メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2011年6月16日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2011/6/16号 vol.361
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>―――――――――

■1■ 港区観光モデルルート
〜6月のテーマ【都心のオアシス、みなと名園、庭園巡り】〜
6月16日号テーマ:麻布・芝エリアを歩く

■2■ 観光&イベント情報
---[A]千日詣り・ほおづき縁日
期間/6月23日(木)・24日(金)
時間/9:00〜20:00
場所/愛宕神社

---[B]戦後の娯楽番組
期間/開催中〜6月26日(日) ※毎週月曜日休館
時間/10:00〜16:00
場所/NHK放送博物館 企画展示室A

――――――――――――――――――――――――――

 

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

雨の多いこの季節はついつい室内にこもりがち。
だからこそ、天気のいい日は外へ出てお散歩をしてみませんか。
6月のテーマ「名園、庭園巡り」も3回目。
今週は、麻布・芝エリアのご紹介です。
地元の子供たちが遊ぶ小さな公園、歴史的見どころの多い広々とした公園、
江戸時代から続く美しい庭園など、都会にいることを忘れてしまう
スポットばかりです。
さあ、天気予報をチェックして、計画を立ててみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「麻布・芝エリアを歩く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番」駅→
     →【狸穴公園】→狸穴坂→東麻布商店街→【飯倉公園】

★§2 【芝公園】→浅岡飯炊きの井→【旧芝離宮恩賜庭園】→
     →JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅、都営大江戸線「大門」駅

★総歩行距離:約3km ★歩行時間:約2.5時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番」駅→
    →【狸穴公園】→狸穴坂→東麻布商店街→【飯倉公園】
==========================================================
今回のスタートは「麻布十番」駅。
6番出口から出たら飯倉方面へ歩きましょう。
3つ目の角を右に曲がり、道なりに進むと、
1つ目のスポット【狸穴公園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1【狸穴公園】>>

閑静な住宅街の中にある狸穴公園。
園内には、彫刻のある街づくり事業に基づいて設置された
「風水の刻」の噴水や、狸穴稲荷大明神があります。
この珍しい「狸穴」という地名。「まみ(猯)」とは、
本来アナグマのことですが、狸と混同され付けられたとも
いわれています。

★港区麻布狸穴町63
http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/koenyuen/koen/azabu/mamiana/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


公園を出て、桜田通り方面へ。左手に「狸穴坂」を見ながら進みます。
昔、アナグマの穴が坂下にあったといわれていますが、
採鉱の穴であったという説もあるそうです。
1つ目の信号を右に曲がり、地元の人の生活が垣間見られる
東麻布商店街を通ってみましょう。
次の信号を左、その次の信号を右に曲がると、【飯倉公園】です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2【飯倉公園】>>

保育園に隣接しているため、子供たちも多く賑やかな【飯倉公園】。
ベンチに座り休憩する人の姿も多く見かけられます。
幕末に外国人の官舎兼応接場所として建てられた赤羽接遇所の
跡地でもあります。

★港区東麻布1-21-8
http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/koenyuen/koen/azabu/iikura/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


【飯倉公園】を出て、桜田通りへ向かって歩きます。
赤羽橋の交差点を左折横断すると【芝公園】に到着です。


==========================================================
§2 【芝公園】→浅岡飯炊きの井→【旧芝離宮恩賜庭園】→
    →JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅、都営大江戸線「大門」駅
==========================================================
<<スポット3【芝公園】>>

明治6(1873)年に開園した【芝公園】は、
日本で最も古い公園のひとつ。
当初は、増上寺の境内を含んでいましたが、
戦後の政教分離により除かれ、現在の状態になりました。
園内には見どころも多く、都内で最大級の前方後円墳である
丸山古墳やその東南斜面の丸山貝塚、伊能忠敬測地遺功表、
万延元年遣米使節記念碑、ペルリ提督の像などがあります。
桜の名所としても有名で、春には多くの人が訪れます。

★港区芝公園1〜4丁目
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


万延元年遣米使節記念碑やペルリ総督の像を見た後は、
港区役所へ寄ってみましょう。
庁舎前に「浅岡飯炊きの井」があります。
江戸時代、この地には良源院(増上寺子院)があり、
仙台伊達家の藩主等の増上寺参詣の際に仕度所として利用されていました。
万治3(1660)年の伊達騒動の際に、母の浅岡の局が嗣子亀千代を
毒殺から守ろうとこの井戸の水を汲んで調理したといいます。
増上寺の前の通りを浜松町駅方面へ真っ直ぐ800mほど進むと、
最後のスポット【旧芝離宮恩賜庭園】です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット4【旧芝離宮恩賜庭園】>>

【旧芝離宮恩賜庭園】は、延宝6(1678)年から貞亨3(1686)年
に作庭されたと推定される、最も古い大名庭園のひとつです。
江戸初期の典型的な回遊式泉水庭園で、大正13(1924)年に
一般公開され、昭和54(1979)年に国の名勝指定を受けました。
ビルに囲まれた東京の真ん中で、江戸の風情を感じてみませんか。

★港区海岸1-4-1
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1000日分のご利益を
千日詣り・ほおづき縁日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
江戸時代から大勢の人が愛宕神社を訪れた特別な日が、6月23日と24日。
この日に参拝すれば1000日分のご利益があるとされる、
「千日詣り」の日なのです。
このお祭りでは、縁起物としてほおづきが授与され、
浅草の市の発祥となりました。
また、無病息災、商売繁盛をお祈りする「芽の輪くぐり」の
ご神事も行われます。
江戸っ子が楽しんだ祭事に出かけてみませんか。

【開催日】6月23日(木)・24日(金)
【時間】9:00〜20:00
【入場料】無料
【場所】港区愛宕 1-5-3 愛宕神社
【交通】
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅3番出口より徒歩約5分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅1番出口より徒歩約8分
都営三田線「御成門」駅A5番出口より徒歩約10分
JR山手線・京浜東北線「新橋」駅烏森口より徒歩約15分
【問い合わせ】TEL: 03-3431-0327
【URL】http://www.atago-jinja.com/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人々を元気づけたラジオの歴史
戦後の娯楽番組
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦後、日本を占領したGHQ(連合国最高司令官総司令部)は、
ラジオを日本の民主化の最も重要な手段と位置づけ、
聴取者のニーズに応える放送を目指し、娯楽番組作りに
取り組み始めました。 
そして、アメリカの人気クイズ番組の日本版、音楽やドラマなど、
新しい形の番組が次々と誕生し、“国民が主役”の時代が到来。
昭和20〜30年代、人々を癒し元気づけたラジオ番組と
戦後の日本を振り返る企画展です。

【期間】開催中〜6月26日(日) ※毎週月曜日休館
【時間】10:00〜16:00
【入場料】無料
【場所】港区愛宕2-1-1 NHK放送博物館 企画展示室A
【交通】
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅3番出口より徒歩約8分
都営三田線「御成門」駅A5出口より徒歩約10分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅1番出口より徒歩約13分
JR山手線・京浜東北線「新橋」駅烏森口より徒歩約20分
【問い合わせ】TEL: 03-5400-6900
【URL】http://www.nhk.or.jp/museum/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

□□□===============================================□□□

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK