メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年4月25日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/4/25号 vol.458
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜4月のテーマ【春を満喫!港区の公園庭園にピクニックへ出かけよう】〜
4月25日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展
LOVE展:アートにみる愛のかたち
―シャガールから草間彌生、初音ミクまで」
期間/4月26日(金)〜9月1日(日)
時間/10:00〜22:00(火曜〜17:00)
※会期中無休
※最終入館は閉館の30分前まで
場所/森美術館

---[B]「『もののあはれ』と日本の美」
期間/開催中〜6月16日(日)
時間/10:00〜18:00(金・土曜〜20:00)
※火曜休館
※最終入館は閉館の30分前まで
場所/サントリー美術館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

日中なら上着なしでも
歩ける日が増えてきましたね。
春の日差しを浴びに、
今週も港区さんぽに出かけましょう。
4月最終週は、おひとりさまに
おすすめのコースを歩きます。
お気に入りの本や雑誌、
コーヒーやお茶を入れたマイ水筒などを持って、
公園へ行ってみましょう。
1人でもピクニック気分を楽しめますよ。
日焼け止め対策を万全にして、
今週も港区を楽しみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「おひとりさまにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ日比谷線「広尾駅」→
→「南部坂」→【有栖川宮記念公園】→「都立中央図書館」→
→「麻布運動場」→「仙台坂」→「麻布山 善福寺」→「港区立綱代公園」→
→「パティオ十番」→「麻布十番駅」都営地下鉄大江戸線 乗車

★§2 「汐留駅」下車→【イタリア公園】→「新橋駅」東京メトロ銀座線 乗車→
→「溜池山王駅」下車→「福吉坂」→【氷川公園】→
→東京メトロ千代田線「赤坂駅」

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約3km
★歩行時間:約2時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ日比谷線「広尾駅」→
→「南部坂」→【有栖川宮記念公園】→「都立中央図書館」→
→「麻布運動場」→「仙台坂」→「麻布山 善福寺」→「港区立綱代公園」→
→「パティオ十番」→「麻布十番駅」都営地下鉄大江戸線 乗車
==========================================================

広尾駅1番出口を出たら、左へ。
すぐに広尾橋交差点にぶつかるので
再び左折しましょう。

道なりに進むと、
変形したT字路にぶつかるので左へ。
このあたりは、カフェが多いので
立ち寄るのもおすすめです。


いろいろなお店を眺めながら進むと
有栖川公園前交差点が現れ、
本日1つ目のスポット
【有栖川宮記念公園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【有栖川宮記念公園】>>

広尾駅から徒歩約3分の場所にある
麻布台地の地形を生かした日本庭園が
【有栖川宮記念公園】です。

約6万7000平方メートルにもおよぶ敷地には、
児童コーナーや広場、池や渓流、滝など
さまざまな趣向のエリアが広がります。
そのため、休憩する会社員や
子連れファミリー、散歩するカップルやシニア夫婦など
非常に幅広い層の人々が訪れています。

見どころをいくつかご紹介しましょう。
大小2つの滝から流れる水によって造られる
渓流や池のある風景は、【有栖川宮記念公園】に
多くの人々を引きつける理由のひとつです。
池では、釣りを楽しむことができ、
渓流では、石渡りを楽しむ子供の姿も見られます。
広尾の一等地にある公園だとは
思えない光景が広がります。

また、園内の高台にある広場と
遊具のある児童コーナーでは、
毎日、学校帰りの子供たちで賑わっています。
広場を囲むベンチに座れば、
子供たちの笑顔に癒されること間違いなしです。

園内には、池や渓流、林などがあるため
野鳥やカメ、昆虫などの生物や
四季を彩る花々など、動植物も多彩です。
デジカメ片手に、ひとりでじっくりと撮影しながら
フォトさんぽをするのもいいですね。

また、おひとりさまにおすすめなのが
併設施設である「都立中央図書館」です。
園内で、日光浴などを楽しんだら、
図書館でいろいろな本を探してみてはいかがでしょう?
約180万冊を所蔵する

国内の公立図書館としては、
最大級の図書館です。

★港区南麻布5-7-29
http://www.arisugawa-park.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【有栖川宮記念公園】を楽しんだら、
「南部坂」に面した出入口から通りに出ましょう。
坂を上るように歩けば、
左手に「麻布運動場」が見えてきます。


並木道を通り抜け、
直進するとT字路に出るので右へ。
T字路の角で、オブジェを発見!
風景をじっくり眺めたり、小さな発見をしたり
しながらゆっくり歩けるのは
ひとり歩きのいいところですね。


仙台坂上交差点を通り過ぎ、さらに直進。
ゆるやかな下り坂が長く続くので、
ゆっくり下って行きましょう。


「仙台坂」を下ると
麻布山入口交差点にぶつかるので左へ。
このあたりから、麻布十番エリアになり、
さまざまな店舗が増え、にぎやかになります。

交差点を左折するとすぐ左手に
麻布十番のランドマーク的存在でもある
「麻布山 善福寺」の入口が見えてきます。
ここには、港区屈指の大イチョウや
伝説の多い湧き水など
不思議なスポットがたくさんあるので
立ち寄ってみるのもおすすめです。


「麻布山 善福寺」を出たら左へ。
そこから右手4本目の通りを右折。
麻布十番住民に愛される公園があります。
ベンチもあるので、ひと休みするのに最適です。


「パティオ十番」を左手に見ながら直進すると
再び「麻布山 善福寺」のある通りに出るので
右へ進みましょう。
ほどなくすると、麻布十番駅が見えてくるので
次なる公園に向けて、地下鉄で移動しましょう。


「麻布十番駅」で都営地下鉄大江戸線に乗車し、
「汐留駅」で下車しましょう。

==========================================================
§2  「汐留駅」下車→【イタリア公園】→「新橋駅」東京メトロ銀座線 乗車→
→「溜池山王駅」下車→「福吉坂」→【氷川公園】→
→東京メトロ千代田線「赤坂駅」
==========================================================

汐留駅9番出口を出たら
そのまま浜松町駅方向へ直進しましょう。
ホテルやタワーレジデンスなどを
左に見ながら進むと、
本日2つ目のスポット
【イタリア公園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【イタリア公園】>>

【イタリア公園】は
「日本におけるイタリア2001年」を記念し、
イタリアから寄贈された港区立の公園です。
本格的なイタリア式の庭園をイメージし、
イタリア製の彫刻や噴水が配されています。

そして、今はまさに、

新緑がきれいなシーズン!
いきいきした緑がまぶしく
思わず背伸びして、
深呼吸したくなりますね。

庭園を眺めて歩くのはもちろん、
ベンチもあるので、腰をおろし読書をしたり、
ゆっくり休むスポットとしてもおすすめです。
近代的なシオサイトと対照的な
緑豊かな空間で、ひとり静かに癒されるのもいいですね。

★港区東新橋1-10-20
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/shiba/03.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【イタリア公園】で
ロマンティックな気分に浸ったあとは、
来た道を汐留駅方向へと戻りましょう。
汐留駅10番出口から、地下通路へ入ります。
汐留駅と新橋駅は、地下通路でつながっているので
悪天候の場合は、ぜひ利用したいですね。

地下通路といっても、
書店や雑貨店など、
さまざまなショップがあり、
ちょっとしたお買い物も楽しめます。
では、地下通路を使って、
新橋駅方向へと進んで行きましょう。
通路内には、案内板がたくさん掲出されています。


新橋駅から次なる目的地へ向かいましょう。
時間がある場合は、歩いてもいいのですが
今回は、ここでも地下鉄で移動して
その分、公園でゆっくりしましょう。


「新橋駅」で東京メトロ銀座線に乗車。
「溜池山王駅」で下車し、11番出口から地上に出ましょう。
地上に出たら目の前の道を右へ進みましょう。
すると、赤坂二丁目交番前交差点に
ぶつかるので左折します。
さらにその道を直進しましょう。


右手にホテルなどを見ながら進むと、
T字路に出るので、左折。
すると右手に、本日の最終スポット
【氷川公園】が見えてきます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【氷川公園】>>

【氷川公園】は、地下に駐車場がある人工地盤の公園です。
手前のT字路側から見ると、高台にある公園のように見えます。
1999(平成11)年には、子供たちが遊べる遊具エリアや
バラ園などを配し、再整備を行いました。

そのため、バラのきれいな公園としても知られています。
真紅や黄色や薄紫色など、さまざまな色のバラが
競い合うかのように咲き誇っている姿は、
思わず写真に収めたくなりますね。
ベストショットを狙ってみましょう。
いろいろな品種のバラが咲いているので、
その形や色など、じっくりと観察することができます。
見頃は5月中旬と10月中旬です。

この辺りは、江戸時代前期、
広島藩・浅野家を本家とする
浅野家の本・分家の屋敷があり、
1881(明治41)年には、
東京市氷川尋常小学校が開校されました。
1929(昭和4)年の火災で学校は移転となり、
跡地は1935(昭和10)年に公園として開園。
そして、1999(平成11)年に再整備された際、
港区民の要望もあって、
港区の花「バラ」に親しめる公園となりました。

★港区赤坂6-5-4
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/akasaka/03.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【氷川公園】でバラ鑑賞を楽しんだら、
来た道へと戻りましょう。
来たときに、左折したT字路を曲がらずそのまま直進。
ほどなくすると、左右にゴールの赤坂駅が見えてきます。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜さまざまな愛を探しに〜
「六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展
LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛とは、性別も年齢も国も関係なく、
すべての人類にとってかけがいのないものです。
そのため、アートの世界でも、
愛をテーマにした作品は、無数に存在します。
森美術館では、開館10周年を記念し
「愛」という普遍的なテーマにちなんだ作品
約200点を通じ、愛のかたちを探る展覧会を開催。
膨大な作品は「愛ってなに?」、「恋するふたり」、
「愛を失うとき」、「家族と愛」、「広がる愛」という
5つのセクションに分けて展示されます。
MoMAやTATE所蔵の名画たち、
フリーダ・カーロをはじめとする本邦初公開作品から、
草間彌生の新作インスタレーションまで
あらゆる表現方法のアート作品が一堂に会します。

【期間】4月26日(金)〜9月1日(日)
【時間】10:00〜22:00(火曜日〜17:00)
※会期中無休
※最終入館は閉館の30分前まで
【入館料】一般1500円、高校・大学生1000円、4歳〜中学生500円
※上記の入館料で展望台 東京シティビューにも入館可(スカイデッキは別途必要)
【場所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
森美術館
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅直結
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅より徒歩4分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅より徒歩5分
【問い合わせ】TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.mori.art.museum

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜日本人の美意識に迫る〜
「『もののあはれ』と日本の美」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「もののあはれ」とは、
平安時代の文芸の美的理念のひとつで
自然や人生において起こる、しみじみとした
繊細な情趣のことを意味します。
この気持ちは、平安の世も、現代も変わりません。
本展では、自然の美しさを描いた絵巻や屏風、
漆工や陶磁器などを8章立てで構成。
花鳥が描かれた多くの作品を通し、
平安以降の美術の流れとともに、
「もののあはれ」をめぐる美的理念や
自然の移ろいに心動かされた作者たちの
思いを探っていきます。
着物で来館すると入館料が100円引きになる
「きもの割」など、おもしろい特典もあります。

【期間】開催中〜6月16日(日)
※毎週火曜休
※4月30日(火)は18時まで開館
【時間】10:00〜18:00(金・土曜〜20:00)
※4月28日(日)、5月2日(木)、5日(日・祝)は20時まで開館
※shop×cafeは会期中無休
※最終入館は閉館の30分前まで
【入館料】一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料
【場所】港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
サントリー美術館
【交通】
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅出口8より直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅出口3より徒歩約3分
【問い合わせ】TEL:03-3479-8600
【URL】http://suntory.jp/SMA/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK