メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年9月27日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/9/27号 vol.428
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜9月のテーマ【「大人の街」を歩いてみよう】〜
9月27日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]
「Tokyo Tower × Love is...」
期間/9月30日(日)
時間/19:00〜22:00
場所/東京タワー 大展望台1F

---[B]特別企画展
「日本のCMのぜんぶ1953-2012
―たった15秒なのに、何十年もおぼえている。」
期間/開催中〜10月14日(日)※月曜休館
時間/11:00〜18:30(土・日曜、祝日〜16:30)
場所/アド・ミュージアム東京

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

9月のテーマは、「「大人の街」を歩いてみよう」です。
最終週となる9月4週目は、
ひとりでも満喫できる散策ルートをご紹介します。
大人の街、港区のなかでもひとり歩きを楽しめる
汐留・新橋エリアを歩いてみます。

秋の気配も感じられる今日この頃。
お気に入りの文庫本を持参して
散策のひと休みに、ベンチで読書をするのもいいですね。
読書の秋と港区さんぽ、一石二鳥で楽しみましょう。

今年の春よりリニューアルした「WELCOME港区」では、
季節に合わせた街歩きはもちろん、
「誰とどこを歩けば港区をさらに楽しめるか?」をご提案しています。
同行者を想定したルートを毎週ご紹介しますので、
お近くのあの人や最近ご無沙汰のあの人を誘って、
(もちろん、おひとりでも!)港区を歩いてみませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「おひとりさまにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営大江戸線「汐留」駅→【アド・ミュージアム東京】→
→カレッタ汐留→【ニュースアート】

★§2 汐留メディアタワー→【イタリア公園】→
→イタリア街→新橋ガード下→
→JR各線・都営浅草線・東京メトロ銀座線「新橋」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約2km
★歩行時間:約2時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営大江戸線「汐留」駅→【アド・ミュージアム東京】→
→カレッタ汐留→【ニュースアート】
==========================================================

都営大江戸線「汐留」駅6番を出たら、地下道を斜め右方向へ歩きます。
すると、地下道の屋根が終わり、「カレッタ汐留」の敷地が見えるので
そちらへ歩みを進めましょう。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【アド・ミュージアム東京】>>

2002年12月に開館した【アド・ミュージアム東京】は、
広告とマーケティングの総合的な資料館であり
日本唯一の広告ミュージアムです。

展示スペースは、
収蔵作品を鑑賞することにより
日本の広告史をたどれる常設展示と、
国内外の広告賞受賞作品展や
収蔵資料による特別企画展を行う企画展示に分かれています。

さらに、広告やマーケティングの専門資料を閲覧できる
広告図書館(平日11:00〜18:00、土曜・祝日〜16:00、日・月曜休館)も
併設され、広告やマーケティングが気になる人には
おすすめのスポットと言えます。

このほか、ミュージアムショップにも注目を!
広告・マーケティングの関連図書をはじめ、
収蔵作品をデザインしたポストカードやグッズが揃います。
懐かしく、かつおしゃれな広告デザイングッズを探しに
出かけてみるのもいいですね。

たくさんの広告ビジュアルが展示され
じっくり自分のペースで、ひとつひとつ鑑賞したい場所なので
おひとりさまの街歩きには、うってつけのスポットです。
(写真提供:アド・ミュージアム東京)

★港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留
http://www.admt.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【アド・ミュージアム東京】で広告アートに触れたら、
「カレッタ汐留」内も散策してみましょう。
おひとりさまにおすすめの店舗も多数ありますよ。


「カレッタ汐留」を出たら、来た道を戻ります。
再び、汐留駅の地下道を歩き、
今度は、出口7番か8番を目指して歩きましょう。


7〜8番出口を目指し歩くと、次のスポットのある
ビルへの地下入口が右手に見えてきます。


本日、2つ目のスポット【ニュースアート】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【ニュースアート】>>

国際通信社・共同通信社の本社ビルである
34階建ての「汐留メディアタワー」。
その1〜3階部分は、【ニュースアート】という名の
文化交流施設になっており、共同通信社の持つ
報道関係の資料が展示されています。

【ニュースアート】とは、ニュースとアートのコラボレーション
という意味を込め、共同通信社が作った造語です。
その精神にのっとり、数多くの報道写真が
まるでアートのように鑑賞できる空間となっています。

1階をフォトオアシス、2階をメモリアルワールド、
3階をギャラリーウォークと命名し、
各フロアに合わせた展示を実施。
なかでも2階は、年代別の報道写真や使用されていたカメラ、
報道の原点的意味合いを持つ伝書鳩のはく製などが展示され、
写真のみでなく当時の様子をうかがうことができます。

現在、1階のフォトオアシスには、
この夏、世界中を熱くしてくれた
ロンドン五輪の報道写真が並んでいます。
興奮冷めやらぬうちに、ぜひ足を運んでみましょう。
(写真提供:ニュースアート)

★港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー1〜3F
http://www.kyodonews.jp/

==========================================================
§2 汐留メディアタワー→【イタリア公園】→
→イタリア街→新橋ガード下→
→JR各線・都営浅草線・東京メトロ銀座線「新橋」駅
==========================================================

【ニュースアート】がある「汐留メディアタワー」を
都営大江戸線「汐留」駅7番・8番の地上出口が見える通りへ出たら右へ。
そのまま直進しましょう。
1つ目の交差点にぶつかったら横断歩道を
左へ渡り、さらに直進します。


さらに直進すると、緑の植栽が美しい
緑道のような通りが続きます。



左手に手すり付きの階段が見えてきたら
本日の最終スポット、【イタリア公園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【イタリア公園】>>

「日本におけるイタリア2001年」を記念し、
イタリアから寄贈された【イタリア公園】。
古典的なトスカーナ庭園を模し、
イタリア製の彫刻や噴水が配されています。
庭園を眺めて歩くのはもちろん、
ベンチもあるので、腰をおろし読書をしたり、
ゆっくり休むスポットとしてもおすすめです。
近代的なシオサイトと対照的な
緑豊かな空間で、ひとり静かに癒されるのも
秋の街歩きにはぴったりの場所ですね。

★港区東新橋1-10-20
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/shiba/03.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【イタリア公園】でひと息ついたら、来た道を戻りましょう。
1つ目の交差点を今度は左へ渡ります。
山手線や東海道新幹線の高架下をくぐり、直進しましょう。
すると、左手に豪華なイタリア風宮殿を思わせるJRAの建物が現れます。
この一画は、「イタリア街」と呼ばれ、イタリア風の街並みが続きます。
【イタリア公園】と関連して、「イタリア街」も散策してみましょう。


「イタリア街」を散策したら、大通りである第一京浜へ出ましょう。
第一京浜に出たら右へ。そのまま通り沿いを直進します。
しばらく歩くと目の前に、再び山手線や東海道新幹線の高架が現れます。
そのまま、その高架に向かって直進しましょう。


電車の高架付近まできたら左へ。
「新橋ガード下」には、たくさんの飲食店が軒を連ねます。
ガード沿いを歩けば、ゴールの新橋駅に到着です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜キャンドルに囲まれて愛を語りませんか?〜
Tokyo Tower × Love is...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京タワーでは、満月の夜に
キャンドルを灯して愛を語ろうという
コンセプトで毎月恒例のキャンドルイベントを開催中。
大展望台の窓側と展望カフェ「カフェ ラ・トゥール」に
合計100個のキャンドルが飾られます。
ほのかにやさしく揺れるキャンドルの光りと
ゴージャスな東京夜景のコラボレーションは、
訪れる人々をあたたかい気持ちにしてくれます。
今月9月は、満月のなかでもひと際美しい
中秋の名月(9月30日)に開催!
思いを伝えたい人や大切な人を誘って
東京タワーへ遊びに行ってみませんか?

【期間】9月30日(日)
【時間】19:00〜22:00
【場所】東京タワー 大展望台1F
【入場料】
大展望台820円(子供460円、幼児310円)
特別展望台600円(子供400円、幼児350円)
大展望台+特別展望台1420円(子供860円、幼児660円)
【場所】港区芝公園4-2-8 東京タワー
【交通】
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口から徒歩5分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1番出口から徒歩7分
都営地下鉄三田線「御成門」駅A1出口から徒歩6分
都営地下鉄浅草線「大門」駅A6出口から徒歩10分
JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅北口から徒歩15分
【問い合わせ】TEL:03-3433-5111
【URL】http://www.tokyotower.co.jp

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜懐かしいあのCMたちに会える!〜
特別企画展 日本のCMのぜんぶ1953-2012
―たった15秒なのに、何十年もおぼえている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記、「■1■ 港区観光モデルルート」でも登場した
アド・ミュージアム東京では
現在、特別企画展を開催しています。
同展は、日本人の消費行動や生活、表現文化、価値観などを
変えてしまうほどの影響力をもったテレビ・コマシャールに着目し、
JAC「テレビCM500選」をはじめとする歴史に残る
テレビ・コマーシャルを紹介しています。
また、テレビ広告界で活躍された日本を代表する5人のクリエーターが
各時代の作品や制作にまつわるエピソードを語るという
ロングインタビュー映像も見どころです。
懐かしさと同時に、日本広告界の歴史も味わえる展示会です。

【期間】開催中〜10月14日(日)
※月曜休館(月曜が祝日・振替休日の場合は火曜休館)
【時間】11:00〜18:30(土・日曜、祝日〜16:30)
※最終入館は閉館の30分前
【入館料】無料
【場所】港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 アド・ミュージアム東京
【交通】
都営大江戸線「汐留」駅改札から徒歩2分
都営浅草線「新橋」駅改札から徒歩3分
JR山手線「新橋」駅汐留口(地下)から徒歩4分
東京メトロ銀座線「新橋」駅4番出口から徒歩5分
【問い合わせ】TEL:03-6218-2500
【URL】http://www.admt.jp/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK