メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年1月10日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2013/1/10号 vol.443
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜1月のテーマ【港区で「歴史探訪」】〜
1月10日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「『未来の匠』展・美彩な九谷ワールド―若手作家の手仕事―」
期間/1月12日(土)〜2月17日(日)
時間/11:00〜19:00
場所/伊勢半本店 紅ミュージアム

---[B]「音楽のさんぽ道」
期間/1月19日(土)
時間/14:00開演(13:30開場)
場所/高輪区民センター 区民ホール

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

年が明け、寒さの厳しさが増しますが、
風邪などひいていませんか?
お散歩の際は、しっかり防寒をしてお出かけください。

今年最初の月刊テーマは、港区で「歴史探訪」。
第2週目は、おひとりさま向けのコースを
ご紹介します。
先週に引き続き「幕末」に関係するスポットを
巡っていきましょう。

1月14日は成人の日です。
お散歩途中に新成人たちの晴れ晴れとした姿を
見かけることができるかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「おひとりさまにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ日比谷線「広尾」駅→【光林寺】→
→「新坂」→「薬園坂」→「仙台坂」→「プロシア公使館跡」→
→【善福寺】→「きみちゃん像」

★§2 「麻布十番稲荷神社」→「六本木ヒルズ」→
→「芋洗坂」→「東京ミッドタウン」→【旧乃木邸】→
→「乃木神社」→東京メトロ千代田線「乃木坂」駅

★総歩行距離:約4.5km
★歩行時間:約4時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ日比谷線「広尾」駅→【光林寺】→
→「新坂」→「薬園坂」→「仙台坂」→「プロシア公使館跡」→
→【善福寺】→「きみちゃん像」
==========================================================
広尾駅1番出口を出たら、外苑西通りを左に進みましょう。
広尾橋の信号を過ぎ、次の天源寺橋の信号を左折し、
明治通りを歩いて行きます。
1つ目の信号を渡り、しばらく歩くと【光林寺】に到着です。
手前に「光林寺バス停」があるので、それを目印に
歩くとわかりやすいですよ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【光林寺】>>

延宝6(1678)年に麻布市兵衛町創建され、
元禄7年(1694)にこの地に移転した【光林寺】。
境内には日米修好通商条約締結交渉などで、
アメリカ総領事タウンゼント・ハリスの片腕として活躍した、
オランダ人通訳兼書記官ヘンリー・ヒュースケンの墓があります。
豊かな語学力と人柄、日本の国情に精通した見識で、
各国の領事にも頼りにされていたヒュースケン。
しかし、万延元(1860)年、プロシアとの修好条約の
協議斡旋のため通っていた赤羽根接遇所から
公使館への帰り道、攘夷派浪士らの襲撃に遭い、
命を落としました。
葬儀の際には、幕府の外国奉行、5か国の弔旗、
アメリカ国旗で覆われた棺、各国領事やプロシアの軍楽隊、
護衛の海兵隊などからなる葬列を見ようと、
公使館から【光林寺】までの沿道は、群集で溢れたといいます。

★港区南麻布4-11-25
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【光林寺】を出たら左へ進みましょう。
2つ目の角を左折し、緩やかな「新坂」を上り、
2つ目の角を右に曲がると、突き当りにまた坂があるので、
左折して上りましょう。
この坂は「薬園坂」と呼ばれます。


そのまま道なりに歩くと、5つ目の角に「本村公園」があります。
疲れたら住宅街のなかの静かな公園で、ひと休みするのも
いいですね。
さらに歩くと、二又に分かれた道があるので、右へ進みましょう。
仙台坂上の信号へ出たら、歩いてきた道の右隣「仙台坂」を下っていきます。
道が5つに分かれているので、「仙台坂」の表示を目印にしてください。


「仙台坂」の途中、左側の1つ目の角の手前にある駐車場に
【プロシア公使館跡】があります。
江戸時代、横浜駐在のプロシア領事、マックス・フォン・ブラントは、
江戸へ出て幕府と交渉する際、ここを宿舎とし、事務を執っていた
そうです。


さらに「仙台坂」を下り、麻布山入口の信号を左折し
少し歩くと、2つ目のスポット【善福寺】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【善福寺】>>

天長元(824)年、西の高野山に模し、東の麻布山として、
弘法大師により開山された【善福寺】。
都内では、浅草寺に次ぐ歴史を持つ寺院です。
開山当初は真言宗でしたが、鎌倉時代に親鸞聖人が
訪れたことにより、浄土真宗に改宗されました。
安政6(1859)年には、日米修好通商条約に基づき、
初代アメリカ合衆国公使館がこの地に置かれ、
初代アメリカ駐日公使のハリスや通訳兼書記官を務めた
ヒュースケンらが在留しました。

★港区元麻布1-6-21
http://www.azabu-san.or.jp/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【善福寺】を出たら、左に進みましょう。
この辺りは、下町情緒が漂う十番商店街になっています。
しばらく真っすぐ歩くと、右手にパティオ十番という
広場があり、小さな「きみちゃん像」が立っています。
きみちゃんは、有名な童謡『赤い靴』のモデルとなった
女の子です。

==========================================================
§2 「麻布十番稲荷神社」→「六本木ヒルズ」→
→「芋洗坂」→「東京ミッドタウン」→【旧乃木邸】→
→「乃木神社」→東京メトロ千代田線「乃木坂」駅
==========================================================
パティオ十番を越え、麻布十番大通りを渡り、
次の信号を渡った正面に、「麻布十番稲荷神社」があります。
ここは、港七福神の「宝船のおやしろ」として知られています。
七福神を祀る神社・寺院をお参りして、その年の開運招福・
家内安全を願う、お正月行事「七福神巡り」をしてみるのも、
この時期のお散歩らしくておすすめです。


「麻布十番稲荷神社」を左に、六本木方面に進みます。
道なりに歩いていくと、左手に展望台や美術館の入った高層ビル、
六本木ヒルズ森タワーを中心とした複合施設「六本木ヒルズ」が見えます。
信号を渡り、六本木ヒルズとは逆の道へ入っていきましょう。


国際色豊かな飲食店が建ち並ぶ通りを歩き、
二又に分かれた道を左に進みます。
ここは「芋洗坂」と呼ばれ、昔は芋問屋があったため
その名が付いたといいます。
「芋洗坂」を上り切ると、六本木交差点に出ます。
六本木の定番待ち合わせ場所でもあり、
朝から夜まで、一日中行き交る人が絶えない場所です。
六本木通りと外苑東通りを両方渡り、
外苑東通りを乃木坂方面へ進んでいきましょう。
少し歩くと、右手に「六本木ヒルズ」とともに
この地のシンボル的存在になっている複合施設
「東京ミッドタウン」があります。
東京ミッドタウン西の信号を過ぎ、もう1つ信号を渡り、
道なりに進んでいくと、赤レンガの建物が見えます。
ここが最後のスポット【旧乃木邸】です。




――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【旧乃木邸】>>

嘉永2(1849)年、江戸の長府藩邸に生まれた乃木希典。
明治時代を代表する軍人であった乃木陸軍大将が、
夫人と殉死するまで住んでいたのが、【旧乃木邸】です。
明治12(1879)年に購入、明治35(1902)年に改築されたこの家は、
彼がドイツ留学中に見たフランス軍隊の建物を
模範にして建てたもので、当時洋風の豪華な建築が多かったなか、
軍人の家らしく、簡素で合理的な作りになっています。
通常は外からの見学のみですが、毎年9月13日の命日頃に
内部が公開されています。

★港区赤坂8-11-32
http://www.minato-ala.net/details/guide2/j/0102.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【旧乃木邸】の敷地内から、隣接している「乃木神社」へ
入りましょう。
この神社は、乃木大将と静子夫人を祀るために
大正12(1923)年に建てられ、文武両道・夫婦和合の
神様として崇敬されています。


「乃木神社」を出たら、すぐ右がゴールの乃木坂駅です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜優美で繊細な焼き物に出会う〜
「『未来の匠』展・美彩な九谷ワールド―若手作家の手仕事―」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技を受け継ぎ、技の未来を担う九谷焼の女性若手作家3名。
伝統に縛られずに、自身の作風として昇華させた
彼女たちの手仕事を紹介する作品展示会が開催されます。
真摯な姿勢と丁寧な仕事により生み出された
繊細で優美な作品を見に行ってみませんか。

【期間】1月12日(土)〜2月17日(日)
月曜休館、祝日の場合は翌火曜休館
【時間】11:00〜19:00
【入場料】無料
【場所】港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F 伊勢半本店 紅ミュージアム
【交通】
東京メトロ銀座・千代田・半蔵門線「表参道」駅B1出口より徒歩12分
【問い合わせ】TEL:03-5467-3735
【URL】http://www.isehanhonten.co.jp/museum/index.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜サックスの音色に酔いしれる〜
音楽のさんぽ道
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定期的に開催される音楽コンサート「音楽のさんぽ道」。
今回は、国立音楽大学学生によるサクソフォン・アンサンブル
Green Ray Saxophone Quartetが登場。
ソプラノ、テナー、アルト、バリトンの4種類のサックスによる
アンサンブルは、ジャズでのサックス演奏とはひと味違う、
美しい音色のハーモニーが魅力です。
女性演奏者による瑞々しく華やかなステージをお楽しみください。

【期間】1月19日(土)
【時間】14:00開演(13:30開場)
【入場料】無料(定員250名、先着順)
【場所】港区高輪1-16-25 高輪区民センター 区民ホール
【交通】東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」1番出口より徒歩1分
【問い合わせ】TEL:03-5770-6837
【URL】http://www.kissport.or.jp/osusume/syousai_130119a.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK