メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年5月23日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/5/23号 vol.462
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜5月のテーマ【国際色豊かな街・大使館めぐり】〜
5月23日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「みんなハッピー!LPSA将棋パーク2013」
期間/5月26日(日)
時間/10:30〜16:30
場所/建築会館ホール

---[B]「春季展 麗しの漆−蒔絵と螺鈿−」
期間/開催中〜6月16日(日)
時間/10:00〜17:00
場所/畠山記念館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

5月も4週目に突入です。
日に日に気温が上がり、
太陽の日差しも強く感じられますね。
半袖姿になる日も増えていると思います。

外出前の日焼け予防や
帽子や日傘を持つなど
暑さ対策を万全にして、
お散歩に出かけましょう。

今月のテーマは
「国際色豊かな街・大使館めぐり」です。
4週目となる今回は、
おひとりさまにおすすめの
麻布台〜元麻布エリアを歩きます。

公園やグルメスポットも多いエリアなので
ひとり歩きを楽しむのに、ぴったり。
さあ、今週も港区を歩いてみましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「おひとりさまにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ日比谷線「広尾」駅→「有栖川宮記念公園」→
→「東京都立中央図書館」→「カタール大使館」→
→【マダガスカル大使館】→「六本木ヒルズ」→
→「西町インターナショナルスクール」→
→「元麻布ヒルズフォレストタワー」

★§2 「暗闇坂(くらやみざか)」→【オーストリア大使館】→
→「麻布十番商店街」→「港区立狸穴公園」→
→「狸穴坂(まみあなざか)」→【ロシア大使館】→
→東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約4km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ日比谷線「広尾」駅→「有栖川宮記念公園」→
→「東京都立中央図書館」→「カタール大使館」→
→【マダガスカル大使館】→「六本木ヒルズ」→
→「西町インターナショナルスクール」→
→「元麻布ヒルズフォレストタワー」
==========================================================

広尾駅2番出口を出たら、
正面に見える広尾橋交差点の
横断歩道を直進しましょう。

渡ったらそのまま道なり歩き、
有栖川公園前交差点に向かいましょう。
途中ゆるく左にカーブするように
進んで行きます。


交差点を渡り、
「有栖川宮記念公園」を通り抜けて
本日1つ目のスポットに向かいましょう。

公園に入ったら、池のあるエリアを抜け、
「東京都立中央図書館」方向を目指し進みます。
図書館にぶつかるところで左へ。
木の橋を渡って、公園外の通りに出ましょう。

「有栖川宮記念公園」は、
昔ながらの地形を生かした公園なので
森を探索するような気分で
散策を楽しめます。

ひとりでじっくりと
さまざまな動植物を眺めたり、
ベンチで読書したりと
休日を過ごすのにぴったりの公園です。


公園外の通りに出たら右へ。
ほどなくすると愛育病院前交差点に
ぶつかるので、交差点を渡ったら
右折しましょう。

少し進むと左手に
「カタール大使館」が見えてきます。
大使館の先にある脇道を
左折すると、本日1つ目のスポット
【マダガスカル大使館】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【マダガスカル大使館】>>

世界で4番目に大きな島であるマダガスカルは
アフリカ大陸南東の沖合約400kmの
インド洋に浮かんでいます。

面積は約58,7000平方キロメートルで、
日本の約1.5倍もあり、
約1,900万人が、公用語である
マダガスカル語、フランス語、英語を
話しながら生活しています。

自然豊かな土地を利用した
エコツーリズムが盛んに行われ、
周囲から孤立した島特有の
珍しい動植物たちに会えると人気です。

マダガスカルは、
まさに人種のつるぼであり、
アジアとアフリカのかけ橋的存在でもあります。
両大陸のよさを併せ持つ、
ホスピタリティ精神あふれる
国民性として知られています。

今年6回目を迎えた交流イベント
「アフリカンフェスティバルよこはま2013」を後援したり、
旅行代理店との連携イベントに協力したりしながら
マダガスカルはもちろん、
アフリカへの理解を深めてもらう
活動にも力を入れています。

★港区元麻布2-3-23
http://madagascar-embassy.jp/japanese/index_jp.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【マダガスカル大使館】を右にして
来た道を戻りましょう。
再び、「カタール大使館」のある
通りに出たら、今度は左へ。
少し進むと、すぐ左手に道が現れるので左折。
道なりに住宅地を歩き、
右手に上り坂が見える
ところまで進んで行きましょう。
そこで、元麻布らしい光景に出会えます。


この界隈には、
「西町インターナショナルスクール」があり、
英語を話す各国の子供たちと
すれ違うことたびたび。
建物も洋風建築や上品な邸宅が多く、
子供たちの話す英語を聞きながら
界隈を歩いていると、
まるで海外に来たような
気分になれますよ。


「西町インターナショナルスクール」を右にし
まっすぐに進むと、通りに出ます。
通りをそのまま渡り、右へ。
すぐに左に入る道があるので左へ進み、
「元麻布ヒルズフォレストタワー」へと
向かいましょう。

左手に階段が見えてくるので、
上って行きます。
階段を上ると、一般公開されている
「元麻布ヒルズフォレストタワー」前の
庭に出るので、少しだけ遠回りになりますが
庭を楽しみながら通り抜けてみましょう。

==========================================================
§2  「暗闇坂(くらやみざか)」→【オーストリア大使館】→
→「麻布十番商店街」→「港区立狸穴公園」→
→「狸穴坂(まみあなざか)」→【ロシア大使館】→
→東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
==========================================================

「元麻布ヒルズフォレストタワー」を背にして
庭を通り抜け、再び通りに出ましょう。
通りに出たら右へ。
すると坂道ばかりが交差する
変形した十字路にぶつかります。
左斜め前に見える
珍しい名前の下り坂へと進んで行きましょう。


「暗闇坂」を下りきる手前、
右手に見えてくるのが
本日2つ目のスポット、
【オーストリア大使館】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【オーストリア大使館】>>

オーストリアは、
中央ヨーロッパの南部に位置し、
国土は、北海道とほぼ同じ
約84,000平方キロメートルにおよびます。
ウィーンを首都とし、
総人口約840万人が暮らしています。
ヨーロッパの心臓部にあたり、
古くから文化や経済が交差する
「十字路」ともいわれています。

日本との公式な国交開始は、
1869年、当時帝国であった日本と
二重帝国であったオーストリア・ハンガリーとの間で
友好・通商・就航における
国家条約が終結されました。
その後、第二次世界大戦勃発により、
国交は一時中断。
その後、1955年に国交が再樹立されたのを機に
【オーストリア大使館】が建設されました。

日本家屋を生かした大使館は、
時とともに老化したため、
1972年に立て直しがスタート。
設計・施工は、丹下健三や安藤忠雄と並ぶ
建築家、槇 文彦が担当。
内装は、オーストリアの建築家、
メリッヒ・モンチッチュが担当しました。

外からは見えませんが、
元来敷地にあった、日本庭園を
最大限に活用させた
日本建築へのリスペクトが
感じられる造りになっています。

★港区元麻布1-1-20
http://www.bmeia.gv.at/jp/botschaft/tokio.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【オーストリラ大使館】を右にして
坂道を下って行きましょう。
2本先の通りを右へ曲ると、
そこは「麻布十番商店街」です。
まっすぐ一の橋交差点を
目指して進みましょう。


一の橋交差点についたら
交差点を渡り、左へ曲がります。
すぐに新一の橋交差点にぶつかるので右へ。
1本目の脇道を左へ入り、直進します。
すると、高い石垣のある
通りにぶつかるので右へ。
道なりに歩くと、左手に
子供たちでにぎわう、児童公園が現れます。


公園を左にして、
さらに道なりに進みましょう。
ほどなくすると、角に酒店のある
十字路にぶつかるので左へ曲がります。
長い長い上り坂を上って行きましょう。


長く続く坂道を上りきったら、右へ。
本日最後のスポット、
【ロシア大使館】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【ロシア大使館】>>

ユーラシア大陸北部に位置する
共和制国家、ロシア。
国土は、日本の45倍、
アメリカの2倍に匹敵する
世界最大の面積を占めています。

首都モスクワを中心に
1億4306万人の人が
生活する巨大国家です。

1855年、日本とロシア帝国が
日露和親条約に調印したことで
国交が樹立しました。

麻布台にある大使館のほか
札幌、函館、新潟、大阪に
連邦領事館があります。

★港区麻布台2-1-1
http://www.rusconsul.jp/hp/jp/news.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【ロシア大使館】を左にして、
飯倉片町交差点方向へと歩きましょう。
そのまま、外苑東通りをまっすぐ
道なりに歩けば、
六本木交差点にぶつかるので左へ。
すぐ左手に六本木駅入口が
見えるのでゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜将棋ガール・デビューしませんか?〜
「みんなハッピー!LPSA将棋パーク2013」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本女子プロ将棋協会(LPSA)は、
設立記念日にあたり5月30日を「女子将棋の日」に制定。
その「女子将棋の日」を記念して、イベントが開催されます。
イベントは、午前からの部・午後からの部にわかれ
団体戦や女流棋士トーナメントなどの対局や
ゲストの古田敦也さんのトークショーなど
多彩な内容が目白押し。
将棋が大好きな人から
ルールや駒の動かし方がわからない人まで
大人・子供・性別を問わず楽しめる内容です。
詳しくは、下記ホームページをご確認ください。

【期間】5月26日(日)
【時間】10:30〜16:30
<スケジュール>
10:30 開場
11:00 大会・初心者講座 開始
13:00 席上対局・各ブースによるイベント 開始
16:30 終了予定
【入場料】無料(将棋大会等は一部有料)
【場所】港区芝5-26-20 建築会館ホール
【交通】
JR山手線・京浜東北線「田町」駅西口より徒歩3分
都営浅草線・三田線「三田」駅A3より徒歩3分
【問い合わせ】
TEL: 03-3457-7631
(公益社団法人 日本女子プロ将棋協会/LPSA)
【URL】
http://www.joshi-shogi.com/shogipark/2013/03/outline2013.html
http://joshi-shogi.com/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜日本が世界に誇る技を鑑賞〜
「春季展 麗しの漆−蒔絵と螺鈿−」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古くから日本人に馴染みがあり、
日々の暮らしと深い関わりを持つ“漆”の展覧会です。
艶やかで潤いのある漆を塗り重ねてゆく漆芸技術は、
日本独自の発展を見せながら、
日本人の生活を豊かにしてきました。
本展では、漆器の代表的な加飾法である
「蒔絵(まきえ)」と「螺鈿(らでん)」を
施した作品が並びます。
作品を通して、緻密で丁寧な
名工たちの美と技を堪能できます。
お抹茶(別途400円)をいただきながら
艶やかで美しい漆器に酔いしれてみませんか?

【期間】開催中〜6月16日(日)
※月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)
【時間】10:00〜17:00(最終入館16:30)
【入館料】一般500円、学生350円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)
※お抹茶(干菓子付き)400円(10:00〜16:30まで展示室にて随時)
【場所】港区白金台2-20-12 畠山記念館
【交通】
都営浅草線「高輪台」駅A2出口より徒歩5分
東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅2番出口より徒歩12分
【問い合わせ】TEL: 03-3447-5787
【URL】http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/index.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK