メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年8月23日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/8/23号 vol.423
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜8月のテーマ【港区内の穴場を探そう】〜
8月23日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]ふしぎ発見!茶道具と銘をめぐる物語
期間/開催中〜9月17日(月・祝)
※月曜休館(9月17日は開館)
時間/10:00〜17:00(最終入館16:30)
10〜3月は10:00〜16:30(最終入館16:00)
場所/畠山記念館

---[B]麻布十番納涼まつり
期間/8月25日(土)・26日(日)
時間/15:00〜21:00(交通規制は14:00〜21:30)
場所/麻布十番商店街一帯

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

8月のテーマは、「港区内の穴場を探そう」。
「こんな所があったんだ!」という穴場スポットを巡ります。
今週は、おひとりさまでも楽しめるルートをご紹介。
美術館と庭園を巡るので、誰にも気を使うことなく
ひとりでじっくりと見てみたい、という方におすすめです。

本日23日は「ふみの日」です。
みなさん、暑中見舞いは出しましたか?
出していない方はいい機会ですので、残暑見舞いに
散歩での発見や思い出を綴ってみてはいかがですか?

まだまだ暑い日が続きます。
ご自身のペースで休憩を取って歩いてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「おひとりさまにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅→
→プラチナ通り→【松岡美術館】→蜀江坂→
→氷川神社→松秀寺→(三田線「白金高輪」駅 乗車)

★§2 (三田線「芝公園」駅 下車)→芝公園→
→増上寺 三門→増上寺 大門→世界貿易センタービル→
→【旧芝離宮恩賜庭園】→JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約3.50km
★歩行時間:約2時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅→
→プラチナ通り→【松岡美術館】→蜀江坂→
→氷川神社→松秀寺→(三田線「白金高輪」駅 乗車)
==========================================================
東京メトロ・都営地下鉄「白金台」駅1番出口を出たら
左へ進み、白金台の信号を渡り、外苑西通りに入りましょう。
手前の横断歩道ではなく、スーパーマーケットを越えた
奥の信号を渡ります。
外苑西通りは、「プラチナ通り」とも呼ばれています。
この名前は、白金の地名に由来するものです。
大きい通りですが、イチョウ並木になっているので、
日陰もたくさんあるので歩きやすいですよ。


そのまま道なりに歩いていくと、四叉路になっている信号に
ぶつかります。
左斜めに伸びた道に入っていくと、左手に1つ目のスポット
【松岡美術館】があります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【松岡美術館】>>

【松岡美術館】は、松岡地所創立者の
故・松岡清次郎によって創設された美術館です。
骨董の趣味があったという松岡氏、
そのコレクションは東洋陶磁、日本近代絵画や現代絵画、
中国の明清書画、フランス近代絵画、ヴィクトリア朝絵画、
ガンダーラ仏像やヒンドゥー教神像などの古代東洋彫刻、
現代彫刻、古代オリエント美術など幅広いジャンルとなっています。

ジャンルに関わらず良いものは良い、
買った作品は手離さない、という松岡氏の美へのこだわり。
そして「日本にないものを日本で気軽に見られるように」という理念。

そんな松岡氏の思いもあり、館内には監視員がいないので
視線を気にすることなく、ひとりゆっくりと存分にアートが楽しめます。
またフラッシュなし、操作音なしでのカメラ撮影や
鉛筆のみのデッサンが許可されています。
作品解説は一部QRコードで、携帯電話での読み取りになるため保存が可能。
(QRコード読み取り以外の携帯電話の使用は禁止)。
一般的な美術館のルールが取り払われた環境で
自分のペースで松岡氏の世界を覗くことができますよ。
(写真提供:松岡美術館)

◆開催中の企画展
「モディリアーニ、藤田、そしてピカソ…
情熱と憂愁―パリに生きた外国人画家たち」
「エトルリアの青銅とギリシアの壺」
「神秘のひといろ―中国の単色釉磁」
期間:開催中〜9月23日(日)

★港区白金台5-12-6
http://www.matsuoka-museum.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【松岡美術館】を出たら、来た方向へ戻り、
「プラチナ通り」を横断して左へ進みましょう。
1つ目の角を右に曲がり、坂を登っていきます。
住宅街を抜け、突き当りを左折しましょう。
そのまま進むと、正面に聖心女子専門学校の門が
あるので、左に曲がり、三叉路を右に曲がります。
ここは「蜀江坂」という坂です。
かつて坂の上の丘を、紅葉が美しい中国の蜀江にちなみ
「蜀江台」と呼んだことから、その名が付きました。

昔は「率古台」と書いていたそう


聖心女子と住宅に挟まれた細い「蜀江坂」を下ると、
正面に北里大学があるので、右に曲がりましょう。
そのまま歩いていくと、左手に白金商店街入口という
サインが見えます。
もう少し進むと、右手に「氷川神社」があります。
白鳳年間に白金邑総鎮守として創建された区内で
もっとも古い神社です。
じっくりお参りするのも、ひとりならではの
楽しみ方ですね。


信号を越え、四叉路を過ぎると、右手に港区の歴史的建造物と
なっている木製の山門をもつ「松秀寺」があります。
ここは都内でも数少ない、時宗のお寺です。


直進すると桜田通りに出ます。
左に進むと「白金高輪」駅があるので、三田線に乗って、
「芝公園」駅まで行きましょう。

==========================================================
§2 (三田線「芝公園」駅 下車)→芝公園→
→増上寺 三門→増上寺 大門→世界貿易センタービル→
→【旧芝離宮恩賜庭園】→JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅
==========================================================
「芝公園」駅A3出口から出たら、階段を上ってきた
進行方向とは逆に、日比谷通りを進みます。
ここは、通りに沿って「芝公園」があります。
木陰やベンチも多いので、ひと休みするのもおすすめですよ。


さらに進むと、左手に「増上寺 三門」があります。
正式名称を三大解脱門といい、3つの煩悩(むさぼり、いかり、おろかさ)
を解脱する門です。


増上寺前の信号を右折し進むと、正面に大きな門があります。
これは、「増上寺 大門」で、増上寺の総門・表門にあたり、
地名の由来にもなっています。


芝大門の信号を越え、大門の駅を越えてまっすぐ歩きましょう。
2つ目の角を過ぎると右手に「世界貿易センタービル」があります。
飲食店やショップ、結婚式場が入るビルで、40階には
展望台もあります。
地上152mの高さから、東京の街を眺めに立ち寄ってみましょう。
ひとりで見ていても飽きない絶景が待っていますよ。


まっすぐ進み、JR「浜松町」駅を越えると、【旧芝離宮恩賜庭園】に
到着です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【旧芝離宮恩賜庭園】>>

池の景観が素晴らしい日本庭園【旧芝離宮恩賜庭園】は、
もとは江戸時代に埋め立てられた大名庭園。
老中・大久保忠朝によって、
藩地だった小田原から庭師を呼び寄せて作られた庭園です。

後に所有者は何代も変わって、大正13(1924)年には、
昭和天皇のご成婚記念に東京市に贈られます。
その前年の関東大震災で被害を受けていますが、
復旧して、同年4月に一般公開されるようになります。
そして昭和54(1979)年には、国の名勝に指定されました。

特徴は泉水と数々の名石が使われた石組の庭作り。
小田原から運ばれた多くの石が、飛石や泉水周りの石組に用いられています。
滝が流れるように見える石組、枯滝も見どころ。
また、かつて詩歌や絵画のテーマにもなった中国浙江省にある西湖と
周辺の歩道、蘇堤をイメージした西湖堤も
ひとりでのんびりリラックスできる散策コースとなっています。

★港区海岸1
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


来た道を戻り、「浜松町」駅でゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜茶の湯の美術館で歴史ある茶道具を観る〜
ふしぎ発見!茶道具と銘をめぐる物語
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国宝6件、重要文化財32件、総数約1300件もの茶道具を中心とした
古美術品コレクションが展示されている畠山記念館。
夏の企画展では、茶道具に付けられた別名「銘」に迫ります。
茶人たちが愛したこの世でたった一つの茶道具。
時代を越えて守り伝えられてきた茶道具。
そんな優れた茶道具そのものや保管用の箱に記されている「銘」とは。
それぞれの由来やどのような茶人が所持していたかなど、
茶室にいる雰囲気の中でゆっくりと読み解いてみてください。

【期間】開催中〜9月17日(月・祝)
※月曜休館(9月17日は開館)
【時間】10:00〜17:00(最終入館16:30)
10〜3月は10:00〜16:30(最終入館16:00)
【入館料】一般500円、学生350円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)
※お抹茶(干菓子付き)400円(10:00〜16:30まで展示室にて随時)
【場所】港区白金台2-20-12 畠山記念館
【交通】
都営地下鉄浅草線「高輪台」駅A2出口より徒歩5分
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅2番出口より徒歩12分
【問い合わせ】TEL: 03-3447-5787
【URL】http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/display/2012/summer.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜カラフルな麻布十番商店街の個性に期待〜
麻布十番納涼まつり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年は東日本大震災のため自粛した、麻布十番納涼まつり。
今年は露天商の出店を断り、商店街のオリジナリティ
あふれるお祭りにリニューアル!
パフォーマンスステージ「ステージ10-BANG」では
子供対象の前半と大人対象の後半で、それぞれの盛り上がりを見せ、
毎年恒例、十番稲荷神社での「十番囃子」は夏の風情たっぷり。
また「おらがくに自慢」では全国の味覚や特産品が勢ぞろいします。
六本木や各国の大使館が近い麻布十番商店街の夏まつり、
今年は2日間に凝縮し、8月最後の土日が盛大に賑わいます。

【期間】8月25日(土)・26日(日)
【時間】15:00〜21:00(交通規制は14:00〜21:30)
【場所】麻布十番商店街一帯
【交通】
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口より徒歩すぐ
【URL】 http://www.azabujuban.or.jp/event/event_next.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK