メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年2月21日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/2/21号 vol.449
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜2月のテーマ【港区でいい汗流そう「ランニングコース&銭湯・ランナーズ施設」】〜
2月21日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]Chapel del fiore Concert
期間/2月22日(金)
時間/18:30〜19:00(開場18:00)
場所/ホテル日航東京

---[B]日本の民家一九五五年 二川幸夫・建築写真の原点
期間/開催中〜3月24日(日)
※水曜休館(祝日は開館)
時間/10:00〜18:00(最終入館17:30)
場所/パナソニック 汐留ミュージアム

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

2月も残り1週間ほど。
梅が見ごろを迎え、梅まつりも各所で開催されています。
まだまだ寒い日が続きますが、だんだんと春が
近づいているのを感じますね。

今月のテーマは、「ランニングコース&銭湯・ランナーズ施設」。
今週はおひとりさまにおすすめコースをご紹介します。
運河や海沿いを走り、最後はランナーズ施設で汗を流して締めくくり。
臨海エリアは名所も多いので、観光気分も味わいながら
走ってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ランニングコース&銭湯・ランナーズ施設」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 JR山手・京浜東北線「田町」駅→
→「新芝橋」→「渚橋」→「プラタナス公園」→
→「汐彩橋」→【レインボープロムナード】

★§2 【お台場海浜公園】→「ウエストプロムナード」→
→【ホテル グランパシフィック LE DAIBA】→
→新交通ゆりかもめ「台場」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約5km
★歩行時間:約4.5時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、走ってみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 JR山手・京浜東北線「田町」駅→
→「新芝橋」→「渚橋」→「プラタナス公園」→
→「汐彩橋」→【レインボープロムナード】
==========================================================
「田町」駅東口を出たら、なぎさ通りの進行方向左手の歩道を進みましょう。
この辺りは、海に近いという土地柄、船をモチーフにしたものが
たくさんあります。
周りの景色を楽しみながら、小さな発見をしていくのも、
ひとりで走る醍醐味かもしれませんね。


田町駅交差点の信号を過ぎたら、「新芝橋」を渡ります。
昭和32(1957)年に架設され、昭和62(1987)年に架け替えられた
この橋には、船の形をしたベンチがあり、とてもユニークです。


そのまま、なぎさ通りを進みましょう。
この通りには、飲食店、会社、大学などがあるので、
人にぶつからないように気を付けてくださいね。
もう少し進むと、欄干に虹色が使われた「渚橋」が見えてきます。
なぎさ通りにちなんでその名が付いた「渚橋」は、
AラインとBラインの2本からなる橋です。


しばらく走ると信号があるので、「プラタナス公園」側へ渡ります。
公園にはベンチがあるので、疲れたら休憩に使いましょう。


公園を出たら右へ、今までと同じ方向へ進むと、
「渚橋」同様に欄干が虹色の橋が見えてきます。
これは「汐彩橋」といい、東京湾につながる運河にかかった橋であり、
正面にレインボーブリッジが見えることから、そう名付けられました。


汐彩橋の信号で海岸通りを渡り、さらにまっすぐ進み、
「レインボープロムナード入口」のサインに従って、
左折し次の角を右折すると、最初のスポット
【レインボープロムナード】です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【レインボープロムナード】>>

平成5(1993)年に開通したレインボーブリッジ。
上下二重構造になっている吊り橋部は、上層部が首都高速、
下層部は臨海道路、新交通ゆりかもめが通っています。
また、下層部には1.7kmの遊歩道【レインボープロムナード】
が設けられており、東京湾の景観を眺めながら
走ることができます。
【レインボープロムナード】には、お台場方面を望める
サウスルートと、晴海方面を望めるノースルートの
2つがあります。
今回は、サウスルートを走ってみましょう。
見どころがたくさんあるので、時折スピードを緩めて
走ってみてください。
自分のペースで走れるのもひとりだからこそですね。
また、芝浦側の入口である、芝浦アンカレイジには
トイレやベンチがあり、道中2か所にイス付きの
展望スペースがあるので、疲れたら無理をせず
休憩しましょう。

【レインボープロムナード情報】
●営業時間/
4月〜10月(夏) 9:00〜21:00(最終入場は20:30)
11月〜3月(冬) 10:00〜18:00(最終入場は17:30)
※毎月第3月曜休(祝日の場合は翌日が休館)

★港区海岸3-33-19
http://www.shutoko.jp/fun/lightup/rainbowbridge

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【レインボープロムナード】を出たら
すぐ右手に2番目のスポット【お台場海浜公園】の
入口があるので、入りましょう。

==========================================================
§2 【お台場海浜公園】→「ウエストプロムナード」→
→【ホテル グランパシフィック LE DAIBA】→
→新交通ゆりかもめ「台場」駅
==========================================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【お台場海浜公園】>>

東京湾に面した立地を活かし、砂浜や磯がある【お台場海浜公園】。
水と緑に親しむことができる海上公園のひとつです。
東京の名所として観光客がよく訪れる公園は、
ランニングコースとしても人気で、多くのランナーがやってきます。
砂浜と磯浜に沿う1.7kmの散策コース「なぎさの路」を、
走るのもおすすめ。
自然のなかで波音を聞きながら、ゆったりとした気持ちで
走ってみましょう。

★港区台場1丁目
http://www.tptc.co.jp/tabid/tabid/395/Default.aspx

――――――――――――――――――――――――――――――――――


展望デッキの階段を上ると、「ウエストプロムナード」に出るので、
「テレコムセンター」駅方面へ向かいます。
「台場」駅を過ぎた所で右に曲がると、最後のスポット
【ホテル グランパシフィック LE DAIBA】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【ホテル グランパシフィック LE DAIBA】>>

ヨーロピアンスタイルの気品あるインテリアに、
レインボーブリッジや東京湾の美しい夜景が望める客室と、
ロマンティックな魅力あふれる【ホテル グランパシフィック LE DAIBA】。
レストランやバー、カフェも充実し、
宿泊客のみならず、ビジターにも人気のホテルです。

そんなホテル内にあるのが、ランナーズサポート施設「グランブルー」。
ロッカー、シャワー、ドレッサーが完備され、
「走り終わったら汗を流して帰りたい!」というランナーたちに
利用されています。
(写真提供:ホテル グランパシフィック LE DAIBA)

【ランナーズサポート施設「グランブルー」情報】
●営業時間/
水・木曜 18:00〜21:00(最終受付は20:00)
土・日曜・祝日 9:00〜17:00(最終受付は16:00)
※月・火・金曜休(祝日の場合は営業)
●料金/
会員料金 登録料300円(年間)、利用料800円(1回)、回数券4000円(6回分)
ビジター料金 900円(1回)
タオル利用 300円(バス・フェイスタオル各1枚)

★港区台場2-6-1
http://www.grandpacific.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【ホテル グランパシフィック LE DAIBA】に直結した、
新交通ゆりかもめ「台場」駅が今日のゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に走ってみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜「花のチャペル」で音楽を〜
Chapel del fiore Concert
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホテル日航東京で毎月1回、金曜日に開催される
Chapel del fiore Concert。
今月のテーマは、「音のしずく 〜音魂〜」。
ビブラフォンの優しく澄んだ音と、熟練の技が引き出す
ピュアな響きが生み出す表現力豊かな演奏は、
まるで五感を刺激する音粒が降り注ぐシャワーのようです。
ルネサンス様式のチャペルで、シャンパーニュ片手に
美しい音色に浸ってみてください。

【期間】2月22日(金)
【時間】18:30〜19:00(開場18:00)
【入場料】無料(定員100名、先着順)
【場所】港区台場1-9-1 ホテル日航東京
【交通】
新交通ゆりかもめ「台場」駅直結
高速臨海鉄道「東京テレポート」駅から徒歩10分
【問い合わせ】TEL:03-5500-5509(イベント係 平日10:00〜18:00)
【URL】http://www.hnt.co.jp/common/plan_chapel.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜民家のある日本の原風景〜
日本の民家一九五五年 二川幸夫・建築写真の原点
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1957年から59年にかけて発行された『日本の民家』は、
日本が国際的な経済発展に向けて飛躍しようとしていた頃に、
あえて民家の最期の美しさにカメラを向けました。
なかに収録されたモノクロの280点の写真は、
建築写真家・二川幸夫が20歳前後に撮影したものです。
本展では1955年にさかのぼって、若き日の二川幸夫がとらえた
貴重な民家の姿、そして日本人の本来の逞しさとしなやかさを、
感じることができます。

【期間】開催中〜3月24日(日)
※水曜休館(祝日は開館)
【時間】10:00〜18:00(最終入館17:30) 
【入場料】一般700円、大学生500円、中・高校生200円
小学生以下無料、65歳以上600円
【場所】港区東新橋1-5-1 パナソニック 汐留ミュージアム
【交通】
JR山手・京浜東北・東海道線「新橋」駅
烏森口、汐留口、銀座口より徒歩約8分
東京メトロ銀座線「新橋」駅2番出口より徒歩約6分
都営浅草線「新橋」駅より徒歩約6分
都営大江戸線「汐留」駅3・4番出口より徒歩約6分
新交通ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約7分
【問い合わせ】TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/13/130112/

 

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK