メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2012年2月2日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2012/2/2号 vol.394
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>―――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜2月のテーマ【坂を歩けば名所に当たる!?みなと新名所、旧跡巡り】〜
2月2日号テーマ:麻布台エリアを歩く

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「増上寺 節分追儺式(節分豆まき)」
期間/2月3日(金)
時間/12:00〜13:00
場所/大本山増上寺

---[B]「イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに」
期間/2月4日(土)〜5月27日(日)
時間/10:00〜22:00(火曜〜17:00)
※会期中無休
※3月20日(火・祝)は22:00まで
※3月24日(土)は、「六本木アートナイト 2012」開催に伴い翌朝6:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
場所/森美術館

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

明日2月3日は、節分の日ですね。
2月4日の立春から1年がスタートするという考えもあり、
前日の3日に豆まきをし、鬼(邪)を払う日となりました。
最近では、具だくさんの太いのり巻き「恵方巻き」も
節分の縁起ものとして人気がありますね。
「福を巻き込む」「縁を切らない」(切らずにかぶりつくため)
などの意味を重ねて、その年の恵方を向いてかぶりつくもの。
ちなみに、今年2012年の恵方は、北北西だそう。
今日は、豆や鬼の面、恵方巻き、イワシの頭が付いたヒイラギなど
節分グッズを用意し、明日に備えたいですね。

さて、今月のテーマは、
「坂を歩けば名所に当たる!?みなと新名所、旧跡巡り」です。
港区は坂道が多く、その先に名所がたくさん存在しています。
今月は、徹底的に坂道を歩いてみたいと思います。
今週は、麻布台にある坂道を歩きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「麻布台エリアを歩く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ日比谷線都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
→【六本木ヒルズ】→鳥居坂→港区立狸穴公園

★§2 狸穴坂→【西久保八幡神社】→雁木坂→三年坂→
→落合坂→横川省三記念公園→行合坂→
→東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅

★総歩行距離:約4km ★歩行時間:約3.5時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ日比谷線都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
→【六本木ヒルズ】→鳥居坂→港区立狸穴公園
==========================================================
六本木駅3番出口を出たら、左へ。
首都高の高架が走る六本木通り沿いを、麻布警察署方向へ進みましょう。
ほどなくすると、本日1つ目のスポット【六本木ヒルズ】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【六本木ヒルズ】>>

複合施設である【六本木ヒルズ】は、
六本木エンターテインメントの中心を担う存在であり、
六本木の新名所のひとつと言っても過言ではありません。
ショップやレストランはもちろん、
展望台や美術館、映画館、庭園など多彩なスポットが詰まっています。
各スポットを満喫しながら、レストランやカフェでひと息つき、
お腹がいっぱいになったら、敷地内を散策する……など
1日を使って有意義に楽しむことも可能です。

例えば、こんな楽しみ方はいかがでしょう?
夕方ごろ「東京シティビュー」に入場し、
海抜250mの高さにある屋内展望台から夕景を堪能。
その後、夜になるまで同チケットで入場できる「森美術館」でアート鑑賞を。
鑑賞後、再び「東京シティビュー」に戻り、
別途300円を払ってオープンエアの屋上「スカイデッキ」へ。
冬の澄んだ空気でクリアに見える東京夜景を眺める。
このように、ショッピングや食事以外の楽しみ方ができるのも
【六本木ヒルズ】ならではです。
自分なりの過ごし方を見つけてみるのも、楽しいですね。

★港区六本木6-10-1ほか
http://www.roppongihills.com/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【六本木ヒルズ】を堪能したら、「六本木けやき坂通り」方向へ出ましょう。
「六本木けやき坂通り」に出たら左へ曲がり、坂を下るように歩きます。
坂下右側にTSUTAYAが見えてきます。
TSUTAYAのある交差点を右折し、
麻布十番駅方向へ道なりに歩きましょう。
駅が見えてくるまで、そのまま通りの左側を直進します。


鳥居坂下交差点を過ぎ、少し進むと左手に麻布十番駅が見えてきます。
駅を過ぎたら、すぐ左へ曲がりましょう。
また、道なりに進んでいきます。
閉鎖中の港区立麻布図書館を過ぎると、首都高の高架が走る大通り、
国道415号線とぶつかります。
この交差点で、左方向へ視線を向けてみましょう。
思わず写真を撮りたくなる不思議な看板に遭遇できますよ。


馬のおもしろ看板を撮影したら、再び交差点へ戻り、横断歩道を渡りましょう。
横断歩道の先に延びる、立派な石垣がある道へ直進します。


石垣沿いを直進すると、左に「港区立狸穴公園」が見えてきます。
ベンチももちろんあるので、ひと休みするのに最適です。

==========================================================
§2 狸穴坂→【西久保八幡神社】→雁木坂→三年坂→
→落合坂→横川省三記念公園→行合坂→
→東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅
==========================================================
「港区立狸穴公園」脇の信号を過ぎると、
すぐ左に「狸穴坂(まみあなざか)」が見えてきます。


「狸穴坂」を上り切ると、外苑東通りにぶつかるので右へ進みましょう。
右手にロシア大使館を見ながら、東京タワーが見える
飯倉交差点方向へ進んでいきます。


飯倉交差点を左折したら、桜田通り沿いをそのまま直進。
1つ目の交差点、麻布台一丁目交差点を通り過ぎたら
すぐ左に本日2つ目のスポット【西久保八幡神社】が見えてきます。
鳥居を抜けたら、正面にある「男坂」か、その左にある「女坂」か、
どちらかを選び、社殿のあるほうへ上って行きましょう。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【西久保八幡神社】>>

平安時代、源頼信が石清水八幡宮の神霊を請じて、
霞ヶ関のあたりに創建された【西久保八幡神社】は、
太田道灌の江戸城築城の際、現在地に移されました。
昨年話題となった「お江」ゆかりのスポットでもあり、
お江が、慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いでの
徳川軍の戦勝と心身の安全を祈願していることでも有名です。
そのお礼参りに、同神社を鶴ヶ岡八幡宮と同じように崇敬し、
社殿を造営するようにとの直書を持参。
その遺志によって、寛永11年(1634年)に社殿が造営されました。

また、社殿の裏手に貝塚(西久保八幡貝塚)が
あることでも知られています。
都心部に現存する良好な貝塚としては珍しく、
東京都指定史跡として認定されています。

★港区虎ノ門5-10-14
http://www.hachimanjinja.or.jp/main/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


【西久保八幡神社】を出て、再び桜田通りへ戻ったら右へ。
来た道を戻るように歩き、麻布台一丁目交差点まで来たら
右へ曲り、進んでいきましょう。
道なりにまっすぐ歩くと、階段状の坂道が現れます。


「雁木坂」を上ったら右へ。まっすぐ進むと、
次なる坂道「三年坂」に到着です。


「三年坂」を道なりに下ったら、すぐにぶつかる道を左へ。
この道が「落合坂」と呼ばれる、ゆるくて長い坂道です。


「落合坂」を上りきり、六本木通りにぶつかったら右へ。
泉ガーデンタワー方向へ進みましょう。
こちらの道も「行合坂」と呼ばれる坂道です。


「行合坂」を進むとガラス貼りのビル、泉ガーデンタワーが右手に見えてきます。
そのタワーの下にあるのが、ゴールの六本木一丁目駅です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜歴史ある場所で伝統行事に参加しよう〜
増上寺 節分追儺式(節分豆まき)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
増上寺恒例の節分行事が、今年も盛大に行われます。
伝統にのっとり、裃(かみしも)を付けた年男・年女の方々を筆頭に
角界関取や芸能人の方々が、豆まき役として参加。
大殿前に設置された特設舞台より、大量の福豆がまかれ鬼(邪)を払います。
12:00開始の豆まき以外にも、11:45から節分追儺式はスタートします。
豆をまかれる方々のお練りや餅つき大会、鬼問答など
さまざまなプログラムを予定。
今年1年の無病息災・災厄消除・開運招福を祈願すべく
増上寺の節分行事に参加してみませんか?

【期間】2月3日(金)
【時間】12:00〜13:00
【入場料】無料
【場所】港区芝公園4-7-35 大本山増上寺
【交通】
都営地下鉄三田線「御成門」駅A1出口から徒歩3分
都営地下鉄三田線「芝公園」駅A4出口から徒歩3分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」駅A6出口から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅赤羽橋口から徒歩7分
JR・東京モノレール「浜松町」駅北口から徒歩10分
【問い合わせ】TEL:03-3432-1431
【URL】http://www.zojoji.or.jp/event/ev_setsubun.html

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜アジアを代表する韓国女性アーティストの大規模個展〜
イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1990年代から国際的に活躍している
現代アーティスト、イ・ブル。
自身初の大規模個展が、六本木・森美術館で開催されます。
機械と人間が融合したようなサイボーグ的な作品や
スペース・カプセルのようなポッド型の作品、
キラキラと輝きながら崩壊しそうな建築・都市模型など
多様な素材や技法を用いた作品表現が特徴です。
本展では、代表作品を4つのテーマに分けて展示。
また、イ・ブルの制作現場を再現した「スタジオ」セクションもあり、
ドローイングや模型などの展示もあります。
20年間にわたり、創られ続けた作品群を総覧しながら
彼女のメッセージを体感できる展覧会です。

【期間】2月4日(土)〜5月27日(日)
【時間】10:00〜22:00(火曜〜17:00)
※会期中無休
※3月20日(火・祝)は22:00まで
※3月24日(土)は、「六本木アートナイト 2012」開催に伴い翌朝6:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
【入場料】一般1500円、高校・大学生1000円、4歳〜中学生500円
※上記の入館料で同時開催の「MAMプロジェクト 016:ホー・ツーニェン」展
および展望台 東京シティビューにもご入館可能(利用当日のみ有効)
※スカイデッキへは別途料金300円が必要(子供は無料)
※3月24日(土)24:00〜翌朝6:00は一般1,000円で入場可能
【場所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C出口より地下通路にて直結
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3番出口から徒歩約4分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅7番出口から徒歩約5分
【問い合わせ】TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.mori.art.museum/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

□□□===============================================□□□

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK