メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年8月9日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/8/9号 vol.421
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜8月のテーマ【港区内の穴場を探そう】〜
8月9日号テーマ:アクティブシニアにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]応挙の藤花図と近世の屏風
期間/開催中〜8月26日(日)
時間/10:00〜17:00(入館は〜16:30)
場所/根津美術館

---[B]避難訓練コンサート
期間/8月26日(日)
時間/14:00開演(13:30開場)
場所/高輪区民センター区民ホール

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

8月も2週目となり、夏真っ盛り。
暑い日が続きますね。
ついクーラーの効いた家の中に閉じこもりがちですが、
晴れた青空の下を歩くのはとっても気持ちのいいもの。
さあ、今週も積極的に歩いていきましょう!

8月のテーマは、「港区内の穴場を探そう」。
有名スポットの多いエリア港区ですが、
知る人ぞ知る穴場スポットもたくさん。
今週はゆったりとした時間配分で動ける、
アクティブシニアのかたに向けたルートをご紹介します。

4月よりリニューアルした「WELCOME港区」では、
毎月のテーマに沿って、「誰と散策するか」を
想定したルートをご紹介しています。
それぞれの楽しみかたのポイントが満載なので、
チェックしてみてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「アクティブシニアにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅→
→大松稲荷神社→【根津美術館】→
→(東京メトロ千代田線「表参道」駅 乗車)→
→(東京メトロ千代田線「乃木坂」駅 下車)→
→【乃木神社】→乃木公園

★§2 (ちぃばす「乃木公園」停留所 乗車)→
→(ちぃばす「六本木駅前」停留所 下車)→
→(ちぃばす「六本木駅前」停留所 乗車)→
→(ちぃばす「田町駅西口」停留所 下車)→
→【港郷土資料館】→JR線「田町」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約2km
★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅→
→大松稲荷神社→【根津美術館】→
→(東京メトロ千代田線「表参道」駅 乗車)→
→(東京メトロ千代田線「乃木坂」駅 下車)→
→【乃木神社】→乃木公園
==========================================================
東京メトロ「表参道」駅のA5出口を出て、
右へと進んでいきましょう。
しばらくすると右手の角に「大松稲荷神社」を発見することができます。
少し立ち寄って、お参りしていきましょう。


しばらく歩くと根津美術館前の交差点にぶつかります。
信号を渡ってすぐに【根津美術館】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【根津美術館】>>

きれいに整えられた竹の入口を入ると、すぐ右に通路があります。
竹壁と石床で美しく作られた通路を抜けると、
美術館への入り口があります。

【根津美術館】は、東武鉄道の社長などを務めた、
実業家で茶人の初代・根津嘉一郎の
蒐集品を展示するためにつくられた美術館。
コレクションを「衆と共に楽しむ」という
初代の意思を継いだ二代目により、1941年に開館しました。

開館当時、4643件でスタートした所蔵品は
平成23年3月時点では約7400件を数え、
国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件が含まれています。
日本・東洋美術のほか、初代が茶の湯をたしなむなかで集めた
茶の道具の数々も重要なコレクションの柱になっています。

コレクションだけでなく、建物の建築自体にも注目です。
和風家屋を思わせる本館は、日本を代表する建築家・隈研吾の設計。
絵画・書蹟、青銅器、茶の湯の美術などそれぞれの特性に合わせた、
趣の異なる6つのギャラリーが設けられています。
さらに、本館の先には4棟の茶室を含む
2万平方メートルにおよぶ庭園が広がっていて、
憩いのひとときを過ごすことができます。
(写真提供:根津美術館)

★港区南青山6-5-1
http://www.nezu-muse.or.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【根津美術館】を出て、来た道を「表参道」駅へと戻りましょう。
東京メトロ千代田線に乗って、
次のスポット【乃木神社】へと向かいます。
「乃木坂」駅の1番出口から出ましょう。
すぐ左に【乃木神社】への入り口があります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【乃木神社】>>

明治時代に活躍した軍人である乃木希典を祀った神社。
また、彼の妻である乃木静子も同時に祀られています。
乃木夫妻は、大正元(1912)年に、
明治天皇に従って殉死しました。
その「忠誠」の精神を永世に伝えようと、
大正12(1923)年に【乃木神社】が創建されました。

文武両全・夫婦和合の神様として崇敬されており、
日清・日露戦争で数々の功績をあげた祭神にちなみ、
勝負運向上のほか、自己に打ち勝つことを祈願した御守も。
武道やスポーツの試合の前に祈願する人も多いそうです。
境内には入場が無料の宝物殿があり、
そこでは、乃木大将の遺品・遺墨・遺言状を見ることができます。

★港区赤坂8-11-27
http://www.nogijinja.or.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


神社で心を落ち着かせた後は、駅のほうに戻りましょう。
乃木坂陸橋へと上る階段を上ると、
すぐ右側に「乃木公園」があります。
こちらは乃木希典の邸宅でしたが、乃木将軍の遺志により、
公園として東京市に寄贈され、大正2(1913)年に開設されました。
その後、港区に移管され、公園として現存しています。


公園でひと休みした後は、外苑東通りを六本木方面に進み、
乃木坂陸橋を渡りましょう。
すぐに、港区のコミュニティバス「ちぃばす」の
「乃木公園」の停留所があります。
ここから六本木方面のバスに乗りましょう。

==========================================================
★§2 (ちぃばす「乃木公園」停留所 乗車)→
→(ちぃばす「六本木駅前」停留所 下車)→
→(ちぃばす「六本木駅前」停留所 乗車)→
→(ちぃばす「田町駅西口」停留所 下車)→
→【港郷土資料館】→JR線「田町」駅
==========================================================

午後からは暑くなるので、
バスなどの移動手段も活用していきましょう。
「ちぃばす」は、港区内を走る、コミュニティバス。
全てノンステップバスなので、
シニアの方にも利用しやすいバスです。
その名称の由来は、
「小さいバス」をそのまま呼びやすくしたとか。
また、地域に愛されるバスという意味もあるそうです。
「芝ルート」「麻布ルート」「青山ルート」「赤坂ルート」
「高輪ルート」「芝浦港南ルート」「田町ルート」の7ルート。
電車では網羅できないポイントを結んでいるので、
便利に活用して、散策のお供に利用したいですね。
今回は「赤坂ルート」と「田町ルート」
の2路線に乗ってみましょう。


「六本木駅」停留所で降りましょう。
赤坂ルートの「六本木駅」停留所は、麻布警察署の前に位置します。
そこから、田町ルートの「六本木駅」に乗り換えです。
田町ルートの「六本木駅」は、六本木交差点近く、
外苑東通り沿いに位置しますので、
しばらく歩いて乗り換えです。
バスを待つ間は、暑いので日陰で日よけをし、
水分補給をしながら待ちましょう。


「田町駅西口」で降りましょう。
この辺りはオフィスも多く、サラリーマンやOLの姿が多く見られます。
飲食店も多く立ち並ぶので、この辺りでランチ休憩にしてもいいですね。


地下鉄の三田駅を田町駅と反対側に渡りましょう。
右手に郵便局と資生堂が見えてきて、
その先に「区立三田図書館」があります。
最後のスポット【港郷土資料館】はこの中の4階にあります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【港郷土資料館】>>

三田図書館4階にある【港郷土資料館】には、
港区の歴史や文化を学ぶことのできる
貴重な資料が保存・公開されています。
港区と日本の歴史を比較し作成された『年表』や
江戸時代と現在の地図を重ね合わせて作成した『江戸復原図』、
港区のあゆみを学習するガイドコーナー、
伊皿子貝塚遺跡の出土遺物や貝層断面などが展示された歴史コーナー、
そして、港区の文化財コーナーから成る常設展で
港区と日本の歴史を学ぶことができます。
また、本物のクジラの骨や縄文土器、民具などに
実際にふれることができる、さわれる展示室もあります。
港区の歴史をじっくりと学ぶいい機会になりそうですね。
(写真提供:港郷土資料館)

★港区芝5-28-4
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


来た道を田町駅まで戻りゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜美しい屏風絵の世界を堪能〜
応挙の藤花図と近世の屏風
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

根津美術館の近世絵画コレクションは、屏風絵の宝庫です。
そのひとつ、円山応挙(1733〜95)の筆になる
重要文化財「藤花図屏風」は、
一筆で対象のもつ立体感をあらわす「付立て」による幹や、
赤紫や群青、白の顔料を印象派さながらに重ね合わせ、
複雑な色合いとボリュームを表現する花房など、
応挙の写生画風の真骨頂を示す作品です。
本展では、この「藤花図屏風」を中心に、
修理を経て、このたび初公開となる
俵屋宗達工房の優品「草花図屏風」をふくめ、
魅力あふれる屏風絵の数々をご覧いただきます。

【期間】開催中〜8月26日(日)
【時間】10:00〜17:00(入館は〜16:30)
【入館料】一般1000円、学生(高校生以上800円)、中学生以下は無料
【場所】港区南青山6-5-1 根津美術館 展示室1・2
【交通】
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口より徒歩8分
【URL】http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜「もしもコンサート中に地震が起きたら、、」を体験〜
避難訓練コンサート
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「もしもコンサート中に地震が起きたら、、」
もしもの時に備え、お客様にもご参加いただく
『避難訓練+豪華出演者によるコンサート』。
この度、平成23年3月11日に発生した東日本大震災等を受け、
コンサートの実施中に大規模災害が起こることを
想定した避難訓練が開催されます。

コンサート開演後に地震が起こったという想定で、
コンサートの途中から避難訓練がはじまります。
訓練終了後はコンサート再開、演奏もたっぷりお楽しみいただけます。
事前申込みが必要にはなりますが、無料の催しです。

今回ご出演いただくクラリネットの大島文子さんは、
アメリカで最高峰の音楽大学であるジュリアード音楽院で
講師をされているなど、世界的に活躍をされているクラリネット奏者。
共演のピアノの大島直子さんも国内外で高い評価を受けています。

(申込み方法)
@郵便番号・住所 A氏名(フリガナ) B人数(一通で4名まで)
C電話番号 D在勤者は会社名と所在地(在学者は学校名と所在地)
を明記のうえ、往復はがきかFax、
またはKissポート財団ホームページの
「イベント情報・チケット情報」よりお申込みください。
(申し込み先住所)〒107-0052港区赤坂4-18-13-2F
Kissポート財団事業課「避難訓練コンサート」係まで。
(申し込み先FAX)03-5770-6884
(申し込み締切)8/15(水)正午必着

【期間】8月26日(日)
【時間】14:00開演(13:30開場)
【入場料】無料(全席指定 事前申込み制)
【場所】港区高輪1-16-25 高輪区民センター区民ホール
【交通】
東京メトロ南北線・三田線「白金高輪」駅1番出口より徒歩1分
【問い合わせ】TEL:03-5770-6837
【URL】http://www.kissport.or.jp/cgi-bin/p_evlist.pl

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK