メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年8月16日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/8/16号 vol.422
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜8月のテーマ【港区内の穴場を探そう】〜
8月2日号テーマ:ファミリーにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]汐博2012
期間/開催中〜8月26日(日)
時間/10:00〜18:00
場所/日テレプラザ

---[B]MIDTOWN SUMMER 2012
期間/開催中〜9月2日(日)
時間/施設により異なる
場所/東京ミッドタウン

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

8月のテーマは、「港区内の穴場を探そう」。
「こんな所があったんだ!」という穴場スポットを巡ります。
今週は、小さな子供と行きたい散策ルートをご紹介。
小学生以下のお子様連れにおすすめの遊び場や
自由研究のアイデアが詰まったスポットを歩きます。

お子様連れのお父さんお母さん、
まだまだ暑さが厳しいので、
紫外線や熱中症対策万全でいきましょう。
親が子どもをよく見るだけで、
それが夏バテ対策になりますよ。

それでは、今年の夏の思い出を増やしに
親子で港区を楽しみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「ファミリーにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営大江戸線「六本木」駅→東京ミッドタウン→
→【檜町公園】→檜坂→なだれ坂→泉通り→
→泉ガーデンビル→偏奇館跡地(へんきかんあとち)

★§2 愛宕神社→【NHK放送博物館】→
→(日比谷線「神谷町」駅 乗車)→(「銀座」駅で銀座線に乗り換え)→
→(銀座線「新橋」駅 下車)→【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】→
東京メトロ銀座線「新橋」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約3.4km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営大江戸線「六本木」駅→東京ミッドタウン→
→【檜町公園】→檜坂→なだれ坂→泉通り→
→泉ガーデンビル→偏奇館跡地(へんきかんあとち)
==========================================================
大江戸線六本木駅7番から連絡通路を使って
東京ミッドタウンへ向かいましょう。


エスカレーターを使って地上に出たら、
ミッドタウンタワーと正面に向き合い、
ミッドタウンタワーの右側へ進みましょう。
自動ドアがあり、ドア右上に【檜町公園】と案内があります。
自動ドアを抜けて、直進しましょう。

この連絡通路を進んだ先、右手にある
エレベーターで地上階に降りましょう。
エレベーター手前、右手に階段もありますが
バギーや小さな子供連れの場合は、
エレベーターのほうがラクチンですね。

エレベーターで降りたら
目の前が、本日1つ目のスポット【檜町公園】です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【檜町公園】>>

【檜町公園】は江戸時代、
長州藩・毛利家藩邸の庭園があった場所。
昔は檜が多く「檜屋敷」と呼ばれていたんだとか。
江戸時代には当時の町並みを
一望できる名園として親しまれたそうで、
整備された今も、日本の美を感じる
池中心の日本庭園になっています。

小さな滝や東屋、地面から湧き出るプチ噴水。
高層ビルに囲まれながらも、流れる小川が
爽やかな気分にしてくれる公園です。

そして公園には欠かせない定番の遊具、
ブランコ、滑り台、ジムが印象的ですよ。
伝統的な和の文様や紋をイメージしたデザイン遊具で
卍をイメージした滑り台「SANJIN やまのかみさま」、
香木の香りを嗅ぎ当てる遊び、組香の図をイメージした
ブランコ「FUJIN かぜのかみさま」、
平安時代の織物に多く見られる立涌文様をイメージした
ジム「KAIJIN うみのかみさま」。

日本の美意識が表現された広々とした日本庭園で、
子供も自然とアートを感じながら、思いっきり走り回れます!

★港区赤坂9-7-9
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/akasaka/06.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【檜町公園】で体を動かしたら、
次のスポットへ移動します。
東屋の裏手にある出口から出ましょう。
ここからは、坂道が続くので小学生以上の
ある程度大きな子供連れの方におすすめのルートです。

小さな子供連れの方は、六本木駅に戻り、
日比谷線に乗り、神谷町駅に移動しましょう。


公園を背中にし、坂を見たときの右手、
坂を上るように右方向へ進みます。
建物にぶつかったら左へ。道なりに進みましょう。
1本目のわかれ道を右へ進みます。
また、ぶつかったら左へ。
ガソリンスタンドのある角にぶつかったら右折。
すると大きな通り、六本木通りへ出ます。

ここは横断歩道を渡ってもいいし、
信号が赤なら、地下道を利用するのもおすすめです。
暑い夏は、地下道を通って少しでも日差しから逃げるほうが
子供の体力温存にはいいですね。


地下道から地上へ出たら、そのまま少し直進して
左手に見える脇道へ入りましょう。
本日2つ目の坂道の登場です。
ここは、長い坂道なので親子で手をとってゆっくり上ってみましょう。


「なだれ坂」を上り切ったら左へ。
首都高の高架がある大通りへ出たら交差点を直進しましょう。
交差点を渡り切ってもさらにまっすぐ進みます。
右手にサウジアラビア大使館などを見て進み、
1つ目の脇道を左に入ります。
並木道を進みましょう。


「泉通り」を直進すると左手に連絡橋につながる階段が現れます。
階段を上って連絡橋に立ち寄ってみましょう。


「泉ガーデン」ビルを背中にして連絡橋を直進。
神谷町方面へと進みましょう。
横断歩道が見えてくるので直進して渡ります。
目の前にまた並木を続く、緑道が現れます。
ここも日差しを避けて、緑道を直進しましょう。
この緑道は、城山トラストタワーの敷地内ですが
誰でも神谷町駅を目指して通り抜けることができます。


緑道を抜けたらそのまま直進。
大通りの桜田通りにぶつかります。
桜田通りを左折し、桜田通りを右にしながら直進しましょう。
大通りなので、車や通行人に注意しながら進みましょう。
神谷町の駅入口がある神谷町交差点にきたら、
右へ交差点を横断し、桜田通りの右側をさらに直進します。

==========================================================
§2 愛宕神社→【NHK放送博物館】→
→(日比谷線「神谷町」駅 乗車)→(「銀座」駅で銀座線に乗り換え)→
→(銀座線「新橋」駅 下車)→【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】→
東京メトロ銀座線「新橋」駅
==========================================================
ほどなくして、信号機が2つ連続して並ぶところに来ます。
2つ目の信号機のある脇道を右へ入って行きましょう。
1つ信号機を通りを過ぎるとすぐ左手に
「愛宕神社参道」と書かれた看板と共に狭い階段が見えてきます。
ここが「愛宕神社」西参道です。

階段が好きなお子様ならこちらを、
小さなお子様や赤ちゃん連れの方は、
階段を上らず、そのまま目の前にある愛宕トンネルへと直進し
トンネルを出たら右手にあるエレベーターを利用しましょう。
今回は、長い長い階段状の「愛宕神社」西参道を選択してみます。


階段を上り切ったら右へ。
本日、2つ目のスポット【NHK放送博物館】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【NHK放送博物館】>>

ラジオからテレビ、デジタル放送まで発展した日本の放送、
その歴史が分かるのが【NHK放送博物館】です。
展示されている放送機材や貴重な資料からは、
放送技術の発展にとどまらず、
報道・スポーツ・教育・教養・娯楽番組の歴史を見ることができます。

また放送体験コーナーやNHK番組の検索・視聴コーナーや、
図書・史料ライブラリーもあります。
過去の懐かしい番組や子供が大好きな番組について
新たな発見があるかもしれませんね。
4階には紅白・大河ドラマコーナーがあり、
番組で使用された衣装や小道具、台本など、
普段は見ることができない資料を間近で見ることができますよ。

【NHK放送博物館】では展示物以外にも
さまざまなイベントを開催しています。
夏の自由研究がまだの小学生におすすめなのが
小学生中学年以上のお子様対象で開かれる、
夏の工作教室「ラジオを作ろう」。
ラジオのしくみを学びながら、ラジオキットの組み立てに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【夏の工作教室「ラジオを作ろう」】
8月25、26日 13:30〜15:00
場所:地階 セミナールーム
参加費:1000円(ラジオキット代)
※小学生中学年以上のお子様対象
※事前申し込み制

★港区愛宕2-1-1
http://www.nhk.or.jp/museum/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【NHK放送博物館】で放送の勉強を楽しんだら、
この土地の守り神へお参りしましょう。
【NHK放送博物館】を背にしてまっすぐ進むと
「愛宕神社」の入口はすぐそこです。


来た道を戻り(エレベーターで降りるのもおすすめ)、
桜田通り沿いにある神谷町の駅まで戻りましょう。
歩き疲れた頃なので、ここは地下鉄での移動がおすすめです。

日比谷線神谷町で地下鉄に乗り、
銀座駅で銀座線に乗り換え、新橋駅で下車。

新橋駅2番出口を出たら、そのまま直進しましょう。
新橋交差点を渡り、昭和通りを道なりに進みます。
すると右手に、本日最後のスポット
【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】が見えてきます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】>>

日本の鉄道発祥地、汐留の歴史が学べる
【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】。
常設展示のプラズマディスプレイでは
鉄道開業の経緯やかつての活気づいた汐留の様子などを見たり、
年表や地図、古写真で
汐留地区の変遷と鉄道の歴史を知ることができます。

また明治時代の新橋停車場が描かれた錦絵の一部を複製したバナーや
100分の1の模型で再現された旧新橋停車場駅舎もあり
きっと大人も見入ってしまうことでしょう。

常設展示のほか、近代文化にまつわる企画展も開催されています。
現在は、「百年前の修学旅行―ハイカラさんと東京駅の時代」
(〜11月25日まで)が開催中。
詳しくは公式サイトでチェックしてみてください。

子供に説明しながら、お父さんお母さんも学習体験ができる、
特に男の子は興味ひかれるスポットですね。

★港区東新橋1-5-3
http://www.ejrcf.or.jp/shinbashi/display.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】で鉄道の魅力にはまったら、
来た道を戻り、新橋駅でゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜日テレの人気番組パビリオンで遊ぼう!〜
汐博2012
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日テレの人気番組パビリオンやフードコーナーが充実の汐博は今年で10回目。
子供たちが大好きな番組キャラクターの玉入れやボウリング、
スタンプラリー、「笑点」座布団釣りなど、
親子でもカップルでも楽しめるゲームが盛りだくさん!
アナウンサーと触れ合える屋外ステージや、
今話題のアーティストやアイドルのライブも開催されます。
さらに7月から公開中の細田守監督映画「おおかみこどもの雨と雪」モニュメントに
今秋公開映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の綾波レイスライダーなど、
2012年らしい元気な夏が汐留で味わえますよ。

【期間】開催中〜8月26日(日)
(レシピの女王ダイナーのみ8月19日(日)まで21:00まで営業)
【時間】10:00〜18:00
【入館料】パビリオンゲームにより異なる(無料パビリオンあり)
【場所】港区東新橋1-6-1 日テレプラザ
【交通】
ゆりかもめ「新橋」駅よりデッキ経由徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「汐留」駅より地下歩道経由徒歩1分
都営地下鉄浅草線「新橋」駅より地下歩道経由徒歩2分
JR「新橋」駅より地下歩道経由徒歩3分、デッキ経由徒歩3分、地上経由徒歩約4分
東京メトロ銀座「新橋」駅より徒歩3分
【問い合わせ】TEL: 03-6215-4444
【URL】http://www.ntv.co.jp/shiodome/event/2012shiohaku/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜子供と一緒に“涼”イベント!〜
MIDTOWN SUMMER 2012
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都心にいながらもグリーンに囲まれ、心地良い夏を満喫できる
東京ミッドタウン恒例の「ミッドタウン ラブズ サマー」が今年も開催されます。
昔ながらの「日本の夏」を体感できるワークショップでは、
子供たちが夏をモチーフにさまざまなアートを創作。気軽に参加できます。
そして見どころは上空に舞い上がる水花火「MIDTOWN WATER WORKS 2012」。
水と光と音による演出は例年以上にパワーアップします!
他にも全国から約800個もの風鈴を集めた「東京ミッドタウン 風鈴彩祭」など
ガレリア内の展示にも注目です。
カフェやレストランでは猛暑を乗り切る限定メニューが登場。
夏ごはんでスタミナチャージ、涼スイーツでひんやりしちゃいましょう!

◆MIDTOWN WATER WORKS 2012
ショー演出/20:00〜20:10(平日)19:40〜19:50、20:30〜20:40(土日祝)
空間演出/19:00〜21:00のうち、上記をのぞく時間

【期間】開催中〜9月2日(日)
(MIDTOWN WATER WORKS 2012、東京ミッドタウン 風鈴彩祭、
ASHIMIZU、スタンプラリー・ぺたぺたきんぎょ、
屋外カフェ「BACARDI MIDPARK CAFE」、夏の5周年限定メニュー、
MIDTOWN WATER WORKS 2012の見えるレストラン、
キッズドリンクサービスは期間中毎日開催、その他イベントは日時限定)
【時間・料金】イベントにより異なる
【場所】港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
【交通】
都営大江戸線「六本木」駅8番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口側から地下通路を経由し、8番出口より直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩約3分
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅1番出口より徒歩約10分
【問い合わせ】TEL: 03-3475-3100
【URL】 http://www.tokyo-midtown.com/jp/summer/2012/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK