メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年4月18日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/4/18号 vol.457
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜4月のテーマ【春を満喫!港区の公園庭園にピクニックへ出かけよう】〜
4月18日号テーマ:アクティブシニアにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]エドワード・S・カーティス作品展「アメリカ先住民の肖像」
期間/開催中〜5月31日(金)
時間/10:00〜19:00
※最終入館は18:50
場所/フジフイルムスクエア

---[B]世界記憶遺産の炭坑絵師 山本作兵衛展
期間/開催中〜5月6日(月・祝)
時間/10:00〜18:00
※最終入館は17:30
場所/東京タワー

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

4月も3週目に入り、新生活にも慣れてきた頃。
そろそろゴールデンウィークの予定を
立てはじめている人も多いのではないでしょうか。

4月の月刊テーマは、
「春を満喫!港区の公園庭園にピクニックへ出かけよう」です。
今週は、アクティブシニアの方におすすめの
港区の公園や庭園を巡っていきましょう。
春のうららかな陽気のなか、
のんびり歩けるルートをご紹介します。

連休は何をするのか、どこに行くのかなど、
計画を立てつつ歩くのもいいかもしれませんね。
さあ、今週も歩いていきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「春を満喫!港区の公園庭園にピクニックへ出かけよう」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ南北線「白金高輪」駅→「魚籃坂」→
→「石村近江墓」→「魚籃寺」→【三田台公園】→
→ちぃばす「高輪一丁目」停留所→ちぃばす「品川駅港南口」停留所

★§2 JR線「品川」駅→JR線「浜松町」駅→【旧芝離宮恩賜庭園】→
都営大江戸線「大門」駅→都営大江戸線「青山一丁目」駅→
→「伝統工芸 青山スクエア」→「カナダ大使館」→
→【高橋是清翁記念公園】→都営大江戸線「青山一丁目」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約2km
★歩行時間:約2時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ南北線「白金高輪」駅→「魚籃坂」→
→「石村近江墓」→「魚籃寺」→【三田台公園】→
→ちぃばす「高輪一丁目」停留所→ちぃばす「品川駅港南口」停留所
==========================================================
「白金高輪」駅を降り、
2番出口「魚らん坂下方面」から出ましょう。
地上へと出るとすぐに、
「魚らんマップ」と称した
歴史散歩道の地図を見つけられます。
魚籃坂周辺は、歴史的ないわれのあるスポットが
点在しているエリアです。
散策しながら歴史の一幕に触れることができますよ。
寺院や史跡が多いこのあたりは、
人通りも少なく落ち着いた雰囲気で、
春の陽射しを受けつつのんびりと散策するには、
もってこいのエリアです。


右を走る大通り「桜田通り」をしばらく直進しましょう。
ほどなくすると、大きな交差点にぶつかります。
ここが「魚籃坂下」の交差点。
右に曲がる道が「魚籃坂」です。
この「魚籃坂」を上っていきます。
シニアの方でも歩きやすいゆるやかな坂なので、
ゆっくりと上っていきましょう。
「魚籃坂」という名前は、
坂の中腹に魚籃観音を安置した寺があることに由来します。
後ほど、この寺にも立ち寄ってみましょう。


ほどなくすると、左側に大信寺が見えてきます。
この寺は、別名「三味線寺」とも呼ばれており、
これは、三味線の始祖とされる
「石村近江墓」があったことに由来しています。


しばらく坂を上っていきましょう。
左手には、寺院が立ち並んでいます。
この辺りは閑静な住宅街でもあり、
静かな雰囲気のなか散策ができますよ。


しばらく歩くと左手に赤い門が見えてきます。
この「魚籃寺」は、
「魚籃観世音菩薩」を本尊とする歴史ある寺で、
「魚籃坂」の地名の由来はここからきています。
「魚籃観世音菩薩」は、美しい乙女の姿をした観音像で、
仏が美しい乙女の姿で現れ、
竹かごに入れた魚を売りながら
仏法を広めたという伝説があります。


寺を出て、しばらく坂を上っていくと、
スーパーマーケット、大丸ピーコックが見えてきます。
手前の道を左に入っていきましょう。
このあたりも閑静な住宅街と寺が点在しています。


ほどなくして、二股の道が交わる場所に出ます。
右の前方に最初のスポット【三田台公園】が見えてきます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【三田台公園】>>

伊皿子貝塚遺跡(いさらごかいづかいせき)
の発掘調査で発見された
住居跡と貝層の断面が復元、展示されている
区で唯一の遺跡公園です。
園内の奥には、大きな貝層があります。
これは、伊皿子貝塚のなかで厚く貝がつもった部分を
接着剤で接合してはぎとり、保存したものです。
その隣では、復元された古墳時代の住居跡を
ガラス窓からのぞくことができるようになっており、
古代の人々の生活の一端を知ることのできる公園です。
また、園内には草地のビオトープがあり、
多くの昆虫が生息しています。
人も少なく、ゆったりと時間を過ごせるので
アクティブシニアの方にもぴったりなスポットです。

★港区三田4-17-28
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/takanawa/03.html


三田台公園を出たら、
来た道の方に戻りましょう。
二股になっている道の左側の道を下っていきます。
ほどなくすると、先ほど通ってきた
スーパーマーケット、
大丸ピーコックが右側に見えてきます。
その手前に、
港区のコミュニティバス、ちぃばすの
「高輪一丁目」停留所がありますので、
ここからバスに乗車しましょう。
バスは目的地から目的地への移動が
スムーズにできるので、
シニアの方には大変おすすめです。
ちぃばすは、乗降口がすべてノンステップになっている
というのもうれしい配慮ですね。
この名前は、「小さいバス」をそのまま呼びやすく
したところからきているそうです。
ちぃばすに乗って、「品川駅港南口」停留所を目指します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――


「品川駅港南口」停留所でバスを降りたら、
品川駅からJR線に乗って、
次のスポットに向かいましょう。

==========================================================
★§2 JR線「品川」駅→JR線「浜松町」駅→【旧芝離宮恩賜庭園】→
都営大江戸線「大門」駅→都営大江戸線「青山一丁目」駅→
→「伝統工芸 青山スクエア」→「カナダ大使館」→
→【高橋是清翁記念公園】→都営大江戸線「青山一丁目」駅
==========================================================
JR線に乗ったら、東京方面の電車に乗り、
「浜松町」駅を目指します。
北口を降り、右に曲がるとすぐに
次のスポット【旧芝離宮恩賜庭園】が右側に見えてきます。
立派な庭園なので、すぐに分かりますよ。
ちょうどこの季節は、
美しい新緑を存分に感じながら散策できるので、
気持ちよく歩けますね。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【旧芝離宮恩賜庭園】>>

最も古い大名庭園のひとつ、【旧芝離宮恩賜庭園】。
延宝6(1678)年から貞亨3(1686)年に作庭されたと推定され、
老中・大久保忠朝によって作られました。
大正13(1924)年には、
昭和天皇のご成婚記念に東京市に贈られます。
その前年の関東大震災で被害を受けていますが、
復旧して、同年4月に一般公開されるようになります。
そして昭和54(1979)年には、国の名勝に指定されました。
起伏にとんだ庭園は、どこから眺めても美しく、
ひと息ついたり、じっくり鑑賞するためのベンチも
数多く配置されているので、シニアの方にもおすすめです。
高層ビルに囲まれた都会にありながら、
素晴らしい池の景観を楽しむことができます。

★港区海岸1-4-1
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


庭園を満喫したら、
再び、「浜松町」駅方面に戻りましょう。
今度はJR線ではなく、
少し直進したところに乗り場がある
都営大江戸線の「大門」駅から乗車していきましょう。
正面には、東京タワーの姿が見えますよ。
都営大江戸線は、比較的新しい地下鉄路線のため、
既存の路線より深部を走り、
駅のホームがかなり深いところに設置されています。
特に六本木駅は、
地下鉄駅としては、日本で最も低い場所に位置するそうです。
大江戸線が開設されてから、
都心の地下鉄のアクセスがより便利になりました。
こうやって、違う路線の駅が
すぐ近くにあって、さまざまな方面に
簡単にアクセスできるのも、東京のいいところですね。
最後のスポットのある「青山一丁目」駅を目指します。


「青山一丁目」駅を出たら、
「赤坂郵便局」「乃木坂方面」の出口より出ましょう。
地上に出ると、左手には広々とした青山通りと
その向こう側には「赤坂御用地」の緑を見ることができます。
港区ならではの、都会的で開放感のある
景色を楽しみながら歩いていきましょう。


右側に赤坂郵便局を見てしばらく直進です。
ほどなくすると、「伝統工芸青山スクエア」が見えてきます。
伝統的工芸品産業振興協会の運営により、
新潟県の「小千谷縮」、宮城県の「鳴子漆器」、
兵庫県の「播州そろばん」など、
経済産業大臣が指定する、
全国の伝統的工芸品が展示されています。
常設展のほか、特別展も開かれ、
多様な工芸品を一堂に観ることができます。
シニアの方に人気の立ち寄りスポットです。


その隣には、斬新なデザインの「カナダ大使館」があります。
こちらは、次に向かうスポットの【高橋是清翁記念公園】とともに、
以前は高橋是清邸の一部であったそうです。


その先には、最後のスポット、
【高橋是清翁記念公園】の姿が見えてきます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【高橋是清翁記念公園】>>

大正から昭和初期にかけて首相、蔵相を務めた政治家、
高橋是清(たかはしこれきよ)の邸宅跡である
【高橋是清翁記念公園】。
ここは、昭和11年の2・26事件にて、
彼が暗殺された地でもあります。
昭和13年に当時の東京市に寄付され、
昭和16年に公園として開園。
邸宅は、都立小金井公園にある
江戸東京たてもの園へ移築されましたが、
和風庭園は、ほぼ当時のままの姿でこの地に残されています。
奥には、この公園を見守るように、高橋是清像が座っています。
秋の季節になると、美しい紅葉も楽しめます。
カエデやモッコク、クスノキなどの広葉樹に囲まれた
美味しい空気のなかで、ゆっくりと今日の散策を終えましょう。

★港区赤坂7-3-39
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/akasaka/04.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


来た道を戻り、「青山一丁目」駅でゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜人間の尊厳が表現されたアメリカ先住民の肖像写真〜
エドワード・S・カーティス作品展「アメリカ先住民の肖像」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1868年、アメリカ合衆国中西部のウィスコンシン州に生まれ、
独学で写真を学び、若くして肖像写真家として評価された
エドワード・S・カーティスによる作品展です。
彼は、多くのアメリカ先住民の中に深く入り込み、
親交を深め、彼らの生活や肖像などを撮影しました。
また、近代化によって失われようとする
アメリカ先住民の最後の輝きを深い敬意とともに写し撮りました。
彼の撮影したアメリカ先住民の肖像写真は、
人間の尊厳が見事に表現され、
気高く、美しい作品となっております。

【期間】開催中〜5月31日(金)
【時間】10:00〜19:00
※最終入館は18:50
【入場料】無料
【場所】港区赤坂9-7-3 フジフイルムスクエア
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より直通
都営大江戸線「六本木」駅8番出口より直通
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩5分
【問い合わせ】TEL:03-6271-3350
【URL】http://fujifilmsquare.jp/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜日本初の世界記憶遺産に登録された貴重な原画が公開〜
世界記憶遺産の炭坑絵師 山本作兵衛展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年5月に日本では始めて
ユネスコ(国連教育・科学・文化機関)の
世界記憶遺産に登録された
福岡県出身の絵師、山本作兵衛の絵画や日記が公開されます。
彼は、自らの目で見た炭坑労働者の実態を
後世に伝えたいと、膨大な数の絵画を残しました。
作兵衛が本格的に創作活動を開始したのは、
東京タワーが開業した1958年。
東京タワーの開業55周年である今年、
その記念事業として山本作兵衛の作品展が開催されます。
秘蔵の原画59点が一挙に公開される貴重な展覧会です。

【期間】開催中〜5月6日(月・祝)
【時間】10:00〜18:00
※最終入館は17:30
【入場料】一般(大学生以上)1200円、小・中・高校生600円
【場所】港区芝公園4-2-8 東京タワー
【交通】
都営大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1番出口より徒歩7分
都営三田線「御成門」駅A1出口より徒歩6分
都営浅草線「大門」駅A6出口より徒歩10分
JR線「浜松町」駅北口より徒歩15分
【問い合わせ】TEL:03-5159-5886
【URL】http://www.tokyotower.co.jp/hot_topics/index.cgi?tno=2100

 

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK