メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2011年7月7日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2011/7/7号 vol.364
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>―――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜7月のテーマ【港区、温故知新。歴史巡り】〜
7月7日号テーマ:青山エリアを歩く

■2■ 観光&イベント情報
---[A]五十嵐淳展 状態の構築
期間/開催中〜7月9日(土) ※毎週日・月曜、祝日休館
時間/11:00〜18:00(金曜11:00〜19:00)
場所/TOTOギャラリー・間

---[B]「ルドミラ・ゼマンのアニメーションと絵本」展
期間/開催中〜7月22日(金) 
※毎週土・日曜、7月18日(月・祝)休館
時間/10:00〜17:30(水曜10:00〜20:00)
場所/カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

今日は七夕ですね。みなさん、短冊にお願いごとは書きましたか?
七夕は古くから行なわれている、日本の祭事で、
笹に短冊を吊るすようになったのは、江戸時代といわれています。
7月のテーマは、「港区、温故知新。歴史巡り」。
今週は幕末から明治時代にかけての活躍した人物に
ゆかりのあるスポットが多くある「青山エリア」です。
彼らがどのような願いを短冊にかけたのか、
想像しながら歩いてみるのもいいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「青山エリアを歩く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅→乃木坂→【乃木神社】→
→【旧乃木邸】→南青山陸橋

★§2 【青山霊園】→斎藤茂吉居住の跡→【善光寺】→高野長英の隠れ家跡→
→東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
    
★総歩行距離:約3km ★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅→乃木坂→【乃木神社】→
→【旧乃木邸】→南青山陸橋
==========================================================
乃木坂駅の1番出口を出ると、目の前は緩やかな坂道。
これが駅名にもなっている「乃木坂」です。
この坂は幽霊坂といわれていましたが、
乃木希典大将が自害したことから、
大正元(1912)年に「乃木坂」と改名されました。
そして、出口のすぐそばに最初のスポット【乃木神社】があります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1 【乃木神社】>>

明治時代を代表する軍人、乃木希典陸軍大将と静子夫妻を祀った
【乃木神社】は、大正元(1912)年に明治天皇に従って
殉死した夫妻の「忠誠」の精神を永世に伝えようと、
大正12(1923)年に創建されました。
文武両全・夫婦和合の神様として崇敬されており、
日清・日露戦争で数々の功績をあげた祭神にちなみ、
勝負運向上のほか、自己に打ち勝つことを祈願した
御守もあり、武道やスポーツの試合の前に求める人も多いそうです。
宝物殿には、乃木大将の遺品・遺墨・遺言状を見ることもできます。

★港区赤坂8-11-27
http://www.nogijinja.or.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――


次のスポット【旧乃木邸】は【乃木神社】と隣接しており、
境内の裏門から入ることができます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2 【旧乃木邸】>>

【旧乃木邸】は、明治35(1902)年に新築され、
乃木大将夫妻が殉死するまで住んでいました。
将軍が、ドイツ留学中に見たフランス軍隊の建物を模範にして
建てたもので、当時洋風の豪華な建築が多いなか、
軍人の家らしく、簡素で合理的な作りになっています。
通常は外からの見学のみですが、毎年9月13日の命日頃に
内部が公開されています。
敷地内には、明治22(1889)年に建てられた馬小屋もあります。

★港区赤坂8-11-32
http://www.minato-ala.net/details/guide2/j/0102.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


外苑東通り側から出て、横断歩道を渡り、左へ歩きます。
乃木坂駅3番出口を右に曲がり、乃木坂トンネルの上の道路を進みましょう。
トンネルの青山側は、閑静な住宅街のなかに現れる
銀色のパイプラインが印象的な「南青山陸橋」になっています。

==========================================================
§2 【青山霊園】→斎藤茂吉居住の跡→【善光寺】→高野長英の隠れ家跡→
→東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
==========================================================
陸橋を渡ったら階段を下り、真っ直ぐ進むと、3番目のスポット【青山霊園】です。
霊園中央通りから園内に入りましょう。
右折直進すると左手に霊園管理所があるので立ち寄ってから園内を
回るのがおすすめです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3 【青山霊園】>>

明治7(1874)年、日本初の公共墓地として、郡上藩青山氏の屋敷跡に
開設された【青山霊園】。
起伏にとんだ園内は緑豊かで、中央にある桜並木は、
桜の名所としても有名で、春になると多くの見物客が訪れます。
約26ヘクタールという広大な敷地をもつ霊園内には、
約12万人もの人が眠り、なかには著名人の墓所も多くあります。
【旧乃木邸】の乃木大将をはじめ、大久保利通、小村寿太郎、
後藤新平、副島種臣、松方正義など、日本の近代史に名を残す政治家や、
尾崎紅葉、斎藤茂吉、志賀直哉など、時代を代表する文化人も眠っています。
霊園管理所には著名人墓所検索システムやパンフレットがあるので、
それらを利用すれば、簡単に墓所が探せますよ。

★港区南青山2-32-2
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index072.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


墓所巡りが終わったら、青山墓地中央交差点の出口から出て、
青山陸橋方面へ歩きましょう
シャトー東洋というマンションの角を右折し進むと、
右手にあるマンションが「斎藤茂吉居住の跡」です。
マンションの駐車場脇には、歌碑が建てられています。
日本の近代短歌史上に偉大な足跡を残した斎藤茂吉。
明治40年から昭和20年までの約40年間この地に居住し、
病院経営の傍ら短歌の制作に励みました。
碑には、
「あかあかと一本の道通りたり
霊剋(たまきは)る我が命なりけり」
と、青山の景観と自身の心境が詠まれた句が刻まれています。

そのまま真っ直ぐ進み、突き当りを左折、
二つ目の十字路を右折し、表参道駅方面へ。
青山通りを横断し、右折。二つ目の角を左折すると【善光寺】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット4 【善光寺】>>

慶長6(1601)年、徳川家により信州善光寺の別院として谷中に
設けられましたが、元禄17(1704)年に現在の地に移されました。
街の喧騒を離れ、静けさの広がる境内には、勝海舟の撰文による
高野長英の碑、明治初期に人力車を発明した和泉要助、鈴木徳次郎、
高山幸助の功を伝える人力車発明記念碑があります。
また、奥庭の片隅には、嘉永元(1848)年に門下生たちによって建てられた
松尾芭蕉句碑あり、美しい書体で「山路来て何やら床し すみれ草 芭蕉」
と刻まれています。

★港区北青山3-5-17
http://www.minato-ala.net/details/guide2/j/0212.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


表参道の交差点まで戻ったら、対角に渡り、青山学院の方面へ向かいましょう。
左手にある複合文化施設スパイラルビルの建つ場所が「高野長英の隠れ家跡」です。
蘭学者・医者であった高野長英は幕府の対外政策を封刺した「夢物語」を書き
投獄されましたが、伝馬町獄舎炎上を機に逃げ、各地を潜行しました。
顔を焼いて人相を変え、沢三白という偽名を使っていましたが、
この地で捕まりそうになり自害しました。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜作品の軌跡と、思考の深化の道筋を読み解く〜
五十嵐淳展 状態の構築
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建築単体の存在を超えて、建築のはじまりの姿にまで思いを馳せながら、
常に「人間の原初的な居場所」という「状態」を模索し続けている、五十嵐淳。
彼の独立後15年目を迎えて初の個展となる今回の展覧会では、
「矩形の森」から最新作「Small Atelier」までの代表作18作品を、
スケール1/10の木組み模型により紹介しています。
視線の高さに並べられた模型を覗き込むとき、それぞれの「状態」が
どのように「構築」されているのか、あたかもその場にいるかのような
体験として読み取れるでしょう。

【期間】開催中〜7月9日(土) ※毎週日・月曜、祝日休館
【時間】11:00〜18:00(金曜11:00〜19:00)
【入場料】無料
【場所】港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
TOTOギャラリー・間
【交通】
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口より徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅7番出口より徒歩6分
東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅
4番出口より徒歩7分
【問い合わせ】03-3402-1010
【URL】http://www.toto.co.jp/gallerma/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜世界的に認められる絵本・アニメーション作家〜
「ルドミラ・ゼマンのアニメーションと絵本」展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェコに生まれ、カナダに移住した
絵本・アニメーション作家、ルドミラ・ゼマン。
著名なアニメーション作家であるカレル・ゼマンを父にもち、
自身も芸術やデザインを学び絵本や短編アニメーション作品を
手がけるようになりました。
カナダに移住後は、カナダ北西海岸の先住民の神話を題材にした
短編アニメーション作品や人気子ども番組「セサミ・ストリート」の
制作に関わり、また、絵本作家としても活躍しています。
今回の展覧会では、絵本の原画、アニメーションの撮影素材や
上映ポスターなど約30点を展示。
児童書部門でカナダ総督文学賞を受賞したこともある
彼女の創作活動を紹介する展覧会です。

【期間】開催中〜7月22日(金)
※毎週土・日曜、7月18日(月・祝)は休館
【時間】10:00〜17:30(水曜10:00〜20:00)
【入場料】無料
【場所】港区赤坂7-3-38
カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
【交通】
東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅
A4出口より徒歩5分
【問い合わせ】TEL: 03-5412-6257(カナダ大使館広報部)
【URL】
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/events-evenements/gallery-20110525-galerie.aspx?lang=jpn

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

□□□===============================================□□□

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK