メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年11月22日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/11/22号 vol.436
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜11月のテーマ【「芸術の秋」を満喫しよう!】〜
11月22日号テーマ:カップルにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」
期間/開催中〜12月23日(日・祝)※毎週火曜休館
時間/10:00〜18:00(金曜〜20:00)※入場は閉館30分前まで
場所/国立新美術館

---[B]慶應義塾大学 第54回三田祭
期間/開催中〜11月25日(日)
時間/10:00〜18:00
場所/慶應義塾大学三田キャンパス

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

11月も後半にさしかかり、
すっかり都内も秋の色に変わりましたね。
明日からはうれしい3連休!
この機会に、東京の秋を感じに出かけてみませんか?

11月の月刊テーマは、
「芸術の秋を満喫しよう!」です。
今週は、カップルにおすすめのアートスポットを巡ります。
芸術に触れながら、大人のデートを楽しんでみましょう。
さあ、今週も新しい魅力を発見しに
港区さんぽへとでかけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「カップルにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ銀座線・半蔵門線/都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅→
→「明治神宮外苑いちょう並木」→【青山霊園】→「南青山陸橋」

★§2 【国立新美術館】→「ミッドタウン・ガーデン」→
→【サントリー美術館】→「東京ミッドタウン」→
→東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線「六本木」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約3km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ銀座線・半蔵門線/都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅→
→「明治神宮外苑いちょう並木」→【青山霊園】→「南青山陸橋」
==========================================================
青山一丁目駅1出口を出て、
青山通りをそのまま道なりに進みましょう。
右側に緑の木々が見えてきます。
ここが「明治神宮外苑いちょう並木」です。
約300mにわたっていちょうが植えられた美しい景観で知られていて、
映画やドラマのロケ地として使われたり、
お散歩やデートコースとしても人気のあるスポットです。
特に11月下旬〜12月初旬にかけては黄葉の季節。
黄金色に染まったいちょうを眺めながら、
のんびりと並木道を歩いてみるのもおすすめです。


「明治神宮外苑いちょう並木」を過ぎ、青山通りを進みます。
赤坂消防署入口の信号を渡り、正面の青山墓地通りをそのまま直進します。
しばらく行くと見えてくるのが1つ目のスポット【青山霊園】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【青山霊園】>>

明治7(1874)年に日本初の公共墓地として、
郡上藩青山氏の屋敷跡に開設された【青山霊園】。
約26ヘクタールという広大な敷地には木々も多く、
気持ちのよい散策コースとしても知られています。
園内には著名人の墓地も多くあり、乃木大将をはじめ、
大久保利通など日本の近代史に名を残す政治家や、
尾崎紅葉、斎藤茂吉、志賀直哉など、
時代を代表する文化人も眠っています。
青山霊園管理所では、
パソコンで著名人の墓所を検索できるほか、
パンフレットも置いてあるので、
散策前にチェックしてみましょう。

また、ここは紅葉のスポットととしても知られています。
園内の中央を通る霊園中央通り沿いに
赤や黄色に色づいた美しい木々を見ることができます。
はらはらと舞い落ちる鮮やかな落ち葉を眺めつつ、
秋を感じながら歩いてみましょう。
(写真提供:公益財団法人東京都公園協会)

★港区南青山2-32-2
http://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index072.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【青山霊園】の並木の途中にある
青山墓地中央の信号まできたら、
信号を渡って、左へ曲がりましょう。
トンネルが見えてきますが、ここが「南青山陸橋」です。
そのまま陸橋を渡りましょう。


陸橋を渡った右手にある階段を下り、左へ進むと
2つ目のスポット【国立新美術館】の西門へと到着です。
【国立新美術館】に入る前に、ちょっと立ち寄りをしましょう。
西門を過ぎてそのまま進むと、六本木トンネルの壁沿いに現れるのが
大きなストリートペインティング。
街角アートとして、若手アーティストによる壁画が描かれています。

==========================================================
§2 【国立新美術館】→「ミッドタウン・ガーデン」→
→【サントリー美術館】→「東京ミッドタウン」→
→東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
==========================================================

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【国立新美術館】>>

【国立新美術館】は、コレクションをもたず、
国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会を開催している、
新しいタイプの美術館です。
洗練された建物は、建築家・黒川紀章による設計で、
周辺の緑と調和した、波打つような美しい曲線を描いている
ガラス壁の外観が特徴です。

美術館としてだけでなく、館内の施設も充実していて、
展覧会はもちろん、
ほかの施設利用でも立ち寄りやすいのも魅力です。
ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」には、
雑貨をはじめ、食器や本など、さまざまなジャンルの
デザイン性の高いアイテムが揃います。
本格フレンチが味わえるブラッスリー
「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」やカフェもあり、
ランチやティータイムとしても利用できます。
アートに触れた後は、ゆっくりと館内も楽しんでみましょう。
(写真提供:国立新美術館)

★港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/

【時間】10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※会期中の毎週金曜日は〜20:00(入館は19:30まで)
※公募展は美術団体によって、観覧時間が異なることがあります。
※アートライブラリー、レストラン・カフェ、ミュージアムショップの
ご利用についての詳細の時間はホームページを参照ください。
【休館日】火曜(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)
設備維持管理、及び年末年始
(2012年12月25日〜2013年1月8日)
【入場料】企画展は展覧会ごとに定めます。
公募展は美術団体によって異なります。
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.nact.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【国立新美術館】の正門を出たら、左へと進みます。
東京ミッドタウン西の信号を渡り、
そのまま「ミッドタウン・ガーデン」へと進みましょう。
「ミッドタウン・ガーデン」は、
「東京ミッドタウン」にある緑あふれる公園。
都会の真ん中にいながらにして、たくさんのグリーンの中で
気持ちのよい空気を感じることができます。
ところどころに配置されているアートを楽しみながら
ゆっくりと散策するのもおすすめです。
公園にはベンチも置かれていて、
語り合うカップルたちの姿も見られます。


ガーデンを直進すると右手に現れる、
「ミッドタウン・ガーデン」と
「東京ミッドタウン」をつなぐブリッジをわたり、
「東京ミッドタウン」の中へと入っていきましょう。
ガレリア3階へと進めば、
最後のスポット【サントリー美術館】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【サントリー美術館】>>

「生活の中の美」を基本理念として
1961年に開館した【サントリー美術館】。
「東京ミッドタウン」への移転後は、
「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージとして掲げ、
絵画、陶磁器、漆工、ガラス、染織など、
魅力あふれる企画展を通して、本物の美を伝えています。
心ゆたかなライフスタイルを提案するとともに、
日本の美を国内外に発信している美術館です。

現在は「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展が
開催されています。
18世紀後半から現代に至るガラス作品を中心に、
フィンランドのデザインの魅力を伝えています。
クリスマスが近づく今、
森と湖の国のデザインが繰り広げる世界を感じてみてください。

館内には、茶室など贅沢な時間を過ごせる施設も充実しています。
ミュージアムショップ&カフェ「shop × cafe」では、
センスあふれるオリジナルグッズなどが揃います。
カフェには、あんみつやパフェなどの甘味もあるので、
アート鑑賞後に訪れて、ゆっくりと語り合うのもおすすめです。
開催中の「フィンランド・デザイン」展の期間中は、
フィンランドのスイーツに欠かせないベリーを使った
マフィンも楽しめます。
(写真提供:サントリー美術館)

★港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
http://suntory.jp/SMA/
ステキなアイテムが揃うshop × cafeのショップ (C)木奥惠三

「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展
【期間】開催中〜2013年1月20日(日)
【時間】10:00〜18:00(12月28・29日を除く毎週金・土曜日及び
11月22日、12月23日、1月13日は〜20:00)
※最終入館は入館は閉館の30分前まで
【休館日】火曜、年末年始(2012年12月30日〜2013年1月1日)
【入場料】一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料
【場所】港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
【問い合わせ】03-3479-8600
【URL】http://suntory.jp/SMA/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【サントリー美術館】で芸術に触れたら、
最後に「東京ミッドタウン」を満喫しましょう。
「東京ミッドタウン」は、新しいスタイルの複合施設。
まるでひとつの町のようになっていて、
ショップ、レストラン、ホテル、公園、美術館など
多彩な施設が集まっています。
ウィンドーショッピングやディナーなど、
まだまだふたりの時間を楽しめる場所がたくさんあります。

「東京ミッドタウン」を楽しんだ後は、
地下へ降りれば、ゴールの六本木駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜500年も守り続けた侯爵家の秘宝〜
国立新美術館開館5周年
「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーストリアとスイスにあるリヒテンシュタイン侯国の
国家元首であるリヒテンシュタイン侯爵家。
優れた美術品収集が一族の栄誉という家訓を守り、
500年以上にわたってヨーロッパの名作を収集してきました。
その数は、英国王室に次ぐ
世界最大級の個人コレクションといわれるほどです。
3万点もの作品から、139点の名作を選りすぐり、
日本で初めて公開となるコレクションです。
世界屈指のルーベンス・コレクションからは、なんと10点も一挙に来日。
ラファエッロ、レンブラント、ヴァン・ダイクなどの巨匠の名画や
華麗な工芸品が一堂に並びます。

【期間】開催中〜12月23日(日・祝)※毎週火曜休館
【時間】10:00〜18:00(金曜〜20:00)※入場は閉館30分前まで
【入場料】当日券:一般1500円、大学生1200円、高校生800円
団体券:一般1300円、大学生1000円、高校生600円
※中学生以下無料 ※団体料金は20名以上で適用
【場所】港区六本木7-22-2 国立新美術館
【交通】
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅青山霊園方面改札6出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口より徒歩約5分
都営大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩約4分
【問い合わせ】TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/

 

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜日本最大級の学園祭〜
慶應義塾大学 第54回三田祭
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三田祭は、毎年11月に慶應義塾大学三田キャンパスで
開催される学園祭です。
今年で54回目を数える、日本最大級の学園祭として
毎年大いに盛り上がりを見せます。
独立自尊、塾生主体をモットーとした模擬店や
サークル活動の発表としてのライブ、
パフォーマンスなどが行われ、
「三田論」と呼ばれるゼミ発表などもあります。
学生たちのパワーに触れられる絶好の機会に、
訪れてみてはいかがですか?

【期間】開催中〜11月25日(日)
【時間】10:00〜18:00
【場所】港区三田2-15-45 慶應義塾大学三田キャンパス
【交通】
都営浅草線・都営三田線「三田」駅より徒歩約7分
JR山手線・京浜東北線「田町」駅より徒歩約8分
都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩約8分
【問い合わせ】TEL:03-3453-4070
【URL】http://www.mitasai.com

 

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK