メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2011年5月19日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
     MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2011/5/19号 vol.357
   https://www.minato-ala.net 〜毎週木曜配信〜
◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

―――――――――<<CONTENTS>>―――――――――
■1■ 港区観光モデルルート
〜5月のテーマ【あの名場面はここで生まれた!ロケ地巡り】〜
5月19日号テーマ:汐留・竹芝周辺エリアを歩く

■2■ 観光&イベント情報
---[A]「ルオーと風景
     −パリ、自然、詩情のヴィジョン−」
期間/開催中〜7月3日(日) ※毎週月曜日休館
時間/10:00〜17:00(最終入場は16:30) ※開館時間を短縮中
場所/パナソニック電工 汐留ミュージアム

---[B]「警視庁カメラマンが撮った昭和モダンの情景
石川光陽写真展」
期間/開催中〜7月18日(月・祝) ※毎週月曜日休館
時間/11:00〜16:00(最終入場は15:45) ※開館時間を短縮中
場所/旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは! 『WELCOME港区』編集部です。

5月も後半に入り、夏にまた一歩近づいたようですね。
今月のテーマ「ロケ地巡り」の第3回目は、汐留・竹芝エリア。
快い海風を感じながら街歩きができる湾岸沿いは、
この季節にもってこいのエリアです。
ドラマのシーンを思い出しながら、登場人物の気分で、
今週も歩いてみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 港区観光モデルルート
今号のテーマ 「汐留・竹芝周辺エリアを歩く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回ご紹介するモデルルートはこちら▼
--------------------------------------------------------------------
★§1 都営大江戸線/新交通ゆりかもめ「汐留」駅→【イタリア公園】→
     →竹芝通り→【竹芝客船ターミナル】→古川水門

★§2 埠頭公園→【汐彩橋】→芝浦運河→レインボーブリッジのループ→
     →新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅

★総歩行距離:約5km ★歩行時間:約3時間
--------------------------------------------------------------------

●○●START●○●↓↓↓では、歩いてみましょう↓↓↓

==========================================================
§1 都営大江戸線/新交通ゆりかもめ「汐留」駅→【イタリア公園】→
→竹芝通り→【竹芝客船ターミナル】→古川水門
==========================================================
まずは、汐留駅をスタート。
大江戸線10番出口を出たら(ゆりかもめからは歩行者デッキを)
東京ツインパークス方面へ直進します。
左手に円柱が並ぶ出入口が見えたら、
今週一つ目のロケ地【イタリア公園】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット1【イタリア公園】>>

「日本におけるイタリア2001年」を記念し、
イタリアから寄贈された【イタリア公園】。
古典的なトスカーナ庭園を模し、
イタリア製の彫刻や噴水が配されています。
『ありふれた奇跡』や『アタシん家の男子』、『秘密』など
比較的新しいドラマに登場している場所です。

★港区東新橋1-10-20
http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/koenyuen/koen/siba/italy/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――


続いて、海岸通り側から出て【竹芝客船ターミナル】向かいましょう。
汐留ビルを目指して進み、芝商業高校前の交差点を
浜松町エムケイビル側に渡ります。
その際、右手(浜松町方面)には東京タワーが見えます。
さらに、海岸通りを横断し、竹芝通りを進むと突き当りが【竹芝客船ターミナル】。
かすかに潮の香りが漂ってきます。
竹芝通りの歩道では、【竹芝客船ターミナル】から船の出る伊豆諸島、
小笠原諸島の木や石があるので、島々に思いを馳せてみましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット2【竹芝客船ターミナル】>>

伊豆諸島や小笠原諸島への玄関口【竹芝客船ターミナル】。
中央広場には帆船のマストがあるので、発見しやすいロケ地なのでは?
『ハケンの品格』や『逃亡者』、『太陽の季節』などのドラマが撮影されています。
臨港広場には船のデッキのような遊歩道があり、目の前は東京湾。
東北方面からは東京スカイツリー、東南方面からはフジテレビ本社ビルや
レインボーブリッジが眺められます。
『マンハッタンラブストーリー』や『バーテンダー』、『東京フレンズ』
をはじめ、多くのドラマ作品のロケ地になっています。
埠頭というロマンティックなシチュエーションのため、
恋人同士のシーンも多いようですね。

★港区海岸1-16-3
http://www.tptc.co.jp/tabid/329/Default.aspx

――――――――――――――――――――――――――――――――――


臨港広場のサウスゾーン側から出て左に曲がり直進、新浜崎橋を渡り、
一つ目の横断歩道を渡ります。
少しだけ来た方向へ戻りさらに海岸通りを横断、東芝浦橋から
古川水門を見ながら対岸へ。
そして、運河沿いを歩き、末広橋を渡り海岸通りへ戻り、
どんどん南へ進みましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

==========================================================
§2 埠頭公園→【汐彩橋】→芝浦運河→レインボーブリッジのループ→
    →新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅
==========================================================
潮路橋の交差点を過ぎた左手にある「埠頭公園」も
立ち寄りスポットにおすすめ。
大きな船の遊具、南極探検隊記念碑などがあります。



公園を出て、少し南へ進み交差点を運河側へ渡ると、
最後のロケ地【汐彩橋】に到着です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<スポット3【汐彩橋】>>

芝浦運河に架かる【汐彩橋】。東京湾につながる運河に架かること、
正面にレインボーブリッジを見られることからその名が付きました。
ドラマ『離婚弁護士』や『ブラッディ・マンデイ』などのロケ地です。

★港区芝浦4丁目〜海岸3丁目

――――――――――――――――――――――――――――――――――


橋を下りて「芝浦運河」沿いを歩いてみましょう。
ランニングをする人、犬の散歩をする人など、近隣に住む方々が
普段の生活のなかで利用している歩道のようです。
港栄橋に着いたら階段を上り、また海岸通り方面へ。
海岸通りを横断し、そのまま直進すると、レインボーブリッジの
ループの部分が正面に見えるので、そこを左、次に二つ目の角を右、
三又に分かれた所を左に曲がります。
そして、「ONWARD」のビルのある交差点を右に曲がると
ゆりかもめの線路が見え、それを左へ進めばゴールの「芝浦ふ頭」駅です。

●○●GOAL●○●↑↑↑次の休日に歩いてみませんか?↑↑↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 観光&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[A]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルオーの魂を巡れる展覧会
パナソニック電工 汐留ミュージアム
「ルオーと風景−パリ、自然、詩情のヴィジョン−」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー。
彼が生涯描き続けたテーマ「風景」を取り上げ、
ルオーが出会った風景が、いかに彼の作品世界に
深い影響を及ぼしたかを探る展覧会が開催中です。
初期から晩年まで、日本初公開の作品を含む約80点を
鑑賞できる貴重な機会をお見逃しなく。

【期間】開催中〜7月3日(日) ※毎週月曜日休館
【時間】10:00〜17:00(最終入場は16:30) ※開館時間を短縮中
【入場料】一般500円 (65歳以上400円)、高大生300円、小中生200円
【場所】港区東新橋1-5-1 パナソニック電工本社ビル4F
【交通】
都営大江戸線「汐留」駅3・4番出口より徒歩1分
新交通ゆりかもめ「汐留」駅改札より徒歩5分
JR「新橋」駅銀座口より徒歩5分
東京メトロ銀座線「新橋」駅2番出口より徒歩3分
都営浅草線「新橋」駅改札より徒歩3分
新交通ゆりかもめ「新橋」駅改札より徒歩4分
【問い合わせ】TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/

[B]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
光陽作品の新たな一面を
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
「警視庁カメラマンが撮った昭和モダンの情景 石川光陽写真展」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警視総監の特命により、東京大空襲の惨状を撮影した
“空襲カメラマン”として知られる石川光陽。
一方で彼は、昭和初期の雰囲気を色濃く写し出した
ノスタルジックな交通や街並みの写真も数多く残しています。
今まで公開される機会の少なかった、生き生きとした
昭和の情景を覗いてみませんか。

【期間】開催中〜7月18日(月・祝) ※毎週月曜日休館
【時間】11:00〜16:00(最終入場は15:45) ※開館時間を短縮中
【入場料】無料
【場所】港区東新橋1-5-3
【交通】
JR「新橋」駅銀座口より徒歩5分
東京メトロ銀座線「新橋」駅2番出口より徒歩3分
都営浅草線「新橋」JR新橋駅・汐留方面改札より徒歩3分
新交通ゆりかもめ「新橋」駅改札より徒歩3分
都営大江戸線「汐留」駅新橋駅方面改札より徒歩3分
新交通ゆりかもめ「汐留」駅改札より徒歩5分
【問い合わせ】TEL:03-3572-1872
【URL】http://www.ejrcf.or.jp/

□□□===============================================□□□

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

◆◆ご意見・情報をお寄せください!◆◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しい
スポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。

【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html

□□□===============================================□□□

◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業応援メールマガジン配信中!!

【お申し込み】http://www.minato-ala.net/mag/

□□□===============================================□□□

【発行元】港区産業振興課
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/index.html

□□□===============================================□□□

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK