいね。

★港区高輪2-11-1
http://www.sengakuji.or.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【泉岳寺】でお墓参りを終えたら、
みやげ店が見える山門まで戻ります。

山門を背にすぐ左へ行くと、
高輪高等学校の門にぶつかります。

門の左に、細い脇道があるので進んでいきましょう。


坂道を上り終えると、目の前に通りがあります。
道路の左前方には、高輪一丁目アパートという住居群があります。
その右側にある道に入り、直進します。

その先に、左側へ入る道が見えるので、左折。
すると、右手に「大石良雄外十六人忠烈ノ跡」が見えてきます。

この地は、大石内蔵助良雄とほか16名が
預けられた大名・細川家の敷地跡で、
東京都指定旧跡のひとつです。

細川家では、17人の赤穂義士たちに敬意を払い、
切腹場所となった地を代々守っています。

「大石良雄外十六人忠烈ノ跡」で合掌したら、
来た道を戻り、先ほど曲ったところを、
今度は左方向へ進みます。

区立高松中学校のフェンスがあるので、
そのフェンスを左手に直進して行きましょう。

すると、左手に東京都指定天然記念物、
「旧細川邸のシイ」が現れます。

元禄赤穂事件にまつわる大名家、肥後熊本藩細川家の
下屋敷内にあったシイの巨樹です。


「旧細川邸のシイ」を過ぎて直進すると、
道が右側にカーブしていて、その先、
左手に高輪コミュニティーぷらざが見えてきます。

高輪コミュニティーぷらざを通りすぎたら、
突き当りを左に曲がり、坂を下っていきます。

魚籃坂下交差点についたら、桜田通りにかかる
横断歩道を渡り、反対側へ移動します。

渡り終えたら右を向いて、桜田通りを右手に
しばらく通りに沿って歩いていきます。

慶應義塾女子高校が左手に見えたら、
次の横断歩道を渡り、左方向へ。

坂を登りきったら、最初の角を右折します。


右手はイタリア大使館です。
本日の最終スポット、【大石主税良金ら十士切腹の地】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【大石主税良金ら十士切腹の地】>>

現在、イタリア大使館のある、
港区三田の伊予松山藩跡地。

ここは、大石内蔵助良雄の息子である
大石主税良金ら10名が切腹した場所です。

大石父子の切腹時刻は、
ほぼ同時だったといわれています。

親子が別々の場所で切腹しなければならなかったこと、
そして、偶然にも切腹時刻がほぼ同時だったこと、
考えれば考えるほど、感慨深いものがあります。

★港区三田2丁目

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【大石主税良金ら十士切腹の地】を思い
心のなかで合掌をしたら、次の場所へ。

イタリア大使館を右手に直進し、
桜田通りまで歩きます。

桜田通りにぶつかったら右折をして、
三田二丁目の交差点まで歩き、
横断歩道で反対側へ移動します。

渡り終えたら右を向いて歩き、
最初の角を左折し、突き当りまで歩きましょう。

飲食店が軒を連ねる慶應仲通り商店街を進むと、
突き当りに「水野監物邸跡」があります。

ここは、水野監物(忠之)が藩主の時、
赤穂義士9人が幕府の沙汰を待つためにお預けになった場所。


「水野監物邸跡」で最後の合掌をしたら、
慶應仲通りに戻り、左方向にある出入口へ進みましょう。


「第一京浜」にかかる横断歩道を渡り、道なりに進むと、
ゴールの都営浅草線「三田」駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜討ち入りの日は泉岳寺へ〜
赤穂義士祭(冬)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤穂四十七士が眠る泉岳寺では、
義士たちを偲ぶ「赤穂義士祭」を開催しています。

毎年春と冬の年2回行われ、冬の義士祭では、
実際に義士たちが討ち入りした12月14日に行われます。

浅野長矩公之墓所での墓前供養(一般公開)ほか、
赤穂義士の衣装を身にまとった47名の義士行列があり、
討ち入り後の引き上げを彷彿とさせるシーンを観に、
全国から多くのファンが訪れる一大イベントになっています。

港区と縁の深い義士祭。
今年は家族やご友人、仲間を誘って
泉岳寺を訪れてみるのはいかがでしょうか。

【期間】12月14日(土)
【時間】11:00〜 墓前供養
14:30〜 義士行列到着
※当日に限り閉門時間は22:00
【場所】港区高輪2-11-1 泉岳寺
【交通】都営浅草線「泉岳寺」駅A2出口から徒歩3分
【問い合わせ】TEL:03-3441-5560
【URL】http://www.sengakuji.or.jp

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK