メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年6月27日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/6/27号 vol.463
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜6月のテーマ【雨の日は美術館でアートに触れよう】〜
6月27日号テーマ:ファミリーにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「PAVILION」
期間/開催中〜2013年7月28日(日)※毎週火曜休館
時間/10:00〜18:00 ※入場は閉館30分前まで
場所/岡本太郎記念館

---[B]「第20回 郡上おどり in 青山」
期間/2013年6月29日(土)・30日(日)
時間/29日(土)13:00〜19:30、30日(日)13:00〜19:00
場所/秩父宮ラグビー場内駐車場

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

梅雨のこの時期。
雨がちな天候に加えて、
湿度も高く蒸し暑い日が続いていますが、
体調は崩されていないですか?

今月は、雨の日でも楽しめるお散歩コースを
ご紹介してきましたが、
最終週は、表参道から六本木、汐留を歩きます。
子供と一緒に学びながら楽しめるスポットが満載の
ファミリーにもおすすめのルートです。

さあ、お気に入りの傘を持って、
楽しくアート散策へと出かけましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅→
→【岡本太郎記念館】→「根津美術館」→「青山陸橋」→
→「青山霊園」→「南青山陸橋」→「TOTOギャラリー・間」

★§2 「東京ミッドタウン」→【フジフイルム スクエア】→
→都営大江戸線「六本木」駅→都営大江戸線「汐留」駅→
→【パナソニック 汐留ミュージアム】→「カレッタ汐留」→
→都営大江戸線「汐留」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約2.5km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅→
→【岡本太郎記念館】→「根津美術館」→「青山陸橋」→
→「青山霊園」→「南青山陸橋」→「TOTOギャラリー・間」
==========================================================
表参道駅のA5出口を右へ出て直進します。
この通りは、有名ブランドのショップが立ち並ぶストリート。
ショッピングはもちろんのこと、
ユニークな形をした建物にも注目です。
子供たちにも刺激になる建物が多くあるので、
子供の目にはどんな風に映るのか、
話しながら歩くのも楽しいですね。


「カルティエ」を過ぎたら、次の信号を右へ。
そのまま直進し、骨董通りの手前の路地を左へ曲がると、
1つ目のスポット、【岡本太郎記念館】へ到着です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【岡本太郎記念館】>>

日本が誇る芸術家、岡本太郎。
【岡本太郎記念館】は、岡本太郎が1996年に亡くなるまで、
アトリエ兼住居としていた場所。
1970年に開催された大阪万博の太陽の塔をはじめ、
巨大なモニュメントや壁画など、
あらゆる作品の構想を練り、制作した場所です。

アトリエは、ル・コルビジェの愛弟子だった坂倉準三による設計で、
ブロックを積んだ壁の上に凸レンズ形の屋根をのせるなど、
当時話題を呼んだ名建築でもあります。
館内には、岡本太郎の絵画やデッサン、彫刻などが展示されています。

1階はアトリエスペースとサロン、ミュージアムショップがあり、
2階は企画展などの展示スペースとなっています。
オブジェなどが無造作に置かれた緑いっぱいの庭では、
自由に岡本太郎の作品を感じることができます。
庭園を眺められるカフェもあるので、
アートに触れた後の休憩にもぴったりです。
(写真提供:岡本太郎記念館)

★港区南青山6-1-19
http://www.taro-okamoto.or.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【岡本太郎記念館】を左に出て、大通りへ突き当たったら左に曲がって進むと
向かいに見えてくるのが「根津美術館」。
日本・東洋の古美術品コレクションを展示するほか、
四季折々の移ろいを感じられる見事な庭園も魅力です。


「根津美術館」の前を直進し、しばらく歩くと
「青山陸橋」が見えてきます。
「青山陸橋」を渡り切ると「青山霊園」へと入っていきます。
今の季節は緑豊かな木々が迎えてくれますが、
春には桜、秋には紅葉も楽しめる人気スポットでもあります。


そのまま「青山霊園」を歩いていくと、
赤いアーチ型のトンネル「南青山陸橋」が現れます。
トンネルの両脇にある歩道を歩いていきましょう。
「南青山陸橋」を抜けて直進すると、
外苑東通りに突き当たります。
通りの手前にあるのが「TOTOギャラリー・間(ま)」です。
ここは、TOTOが運営している、建築とデザインの専門ギャラリー。
興味がある人は、立ち寄ってみるのもおすすめです。

==========================================================
§2 「東京ミッドタウン」→【フジフイルム スクエア】→
→都営大江戸線「六本木」駅→都営大江戸線「汐留」駅→
→【パナソニック 汐留ミュージアム】→「カレッタ汐留」→
→都営大江戸線「汐留」駅
==========================================================
外苑東通りを右へ進み、東京ミッドタウン西の交差点を渡ると
「東京ミッドタウン」へ到着です。
レストランやショップ、ホテルなどが集まった複合施設である
「東京ミッドタウン」は、子供連れにもうれしいスポット。
トイレはもちろん、休憩できる場所も多く、
アート作品が点在した芝生のあるガーデンもあるので、
さまざまな楽しみ方ができます。
地下鉄と直結しているほか、室内施設も充実しているので、
雨の日でも安心して過ごせるのがいいですね。


「東京ミッドタウン」のミッドタウン・ウエスト1階にあるのが、
2つ目のスポット、【フジフイルム スクエア】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【フジフイルム スクエア】>>

【フジフイルム スクエア】は、
幅広い年代の人たちに、
写真の素晴らしさに触れて楽しんでもらいたい、
という思いから設立された、
写真ギャラリーを中心とした施設です。

富士フイルムフォトサロンでは、
プロ・アマ問わず写真の魅力や素晴らしさを表現した作品を厳選し、
一週間単位で写真展を開催しています。
さらに、ミニギャラリーでは、
富士フイルムの企画による写真展を見ることができます。
また、館内には、富士フイルムの
秘蔵アンティークカメラコレクションを展示する
写真歴史博物館も併設しています。
写真の文化・カメラの歴史的進化を観て体験できる
希少価値の高い博物館です。

富士フイルムフォトサロンでは、
7月10日(水)まで
「よみがえる不朽の名作 土門拳の『古寺巡礼』」を開催中。
6月27日(木)までは、第一部として「仏教文化の開花」を、
また、6月28日(金)からは、第二部として
「浄土と禅宗世界への憧れ」が始まります。
写真歴史博物館では、
富士フイルム収蔵品展
「エドワード・マイブリッジの『動物の運動』」が
9月2日(月)まで開催されています。
(写真提供:フジフイルム スクエア)

★港区赤坂9-7-3
http://fujifilmsquare.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【フジフイルム スクエア】で写真の魅力に触れたら、
「東京ミッドタウン」の地下まで下りて、
直結している六本木駅から都営大江戸線に乗り、
汐留駅まで向かいましょう。

汐留駅で下車したら、地下通路を3・4出口方面へ進むと、
左手に見えてくるビルが「汐留シティセンター」。
この「汐留シティセンター」の前にある中庭スペースにも注目を!
ここからは、ゆりかもめの線路を見上げることができます。
時折、通り過ぎていくゆりかもめの電車が見えるので、
電車好きなキッズは必見のスポットです。
「汐留シティセンター」の先にあるのが、
最後のスポット【パナソニック 汐留ミュージアム】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【パナソニック 汐留ミュージアム】>>

【パナソニック 汐留ミュージアム】は、
パナソニックが1990年代末より収集・所蔵してきた
20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオーの
油彩・版画作品を展示しているミュージアムです。
約230点にも及ぶルオー・コレクションは、
館内のルオー・ギャラリーで一部常設展示されているほか、
ルオーに関連する企画展も随時開催しています。
また、パナソニックの事業と関わりの深い、
「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとする
企画展も開催しています。

【パナソニック 汐留ミュージアム】では
館内照明にも力を入れています。
全館で次世代照明を用いた展示を行っていることも特長です。
美術品にやさしいLED照明と有機EL照明を設置し、
本来の美しい色を引き出す照明環境で作品を鑑賞できます。
次世代照明を用いたことで消費電力を約32%削減し、
地球環境にも配慮したやさしいライティングを実現しています。
ルオー・ギャラリーにはLED光天井を採用し、
時間ごとに色温度が変化するシーン演出も楽しむことができます。

現在は、開館10周年記念特別展として、
8月25日(日)まで企画展「幸之助と伝統工芸」を開催中。
松下幸之助ゆかりの工芸作品約90点が一堂に会し、
彼と伝統文化の関わりを紹介しています。
(写真提供:パナソニック 汐留ミュージアム)

★港区東新橋1-5-1 
http://panasonic.co.jp/es/museum/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【パナソニック 汐留ミュージアム】のすぐ近くにある
「カレッタ汐留」も、飲食店などが入る人気スポット。
アート散策を満喫したあとは、休憩や食事に立ち寄ってみてもいいですね。


地下通路を戻れば、ゴールの汐留駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜Chim↑Pomと岡本太郎のコラボ〜
「PAVILION」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映像作品を中心に、
強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表し、
国内外でさまざまなプロジェクトを展開している
アーティスト集団Chim↑Pom。
そのChim↑Pomが岡本太郎作品と
コラボレーションした企画展です。
渋谷駅にある岡本太郎の壁画『明日の神話』に
福島第一原発の絵を付け足し、世間の注目を集めた
『LEVEL 7 feat.「明日の神話」』をはじめ、
岡本太郎の1967年の作品『殺すな』の文字をもとにした
Chim↑Pomの新作『殺すな』など、
立体、映像、写真など新作15点を展示。
Chim↑Pomと岡本太郎のコラボレーション作品が
館内を埋め尽くしています。

【期間】開催中〜2013年7月28日(日)※毎週火曜休館
【時間】10:00〜18:00 ※入場は閉館30分前まで
【入館料】一般600円、小学生300円
【場所】港区南青山6-1-19 岡本太郎記念館
【交通】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
【問い合わせ】TEL: 03-3406-0801
【URL】http://www.taro-okamoto.or.jp/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜踊りの輪に入って夏を先取り〜
「第20回 郡上おどり in 青山」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年7〜9月の30数夜にわたり
岐阜県郡上八幡で開催されている郡上おどり。
郡上八幡城主・青山家の菩提寺が
青山の梅窓院にあるという縁で、
東京・青山に本場郡上おどり保存会を招いたことから始まった、
今年で20回を数える人気のイベントです。
期間中は愛好者たちが各地から集まり、踊り手であふれます。
郡上おどりは、見るだけでなく自分も踊って楽しむもの。
踊りの開始前には簡単な講習会も行われるので、
見よう見まねでも、踊りの輪に入って参加してみましょう!
13時からは観光物産展の販売が始まり、踊りは16時から。
6月30日(日)には20回記念イベント「個人おどりコンクール」
(15〜16時受付/先着100名)もあります。
ゆかたで出かけて、夏気分を先取りしてみるのもいいですね。

【期間】2013年6月29日(土)・30日(日)
【時間】29日(土)13:00〜19:30、30日(日)13:00〜19:00
【入場料】無料
【場所】港区北青山2-8-35 秩父宮ラグビー場内駐車場
【交通】東京メトロ銀座線「外苑前」駅3出口より徒歩3分
【問い合わせ】TEL:0575-67-0002(郡上おどりin 青山実行委員会/郡上八幡観光協会)
【URL】http://www.aoyama-gaienmae.or.jp/event/indexodori.html

 

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK