メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年8月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/8/2号 vol.420
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜8月のテーマ【港区内の穴場を探そう】〜
8月2日号テーマ:カップルにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]岡本太郎・布と遊ぶ
期間/開催中〜10月28日(日)
※火曜休館(祝日の場合は開館)
時間/10:00〜18:00(最終入館17:30)
場所/岡本太郎記念館

---[B]ミナコレ2012夏
期間/開催中〜8/31(金)
時間/施設により異なる
場所/港区内の美術館・博物館(26館)

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

ロンドンオリンピックが始まりましたね。
深夜のTV放送に寝不足の日が続いていませんか。

8月のテーマは、「港区内の穴場を探そう」。
「こんな所があったんだ!」という穴場スポットを
を巡ります。
今週は、カップルにおすすめのルート。
ふたりで落ち着いて楽しめるスポットをご紹介します。
緑の多い涼みポイントを盛り込んだルートに
なっているので、休憩を取りつつ歩いてみましょう。
歴史系のポイントも回るので、詳しい方は
恋人に知識を披露できるチャンスですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「カップルにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅→
→高野長英隠れ家跡→骨董通り→【岡本太郎記念館】→
→内藤鳴雪居住の跡→笄公園→有栖川宮記念公園→
→【釣堀衆楽園】→日本キリスト教団 安藤記念教会→
→麻布 氷川神社→大法寺→きみちゃん像→
→(都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅 乗車、
「汐留」駅にて新交通ゆりかもめに乗り換え)

★§2 (新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅 下車)→
→お台場レインボー公園→レインボープロムナード→
→【台場公園】→新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅

★総歩行距離(電車・バス移動含まず):約6.5km
★歩行時間:約5時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅→
→高野長英隠れ家跡→骨董通り→【岡本太郎記念館】→
→内藤鳴雪居住の跡→笄公園→有栖川宮記念公園→
→【釣堀衆楽園】→日本キリスト教団 安藤記念教会→
→麻布 氷川神社→大法寺→きみちゃん像→
→(都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅 乗車、
「汐留」駅にて新交通ゆりかもめに乗り換え)
==========================================================
東京メトロ「表参道」駅B3出口を出たら、左へ進みましょう。
少し歩くと左手に、複合文化施設・スパイラルがあります。
スパイラルの駐車場の入口近くに、「高野長英隠れ家跡」が
あるので見てみましょう。
蘭学者・医者であった高野長英は幕府の対外政策を封刺した
「夢物語」を書き投獄されましたが、伝馬町獄舎炎上を機に逃げ、
各地を潜行していたそうです。
詳しい方は、恋人へウンチクが披露できるスポットですね。


南青山五丁目の信号を右に曲がり、「骨董通り」に入ります。
5つ目の角を左折し、1つ目の角を右に曲がると、最初のスポット
【岡本太郎記念館】に到着です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【岡本太郎記念館】>>

岡本太郎が亡くなるまで50年近く生活していた
アトリエ兼自宅だった建物を公開した美術館
【岡本太郎記念館】。
1970年に開催された大阪万博の太陽の塔をはじめ、
巨大なモニュメントや壁画など、多くの作品を
制作したのもこの場所です。

岡本が暮らしていた頃の雰囲気が
そのまま残された1階のアトリエスペースは、
ル・コルビュジェの愛弟子であった坂倉準三による設計。
ブロックを積んだ壁の上に凸レンズ形の屋根を
のせるなど、斬新なデザインで当時話題となりました。
2階は企画展などの展示スペースになっており、
企画テーマに合わせて絵画や彫刻などの作品が
展示されます。
また、緑いっぱいの庭には、オブジェなどが
無造作に置かれ、自由に岡本太郎の作品に
触れることができます。

その斬新なスタイルで人々を魅了し続ける岡本芸術。
彼が実際に制作していた場所で、
当時の様子を想像しながらアート鑑賞し、
感想を語り合ってみるのも、楽しいデートですね。
(写真提供:岡本太郎記念館)

★港区南青山6-1-19
http://www.taro-okamoto.or.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【岡本太郎記念館】を出たら左へ進み、最初の角を右へ曲がります。
「骨董通り」を渡り六本木通りへ出たら、横断してから左に進み、
高樹町の信号を右に曲がります。
この通りは商店街になっており、地元の人々の日常生活を
垣間見ることができ、西麻布にいるということを忘れてしまいそうです。
左に曲がる最初の角を左折し、少し歩くと左手に、歴史スポット
「内藤鳴雪居住の跡」があります。
内藤鳴雪は、正岡子規の影響で俳句を始め、平明温雅な作風で
日本派の長老といわれた俳人です。


そのまままっすぐ歩き、外苑西通りまで行きましょう。
外苑西通りを渡り進むと、ルーマニア大使館があるので、
その角を右折します。
大使館には大きなルーマニア国旗が掲げられているので
目印にしてくださいね。
まっすぐ進み、五差路を過ぎると左手に「笄(こうがい)公園」
があります。
かつてこの一帯は、今はなくなってしまった笄橋にちなんで
笄町と呼ばれていました。
公園内は、たくさんの木々が影を作り涼しいので、
ベンチでひと休みしてもいいですね。



そのまま突き当りまで歩き、左折します。
緩やかな北条坂を上り、愛育病院前の信号を渡り、
右に曲がりましょう。
道なりに歩くと、左手に「有栖川宮記念公園」があるので、
立ち寄ってみましょう。
この公園は、麻布台地の地形を活かしているので、
丘や渓流、池があります。
都会の真ん中で、自然に富んだ趣のある日本庭園を楽しんでください。
園内に入ると、水のせせらぎが聞こえ、涼やかな気分になりますよ。


入った入口とは反対側の、都立中央図書館の奥から公園を出たら、
左に進み、最初の十字路を右折します。
この通りには、異国情緒あふれる建物のアルジェリア民主人民共和国
大使公邸や、フィンランド大使館、パキスタン大使館が建ち並んでいます。
フィンランド大使館の角を左に曲がり、2つ目の角を右に曲がると
突き当りに【釣堀衆楽園】があります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【釣堀衆楽園】>>

昭和初期に開業した【釣堀衆楽園】は、
緑に囲まれた井戸水をたたえる池で、
エサを底まで沈める、ヘラブナの底釣りが専門の釣堀。
エサや貸し竿もあるので、手ぶらで気軽に釣りを
することができます。
女性にも難しくないので、カップルで楽しめ、
デートにもぴったりです。

★港区南麻布3-9-6

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【釣堀衆楽園】を出たら、突き当りを来た道とは逆の右へ進みます。
また突き当りにあたるので、左折します。
左手にある保育園の先に三叉路があるので、右の通りへ進みましょう。
仙台坂上の信号を過ぎると、左手に関東大震災前に施工され、
今もその姿を留めている「日本キリスト教団 安藤記念教会」、
右手には七福神の一尊・毘沙門天を祭る「麻布 氷川神社」があります。


そのまま道なりに進むと、四叉路があるので、一番右の大黒坂へ
進みます。
坂を下ると左手に、大黒天を祀る「大法寺」があります。
そのまま道なりに進むと、正面に広場があり、
麻布十番商店街のシンボル「きみちゃん像」があります。
この辺りにはカフェも多いので、冷たいドリンクを飲みながら
ひと休みしましょう。
広場を抜け、道なりに歩けば都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅です。
大江戸線で「汐留」駅に行き、新交通ゆりかもめに乗り換え、
「お台場海浜公園」駅まで行きましょう。

==========================================================
§2 (新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅 下車)→
→お台場レインボー公園→レインボープロムナード→
→【台場公園】→新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅
==========================================================
「お台場海浜公園」駅の改札を出たら右へ、ペデストリアンデッキに
出たら右へ曲がり、階段を下り進みます。
海浜公園入口の信号を左折し、シーリア前の信号を渡り
お台場海浜公園沿いを歩きましょう。
通りの反対側には、「お台場レインボー公園」があります。
この公園では、風力やソーラー発電機を使い、公園内で使う電気を
作っています。


さらに進むと突き当りに「レインボープロムナード」の入口があります。
レインボーブリッジを徒歩で渡り芝浦まで行けるので、
時間があれば歩いてみてください。
左手にあるお台場海浜公園入口を入り、右手奥の道を進んでいくと、
最後のスポット【台場公園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【台場公園】>>

一辺が約160mの正方形で、海面から5〜7mの石垣積みの
土手が築かれた【台場公園】は、江戸幕府が黒船来襲に備えて
築いた砲台跡を利用したものです。
嘉永6(1853)年、ペリーが浦賀に来航した翌月に着工し、
6基が完成しましたが、現在は【台場公園】として開放されている
第三台場と第六台場のみが残っています。

日中は、公園内にあるさまざまな史跡を見てみましょう。
夜は、お台場のロマンチックな夜景を楽しめます。
お台場海浜公園に比べ、あまり人が多くないので、
日によっては美しい夜景を“ふたり占め”できちゃうかも
しれませんよ。
ただし、夜は灯りが少ないので、気を付けてください。

★港区台場1-10-1
http://www.tptc.co.jp/tabid/369/Default.aspx

――――――――――――――――――――――――――――――――――


帰りはお台場海浜公園の浜辺を歩いて、
シーリア前の信号前の出口を出て、来た道を戻り
ゴールの「お台場海浜公園」駅に向かいましょう。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜岡本芸術とデザインの出合い〜
岡本太郎・布と遊ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1951年、岡本太郎は純白のイヴニングドレスを着た
ファッションモデルの左胸に、絵具で真っ赤に染めた
自分の手を押しつけました。
ドレスが次々と手形で彩られていき、岡本は
テキスタイルに興味をもつようになったのです。
これが、岡本芸術がデザインと出合った瞬間で、
以来、布と遊ぶようになり、振り袖、帯、ハンカチ、
ネクタイ……、そして、絨毯や鯉のぼりなど、
実にさまざまなものをデザインしていきました。
暮らしのなかに息づく岡本太郎の芸術感を見に行きませんか。

◆ギャラリートーク
館内展示作品解説を交え、岡本太郎の魅力をたどっていく
ギャラリートークが開催されます(予約不要)。
開催日:8月15日(水)、9月14日(金)、10月19日(金)
開始時間:14:00(所要時間は15〜20分ほど)

【期間】開催中〜10月28日(日)
※火曜休館(祝日の場合は開館)
【時間】10:00〜18:00(最終入館17:30)
【料金】600円(小学生300円)
【場所】港区南青山6-1-19 岡本太郎記念館
【交通】東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
B1出口より徒歩8分
【問い合わせ】TEL: 03-3406-0801
【URL】http://www.taro-okamoto.or.jp

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜港区内の美術館・博物館を巡ろう〜
ミナコレ2012夏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年8月と2月に開催される「ミナコレ(MINATO COLLECTION)」。
期間中は、区内26の美術館や博物館の各施設の特色を
活かしたワークショップ、展示解説をするギャラリートークなどの
イベントが実施されます。
各施設を巡るスタンプラリーも行われ、スタンプを集めるごとに
オリジナルグッズがもらえます。
(「ミナコレスタンプカード」は参加26館と区役所にて配布)。
また、スタンプ10個以上集め、9月10日(月)までに
感想文(400〜600字)を応募すると、優秀な作品を書いた方に
港区長賞が贈られます。
この夏は、イベントを楽しみながら、美術館・博物館を巡ってみましょう。

【期間】開催中〜8/31(金)
※感想文応募は9/10(月)まで
【時間・料金】施設により異なる
【場所】港区内の美術館・博物館(26館)
【問い合わせ】TEL: 03-3578-2341
(港区役所 産業・地域振興支援部地域振興課文化芸術振興係)
【URL】http://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/minakore.html

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK