メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年5月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/5/2号 vol.459
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜5月のテーマ【国際色豊かな街・大使館めぐり】〜
5月2日号テーマ:ファミリーにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「東京タワー恒例!333匹の『鯉のぼり』と巨大『さんまのぼり』」
期間/開催中〜5月6日(月・振休)
時間/終日
場所/東京タワー 1F正面玄関前

---[B]「『ねぞうアートの本』写真展」
期間/5月3日(金・祝)〜5月16日(木)
時間/10:00〜19:00
※最終入館18:50、最終日〜16:00
場所/フジフイルム スクエア ミニギャラリー

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

ゴールデンウィークが始まりましたね。
みなさま、いかがお過ごしですか。
旅行に行く、近場にでかける、おうちでゆっくりするなど、
さまざまな過ごし方がありますが、ゴールデンウィークの締めくくりに、
今週末は港区内を歩いてみるのはいかがでしょう。

港区内には多くの大使館があり、とてもインターナショナルな街。
5月のテーマは、「国際色豊かな街・大使館めぐり」。
今週は、ファミリーにおすすめのルート、青山エリアを歩きます。
事前に巡る大使館の国々のことをお子様と一緒に
調べておくと、よりお散歩が楽しくなりますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅→「赤坂消防署発祥之地」→
→「港区立赤坂図書館」→【カンボジア王国大使館】→「新坂」

★§2 【カナダ大使館】→「高橋是清翁記念公園」→「神宮外苑いちょう並木」→
→「スタジアム通り」→【ブラジル大使館】→「原宿教会」→
→東京メトロ銀座線「外苑前」駅

★総歩行距離:約3km
★歩行時間:約2時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅→「赤坂消防署発祥之地」→
→「港区立赤坂図書館」→【カンボジア王国大使館】→「新坂」
==========================================================

青山一丁目駅3番出口を出たら、階段を上り外苑東通りを左へ
進みましょう。
少し歩くと、左手に公園があります。
この入口には、「赤坂消防署発祥之地」の碑が立っています。
かつて現在の港区エリアは赤坂区、麻布区、芝区と3つの区に分かれており、
この辺りは赤坂区に属していたため、消防署に赤坂の地名が付いています。

公園の角の信号を渡り左折すると、青山1丁目タワーがあり、
3階には「港区立赤坂図書館」が入っています。
この図書館は、広告、デザイン関係の本やプロの調理人が
求める本を揃えるなど、周辺のビジネス環境に対応した資料収集に
力を入れています。
また、おはなし会や子ども映画会なども開催しているので、
お子さんも楽しめる図書館です。


「港区立赤坂図書館」の先にある信号で外苑東通りを渡り、右折します。
1つ目の角を左に曲がり進みましょう。
しばらく歩くと左手に【カンボジア王国大使館】が見えてきます。
国旗が掲げられているので、目印にしてください。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【カンボジア王国大使館】>>

インドシナ半島の中央に位置するカンボジア王国。
国の中央には東南アジア最大の湖・トンレサップ湖があり、
国を縦断するようにアジアの大河・メコン川が流れています。

アンコール・ワット寺院で有名なアンコール遺跡群は
世界遺産にも認定され、日本人観光客にも人気。
17世紀には堺市の商人がクメール王国に訪問し、
アンコール・ワット寺院も訪れたというように、
カンボジアと日本との交流には長い歴史があります。

★港区赤坂8-6-9
http://www.cambodianembassy.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【カンボジア王国大使館】の先にある1つ目の角を左折して
青山通りを目指して真っ直ぐ歩きましょう。
この道は、緩やかな坂になっており、「新坂」という名前が
付けられています。
少し進むと、「サン・マリノ共和国大使公邸」があります。
サン・マリノ共和国は、イタリア半島の中東部に位置する
61平方キロメートル、世田谷区ほどの小さな国家です。


さらに進み、青山通りを右に曲がるとあるのが、2つ目のスポット
【カナダ大使館】です。

==========================================================
§2 【カナダ大使館】→「高橋是清翁記念公園」→「神宮外苑いちょう並木」→
→「スタジアム通り」→【ブラジル大使館】→「原宿教会」→
→東京メトロ銀座線「外苑前」駅
==========================================================

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【カナダ大使館】>>

プラース・カナダと名付けられたカナダ大使館庁舎は、
日本とカナダの会社によって設計されました。
三角形をした上層4階に大使館が入り、
庁舎内には、カナダ人アーティストにより
制作された作品を含め、彫刻や絵画が置かれています。

4階ホール、カナディアンガーデン、地下2階図書館の
公開部分は、平日の10時から16時まで内部見学が可能です。
また、地下2階には、絵画、彫刻、写真、テキスタイル、
デザインなど、カナダ人による作品の展覧会が行われている
高円宮記念ギャラリーがあります。
カナダの文化に触れるいい機会になるので、
ぜひ訪れてみてください。

★港区赤坂7-3-38
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【カナダ大使館】の隣には、「高橋是清翁記念公園」があります。
この公園は明治時代後期、日本の金融界の重鎮であり、
大正から昭和初期にかけて首相、蔵相をつとめた政治家、
高橋是清の邸宅跡に作られています。


「高橋是清翁記念公園」を出たら、また【カナダ大使館】側に戻り、
そのまま進みましょう。
外苑東通りを渡り、青山2丁目の交差点で青山通りを渡ると、
「神宮外苑いちょう並木」があります。


さらに青山通りを進みます。
外苑前の信号を渡り、右折しましょう。
この通りは、「スタジアム通り」といい、平成4(1992)年に、
青山外苑前商店街振興組合創立40年を記念し、公募で決まりました。


最初の角を左に曲がり、2つ目の角を左折して進むと、
一部が黄色い建物が見えてきます。
ここが最後のスポット【ブラジル大使館】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【ブラジル大使館】>>

建物正面の赤い建枠と黄色の壁が目を引く【ブラジル大使館】。
建築家、ルイ・オオタケにより設計されたこの建物は、
ニューヨーク・タイムズで「東京で注目する近代建築のひとつ」と
称されたほどです。

日本列島以外で最大の日系人社会を成すブラジル。
現在ブラジル国内に居住する日系ブラジル人は約150万人です。
明治41(1908)年に、165世帯の最初の日本人移住者を乗せた
汽船「笠戸丸」がブラジルのサントス港に到着し、
ブラジルと日本の関係が幕を開けたのです。
平成20(2008)年、両国は「日伯交流年」と定め、
二国間関係100周年を祝いました。

★港区北青山2-11-12
http://www.brasemb.or.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【ブラジル大使館】の隣には、現代的な建築の「原宿教会」があります。


そのまま進行方向へ歩き、外苑西通りに出たら左折し、
南青山三丁目の信号を右に曲がりましょう。
青山通りを進み、外苑前の信号を渡ったら、ゴールの外苑前駅です。
この辺りには、カフェも多いので、疲れたら休憩をしながら
歩くといいですね。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜青空と赤いタワーをバックに空を泳ぐ〜
東京タワー恒例!333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高さ333mの東京タワー正面玄関では、333匹の「鯉のぼり」と
全長6mの「さんまのぼり」の装飾が施されています。
「さんまのぼり」は、毎年秋の恒例行事
「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」を通じて
友好関係にある岩手県大船渡市へ、復興へのエールを込めたもの。
色とりどりの「鯉のぼり」の中で、大きな「さんまのぼり」が
元気に空を泳いでいます。
17:00から22:00までは、「鯉のぼり」を吊るワイヤー部分が
7色に輝くので、昼間とは異なる雰囲気を楽しんでください。

【期間】開催中〜5月6日(月・振休)
【時間】終日
【入館料】無料
【場所】港区芝公園4-2-8 東京タワー 1F正面玄関前
【交通】
都営大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1番出口より徒歩7分
都営三田線「御成門」駅A1出口より徒歩6分
都営浅草線「大門」駅A6出口より徒歩10分
JR線「浜松町」駅北口より徒歩15分
【問い合わせ】TEL:03-5159-5886
【URL】http://www.tokyotower.co.jp/hot_topics/index.cgi?tno=2113

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜かわいい寝相から生まれた写真〜
「ねぞうアートの本」写真展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、ママたちの間で大ブームの「ねぞうアート」は、
赤ちゃんの寝相を身近なものでデコレーションしたおもしろ写真のこと。
ママ・小出真朱氏(マンガ家)が写真を撮り、
パパ・@wondernunothc氏がツイッターにアップした「ねぞうアート」の
作品・写真が話題を呼び、コンテストが開催されるほどの人気になりました。
今回の写真展では、約30点の「ねぞうアート」写真はもちろん、
くわしい作り方や構図なども楽しめます。

5月11日(土)には「ねぞうアート」の撮り方セミナーを開催し、
作品を作る際のコツ・使える道具を紹介。
家族で参加し、「ねぞうアート」を撮ってみませんか。

≪「ねぞうアート」の撮り方 セミナー≫
日時:5月11日(土)
12:30〜13:30(開場12:00〜)
14:30〜15:30(開場14:00〜)
各定員:各20組の赤ちゃんと家族(事前申込制)
参加費:無料
会場:フジフイルム スクエア 2F
持ち物:コンパクトデジカメ(メディア、充電、取扱説明書等)
※カメラの使い方教室ではありません。操作方法等は事前にご確認ください
※カメラご持参なしの、聴講のみも可能です。
申込み:フジフイルム スクエア受付、または電話にて
TEL:03-6271-3350(10:00〜18:00)

【期間】5月3日(金・祝)〜5月16日(木)
【時間】10:00〜19:00
※最終入館18:50、最終日〜16:00
【入場料】無料
【場所】港区赤坂9-7-3 フジフイルム スクエア ミニギャラリー
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より直通
都営大江戸線「六本木」駅8番出口より直通
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩5分
【問い合わせ】TEL:03-6271-3350
【URL】http://fujifilmsquare.jp/photosalon/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK