メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2013年3月22日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/3/22号 vol.453
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜3月のテーマ【毎年恒例!港区桜名所巡り】〜
3月21日号テーマ:カップルにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「六本木アートナイト2013」
期間・時間/3月23日(土)10:00〜24日(日)18:00
※メインとなるインスタレーションやイベントが集積するコアタイム:
3月23日(土)17:55(日没)〜3月24日(日)5:39(日の出)
場所/六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、
21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、
その他六本木地区の協力施設や公共スペース

---[B]「カリフォルニア・デザイン 1930-1965
−モダン・リヴィングの起源−」
期間/開催中〜6月3日(月)※毎週火曜休館
時間/10:00〜18:00(金曜〜20:00)
※入場は閉館30分前まで
※3月23日(土)は「六本木アートナイト2013」開催に伴い、22:00まで開館
場所/国立新美術館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

2006年3月21日は、マイクロブログサービスTwitterで
世界で最初のつぶやきがあったそうです。
本年度最後、3月の月刊テーマは、
「毎年恒例!港区桜名所巡り」。
今週は、カップルにおすすめのお花見スポットです。
ロマンティックな夜桜、日本情緒あふれる公園での花見など、
デートにぴったりの場所を巡っていきましょう。
Twitterをやっている方は、ぜひきれいな桜の写真と
一緒に感想をつぶやいてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「毎年恒例!港区桜名所巡り」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅→「神宮外苑いちょう並木」→
→【青山霊園】→「乃木坂トンネル」→【東京ミッドタウン】→
→「檜町公園」→「六本木交差点」

★§2 「六本木ヒルズ」→「櫻田神社」→「中華人民共和国大使館」→
→「木下坂」→【有栖川宮記念公園】→東京メトロ日比谷線「広尾」駅

★総歩行距離:約5km
★歩行時間:約4.5時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅→「神宮外苑いちょう並木」→
→【青山霊園】→「乃木坂トンネル」→【東京ミッドタウン】→
→「檜町公園」→「六本木交差点」
==========================================================
「青山一丁目」駅1番出口を出たら、青山通りを右へ進みましょう。
2つ角を過ぎると、「神宮外苑いちょう並木」に出ます。
大正12(1923)年にできたこの並木道には、
青山口から円周道路までの300mに、約150本が植えられています。


「神宮外苑いちょう並木」前にある青山2丁目の信号で
青山通りを渡り、右へさらに進んだら、2つ目の角を左折しましょう。
そのまま真っすぐ歩くと、1つ目のスポット【青山霊園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【青山霊園】>>

明治7(1874)年に、日本初の公用墓地として
開設された【青山霊園】。

園内の中央を通る霊園中央通りは桜並木となっており、
都内屈指の名所としても知られており、
毎年多くの見物客が訪れる人気スポットです。

また、約26ヘクタールという広大な敷地内には、
著名人の墓所も多くあり、大久保利通や乃木希典などの
日本の近代史に名を残す政治家や、尾崎紅葉、斎藤茂吉、
志賀直哉など、時代を代表する文化人も眠っています。
最近は、著名人の墓巡りが人気で、「墓マイラー(=参墓者)」
ということばがあるほどです。
管理事務所では、パソコンで著名人の墓所を検索できるほか、
散策用マップなども用意しているので、
墓所巡り初心者はぜひ利用したいですね。

青山霊園では、墓所内への立ち入りと宴会が禁止されています。
花見で訪れる際には、充分注意しましょう。
(写真提供:青山霊園)

★港区南青山2-32-2
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index072.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


青山墓地中央の信号から都道413号を「乃木坂」駅方面へ
進みましょう。
【青山霊園】を抜けると、赤いアーチが印象的な
「乃木坂トンネル」があります。
脇に歩道があるので、進んで行きましょう。


そのまま住宅街を進み、外苑東通りに出たら、
右へ進みます。
少し歩くと郵便局の前に信号があるので、
反対側に渡り、さらに右へと行きましょう。
しばらくすると左側に大きなビルが見えてきます。
これが、2つ目のスポット【東京ミッドタウン】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【東京ミッドタウン】>>

レストランやショップ、ホテル、オフィスなどが
集まった複合施設【東京ミッドタウン】。
敷地内にはソメイヨシノを中心に、103本の桜が
植えられています。
なかでも、桜並木になっている「さくら通り」は、
満開の時期には、まるで桜のトンネルのようになり、
圧巻の美しさ。
夜には、ライトアップがされるので、
ロマンティックな雰囲気のなかで桜を眺められ、
デートにもぴったりです。

また、現在「Midtown Blossom 2013」が開催中。
桜の下で、桜にちなんだメニューを味わえる屋外カフェや、
馬車に揺られながらゆったりお花見ができる花見馬車、
ガレリア1階とプラザB1階の館内花装飾など、
桜をテーマに盛りだくさんの内容で、
都会のお花見を楽しむことができるイベントです。

ホームページには「桜マップ」もあるので、
確認してみてくださいね。
(写真提供:東京ミッドタウン)

<<Midtown Blossom 2013>>
期間/開催中〜4月14日(日)
※花見馬車は、4月5日(金)〜7日(日)、
12日(金)〜14日(日)の実施

★港区赤坂9-7-1他
http://www.tokyo-midtown.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【東京ミッドタウン】の桜を楽しんだ後は、
隣接する「檜町公園」に行ってみましょう。
こちらでも美しい桜が見られますよ。
この公園は、檜が多いことから「檜屋敷」と
異名をとった萩藩・毛利家藩邸の庭園があった場所。
その広大な庭は、江戸の町並みを一望できる名園
として親しまれてきました。


ザ・パーク・レジデンシィズ・アット・ザ・リッツ・カールトン東京
近くの出口から出たら、右へ進みます。
この道も【東京ミッドタウン】の桜で美しく彩られているので、
鑑賞しながらゆっくりと歩きましょう。
外苑東通りに出たら、東京ミッドタウンの信号を渡り左折します。
六本木交差点で六本木通りを渡り、右へ行きましょう。

==========================================================
§2 「六本木ヒルズ」→「櫻田神社」→「中華人民共和国大使館」→
→「木下坂」→【有栖川宮記念公園】→東京メトロ日比谷線「広尾」駅
==========================================================
麻布警察署を越え、しばらくすると、「六本木ヒルズ」が見えてきます。
【東京ミッドタウン】と並ぶ六本木エリアの代表的複合施設で、
敷地内の毛利庭園で桜を楽しめるので寄ってみてもいいですね。


六本木交差点を過ぎ、2つ目の角を左へ、
テレビ朝日通りを進みます。
この通りは、各国のレストランなども多く、
国旗が掲げられていたりと、インターナショナルな街
六本木らしい風景を見ることができますよ。
左側に伸びる六本木けやき坂を渡ると、
少し先の通りの反対側にあるのが「櫻田神社」。
1180年に源頼朝の命により霞が関に創建されたのが
はじまりで、港七福神の寿老人も祀られています。


そのまま道なりに進むと、麻布消防署の先に
「中華人民共和国大使館」があります。


さらに進んで、愛育病院前の信号を渡りましょう。
ここは緩やかな坂道になっており、「木下坂」という名が
付いています。
愛育病院を越えると、最後のスポット【有栖川宮記念公園】
に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【有栖川宮記念公園】>>

江戸時代、盛岡藩主南部家の下屋敷で、
明治時代には有栖川宮の元御用地となった土地が、
現在の【有栖川宮記念公園】。
麻布台地の変化にとんだ地形を活かしているため、
丘や渓流、池などがあり、豊かな緑に囲まれています。
春の桜、夏のアジサイ、秋の紅葉、冬の雪景色など、
日本庭園に広がる、趣のある四季折々の自然を
楽しめるのもこの公園の魅力。
都会の喧騒から離れ、静かな空間でゆっくりとするのも
いいですね。

★港区南麻布5-7-29
http://www.arisugawa-park.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――


池の前にある入口を出たら、信号をスーパーのほうへ渡り歩きましょう。
二又の道に出たら、右へ進み、2つ目の角を右に曲がると
ゴールの「広尾」駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜一夜限りのアートの饗宴〜
六本木アートナイト2013
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの美術館やギャラリーがあるアートの街、六本木で
開催されるアートの饗宴「六本木アートナイト」は、
アート作品から、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスまで、
多様な作品を街に点在させ、生活の中でアートを楽しむという
新しいライフスタイルを提案する一夜限りのイベント。
4回目を迎える今回は、『TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。』
をテーマに、アーティストたちが「時間と空間の小旅行」
「夜から朝を迎える高揚感」「時空を超えてかの地へ馳せる想い」
を形やアクションにし、さまざまなプログラムを展開します。
また、当日は、アーティスティックディレクター日比野克彦氏の
東北への想いを形にした作品を起点に、日比野氏と気鋭の作家たちによる
コラボレーション「アートブネ」も、街の各所に登場。
アートと街が一体化する、年に一度のアートの祭典を
体験してみてはいかがですか。

【期間/時間】3月23日(土)10:00〜24日(日)18:00
※メインとなるインスタレーションやイベントが集積するコアタイム:
3月23日(土)17:55(日没)〜3月24日(日)5:39(日の出)
【入場料】無料
※一部の美術館企画展、およびプログラムは有料
【場所】六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、
21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、
その他六本木地区の協力施設や公共スペース
【問い合わせ】TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.roppongiartnight.com/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜家具、ファッションからサーフボードまで約250点を展示〜
カリフォルニア・デザイン 1930-1965 −モダン・リヴィングの起源−
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20世紀初頭から多くの移民を受け入れてきたカリフォルニアは、
第二次世界大戦後、アメリカの大衆文化の中心として
飛躍的な発展を遂げました。
急激な人口の増加に伴い、住宅や生活空間への新たな需要が生じ、
戦争用に開発された新たな素材や技術を有効活用した、
大胆かつ実験的な独自のデザイン活動が展開されていったのです。
開放性や鮮烈な色彩などを特徴とした、西海岸ならではの
アイデアに満ち溢れた、モダン・デザインを
テーマにした展覧会が開催中。
20世紀の半ば、ミッド・センチュリーと呼ばれた時代の
「カリフォルニア・モダン」を体験してみましょう。

【期間】開催中〜6月3日(月)※毎週火曜休館
【時間】10:00〜18:00(金曜〜20:00)
※入場は閉館30分前まで
※3月23日(土)は「六本木アートナイト2013」開催に伴い、22:00まで開館
【入場料】当日券:一般1000円、大学生500円
※高校生・18歳未満無料
【場所】港区六本木7-22-2 国立新美術館
【交通】
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅青山霊園方面改札6出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口より徒歩約5分
都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分
【問い合わせ】TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/california/index.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK