メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年9月20日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/9/20号 vol.427
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜9月のテーマ【「大人の街」を歩いてみよう】〜
9月20日号テーマ:ファミリーにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]お伽草子 ーこの国は物語にあふれているー
期間/開催中〜11月4日(日)
時間/10:00〜18:00 (金・土は10:00〜20:00)
※10月7日(日)は20時まで開館
※いずれも最終入館は30分前まで
場所/サントリー美術館

---[B]愛宕神社 出世の石段祭
期間/9月22日(土)〜9月24日(月)
時間/(詳細は神社へお問い合わせください) 
場所/愛宕神社

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

心地のよい秋風が吹く季節になってきました。
晴れ渡った高い秋空の下、
今週も気持ちよく歩いていきましょう。

9月のテーマは、「大人の街を歩いてみよう」。
大人の街、港区ですが、
小さな子供のいるファミリーも
楽しめるスポットがたくさんあります。
今週は、そんなスポットをご紹介していきます。
子供たちが楽しんでいる様子を見て
思わず笑みがこぼれてしまうことでしょう。

今年の春よりリニューアルした「WELCOME港区」では、
季節に合わせて街歩きを楽しめる毎月のテーマに沿って
「誰とどこを歩けば港区がさらに楽しくなるか?」をご提案。
一緒に歩く人を想定したルートをご紹介しますので、
プランが立てやすく、
より充実した散策を楽しむお手伝いをいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「大人の街を歩いてみよう」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 JR線「品川」駅→品川駅構内→「いちょう坂」→
→【エプソン 品川アクアスタジアム】→【ユニセフハウス】

★§2 「高輪南町児童遊園」→【高輪プリンツヒェンガルテン】
→「高山稲荷神社」→JR線「品川」駅

★総歩行距離(電車移動含まず):約2km
★歩行時間:約2.5時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 JR線「品川」駅→品川駅構内→「いちょう坂」→
→【エプソン 品川アクアスタジアム】→【ユニセフハウス】
==========================================================
品川駅で下りたら改札を左側へと下り、高輪口から出ましょう。
東海道新幹線の停車駅だけあり、
お土産ものが買えるショッピングセンターや、
旅行のおともが調達できる本屋、洋服屋など
構内に下り立っただけで、
少し旅行気分を味わうことができますよ。
改札を出る前に少し構内でお店に寄ってみましょう。


改札を出たら左側に向かい、高輪口から出ましょう。
人の行き来が多いので、周囲に注意して歩きたいですね。
エレベーターを賢く利用しましょう。


高輪口を出たら正面に見えるショッピングセンター
「ウィング高輪」を抜けていきましょう。
この辺りはスロープなどが設置されているので、
ベビーカーのお子様でもストレスなく通行することができますよ。
左手にファストフードやカフェを見て進んでいくと
最初のスポット【エプソン 品川アクアスタジアム】を示す
「エキマエ水族館」の看板が見えてきます。

この坂が「いちょう坂」。
品川プリンスホテルの中を通る坂道で、
ホテル内に植えられた大きな銀杏の木から
この名がついたとも言われます。
「いちょう坂」を上ると、
左側に【エプソン 品川アクアスタジアム】が見えてきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【エプソン 品川アクアスタジアム】>>

水族館にアトラクションやレストランが併設された、
人気の複合エンターテインメント施設
【エプソン 品川アクアスタジアム】。
品川駅から徒歩2分という都心にあり、
屋内型の施設で雨にぬれることなく、
約350種、約1万点にもおよぶ、
世界の海の生物たちに出会えます。

近海や深海、熱帯地域などで暮らす生物たちがいる水槽や、
海底散歩気分を味わえる長さ約20mの海中トンネルでは、
生物の姿をいろんな角度から間近で観察できます。
ダイナミックなイルカのパフォーマンスや
コミカルなアシカのパフォーマンス、ペンギンのお食事タイムでは、
生物たちのかわいい姿を楽しめます。

また9月の1ヶ月間は秋のイベントも盛りだくさん。
昼のパフォーマンスでは、芸術の秋にちなみ、
誰もが耳にしたことのあるクラシック音楽に乗せて、
イルカたちが優雅にパフォーマンスする
『ドルフィンオーケストラ』を開催。
18:30から約10分間は、お月見にちなみ、
『アシカのお散歩〜お月見バージョン〜』が開催されています。
アシカがお月見をしに、
トンネル水槽をお散歩する姿が可愛らしいですよ。
(写真提供:エプソン 品川アクアスタジアム)

★港区高輪4-10-30
http://aquastadium.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――


海の生物と思う存分触れ合ったあとは、
学べるスポットへ足を運んでみましょう。
坂をさらに上がっていき、
品川プリンスホテルの出口を出たら左に曲がります。
曲がるとすぐに、次のスポット【ユニセフハウス】が
右側に見えてきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【ユニセフハウス】>>

世界の子供たちの暮らしや、ユニセフの活動を学ぶことができる施設。
2001年7月にオープンして以来、
全国から毎年2万人以上が来館しており、
2011年2月には、累計来館者が20万人を超えました。
ユニセフの歴史を学んだり、
世界の子供たちが学んでいる教室を見学できたり、
銃や地雷のレプリカから、戦争のおそろしさを学ぶこともできます。
また、戦争や災害から逃れてくる人たちを守るテントもあり、
テントの中にはユニセフの支援物資のサンプルが置いてあります。
ユニセフのグリーティングカードやギフトが
お求めいただけるショップもあるので、
施設を見学したあとに立ち寄ってみましょう。
世界の子供達がどんな環境でどんな教育を受けているか、
家族で一緒に学ぶことができるいい機会です。
(写真提供:公益財団法人日本ユニセフ協会)

★港区高輪4-6-12
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_hou.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


施設を出たら来た道を戻らず、
逆方向に真っ直ぐ進んでいきましょう。
この辺りは完成な住宅街が広がり、
落ち着いた気分で散策することができます。
左側に2番目に見えてくる道を左に曲がっていきましょう。
この道は坂道になっているので下りていきましょう。
左側に白いマンションが見える
高崎南町歯科医院の手前の道を
右に曲がっていき、最後のスポットを目指しましょう。

==========================================================
★§2 「高輪南町児童遊園」→【高輪プリンツヒェンガルテン】
→「高山稲荷神社」→JR線「品川」駅
==========================================================
高崎南町歯科医院の手前の道を右折し、
しばらく真っ直ぐあるいていきましょう。
左右にマンションを見つつしばらく歩くと、
アスファルトの道から石造りの道に変わり、
右側に階段の道が見えてきます。
その向こう側に、「高輪南町児童遊園」が見えますので、
少し立ち寄って遊んでいきましょう。
アスレチック遊具もあるので楽しいですよ。
子供を座らせることのできるトイレもあります。

トイレは小さな子供を連れて入ることができる


公園を出てすぐ右側を見ると、うっそうとした緑が茂っています。
この緑の向こう側が、
最後に向かうスポット【高輪プリンツヒェンガルテン】です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【高輪プリンツヒェンガルテン】>>

品川駅から徒歩6分、
まるで本物のドイツの街並みを思わせる
全250坪の3棟からなる大型ゲストハウスと、
石畳の中庭が突然現れます。

木々に囲まれた石畳の中庭には、
ウィーンから取り寄せた趨きのあるベンチもあり、
木陰の下で子供たちと休憩するには絶好のスペースです。
木の温もり溢れるチャペルや、
アンティーク家具が置かれたいくつかのパーティスペースは、
まるでおとぎの国のよう。
10月から営業再開予定の、日本一大きなクリスマスショップは、
ドイツからやってきたお店。
中世ドイツの雰囲気を再現したかのような空間は、
子供たちの夢がふくらむこと間違いなしです。

また、南仏プロヴァンス風のレストランも併設されていて、
ゆっくり手軽に食事が楽しめます。
趣きのある空間なので、結婚式だけでなく、
ドラマの撮影などで利用されることもしばしばです。
(写真提供:高輪プリンツヒェンガルテン)

★港区高輪4-24-40
http://www.p-garten.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――


中庭を抜けて右側から階段を下りて行きましょう。
左側にレストラン「ザテラス高輪」を見て進み、
次の角を右に曲がっていきます。
正面の向こう側には、品川駅のビル群を見ることができます。
しばらく進むと第一京浜に出るので、
左に曲がっていきましょう。
品川駅の線路を右にみて進むと
駅へ渡る横断歩道の手前に「高山稲荷神社」が見えてきますので、
駅に戻る前にお参りしていきましょう。
今日の健康に感謝したら、
品川駅の構内へと横断歩道を渡り、ゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜お伽草子の物語や絵の魅力に触れる〜
お伽草子 ーこの国は物語にあふれているー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

室町時代から江戸時代初期にかけて作られ、
幅広い階層に愛読された短編小説<お伽草子>。
その数は400種類を超え、
『一寸法師』・『浦島太郎』・『酒呑童子』など、
今でもよく知られる物語が多く含まれています。
お伽草子は絵巻や絵本でも親しまれ、
その素朴でユーモラスな絵もまた魅力の一つとなっています。
本展では、絵巻を中心とした優品の数々によって、
お伽草子ならびにお伽草子絵の新たな魅力をご紹介します。
お伽草子の物語世界、
そして描き出された当時の人々の息吹や内包された世相、
中世末期の人々の豊かな想像力を心ゆくまでお楽しみください。

【期間】開催中〜11月4日(日)
【時間】10:00〜18:00 (金・土は10:00〜20:00)
※10月7日(日)は20時まで開館
※いずれも最終入館は30分前まで
【入場料】一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料
【場所】港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
サントリー美術館
【交通】
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅出口8より直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅出口3より徒歩約3分
【問い合わせ】TEL:03-3479-8600
【URL】http://suntory.jp/SMA/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜御神輿が出世の石段をダイナミックに行き来する〜
愛宕神社 出世の石段祭
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神社で一番大きなお祭で一年の感謝を神様に捧げるもの。
2年に一度行われ、
御神輿が愛宕の山の急勾配の出世の石段を行き来し、
手に汗握る大変勇壮なお祭りです。
町内を巡行した後、
提灯を付けた御神輿が急勾配の石段を登る様は
ダイナミックそのもので、
祭りのクライマックスにふさわしく、
興奮は一気に高まります。
山の上ではキッチン&ワゴン、お楽しみ屋台など盛りだくさん。
石段下では吊された提灯が居並び、賑やかにお祭りを彩ります。

【期間】9月22日(土)〜9月24日(月)
【時間】(詳細は神社へお問い合わせください) 
【場所】港区愛宕1-5-3 愛宕神社
【交通】
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分
都営三田線「御成門」駅より徒歩8分
JR線「新橋」駅より徒歩20分
【問い合わせ】TEL:03-3431-0327
【URL】http://www.atago-jinja.com/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK