メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年11月28日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/11/28号 vol.485
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜11月のテーマ【都心のオアシス、秋の庭園巡り】〜
11月28日号テーマ:アクティブシニアにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「犬のための建築展」
期間/開催中〜12月21日(土)
時間/11:00〜18:00
場所/TOTOギャラリー

---[B]「松岡コレクションでめぐる旅」
期間/開催中〜12月23日(月)
時間/10:00〜17:00
場所/松岡美術館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

もうすぐ11月が終わって、
最後の月、12月がスタートです。

街中はもうすっかり
クリスマスや年末の雰囲気です。

朝晩は寒くなってきましたが、
街の明かりを見ていると、
自然と心も身体もポカポカしてきます。

今日は、「いい庭」の日です。
まさに今月のテーマにピッタリの日ですね。

庭園巡りは週末のお楽しみにして、
今日は自宅の庭やバルコニー造りについて
考えてみるのもいいかもしれませんね。

さて、11月のテーマは、
「都心のオアシス、秋の庭園巡り」です。
最終週である4週目は、
アクティブシニアにおすすめのコースを巡ります。

ご夫婦やご友人たちと一緒に
のんびりとお散歩ができる、
公園や庭園などをご紹介します。

さあ、今週も港区さんぽへ出かけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「アクティブシニアにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 「汐留」駅 →「ホテルヴィラフォンテーヌ汐留」→
→「浜離宮恩賜庭園」→「海岸通り」→
→「汐留ビルディング」→【旧芝離宮恩賜庭園】

★§2 「浜松町駅」→「世界貿易センタービル」→
→「大門駅」→「日比谷通り」→「増上寺」→
→【芝公園】→「319号線」→
→「ザ・プリンスパークタワー東京」→
→「桜田通り」→「赤羽橋」駅

★総歩行距離(電車・バスは除く):約3km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 「汐留」駅 →「ホテルヴィラフォンテーヌ汐留」→
→「浜離宮恩賜庭園」→「海岸通り」→
→「汐留ビルディング」→【旧芝離宮恩賜庭園】
==========================================================

汐留駅9番出口から地上へ出ます。

すぐ前に「ホテルヴィラフォンテーヌ汐留」があります。
ホテルを左手、都道481号線を右手に最初の角まで歩き、
左折します。

まっすぐ進むと、海岸通り(都道316号線)にぶつかります。
道路の向こう側は、「浜離宮恩賜庭園」です。
右を向いたら、横断歩道を渡ります。

海岸通り(都道316号線)を左手にしばらく進むと
本日1つ目のスポット、【イタリア庭園】に到着です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【イタリア庭園】>>

2003年秋、イタリア・日本の友好親善のシンボルとして
イタリアから寄贈された庭園。

2001年3月から2002年6月までの期間、
日本各地で開催されたイタリアを紹介する事業
『日本におけるイタリア2001』を記念したもので、
園内にある彫像や噴水、ベンチなどは、
イタリアから運び込まれました。

園内に入ると、イタリアへ旅をしているかのような
雰囲気に包まれます。

ベンチに腰掛けて、しばらくの間、
イタリア庭園を眺める眺めるのもいいですね。

★港区東新橋1-10-20 区立イタリア公園内

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【イタリア庭園】を出たら、
再度、海岸通り(都道316号線)を左手に進みます。

その後、都道481号線と交わる場所にある
横断歩道を渡り、さらに進みます。
渡ると、右手に「汐留ビルディング」があります。

すぐ前にある横断歩道を渡って右折し、
「浜松町」駅の方向へ歩いて行きます。

すると、本日2つ目のスポット
【旧芝離宮恩賜庭園】が左手に見えてきます。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【旧芝離宮恩賜庭園】>>

文京区にある小石川後楽園とならび、
今に残る江戸初期の大名庭園の一つ、
【旧芝離宮恩賜庭園】。

池を中心とした地割りと石割に特徴がある
「回遊式泉水庭園」です。

明暦(1655〜1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、
延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が
4代将軍の徳川家綱から拝領しました。

忠朝は屋敷を建てるにあたり、
藩地の小田原から庭師を呼び寄せて
庭園を作庭し、これを「楽壽園」と命名しました。

その後、数人の持ち主を経て、
幕末には紀州徳川家の屋敷となりました。

明治5年には有栖川宮家の邸宅となり、
同8年に宮内省が買い上げて、
翌9年に「芝離宮」となりました。

離宮は、大正12年の関東大震災の際、
建物と樹木のほとんどが焼失しましたが、
翌年の大正13年1月には、昭和天皇のご成婚記念として
東京市(都)に下賜され、園地の復旧と整備を施して、
同年4月に旧芝離宮庭園として一般公開となりました。

昭和54年6月には、
文化財保護法による国の「名勝」に指定。

園内を散策していると、読書をする人、
景色を眺めている人、写真撮影に一生懸命な人など
思い思いの時間を過ごす人たちがいて、
落ち着いた気分になる場所です。

★港区海岸1-4-1



やがて、右手に見えてくるのが、
本日最後のスポット【芝公園】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【芝公園】>>

芝公園1丁目から4丁目という広範囲に及び、
日本で最も古い公園の一つ【芝公園】。

明治6年、政府によって制定された
「太政官布達」(だじょうかんふたつ)によって、
上野、浅草、深川、飛鳥山と共に
日本で最初の公園として指定。
その後、公園造成のさきがけとなりました。

当初は増上寺の境内を含む広い公園でしたが、
戦後の政教分離によって境内の部分が除かれ、
増上寺をぐるっと囲む形で整備されています。

園内には、歴史の古い公園らしく、
クスノキ、ケヤキ、イチョウなどの
大木がところどころにあり、
季節の移り変わりを感じることができます。

★港区芝公園1丁目〜4丁目

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【芝公園】を出たら、
「319号線」を左手に、
赤羽橋方面へ道なりに進みます。

歩いていると、右側に
「ザ・プリンスパークタワー東京」があります。

さらに進むと、交差点があります。
車に気をつけて横断歩道を渡り、
319号線の反対側へ進みましょう。

今後は右を向いて、
桜田通りにかかる横断歩道も渡ります。



渡ってすぐ左にあるのが、
ゴールの赤羽橋駅です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜犬の暮らしがテーマの展示会〜
「ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築展」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「犬のための建築」は、
犬の暮らしがテーマのユニークな展示会。

デザイナーである原研哉氏のディレクションのもと、
犬の尺度で建築を捉えなおすことで
新たな建築の可能性を模索するという
犬と人間の幸福のための真摯な建築プロジェクトです。

2012年11月にオープンした公式サイト
architecturefordogs.com)をもとに、
世界をリードする建築家やデザイナーがデザインした
「犬のための建築」13作品が、
フリーダウンロードできる設計図と共に公開されています。

館内では、「犬のための建築」13作品が、
第1会場(3階)と中庭にかけて一堂に展示されています。

柴犬、スピッツ、パグなど具体的な犬種を特定してデザインされており、
作品には、それぞれの建築家やデザイナーの個性がにじみ出ています。

第2会場(4階)では、「人間と犬のスケールを調整する装置」
というコンセプトで、10数種の形態バリエーションに展開した
原研哉氏による「D-TUNNEL」が初公開されています。

犬の視点になって、
展示会を楽しむのもいいかもしれませんね。

12月11日(水)には、ギャラリートークとサイン会があり、
原研哉氏によるトークセッションが行われます。

【期間】開催中〜12月21日(土)
【時間】11:00〜18:00
【入場料】無料
【場所】港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
【交通】
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「青山一丁目」駅より徒歩7分
東京メトロ銀座線「青山一丁目」駅より徒歩7分
都営大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩7分
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩6分
都営大江戸線「六本木」駅より徒歩7分
【問い合わせ】TEL:03-3402-1010
【URL】http://www.toto.co.jp/gallerma/ex131025/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜約90件の陶磁器と絵画を展示〜
「松岡コレクションでめぐる旅」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界各地をめぐり、
自らの眼で選んで美術品を収集した
松岡清次郎のコレクションを紹介した展示会。

松岡コレクションの東洋陶磁と、
日本画、西洋絵画などが公開されています。

東洋陶磁などの焼き物や
日本画、西洋絵画などの絵画を通じて、
松岡氏自身が感じた「旅のひとこま」を
一緒に堪能できるかもしれませんね。

さあ、松岡コレクションで、
世界各地を旅しましょう。

【期間】開催中〜12月23日(月)
【時間】10:00〜17:00
【チケット】
一般 800円
大学・高校・中学生 500円
65歳以上・障害者 700円
【場所】港区白金台5-12-6
【交通】
東京メトロ南北線「白金台」駅より徒歩6分
都営三田線「白金台」駅より徒歩6分
JR「目黒」駅より徒歩15分
【問い合わせ】TEL: 03-5449-0251(松岡美術館)
【URL】http://www.matsuoka-museum.jp/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK