メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年10月31日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/10/31号 vol.481
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜10月のテーマ【読書の秋・図書館でゆったり過ごそう】〜
10月31日号テーマ:学生におすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「第12回ドリーム夜さ来い祭り」
期間/11月2日(土)・11月3日(日)
時間/12:00〜21:00 ※3日は10:00〜21:00
場所/お台場

---[B]「第45回日展」
期間/11月1日(金)〜12月8日(日)
時間/10:00〜18:00 ※入場は17:30まで
場所/国立新美術館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは!『WELCOME港区』編集部です。

10月もあっという間に終わって、
明日からは11月に突入です。

10月最後の今日、10月31日といえば
「ハロウィン」ですね。

日本でも定着してきているハロウィンですが、
もともとはキリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。

古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭が
キリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったと言われています。

ケルト族の1年の終わりは10月31日。
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、
精霊や魔女が出てくると信じられていたため、
身を守るために仮面をつけ、魔除けの火を焚いたそうです。

現在では、31日の夜に南瓜をくりぬいて作った
ジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、
魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、
いたずらするぞ)」と唱えて近所を訪ねるイベントになりました。

今夜はカボチャを食べて、
ハロウィン気分を味わうのもいいですね。

さて、10月のテーマは、
「読書の秋・図書館でゆったり過ごそう」です。
5週目は、学生におすすめのコースを巡ります。
図書館のほかに、「食」について深く学ぶことができる
スポットなどもご紹介します。

さあ、今週も港区さんぽへ出かけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 JR「田町」駅 →【港区立港郷土資料館】→
→「荻生徂徠墓」→「魚籃坂交差点」

★§2 「高松くすのき公園」→【港区立高輪図書館分室】→
→【味の素食の文化センター】→
→ 都営浅草線「高輪台」駅

★総歩行距離(電車・バスは除く):約3.1km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 JR「田町」駅 →【港区立港郷土資料館】→
→「魚藍坂下交差点」
==========================================================

田町駅の改札を出たら、西口のある右方向へ。

西口を出たら、田町センタービルを左手に、
道なりに進み、階段を降りて地上へ。

階段を降りたら、左を向き、
コンビニエンスストアを左手に直進します。

最初の十字路に着くと、右斜め前に建物があります。

本日1つ目のスポット、【港区立港郷土資料館】に到着です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【港区立港郷土資料館】>>

昭和57年(1982年)、伊皿子貝塚遺跡から
出土した資料の展示を主な目的として、
開館した【港区立港郷土資料館】。

伊皿子貝塚遺跡は、縄文時代後期の住居跡
や貝塚、弥生時代中期の方形周溝墓、
古墳時代や平安時代の住居跡、江戸時代の
寺院跡などが重なりあって発見された遺跡です。

常設展では、伊皿子貝塚の貝層断面や
遺跡からの出土品、区指定の文化財、
館蔵の古文書や江戸図、民俗資料などを展示。
港区の歴史や文化を学ぶことができます。

また、「展示資料にさわってみたい」という声に応えて
開設されたのが、その名も「さわれる展示室」。

ミンククジラの全身骨格や縄文土器、弥生土器、
民具など、実際の資料に触ることができます。

同じ建物内には、区内で一番利用者の多いといわれる
三田図書館も入っていますので、
【港区立港郷土資料館】を訪れた後、図書館に立ち寄り、
展示についてさらに調べ物をするのもいいですね。

(写真提供:港区立港郷土資料館)

★港区芝5-28-4
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【港区立港郷土資料館】のある建物を出たら、
建物を背に右方向へ進みます。

大通りに出たら、右折します。

三田三丁目の交差点で、横断歩道を渡って直進し、
左をむいて目の前にある横断歩道も渡り、反対側へ。

道なりに直進すると、慶大正門が見えてきます。
慶大正門前にある横断歩道は渡らず、
桜田通りを右手に、左方向を歩いていきます。

しばらく、様々な寺院を左手に眺めながら歩きます。
道なりに進むと、「魚籃坂下交差点」にぶつかります。

==========================================================
§2 「高松くすのき公園」→【港区立高輪図書館分室】→
→【味の素食の文化センター】→
→ 都営浅草線「高輪台」駅
==========================================================

「魚藍坂下交差点」を直進し、横断歩道を渡ったら、
左方向に歩き、すぐ最初の角を右折します。

ゆるやかな坂を登っていくと、
左手に「高松くすのき公園」が見えてきます。

園内は都会のオアシスといった雰囲気。
ここで、少し休憩をしながら、
友人たちと秋の植物や景色を探し合うのもいいですね。

公園を出て坂をさらに登って行くと
目の前に住宅街が広がります。

最初の角を右折して、しばらく直進すると
右手に白い大きな建物が見えてきます。

本日2つめのスポット、
【港区立高輪図書館分室】に到着です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【港区立高輪図書館分室】>>

【港区立高輪図書館分室】は、
高輪こども中高生プラザの3階にあり、
小学生から高校生までを対象とした図書館です。

館内は、児童書やヤングアダルト向けの書籍、
CD、DVDなどを豊富に取り揃えています。
乳幼児向けの本は1階の子育てひろばに置いてあります。

閲覧席のほか、学習席もあり、
グループで学習や調べ物をする際には
パソコンを完備したグループ学習席を利用できます。

入館には「高輪子ども中高生プラザ」の入館証が必要。
入館証を作るには、1階受付でお手続きくださいね。
また、書籍やCD、DVDなどを借りる際は、
港区立図書館カード(利用カード)も必要です。

今回のお散歩では、このあと、
「食と文化」に関する施設を訪れます。

日本独自の食材・調味料・料理には
どのようなものがあるか、
食関係のコーナーで調べてみると、
新たな発見があるかもしれませんね。

★港区高輪1-4-35 高輪中高生子どもプラザ3階
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/j/takanawaannex-inst.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【港区立高輪図書館分室】を出たら、
高輪コミュニティーぷらざを右手に、
道なりを歩いていきます。

高松中学校裏にあるフェンスを右手に、
しばらくまっすぐの道が続きます。

フェンス越しに見える落ち葉は
乾燥しはじめていて、いよいよ秋から
冬へと季節が変わっているのを感じます。

ゆるやかな坂を下り、道路に突き当たったら、
すぐ前にある横断歩道を渡り、反対側へ。

高輪署の交差点を過ぎ、
二本榎通りを直進します。


本日最後のスポット、
【味の素食の文化センター】に到着です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【味の素食の文化センター】>>

食の文化に関する専門図書館、
【味の素食の文化センター】。

1989年以来収集されてきた食文化に関する
単行本、学術論文、文献や雑誌、古書などが、
大阪の「味の素食のライブラリー」と合わせて
約50,000冊が所蔵されています。

他にも、食に関連した錦絵や映像資料なども豊富で、
食文化の調査・研究をする人から一般の方々まで
幅広く利用されています。

調べ物がしやすいようにと、独自の分類で
本の配架が工夫されているのも見どころです。

館内には独自出版する食文化専門誌
「Vesta」も書架されており、
食文化の面白さ、深奥さを知ることができます。

同じ建物内には、味の素社が運営する
「食とくらしの小さな博物館」があり、
時代ごとの食卓風景とその変遷を紹介。

普段の食生活についてじっくり考える、
いいきっかけになる場所ですね。

★東京都港区高輪3-13-65
味の素グループ高輪研修センター内
http://www.syokubunka.or.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【味の素食の文化センター】を出たら、左方向へ。

最初の信号で横断歩道を渡り、道路の反対側へ。
渡ってすぐ左を向き、横断歩道を渡り、左斜向かいへ。

コンビニエンスストアを左手に、
桜田通りまで直進します。

桜田通りに突き当たったら、
道なりに左方向へ進みます。



ゴールの高輪台駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜臨海副都心の秋の風物詩!〜
「第12回ドリーム夜さ来い祭り」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“世界の夢をつなぐ祭りへ”をコンセプトに、
お台場(東京臨海副都心)全域および、
丸の内、有楽町エリアなど8つの会場で開催される
「第12回ドリーム夜さ来い祭り」。

秋の風物詩として、年々その規模は拡大しており、
今回は80チーム、約6,000人の踊り子が参加予定です。

会期中、よさこいの本場高知の「正調よさこい
鳴子踊り」の講習を受けることも可能。

フィナーレに行われる総踊りは、
飛び入り参加ができるので、
講習を受けて、踊りをしっかり
体得しておくのもいいかもしれませんね。

他にも、秋田地ビール、米沢ラーメン、仙台牛タン、
横手焼きそばはじめ、厳選された東北の味を堪能できる
フードコーナーや物産展も初開催なのでお見逃しなく!

【期間】11月2日(土)・11月3日(日)
【時間】12:00〜21:00 ※3日は10:00〜21:00
【入場料】無料
【場所】お台場
【交通】
ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩4分
ゆりかもめ「台場」駅より徒歩5分
【問い合わせ】TEL: 03-5796-2550(ドリーム夜さ来い祭り実行委員会 事務局)
【URL】http://www.dreamyosacoy.jp/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜国内最大規模を誇る公募展〜
「第45回日展」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明治以来の長い伝統と日本最大規模を誇る
公募展「日展(日本美術展覧会)」が
国立新美術館で開催されます。

日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の
5つの科(分野)が設けられ、
3,000点を超える入選作品が展示されます。

会期中、「講演会や映像による作品解説」や、
平日、一人やグループ単位で解説が受けられる「解説会」、
出品作家たちと日展を鑑賞する「らくらく鑑賞会」、
そして、日展作家の直接指導のもと作品制作を体験できる
「親子鑑賞教室」など、イベントも充実。

会場内では、ポストカードやクリアファイル、
一筆箋や便箋、額絵、2014年カレンダーなどの
日展グッズも販売されます。

【期間】11月1日(金)〜12月8日(日)※毎週火曜日は休館
【時間】10:00〜18:00 ※入場は17:30まで
【チケット】
一般 1,200円
大学・高校生 1,000円
中学生以下 無料
※前売券、団体券、トワイライトチケットあり
※「日展の日」(11月11日)は入場無料
【場所】港区六本木7-22-2
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩6分
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅より徒歩7分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩2分
【問い合わせ】TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.nitten.or.jp/2013special/index.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK