メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年10月24日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/10/24号 vol.480
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜10月のテーマ【読書の秋・図書館でゆったり過ごそう】〜
10月24日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」
期間/10月18日(金)〜11月4日(月・振休)
時間/イベントにより異なる
場所/東京ミッドタウン

---[B]「スヌーピー展」
期間/10月12日(土)〜2014年1月5日(日)
時間/10:00〜20:00
場所/森アーツセンターギャラリー

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

朝晩はすっかり涼しくなり、
ようやく秋めいてきましたね。

本日、10月24日は「国連デー」と「世界開発情報の日」。
どちらも国際デーの一つです。

また、10月が手乗り文鳥の雛が出廻る時期であることや、
「手(10)に(2)し(4)あわせ」というゴロから、
「文鳥の日」でもあります。

この日は視野を世界に広げて、
世界で起こっていることについて少しだけでも考えてみる
いい日かもしれませんね。

さて、10月のテーマは、
「読書の秋・図書館でゆったり過ごそう」です。
4週目は、おひとりさまにおすすめのコースを巡ります。
図書館のほかにも、インターナショナルな雰囲気のスポットや
昔ながらの雰囲気が残るスポットなどもご紹介。

さあ、今週も港区さんぽへ出かけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ日比谷線「広尾」駅→
→「ナショナル麻布スーパーマーケット」→
→【有栖川記念公園】→【都立中央図書館】

★§2 【善福寺】→ 麻布十番商店街 →
→ 都営大江戸線「麻布十番」駅

★総歩行距離(電車・バスは除く):約2.4km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ日比谷線「広尾」駅→
→「ナショナル麻布スーパーマーケット」→
→【有栖川宮記念公園】→【都立中央図書館】
==========================================================

広尾駅1番出口から地上へ出ると、
目の前に周辺地図があります。

最初の目的地である【有栖川宮記念公園】
の方向を確認して、さっそく左へ進みます。

左手すぐにパン屋があるので、
店の前を通りすぎながら、道なりに進みます。

いくつかのカフェ前を通りすぎて、
そのまま進むと、最初の交差点があります。

横断歩道を右方向に渡ると、目の前に輸入食品スーパーがあります。
周りに大使館やインターナショナルスクールが多いせいか、
店内は外国人のお客さんが非常に多く、
海外旅行先の現地スーパーを訪れているような雰囲気です。

ここで散歩がてらに食べるスナックや
ドリンクなどを買っておくのもいいですね。

スーパーを出て、道路を挟んだ正面にあるのが、
本日1つ目のスポット、【有栖川宮記念公園】です。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【有栖川宮記念公園】>>

1934(昭和9)年、児童の自然教育および健康に
格別の関心をもたれていた高松宮殿下が、
故有栖川宮威仁親王のご命日にちなんで
ご用地を公園地として賜与した【有栖川宮記念公園】。

麻布台地の変化にとんだ地形を生かした園内は、
丘や渓谷、池などがある珍しい閑雅な地で、
緑々した樹木が生い茂り、渓谷から池畔まで
水が流れる自然の情景を楽しむことができます。

ウメやサクラ、「区の木」ハナミズキなど
四季の花が年中咲き誇り、園内を彩ります。

これからの時季には、イチョウや紅葉が見頃になります。

園内にはところどころにベンチがあるので、
ベンチに腰掛けて、木々の紅葉や秋の装いを感じる、
そんな時間をもつのもいいかもしれませんね。

★港区南麻布5-7
http://www.arisugawa-park.jp/index.php

――――――――――――――――――――――――――――――――――

階段を登り、道が開けると
目の前には広場が見えてきます。

広場の奥へさらに進むと、
左手に本日2つ目のスポット、
【都立中央図書館】があります。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【都立中央図書館】>>

1973(昭和48)年、都立日比谷図書館の蔵書を受け継いで
この地に開館した【都立中央図書館】。

館内の蔵書数は約185万冊。
国内の公立図書館では最大級で、
新しい図書を中心に約35万冊を開架しています。

館内では、閲覧サービスや調査研究に関する支援、
都内公立図書館に対してレファレンスの支援や
資料の貸出などを行っています。

個人に対する資料の館外貸出は行っていないので、
資料の閲覧やコピーのサービスを利用しましょう。

今回の散歩では、後ほど、
最初のアメリカ公使館だった【善福寺】を訪れます。

公使館として使用されていた寺の様子は、
善福寺蔵書で、港区指定文化財でもある
「亜墨利加ミニストル旅宿記」に記述されています。

館内では、その複製・翻刻を蔵書しており、
自由に閲覧することができます。

事前に読んでおくと、寺を訪れるのが
さらに楽しくなりそうですね。

★港区南麻布5-7-13
http://www.library.metro.tokyo.jp/guide/central_library/tabid/1404/Default.a
spx

(写真提供:都立中央図書館)

==========================================================
§2 【善福寺】→ 麻布十番商店街 →
→ 都営大江戸線「麻布十番」駅
==========================================================

【都立中央図書館】を出たら、左にある公園出口へ。

公園を出て直進すると、通路の左右にテニスコート、
そして右手に野球場がみえてきます。

突き当たったら、右方向へ。
仙台坂上の信号をさらに超えて、
道なりを下りながら直進します。


麻布山入口の信号を左折し、
少し歩くと左手に見えてくるのが、
本日の最終スポット【善福寺】です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【善福寺】>>

麻布十番という落ち着いた街にある【善福寺】。

平安時代、空海が関東地域に真言宗を広めるために、
西の高野山に模して、東の麻布山としてつくった
都内最古の寺院の一つです。

善福寺の中門は「勅使門」と呼ばれ、
伝承によれば、1274年の「文永の役」の際に、
亀山天皇の勅使寺となった際に命名されたといわれています。

寺院の門として最も重要な位置にあり、
幕末のアンベール著の絵入り日本誌などには、
その形が描写されています。

アメリカ公使宿館跡地でもあったことから、
敷地内には、1859(安政6)年に公使として
この地に赴任してきたタウンゼント・ハリスに
関する記念碑や、「亜墨利加ミニストル旅宿記」
の原書が保存されています。

そのほか、歴史を物語る「柳の井戸」や
国の天然記念物である「逆さイチョウ」、
「福沢諭吉翁の墓」などの遺跡もあります。

★港区元麻布 1-6-21
http://www.azabu-san.or.jp/zenpukuji/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【善福寺】の入口を出たら、左方向へ。
商店街を突き抜けていきます。

道路に突き当たったら、横断歩道を渡ります。



ゴールの麻布十番駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜芸デザインを探しに、東京ミッドタウンへ!〜
Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰でも気軽にアートに親しめるイベントが
東京ミッドタウンで行われています。

“デザインを、探しに行こう。”がコンセプトの
「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」です。

ミッドタウン・ガーデンの芝生広場には、
ニューヨークのマンハッタンをイメージした
仮想都市「ミッドパーク・ダンジョン」が登場。

会期中、「Tokyo Midtown Award」受賞作品など
芸術の秋にふさわしい、感性を刺激される
展示も盛りだくさんです。

【期間】10月18日(金)〜11月4日(月・振休)
【時間】イベントにより異なる
【入場料】無料 ※一部有料
【場所】東京ミッドタウン
【交通】
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩6分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩6分
【問い合わせ】TEL: 03-3475-3100(東京ミッドタウン・コールセンター)
【URL】http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2013/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜しあわせは、きみをもっと知ること。〜
スヌーピー展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

森アーツセンターギャラリーで、スヌーピーの展覧会、
「スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること。」
が開催中です。

アメリカのチャールズ・M・シュルツ美術館が所蔵する、
新聞連載漫画「ピーナッツ」の50年に渡る連載から
厳選した約100点もの原画が展示されています。

日本で初めて公開されるほか、作者であるシュルツ氏の人生や
創作の秘密も垣間見ることができる展示になっています。

会場では、マグカップやポストカードなどの定番グッズや、
アーティストやブランドとコラボレーションしたグッズなども
販売中。

この秋、スヌーピーの世界観をたっぷり楽しむ
いい機会になりそうですね。

【期間】開催中〜1月5日(日)
【時間】10:00〜20:00 ※12月31日をのぞく火曜日は17:00まで
【チケット】
一般・大学生 2,000円
高校・中学生 1,500円
小学生〜4歳 800円
※前売り券あり
【場所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
森アーツセンター
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅より徒歩6分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩9分
【問い合わせ】TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.snoopy-exhibition.jp/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK