メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年6月6日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/6/6号 vol.460
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜6月のテーマ【雨の日は美術館でアートに触れよう】〜
6月6日号テーマ:アクティブシニアにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]
「開山忌・能楽奉納」
期間/6月8日(土)
時間/開山忌法要15:00〜、能楽奉納16:00〜
場所/梅窓院

---[B]
「やきものが好き、浮世絵も好き
山口県立萩美術館・浦上記念館名品展」
期間/開催中〜7月15日(月・祝)
※毎週月曜閉館、7月15日は開館
時間/10:00〜17:00
※最終入館は16:30
場所/根津美術館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

今年は例年より早く梅雨入りしましたね。
雨の日におうちに籠っているなんてもったいない!
お天気が悪くても、屋内で過ごす時間が長ければ
きっと楽しいお散歩ができるはずです。

6月の月刊テーマは、
「雨の日は美術館でアートに触れよう」です。
今週は、アクティブシニアにおすすめのルートをご紹介します。
美術館のほか、道中には日本の歴史を感じられる
スポットも多いので、歴史好きの方には
特に楽しんでいただけるコースになっていますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「雨の日は美術館でアートに触れよう」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅→「虎ノ門 金刀比羅宮」→
→「日本消防会館」→「江戸身坂」→「菊池寛実記念 智美術館」→
→【大倉集古館】→「霊南坂」→「オークラ公園」→
→東京メトロ銀座線「溜池山王」駅 乗車

★§2 東京メトロ銀座線「表参道」駅 下車→「高野長英隠れ家跡」→
→「岡本太郎記念館」→【根津美術館】→「さくら坂公園」→
→「麻布十番商店街」→東京メトロ南北線「麻布十番」駅 乗車→
→東京メトロ南北線「白金台」駅 下車→「三田用水路跡」→
→【畠山記念館】→都営地下鉄浅草線「高輪台」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約6km
★歩行時間:約4時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅→「虎ノ門 金刀比羅宮」→
→「日本消防会館」→「江戸身坂」→「菊池寛実記念 智美術館」→
→【大倉集古館】→「霊南坂」→「オークラ公園」→
→東京メトロ銀座線「溜池山王」駅 乗車
==========================================================
「虎ノ門」駅3番出口を出たら、左に進み、
最初の角を左折しましょう。
少し進むと、左手に「虎ノ門 金刀比羅宮」があります。
海上守護、大漁満足、五穀豊穣・殖産興業・招福除災の
神として尊信されている神社です。


そのまま進むと、2つ目の角に「日本消防会館」があります。
1階ロビーには消防団情報プラザがあり、消防団の現状や活動状況
などに関する展示が行われています。
入口には、かつて使用された腕用ポンプやペルー蒸気消防馬車が
展示されているので、当時の消火活動を想像しながら見てみましょう。


まっすぐ進み、突き当りを左折し、
次の十字路を右折して「江戸身坂」を上りましょう。
右にカーブする通りを進んでいくと、左手に
「菊池寛実記念 智美術館」があります。
ここでは、現代陶芸のコレクターである菊池智が
長年にわたり蒐集してきた現代陶芸のコレクションを
展示しています。
さらに歩くと、右手にホテルオークラ東京があり、
その先が、最初のスポット【大倉集古館】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【大倉集古館】>>

【大倉集古館】は、大正6(1917)年に
明治から昭和初期にかけて活躍した実業家、
大倉喜八郎が創設した日本初の私設美術館。
彼が生涯かけて蒐集した日本・東洋の古美術品と、
ホテルオークラ創始者である息子、喜七郎が
蒐集した日本の近代絵画などの美術品を中心とした
約2500件の美術・工芸品と約1000部の
漢籍(中国古典籍)を所蔵しています。
コレクションには「普賢菩薩騎象像」(平安時代)、
「随身庭騎絵巻」(鎌倉時代)、「古今和歌集序」(平安時代)
の国宝3件、重要文化財13件、44件の重要美術品も含まれ、
「普賢菩薩騎象像」は常設展示されています。
現在は、「伝わる技 伝える技
第4回 新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会」が
開催中です(7月28日まで)。

また、中国の古典様式を活かした建築が印象的な同館は、
平成10(1998)年には、国の登録有形文化財にもなっています。
所蔵の作品のみならず、建築も楽しみながら、
館内を巡ってみてください。
(写真提供:大倉集古館)

★港区虎ノ門2-10-3
http://www.shukokan.org/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【大倉集古館】を出たら、右に進み、
最初の角を右折し、「霊南坂」を下りましょう。
ホテルオークラ東京の敷地内には、
緑豊かな「オークラ公園」があり、「霊南坂」に面した入口から
入ることができます。


「オークラ公園」内の階段を下り、左にある出入口から
出たら右へ、突き当りの信号を渡り、左へ行きます。
米国大使館前の信号で進行方向へ渡ってから右折しましょう。
斜め左に伸びる通りに入ったら、特許庁の信号を
左へ曲がり、外堀通りを進みます。
溜池の信号を渡ると、「溜池山王」駅9番出口です。
銀座線で「表参道」駅まで行きましょう。

==========================================================
§2 東京メトロ銀座線「表参道」駅 下車→「高野長英隠れ家跡」→
→「岡本太郎記念館」→【根津美術館】→「さくら坂公園」→
→「麻布十番商店街」→東京メトロ南北線「麻布十番」駅 乗車→
→東京メトロ南北線「白金台」駅 下車→「三田用水路跡」→
→【畠山記念館】→都営地下鉄浅草線「高輪台」駅
==========================================================
「表参道」駅B3出口から出て、青山通りを左へ進むと、
左手にある総合複合施設・スパイラルが見えます。
その駐車場入口近くに、蘭学者・医者「高野長英隠れ家跡」の
石碑があるので、探してみましょう。


南青山五丁目の信号を左折し、骨董通りを歩きます。
数々のショップが建ち並ぶ通りなので、
ウィンドウショッピングをしながら歩くのも楽しいですね。
4つ目の角を左へ、最初の角を右へ曲がると、
「岡本太郎記念館」があります。
岡本太郎が50年近く住んでいたアトリエ兼住居が
開放された記念館。
大阪万博のために「太陽の塔」を制作した場所でもあります。


十字路に出たら左折し、根津美術館前の信号で
通りの反対側へ渡ると【根津美術館】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【根津美術館】>>

東武鉄道の社長などを務めた明治から昭和の実業家、
初代・根津嘉一郎が蒐集した日本・東洋の
古美術品コレクションを展示する【根津美術館】。
単にコレクションを秘蔵するのではなく、
「衆と共に楽しむ」という初代・嘉一郎の想いを継いだ
2代・根津嘉一郎が、昭和15(1940)年に財団を創立し、
翌年に開館しました。

国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件が含まれる
古美術コレクションの所蔵数は7400点を超え、
その内容も書跡、絵画、彫刻、金工・武具、陶磁、漆工、
木竹、染織、考古と多岐にわたります。
初代・嘉一郎は、青山と号して茶の湯にも親しんだ
茶人でもありました。
多くの名物茶器を収集し、茶道具が充実しているため、
日本を代表する茶の美術館としても知られています。

また、庭園散策も【根津美術館】の楽しみ方のひとつ。
自然の勾配を上手に利用した起伏に富んだ庭園では、
緑豊かな四季の移ろいを感じられます。
都会の真ん中にいることを忘れてしまうほど静かな空間で、
美術鑑賞後のひとときを過ごしてみましょう。
(写真提供:根津美術館)

★港区南青山6-5-1
http://www.nezu-muse.or.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【根津美術館】を出たら、目の前にある根津美術館前の信号を
右へ曲がり、西麻布方面へ行きます。
六本木通りに出るまで、しばらく住宅街が続くので、
地元の人たちの生活を感じながら歩いてみましょう。
六本木通りに出たら左に曲がり、西麻布交差点を進行方向へ渡り、
さらに左へ渡って外苑西通りを進みます。
2つ目の角を左折すると、大使館が並ぶ通りに出ます。
ルーマニア、ギリシャ、ラオス人民共和国の大使館があり、
大使館の多い港区らしさを感じられます。
突き当りまで歩いたら、信号を渡り左折、最初の角を右折して進むと、
左手にカラフルな遊具がある「さくら坂公園」が見えます。
入口付近には、「乃木大将生誕之地」の石碑が立っています。


都立六本木高校と区立南山小学校の間を過ぎ、
突き当りを左、さらにその突き当りを右に行きます。
ここは、地元の人の生活に密着し、観光客にも人気の
「麻布十番商店街」です。
二又に分かれた通りは左へ、そのまま商店街を進むと、
「麻布十番」駅に着きます。


「麻布十番」駅から、南北線で「白金台」駅まで行きましょう。
1番出口を出たら左へ、最初の角を左折します。
二又に分かれた道を左へ、区立白金台幼稚園前にある二又を
さらに左へ進みます。
少し歩くと階段があるので、下ったら振り返ってください。
階段横にあるのが「三田用水路跡」です。
寛文4(1664)年、江戸市街の拡大で水の需要が増加したために、
玉川上水の水を下北沢で分水した三田上水が開かれました。
享保7(1772)年に廃止されたが、流域の村々の農業用水でもあったため、
嘆願され再び水を引くことになり、三田用水と呼ばれるようになったといいます。


さらに住宅街を歩いていき、最初の十字路を右へ曲がり、
突き当りを右折します。
右に曲がる角を過ぎ、次の角で左折しましょう。
また突き当りにぶつかるので、左に曲がり、
次の十字路を右に進むと、右手に最後のスポット
【畠山記念館】に到着します。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【畠山記念館】>>

茶道具を中心に、書画、陶磁、漆芸、能装束など、
日本、中国、朝鮮の古美術品を展示公開している【畠山記念館】。
「林檎花図」、「煙寺晩鐘図」など国宝6件、
重要文化財32件を含む約1300件を所蔵し、
季節の移り変わりに合わせ年4回、展示品の入れ替えを行っています。
現在は、「麗しの漆 −蒔絵と螺鈿−」が開催中です(6月16日まで)。

創立者の畠山一清は、技術者としてポンプの開発に取り組み、
荏原製作所などを設立するなど、実業界で活躍する傍ら、
即翁と号して能楽と茶の湯を嗜み、美術品を蒐集しました。
薩摩藩島津家の別荘跡の日本庭園の中に建つ同館は、
畠山の発案により、鉄筋コンクリートの近代建築に、
日本建築を取り入れた造りをしています。
また、展示室内の茶室「省庵」では、抹茶と干菓子を
いただきながらゆったりと芸術品の鑑賞できます(茶券400円)。
(写真提供:畠山記念館)

★港区白金台2-20-12
http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【畠山記念館】を出たら、来た道を戻り、
最初の十字路を右へ曲がります。
桜田通りを右へ曲がると、ゴールの「高輪台」駅です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜開山上人への供養と報恩感謝の法要〜
開山忌・能楽奉納
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寛永20(1643)年に建立された梅窓院の
開山である南龍和尚の遠忌法要が開催。
法要後には、観世流能楽師・橋本忠樹による
能楽(演目:半能「半蔀(はじとみ)」)の
奉納も行われます。
どちらも一般の方の参列、鑑賞が可能なので、
この機会にぜひ。

【期間】6月8日(土)
【時間】開山忌法要15:00〜、能楽奉納16:00〜
【入場料】無料
【場所】港区南青山2-26-38 梅窓院
開山忌法要/2F 本堂、能楽奉納/地下2F 祖師堂
【交通】
東京メトロ銀座線「外苑前」駅1b出口より徒歩1分
【問い合わせ】TEL:03-3404-8588(梅窓院 青山文化村)
【URL】http://www.baisouin.or.jp/gyouji/kaisan-nou/kaisanki25.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜名品揃いの浦上コレクションが東京に〜
やきものが好き、浮世絵も好き
山口県立萩美術館・浦上記念館名品展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

萩市出身の実業家で美術品コレクターである
浦上敏朗が、中国・朝鮮の陶磁と浮世絵版画
あわせて約2500点を山口県に寄贈したことを
きっかけとして開館した山口県立萩美術館・浦上記念館。
その所蔵品の中から、唐三彩や古染付、高麗青磁などの
東洋陶磁と初期から黄金期の浮世絵、計192点を
展示する特別展が、根津美術館で開催中です。
喜多川歌麿、葛飾北斎らの浮世絵や中国・朝鮮陶磁器など、
浦上コレクションならではの厳選された名品の数々を
鑑賞しに出かけてみませんか。

【期間】開催中〜7月15日(月・祝)
【時間】10:00〜17:00
※最終入館は16:30
【入場料】一般1200円、学生(高校生以上)1000円、中学生以下無料
【場所】港区南青山6-5-1 根津美術館
【交通】
東京メトロ銀座線・日比谷線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
【問い合わせ】TEL:03-3400-2536
【URL】http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK