メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年5月24日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/5/24号 vol.410
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>―――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜5月のテーマ【あの名場面を追いかけて!ロケ地巡り】〜
5月24日号テーマ:おひとりさまにおすすめのルート

■2■ 観光&イベント情報
---[A]茶の湯の現代ー用と形ー
期間/開催中〜6月24日(日)※毎週月曜休館
時間/11:00〜18:00(入場17:30まで)
場所/菊池寛実記念 智美術館

---[B]東京ミッドタウン・デザインハブ5周年記念/第33回企画展
「信じられるデザイン」展
期間/開催中〜6月17日(日)
時間/11:00〜19:00
場所/東京ミッドタウン・デザインハブ

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

街歩きは、一緒に歩く人によって、楽しみ方もそれぞれ。
先月よりリニューアルした「WELCOME港区」では、
毎月のテーマに沿って、誰と散策するかを想定したルートをご紹介。
より参考にしていただきやすい散策プランをお届けしています。

5月のテーマは、「ロケ地巡り」。
今週は、のんびりひとりでぶらぶらできる
「おひとりさま」におすすめの、
「ロケ地巡り」散策コースをご紹介します。

さすがは港区、映画やテレビドラマなどで
使われたロケ地が数多くあります。
普段何気なく歩いている場所が、
あの作品の名シーンで使われた場所だったりするのです。
同じ道も視点を変えてみると、おもしろい発見があります。
歩いてみた後に、
もう一度作品をチェックしてみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「おひとりさまにおすすめのルート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営大江戸線「六本木」駅→【ミッドタウン・ガーデン】→六本木交差点→
→【六本木ヒルズアリーナ】→六本木けやき坂通り→麻布十番商店街→
→パティオ十番→(都営大江戸線「麻布十番」駅 乗車)

★§2 (都営大江戸線「汐留」駅 下車)→日テレタワー
→【イタリア公園】→イタリア街→
→JR線・東京モノレール「浜松町」駅

★総歩行距離(電車移動含まず):約5km
★歩行時間:約4時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営大江戸線「六本木」駅→【ミッドタウン・ガーデン】→六本木交差点→
→【六本木ヒルズアリーナ】→六本木けやき坂通り→麻布十番商店街→
→パティオ十番→(都営大江戸線「麻布十番」駅 乗車))
==========================================================
はじめに向かうスポット【ミッドタウン・ガーデン】がある
「東京ミッドタウン」へは、都営大江戸線の六本木駅の8番出口から、
地下通路で直結で行くことができます。
地下通路からすでに、洗練された空間となっています。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【ミッドタウン・ガーデン】>>

ここ六本木エリアでも、有数の観光&
ショッピングスポットとして
知られる「東京ミッドタウン」。
レストラン、ショップ、ホテル、オフィス、アート施設などが
併設されているので、用途に応じてさまざまな楽しみ方ができます。
その「東京ミッドタウン」をぐるっと
囲むように位置する
【ミッドタウン・ガーデン】は、
行き交う人々の憩いの場所として、人気の高いスポットです。
たくさんのグリーンに囲まれて、すがすがしい空気を満喫できます。
特に今は最も気持ちのよい季節ですね。
また、緑地内には無線LANが備えられているので、
ノートパソコンを携帯していれば、ネットサーフィンもでき、
より充実したひとり時間を過ごすことができます。
広々とした開放的な立地は、
さまざまなドラマで使われています。

★港区赤坂9-7-1
http://www.tokyo-midtown.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――


ガレリアへと戻り、都道319号線へと出ましょう。
東京ミッドタウンを背にし、左へ曲がりましょう。
ほどなくして、六本木交差点にさしかかります。
人や車が行き交う姿は、これぞ「大都会の風景」といった感じですね。
ここも、ドラマのロケ地に多く使われている場所です。


アマンド側に信号を渡り、右に歩いていきましょう。
ほどなくすると、左側に六本木ヒルズが見えてきます。
天気のいい日にふらっと歩くと、まるで気分はニューヨーカー。

メトロハットをのぼっていき、
【六本木ヒルズアリーナ】へと向かいましょう。
途中左手に見える「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」では、
おもしろそうな映画が上映されているかも。
時間が合えば、ふらっと入ってみましょう。
これもひとり散策の醍醐味です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【六本木ヒルズアリーナ】>>

六本木ヒルズの中では、様々な場所で
ロケ撮影が行われていますが、
今回は【六本木ヒルズアリーナ】へ。
映画『SP』では、冒頭に登場する爆破シーンで使われていましたね。
印象的なシーンなので、覚えている人も多いのではないでしょうか。
ロケ地のみならず、ハリウッド映画などのプレミアや、
CMの公開収録など、メディア露出の舞台としては、外せないスポットです。

イベントがない日は、開放されていて、
人々がランチやお茶を楽しむ憩いのスペースになっています。
飲み物などを買って少し休憩し、パワーチャージしましょう。
ひと休みした後は、「六本木けやき坂通り」方向へ出ましょう。
ブランドショップが立ち並ぶ素晴らしいロケーションから
『花より男子ファイナル』『恋におちたら』などの、
恋愛ドラマなどの舞台となっています。
カップルで歩くのもいいけれど、
ひとりでゆっくりと歩くにも素敵な場所です。
(写真提供:六本木ヒルズ)

★港区六本木6-10-1
http://www.roppongihills.com/arena/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


「六本木けやき坂通り」に出たら左へ曲がり、
坂を下るように歩きます。
坂下右側にTSUTAYAが見えてきます。
TSUTAYAの角を右に曲がりましょう。
しばらくすると飲食店などがぽつぽつと見えはじめ、
麻布十番の商店街へと入っていきます。
商店街のなかの憩いの場、「パティオ十番」で、
読書なども気持ちがいいですよ。
存分に六本木エリアを堪能したあとは、
麻布十番駅から都営大江戸線に乗り、汐留駅へと向かいましょう。

==========================================================
§2 (都営大江戸線「汐留」駅 下車)→日テレタワー
→【イタリア公園】→イタリア街→
→JR線・東京モノレール「浜松町」駅
==========================================================
汐留駅を下りたら2番出口方面へと向かいましょう。
汐留駅は地下通路が整備されており、
いろいろなスポットへと
駅直結で行くことができます。
ロケ地めぐりで、いろいろなドラマが見たくなってきたころでしょうから、
気分をさらに盛り上げるべく、「日テレタワー」へと向かいましょう。


日テレ大時計から汐留駅まで、スロープ沿いに歩いていきましょう。
汐留駅を通り、コンラッド東京の横を通り、通路沿いに進みます。
階段を下りると公園らしき歩道にさしかかります。
しばらく道なりに歩くと、3つめのスポット、【イタリア公園】へと出ます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【イタリア公園】>>

「日本におけるイタリア2001年」を記念し、
イタリアから寄贈された公園です。
本格的なイタリア式庭園の外観で、ところどころに彫刻がみられます。
きれいに整理された植木には、色とりどりの花も植えられています。
噴水や花瓶、電燈や柱など、細かい部分も
イタリア式となっており、
まるで海外にいるような雰囲気。
ひとりで休憩を満喫するにはもってこいです。
ビル街の中にありながら、静かで絵になる場所なので、
『アタシんちの男子』『バーテンダー』『クロサギ』など、
話題のドラマのロケ地としても多く登場しています。
運がよければ撮影隊に出くわすかもしれません。
汐留のビル街の中にこんな穴場スポットがあるなんて、うれしいですね。

★港区東新橋1-10-20
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/shiba/03.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――
下に下りて、信号を左に曲がり、高架下をくぐりましょう。
ほどなくすると、「イタリア街」が見えてきます。
こちらもロケ地として、多く使われているスポットです。


線路を左手にみて、「コモディオ汐留」の横の小道を
しばらく歩くと、ゴールの浜松町駅が見えてきます。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜茶の湯文化を盛り上げる公募展〜
茶の湯の現代ー用と形ー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現代における造形表現と茶道具との
接点を
探るべく企画された公募展。
2012年度より、隔年で開催されることとなりました。
陶磁・漆工・木工・竹工・金工・ガラスなど、
幅広い分野が対象とされています。
この度は、383点のご応募から、
第1次画像審査と第2次作品審査が行われ、
選出した入選作54点(大賞1点、優秀賞2点、奨励賞10点を含む)、
ならびに特別出品2点をあわせた56点が展示されます。

【期間】開催中〜6月24日(日)
※毎週月曜休館
【時間】11:00〜18:00(入場17:30まで)
【入場料】800円(大学生500円、小中高生300円、未就学児は無料)
【場所】港区虎ノ門4-1-35
菊池寛実記念 智美術館

【交通】
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩6分
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩8分
東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅より徒歩8分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅3出口より徒歩10分
【問い合わせ】TEL:03-5733-5131
【URL】http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜「信じられるデザインとは」を考える〜
東京ミッドタウン・デザインハブ5周年記念/
第33回企画展
「信じられるデザイン」展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京ミッドタウン・デザインハブでは、
設立5周年を記念する合同企画として、
「信用とデザイン」をテーマに、
クリエイターがデザインにおける信用を
どのように考えているかを発信する
企画展「信じられるデザイン」展を開催いたします。

「信じられるデザインとはどのようなものでしょうか?
そのデザインはなぜ信用できるのでしょうか?」
どのようなデザインの根底にも、
必ずそのデザインが生まれた大本にあたる
「意識」や「想い」や「考え方」があります。
「信じられるデザイン」展は、それらが人びとにとって
信用できるものであるように、
「デザインにおける信用」というテーマに目を向け、
それぞれの視点を通じて考えを深めるための企画展です。

会場では、デザインに関わりがある
51名のクリエイターひとりひとりから示される、
それぞれが「信じられると思うデザイン」を、
本人のメッセージテキストとともに、
印象的なイラストで紹介します。
「信じられるデザインとは」という問いから導かれる、
さまざまな視点を浮き彫りにして、
“この先のデザイン”の可能性と向き合う機会となることをめざします。

【期間】開催中〜6月17日(日)
【時間】11:00〜19:00
【入場料】無料
【場所】港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階
東京ミッドタウン・デザインハブ
【交通】
都営地下鉄大江戸線 「六本木」駅8番出口より直結
東京メトロ日比谷線 「六本木」駅地下通路にて直結
東京メトロ千代田線 「乃木坂」駅3番出口より徒歩約8分
東京メトロ南北線 「六本木一丁目」駅1番出口より徒歩約10分
【問い合わせ】TEL:03-6743-3776
【URL】http://5th.designhub.jp/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK