メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年11月14日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/11/14号 vol.483
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜11月のテーマ【都心のオアシス、秋の庭園巡り】〜
11月14日号テーマ:ファミリーにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「ミャンマー祭り」
期間/11月17日(日)
時間/10:00〜17:00
場所/増上寺(浄土宗大本山)境内、光摂殿講堂

---[B]「生(ライフ)〜写真がとらえる野生〜」
期間/11月15日(金)〜12月4日(水)
時間/10:00〜19:00
場所/フジフイルム スクエア

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

11月も中盤。
晴れた日も肌寒くなってきましたね。

今日は、「世界糖尿病デー」です。

糖尿病の全世界的脅威を認知するための国際デーで、
インスリンを発見したカナダのバンティング医師
の誕生日がその所以となっています。

生活習慣病の一つである糖尿病。

今日は、食事を含めた普段の生活を見つめたり、
健康について考えてみるのもいいかもしれませんね。

さて、11月のテーマは、
「都心のオアシス、秋の庭園巡り」です。
2週目は、ファミリーにおすすめのコースを巡ります。
家族でのんびりできる公園や庭園を訪れながら、
秋のオススメスポットもご紹介します。

さあ、今週も港区さんぽへ出かけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 「六本木」駅 →【六本木西公園】→
→「外苑東通り」→「ミッドタウンイースト」→
→「リッツ・カールトン東京」→【港区立檜町公園】

★§2 「ミッドタウンガーデン」→「21_21 DESIGN SIGHT」→
→「乃木坂」→【乃木神社】→「旧乃木邸」→「乃木坂」駅

★総歩行距離(電車・バスは除く):約2.2km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 「六本木」駅 →【六本木西公園】→
→「外苑東通り」→「ミッドタウンイースト」→
→「リッツ・カールトン東京」→【港区立檜町公園】
==========================================================

六本木駅2番出口から地上へ出たら、
スーパーマーケットを右手にして歩き出します。

コンビニエンスストアが右側に見えたら右折し、
さらに右に曲がって、建物の間にある道を歩いていきます。

しばらくすると左手に見えてくるのが、
本日1つ目のスポット、【六本木西公園】です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【六本木西公園】>>

もともと郵政省の官舎として使用されていた場所で、
入口の冠木(かぶき)門が当時の面影を残した
日本庭園風の公園。

六本木通りのすぐ裏手にありながら、
都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな雰囲気。

門をくぐり水の流れに沿って歩いていると、
都心のオアシスに来た気分になります。

園内には遊具もあるので、少し休みながら、
お子さんと一緒に遊ぶのもいいですね。

★六本木 7-17-8

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【六本木西公園】を出たら、左方向へ進みます。

しばらくすると、「外苑東通り」に突き当たるので、
目の前にある横断歩道を渡ります。

渡り終えると、「ミッドタウンイースト」があります。
「ミッドタウンイースト」を左手に緩やかな坂を下っていきます。

左手に「リッツ・カールトン東京」が見えてきます。
その先に横断歩道があるので、渡ります。

さらに歩いて行くと、左手に見えてくるのが、
本日2つ目のスポット、【区立檜町公園】です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【港区立檜町公園】>>

東京ミッドタウンの東側に位置する【港区立檜町公園】は、
「ミッドタウン・ガーデン」から続く芝生の広場と、
池を中心にした回遊式日本庭園のある公園です。

その昔、檜が多いことから「檜屋敷」とも呼ばれていた
萩藩・毛利家の麻布下屋敷の庭園跡。

その広大な庭は「清水亭」と呼ばれ、
江戸の町並みを一望できる名園として名を馳せました。

東京ミッドタウンの建設と同時に再整備され、
周囲を高層ビルやマンションに囲まれながらも、
庭園に一歩足を踏み入れると、
緑豊かな自然の風景を楽しむことができます。

池のほとりにある東屋で、
家族そろって日本庭園を鑑賞するのもいいですね。

★港区赤坂9-7-9

==========================================================
§2 「ミッドタウン・ガーデン」→「21_21 DESIGN SIGHT」→
→「乃木坂」→【乃木神社】→「旧乃木邸」→「乃木坂」駅
==========================================================

【港区立檜町公園】を出たら、
「ミッドタウン・ガーデン」の中を歩きます。

緩やかな上り坂を歩いて行くと、
途中、右手に「21_21 DESIGN SIGHT」が見えてきます。

上り坂の先では、外苑東通りとぶつかるので右折します。
外苑東通りを左手に道なりに歩きます。

しばらくすると横断歩道があるので渡ります。
先の道がY字になっているので、左側に進みます。

橋の上をしばらく進むと、
右手に階段があるので地上へおります。


階段を下りて「乃木坂」を右手に進むと、
すぐ左手に本日最後のスポット、
【乃木神社】があります。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【乃木神社】>>

明治時代に活躍した乃木将軍夫妻の御霊を祀り、
大正12年(1923年)11月に鎮座した【乃木神社】。

昭和20年(1945年)5月の空襲で、
手水舎と二の鳥居以外すべて焼失したものの、
昭和37年(1962年)、全国の崇敬者の熱意によって
本殿・幣殿・拝殿が復興されました。

本殿近くには正松神社が鎮祭されており、
乃木将軍が師事した長州萩の学者で
松下村塾の開祖である玉木文之進と
深く敬慕していた吉田松陰の分霊が祀られています。

境内には「教育の碑」があり、
明治41年1月、乃木将軍が学習院長に任命された時に、
明治天皇から賜った和歌が彫られています。

和歌には、乃木将軍のような立派な人物を
国の将来を担う大切な子供の教育に当たらせたいという
明治天皇の願いが込められています。

「教育の碑」の近くには、絵馬を奉納する場所があるので
家族で絵馬に願いごとを書くのもいいですね。

また、乃木神社すぐ隣には「旧乃木邸」があり、
乃木家祖先と乃木将軍ご夫妻の御霊を祀った乃木家祖霊舎があります。
また、質素な母屋と比べて重厚な厩からは、
馬を可愛がり大切にしていた武人の嗜みが感じられます。

これからの時期、周囲の木々はさらに秋色に染まっていきます。
家族そろって秋を探してみるのも楽しいですね。

★港区赤坂 8-11-32
http://www.nogijinja.or.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【乃木神社】を出たら、来た道を戻り、
乃木坂沿いにある入口へ。


ゴールの乃木坂駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜日本でミャンマーを体験できるイベント〜
「ミャンマー祭り2013」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミャンマーの寺子屋教育支援と、
知・衣・食・文化を紹介するイベント「ミャンマー祭り2013」。

同じ仏教国であり、日本と長い外交関係にありながら、
ほとんど知られていない国、ミャンマー。

初めて開催される今回のイベントでは、
激動するミャンマーの現在を学ぶことができる特別企画をはじめ、
ミャンマーの音楽やダンスなども企画されています。

そのほか、NPO・NGO団体による活動の紹介や
ミャンマー料理を出す店や物品の販売などもあり、
収益金の一部はミャンマーの寺子屋教育の支援金として寄付されます。

来年2014年は、日本とミャンマーは外交関係樹立60周年を迎えます。
今回のイベントは、ミャンマーを体験し、そして理解する
いいきっかけになりそうですね。

【期間】11月17日(日)
【時間】10:00〜17:00
【チケット】入場無料
【場所】港区芝公園4−7−35
【交通】
都営三田線「芝公園」駅より徒歩3分
都営三田線「御成門」駅より徒歩3分
都営浅草線、大江戸線「大門」駅より徒歩5分
都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩7分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩10分
【問い合わせ】TEL: 03-3436-3353(「ミャンマー祭り2013」実行委員会事務局)
【URL】http://myanmarfestival.org/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜動物写真から生命について感じよう 〜
「生(ライフ)〜写真がとらえる野性〜」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

厳しい野生の世界で、精一杯生きている哺乳類や鳥などの
生き物たちの姿を、4人の若手動物写真家達がとらえた写真展
「生(ライフ)〜写真がとらえる野性〜」。

今回の展示会では、極北、砂漠、水中など、
人間が生活するにはあまりにも厳しい環境の中で生きる
野生の動物たちの力強さや生きる姿に魅せられ、
長期間キャンプ生活をしたり、幾度となく水中撮影を続けている
若き写真家4人の作品約100点を取り上げます。

競作として、「生」をテーマに、
「生きるということ、生(産)まれるということ、
生活していくということ」を描き出す作品が展示されます。

 期間中の11月30日(土)には、4人の写真家が一堂に会する
トークショーを開催。

写真家たちの自然に対する見かたや考え方、
撮影に関する想いを聞いて、
改めて、生命の尊さや美しさを感じることになるでしょう。

【期間】11月15日(金)〜12月4日(水)
【時間】10:00〜19:00
【入場料】無料
【場所】港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウエスト1階
【交通】
都営大江戸線「六本木」駅直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩5分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
【問い合わせ】TEL: 03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【URL】http://fujifilmsquare.jp/detail/1311150123.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK