メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2011年12月1日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2011/12/1号 vol.385
https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>―――――――――
■1■ 港区観光モデルルート
〜12月のテーマ【感動の絶景! ナイトビュースポット巡り】〜
12月1日号テーマ:六本木エリアを歩く

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「JAGDA東北復興支援チャリティ
やさしいハンカチ展」
期間/開催中〜12月25日(日) ※会期中無休
時間/11:00〜19:00
場所/東京ミッドタウン・デザインハブ

---[B]「没後150年 歌川国芳展
−幕末の奇才浮世絵師」
期間/12月17日(土)〜2012年2月12日(日)
※2012年1月18日(水)作品展示替えのため休館
時間/10:00〜20:00(火曜〜17:00)
※最終入場は閉館の30分前まで
場所/森アーツセンターギャラリー
――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

今年も残すところ、あと1ヵ月。
待ちに待ったクリスマスやお正月のホリデーシーズンへ向け
街は、きらきらと輝き始めています。
2011年最後のテーマは、「感動の絶景! ナイトビュースポット巡り」。
1年で最も街が華やぎ、散歩が楽しくなる季節がやってきました。
12月1週目は、六本木の夜景をご紹介します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「六本木エリアを歩く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅→
→【アーク・カラヤン広場】→行合坂→旧紀州徳川家屋敷跡→
→ハードロックカフェ→饂飩坂→芋洗坂

★§2 【六本木けやき坂通り】→グランド ハイアット 東京→
→【六本木ヒルズ(66プラザ・毛利庭園・東京シティビュー)】→
→東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅

★総歩行距離:約3km ★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
★§1 東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅→
→【アーク・カラヤン広場】→行合坂→旧紀州徳川家屋敷跡→
→ハードロックカフェ→饂飩坂→芋洗坂
==========================================================

溜池山王駅13番出口を出て地上に出ると、目の前に
ANAインターコンチネンタルホテル東京が見えます。
入口にあるエスカレーターに乗り、ホテルへと向かいましょう。
ただし、ホテルには入らず、脇の通路を案内通りに歩いて行くと
1つ目のスポット【アーク・カラヤン広場】へ到着します。
エスカレーターを使って、アークヒルズへと向かおう


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【アーク・カラヤン広場】>>

1986年、民間初の大規模再開発事業として誕生した、アークヒルズ。
職住接近、都市と自然の共生、文化の発信などをテーマに
今年、誕生から25年を迎え、「街」としての楽しさと求心力を持つ施設です。
春の桜祭りや毎週土曜開催のヒルズマルシェなど、人気の祭事が多いのも特徴。
1年を通し魅力的なイベントの舞台となるのが、
施設の中央に位置する【アーク・カラヤン広場】です。

広場では、今年もイルミネーションが輝きます。
2011年のテーマは、「Naturalia(ナチュラリエ)」。
「Natural(自然)」と「Luminaria(電飾)」をあわせた造語で
自然と街が共存する施設にぴったりのテーマで彩られます。
レッドとオレンジの光が、豊かな緑を優しく包み込み、
幻想的な空間を生み出します。

また、人気のヒルズマルシェもウインターバージョンで開催!
「クリスマスマルシェ」と題し、鍋料理に合う野菜やキノコ、
パーティに合うフルーツなどを豊富に揃えてお待ちしています。
12月3日(土)、10日(土)、17(土)、24(土)の10:00〜14:00は、
ナイトビューだけでなく、朝の市場にも足を運んでみてはいかがでしょう?

<<アークヒルズ ウインター・イルミネーション>>
期間/12月1日(木)〜2012年1月中旬
点灯時間/17:30〜23:00

★港区赤坂1-12-32
http://www.arkhills.com/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


サントリーホールと向き合ったら右へ歩き、広場を出ましょう。
寺院と面しているスペイン坂に出たら左へ進み、道なりに歩きます。
そして、泉屋博古館や泉ガーデンギャラリーなどが並ぶ泉通りを
六本木方向へ進みましょう。



サウジアラビア大使館にぶつかったら、右へ。
首都高速の高架が走る大通りへ出たら、左折。
飯倉片町交差点方向へと進みましょう。



「行合坂」を過ぎると、左手に港区立麻布小学校が見えてきます。
この小学校がある一帯は「旧紀州徳川家屋敷跡」であり、
国内初の私立図書館である「南葵文庫(なんきぶんこ)」があった場所。
さらに、第16代当主・徳川頼貞が
国内初の音楽ホール「南葵楽堂」を建てた場所でもあります。
これらの建物は、関東大震災で失われてしまいましたが、
近代文化の拠点といえる、重要な役割を担ったエリアでした。
この一帯に小学校や幼稚園があったり、
ご近所であるアークヒルズには、サントリーホールがあったりと、
昔ながらの土地の記憶が、現代にも生きているような気がしますね。

==========================================================
★§2 【六本木けやき坂通り】→グランド ハイアット 東京→
→【六本木ヒルズ(66プラザ・毛利庭園・東京シティビュー)】→
→東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
==========================================================

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【六本木けやき坂通り】>>

約400m続くけやき坂通りは、【六本木ヒルズ】のメインストリート。
今年も、けやき坂通りは白と青の光に包まれています。
青色LEDライトを使ったイルミネーション「SNOW & BLUE」は
東京を代表するナイトビュースポットになりました。
降り注ぐ純白の雪が、青い輝きをともなって光の結晶となった姿を
イメージした、ちょっぴり大人顔の光輝く並木道は、
【六本木ヒルズ】にぴったりです。

<<けやき坂イルミネーション>>
期間/開催中〜12月25日(日)
点灯時間/17:00〜23:00

★港区六本木6
http://www.roppongihills.com/green/keyakizaka/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【六本木けやき坂通り】を進み、「グランド ハイアット 東京」へ。
【六本木ヒルズ】の66プラザへ向かう途中に、
ホテルロビーにあるクリスマスツリーを眺めるのが、おすすめです。
今年は、東北復興応援をテーマに2名のアーティストが作った
ツリーも加わり、合計3つのツリーが飾られています。




「グランド ハイアット 東京」でツリーを観賞したら、
本日のラストスポット【六本木ヒルズ】へ向かいましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【六本木ヒルズ(66プラザ・毛利庭園・東京シティビュー)】>>

複合施設である【六本木ヒルズ】は、
六本木エンターテインメントの中心を担う存在です。
ショップは、プレゼント選びをする人々で、
レストランは、ひと足先に忘年会を楽しむ人々でにぎわいます。
映画館や展望台、毛利庭園、けやき坂通りは、まさに「恋人の聖地」と
呼ぶにふさわしく、カップルたちであふれています。
至るところにイルミネーションが輝き、
ほかの街にはない、特別な華やかさに包まれています。

また、【六本木ヒルズ】は、東京でも
有数のナイトビュースポットを有する場所でもあります。
今年のイルミネーションやクリスマスイベントをご紹介しましょう。

<<66プラザイルミネーション>>
六本木ヒルズの玄関口である66プラザには、
高さ約7mの巨大なツリーが登場。
真っ赤なツリーに巻かれた琥珀色のリボンが光を放ち、
多くの人を出迎えます。
期間/開催中〜12月25日(日)
点灯時間/17:00〜24:00
場所/六本木ヒルズ 森タワー前

<<毛利庭園>>
今年のテーマは「とめどなく流れる時」。
池の湖面に高さ約4m×幅約7mの「滝」をモチーフにした
イルミネーションオブジェが、光輝きます。
時間により、白い光がピンクベージュに変化する仕掛けにも注目を。
期間/開催中〜12月25日(日)
点灯時間/17:00〜23:00
場所/六本木ヒルズ ヒルサイド東側

<<東京シティビュー>>
六本木ヒルズ森タワー52階に位置する展望施設、東京シティビュー。
六本木一のナイトビュースポットでは、
「天空のクリスマス2011〜Gift for tomorrow〜」を
ラジオ局のJ-WAVE(81.3FM)とともに開催しています。

東京タワーやお台場方面の夜景を見渡せるエリアには、
「愛す(ICE)スケートリンク〜Gift for lovers〜」が登場。
日本一の高さにあるリンクで恋人とスケートを楽しんでみては?
期間/開催中〜2012年1月15日(日)
時間/13:00〜22:00(金・土曜、休前日〜23:00)
料金/滑走料無料、貸出靴料500円(持込可)
場所/東京シティビュー スカイギャラリー1(東京タワー方面)
※東京シティビューの入場料は別途必要

このほか、豪華ゲストが登場する
「J-WAVE クリスマスライブ〜Gift for Music Lovers〜」も開催。
期間/12月9日(金)、16日(金)、20日(火)〜24日(土)
時間/20:00〜21:00(予定)
料金/無料 ※東京シティビューの入場料は別途必要
場所/東京シティビュー マドラウンジスパイス

東京シティビューの基本情報はこちら。
時間/10:00〜23:00最終入館22:30
(金・土曜、休前日〜25:00最終入場24:00)
スカイデッキ11:00〜20:00最終入場19:30
料金/一般1500円、高校・大学生1000円、4歳〜中学生500円
※スカイデッキ(屋上)には別途追加300円が必要。
4歳〜中学生は無料。
※同チケットで森美術館にも入場可能。
場所/六本木ヒルズ 森タワー52階

期間/開催中〜12月25日(日)
時間/11:00〜21:00
場所/六本木ヒルズ 大屋根プラザ

★港区六本木6-10-1ほか
http://www.roppongihills.com/
――――――――――――――――――――――――――――――――――


六本木通りへ出たら、右折。
六本木交差点方向へ進めば、六本木駅が見えてきてゴールです。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜デザインができること〜
JAGDA東北復興支援チャリティ やさしいハンカチ展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)では、
東日本大震災に対する復興支援プロジェクトの一環として、
被災した子供たちに「どこか気持ちをやさしくする」ハンカチを贈る
展覧会を開催しています。
会場で来場者が1枚ハンカチを買うと、同じハンカチが1枚、
東北の子供たちに届く仕組みです。
JAGDA会員586名によってデザインされたハンカチ(1枚1500円)を
購入することで、支援活動に参加できる展示会です。
「なにかしたい」と思いながら、その方法がわからないという方は、
一度足を運んでみてはいかがでしょう?

【期間】開催中〜12月25日(日) ※会期中無休
【時間】11:00〜19:00
【入場料】無料
【場所】港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
東京ミッドタウン・デザインハブ
【交通】
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅8番出口より直結
東京メトロ日比谷線「六本木」駅地下通路にて直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口から徒歩8分
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅1番出口から徒歩10分
【問い合わせ】TEL:03-5770-7509(JAGDA事務局)
【URL】http://handkerchiefs.jagda.org

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜新発見の作品も! 迫力とユーモアたっぷりの浮世絵を見に行こう〜
没後150年 歌川国芳展−幕末の奇才浮世絵師」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画想の豊かさや斬新なデザイン力、奇想天外なアイデア力、
確実なデザイン力などを持ち合わせた江戸の絵師、歌川国芳(1797〜1861)。
没後150年を記念して、歌川国芳展が開催されます。
その作品は、浮世絵ファンのみならず、デザイン関係者や
若い世代からも注目され、国際的にも高い評価を得ています。
代表作はもちろん、未紹介作品や新発見の優品も含む、約420点を展示。
新たなる歌川国芳の魅力に迫る、過去最大規模の展覧会です。

【期間】12月17日(土)〜2012年2月12日(日)
※2012年1月18日(水)作品展示替えのため休館
※前・後期でほとんどの作品が入れ替わります
【時間】10:00〜20:00(火曜〜17:00)
※最終入場は閉館の30分前まで
【入場料】一般1500円、高校・大学生1200円、4歳〜中学生500円
【場所】港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F
森アーツセンターギャラリー
【交通】
東京メトロ日比谷線「六本木」駅1c出口より直結
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3番出口から徒歩4分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅7番出口から徒歩5分
東京メトロ南北線「麻布十番」駅4番出口から徒歩8分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5番出口から徒歩8分
【問い合わせ】TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://kuniyoshi.exhn.jp/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

□□□===============================================□□□

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK