メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2011年1月20日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011/1/20 vol.340
┏━━┓
┃\/┃ MINATOあらかると観光情報メール 
┗━━┛
   〜 WELCOME港区 〜 毎週木曜日に発行!

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

■INDEX■

【1】<観光スポット>
“お江”をめぐる港区歴史探訪

【2】観光&イベント情報

●現代を写す鏡だった大河ドラマ!
特別企画展示「大河ドラマ50」
NHK放送博物館
開催中〜3月27日(日) 9:30〜16:30
休館日:月曜  入場無料

●どのように武家屋敷が形成されたか!
コーナー展「愛宕下の武家屋敷跡2」
港区立港郷土資料館(三田図書館4階)
1月21日(金)〜2月16日(水) 9:00〜17:00
休館日:日曜、祝日、第3木曜
入場無料

●劇団俳優座研究所第22期生・修了公演!
安倍公房「友達」
麻布区民センター区民ホール
2月2日(水) 18:30
2月3日(木) 14:00、18:30
2月4日(金) 14:00
(*開場は開演の30分前)
チケット:1500円(全席自由)
*港区在住・在勤の方は入場無料(要予約)

読者のみなさん、こんにちは。

 きょう1月20日は「海外団体旅行の日」です。昭和40(1965)年のこの日、
日本初の海外パッケージブランドである「ジャルパック」が、日本航空から発売
されました。昭和39(1964)年、海外渡航が自由化されたことを受け、その後、
海外団体旅行はブームとなり、「ジャルパック」の名は海外旅行の代名詞にもな
りました。

───────────────────────────────────

【1】<観光モデルルート>
“お江”をめぐる港区歴史探訪

 ことしの NHK大河ドラマは「江(ごう)〜娘たちの戦国」。戦乱の世に生き
た女性たちの姿を、徳川幕府2代目将軍・秀忠の正室となった江(上野樹里)を
中心に描く戦国絵巻です。原作・脚本は田渕久美子氏。女性の視点から描く歴史
物には定評があります。初回の視聴率も上々で、今後の展開にも期待がもてます。
  そこで、港区内のお江とゆかりのある場所を歩いてみましょう。

◆増上寺と台徳院霊廟惣門◆

 まずは港区を代表する名刹・増上寺です。徳川家の菩提寺である同寺は、お江
の義父・徳川家康の帰依をきっかけに発展しました。お江は死後、崇源院(すう
げんいん)の諡(おくりな)を授けられ、この増上寺に葬られました。夫の2代
将軍秀忠(台徳院)もまた、お江の死から6年を経た寛永9(1632)年に同寺
に埋葬されています。
  本堂裏手に徳川家墓所があります。秀忠(台徳院)やお江(崇源院)など江戸
時代の6名の将軍と縁の人びとが眠っています。(通常は非公開)
  つづいて、増上寺の南側、芝公園をはさんで「台徳院霊廟惣門(だいとくいん
れいびょうそうもん)」があります。2代将軍秀忠の廟所である台徳院霊廟は、
芝の徳川家霊廟の中でも規模がもっとも大きく壮麗な建築群を誇っていました。
しかし、昭和20年(1945)年の戦災によって多くを失い、残ったのは惣門、
勅額門、御成門、丁字門のみでした。惣門は現地に保存され、それ以外の門は狭
山不動寺(埼玉県)へ移築されています。

●芝公園4-7-35
●都営三田線御成門駅より徒歩3分
  都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩5分
  ちぃばす芝ルート77番・麻布ルート68番「港区役所」下車
●お問い合わせ 03-3432-1431

◆家康公の座像を安置、芝東照宮◆

 さらにその隣には、寛永18(1641)年に創建された「芝東照宮」がありま
す。徳川家康を祀る神社です。もともと増上寺の安国殿は当地にあったのですが、
明治の神仏分離の際に切り離され、芝東照宮となりました。
  都の有形文化財である家康公の座像が安置されています。本殿の右手前には、
3代将軍家光が植えたとされるイチョウの大木があり、東京都の木としても親し
まれています。高さ約25.5m、樹齢300年余といわれています。

●芝公園4-8-10
●都営三田線芝公園駅より徒歩1分
  都営浅草・大江戸線大門駅より徒歩7分
  ちぃばす芝ルート76番・麻布ルート69番「芝公園駅」下車
●お問い合わせ 03-3431-9658

◆戦勝祈願をした、西久保八幡神社◆

 つづいて、ちぃばす「東京タワー入口」近くにある、西久保八幡神社に向かい
ます。
  同神社は、源頼信が氏神と仰ぐ京都男山石清水八幡宮の神霊を勧請して、寛永
年間(1004〜1012)に霞ヶ関の辺りに創建したのが始まりとされ、太田道灌
の江戸城築城に際し、現在地に遷されました。そのため、ことしが御鎮座一千年
の佳節にあたります。
  さて、この西久保八幡宮に、お江は秀忠公が関ヶ原の戦い(1600年)に臨む
に際し、その戦勝と安全を祈願しています。その後、お江の遺志により3代将軍
家光によって、寛永11(1634)年に社殿の造営がなされ、同時に御神体の木
像と明王像が奉納されました。しかし、享保8(1723)年の火災により焼失し
ています。

●虎ノ門5-10-14
●東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩5分
  ちぃばす麻布ルート111番「東京タワー入口」下車
●お問い合わせ 03-3436-2765 

◆我善坊谷を歩く◆

 寛永3(1626)年9月15日、お江は波乱に満ちた54年の人生に幕を閉じ
ます。死後、荼毘(だび)に付され、お江の亡骸(なきがら)は増上寺から麻布
台を経て荼毘所に移されます。
  さて、現在、麻布台には「我善坊谷(がぜんぼうたに)」と呼ばれる窪地があ
りますが、その名の由来はお江の荼毘所だったともいわれています。
  江戸時代には組屋敷(下級武士が居住していた)があった地域で、いまもその
名残を感じさせます。坂の高低差を楽しみながら、散策してみてはいかがでしょ
うか。

◆“お江”を学びに、NHK放送博物館へ◆

 最後は、愛宕山にある「NHK放送博物館」に寄っていきましょう。
  昭和31(1956)年、世界初の放送専門のミュージアムとして開館し、放送の
歴史を当時の機器や再現スタジオなどを通じて知ることができます。
  もちろん、これまで放送された大河ドラマや懐かしい連続ドラマも見ることが
できます。番組で実際に使われた衣裳や小道具・台本など、ふだんあまり見るこ
とのできない資料も展示されています。
  現在、特別企画展示「大河ドラマ50」を開催中。ショップには関連書籍も販
売されていますから、“お江”を学ぶには最適です。(詳しくは〔観光&イベン
ト情報〕を参照)

●愛宕2-1-1
●都営三田線・御成門駅より徒歩10分
  東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩8分
  ちぃばす芝ルート63番・82番「愛宕一丁目」下車
●お問い合わせ 03-5400-6900

【2】観光&イベント情報

●現代を写す鏡だった大河ドラマ!
特別企画展示「大河ドラマ50」
NHK放送博物館
開催中〜3月27日(日) 9:30〜16:30
休館日:月曜  入場無料
───────────────────────────────────
  NHK大河ドラマは、昭和38(1963)年の第1作「花の生涯」から数えて、平
成23(2011)年の「江〜姫たちの戦国」で50作目、翌23(2012)年の「平
清盛」で50年目を迎えます。常に新しい映像と内容を追求し、現代を写す鏡で
もありました。本展では、そんな大河ドラマの歴史と魅力を伝え、その社会的役
割と今後を探ります。

★愛宕2-1-1
★東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩8分
  都営三田線・御成門駅より徒歩10分
★お問い合わせ 03-5400-6900
http://www.nhk.or.jp/museum/

●どのように武家屋敷が形成されたか!
コーナー展「愛宕下の武家屋敷跡2」
港区立港郷土資料館(三田図書館4階)
1月21日(金)〜2月16日(水) 9:00〜17:00
休館日:日曜、祝日、第3木曜
入場無料
───────────────────────────────────
  愛宕山の東側一帯(現在の虎ノ門・新橋周辺)は、近世初頭まで「日比谷入江」
と呼ばれる、海が入り込む場所でした。その後、江戸城や城下町の整備とともに
日比谷入江は埋め立てられ、愛宕下と呼ばれる武家屋敷や旗本屋敷が並ぶ武家地
になります。展示では日比谷入江が埋め立てられ、武家屋敷が形成されるまでの
様子を発掘調査の成果から紹介します。

★JR田町駅より徒歩5分
  都営三田線・浅草線三田駅より徒歩2分
★お問い合わせ 03-3452-4966
★http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse/j/index.cgi

●劇団俳優座研究所第22期生・修了公演!
安倍公房「友達」
麻布区民センター区民ホール
2月2日(水) 18:30
2月3日(木) 14:00、18:30
2月4日(金) 14:00
(*開場は開演の30分前)
チケット:1500円(全席自由)
*港区在住・在勤の方は入場無料(要予約)
───────────────────────────────────
  男の日常にちん入してきた見知らぬ家族たち。彼らの目的は…?
安倍公房の傑作に研究生が挑みます。
〔演出・指導〕藤原留香 〔出演〕第22期生20人

★六本木5-16-45
★東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅より徒歩6分
東京メトロ南北線・都営大江戸線麻布十番駅より徒歩10分
ちぃばす麻布ルート18番・106番「麻布地区総合支所前」下車

★申込み・お問い合わせ 03-3470-2888(劇団俳優座)
03-5413-7021(Kissポートチケットセンター)
http://www.haiyuza.net/

─────────────────────────────
◆ご意見・情報をお寄せください!◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲
しいスポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りを
お送りください。お待ちしています。

ご意見・ご要望はこちらから
https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
----------------------------------------------------------
【発行元】港区産業振興課

【問合せ】下記アドレスよりお問合せください。 
https://www.minato-ala.net/contact/index.html
◇毎月第2・第4火曜日中小企業応援メールマガジン配信中!!
  お申し込みはこちらから→ http://www.minato-ala.net/mag/
----------------------------------------------------------

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK