メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2011年1月13日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011/1/13 vol.339
┏━━┓
┃\/┃ MINATOあらかると観光情報メール 
┗━━┛
   〜 WELCOME港区 〜 毎週木曜日に発行!

港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、
港区内の観光モデルルートをご案内します。

■INDEX■

【1】<観光スポット>
“ちぃばす”でめぐる港区「開運スポット」

【2】観光&イベント情報

●初期の代表作、みずみずしい作品を!
土門拳 作品展「室生寺」
フジフイルム スクエア
開催中〜1月31日(月) 10:00〜19:00
期間中無休 入場無料

●甲冑隊がお江の眠る増上寺へ!
「江・浅井三姉妹博覧会 オープニングイベントin東京」
増上寺・東京タワー
1月15日(土) 10:00〜15:00
参加無料

●日本を震撼させた孤高の天才!
「建築家 白井晟一 精神と空間」
パナソニック電工 汐留ミュージアム
開催中〜3月27日(日) 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(3月21日は開館)
入館料:一般500円、65歳以上400円、大高生300円、中小学生200円

読者のみなさん、こんにちは。

 きょう1月13日は「ピース記念日」です。昭和21(1946)年のこの日、高
級たばこ「ピース」が発売されました。価格は10本入り7円。既存品は10本入
り20〜60銭でしたから破格ですが、人気が高く発売当初は1人あたりの販売数
も制限されていました。物資がなかった時代のエピソードですね。
「鳩がオリーブの葉をくわえている」というパッケージデザインが採用されたの
は、昭和27(1952)年の4月から。アメリカの商業デザイナー、レイモンド・
ローウィによるもので、このときのデザイン料は150万円。当時の内閣総理大臣
の月給が11万円ですからいかに高額だったかがわかります。しかし、このデザ
イン変更で売上げも爆発的に伸び、業界はもとより一般の人びとにもデザインに
対する関心を深めるきっかけとなりました。

───────────────────────────────────

【1】<観光モデルルート>
“ちぃばす”でめぐる港区「開運スポット」

 港区には、六社・二寺をめぐる“港七福神”をはじめ、多くの神社・仏閣があ
ります。“港七福神めぐり”に続いて、区内の開運スポットをめぐる「開運ツア
ー」に出かけてみました。
  港区のコミュニティバス「ちぃばす」を利用すれば、区内のすみずみまで回れ
ます。

◆芝大神宮で、病の快癒と良縁を◆

 芝大神宮の創建は平安時代中期という由緒ある神社です。伊勢神宮の御祭神で
ある天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大御神(とようけおおみかみ)
を祀っていることから、「関東のお伊勢さま」として江戸時代から親しまれてき
ました。
  源頼朝公と徳川家康公を相殿に祀るそのご利益は、病の快癒だけでなく良縁を
呼ぶともいわれています。

●芝大門1-12-7
●都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩2分
JR浜松町駅より徒歩5分
  ちぃばす芝ルート77番・麻布ルート68番「港区役所」下車
●お問い合わせ 03-3431-4802

◆金刀比羅宮で、良縁祈願を◆

 虎ノ門のオフィス街にある「金刀比羅宮(ことひらぐう)」は、大物主神(お
おものぬしのかみ)を祀り、万民泰平の幸運のご利益があるとされています。本
殿の前に立つ銅鳥居は、江戸時代から伝わる歴史ある建造物です。
  当宮は福銭開運のお守りで知られていますが、良縁祈願でも有名です。本殿向
かって右側には二つの小さなお社がありますが、その左側が「結(むすび)神社」
です。縁起は定かではありませんが、江戸時代から良縁を求める多くの女性が訪
れ、自らの黒髪の一部を切り取り奉納して願ったそうです。

●虎ノ門1-2-7
●東京メトロ銀座線・虎ノ門駅より徒歩1分
  東京メトロ千代田線・日比谷線・丸ノ内線霞ヶ関駅より徒歩5分
  ちぃばす芝ルート61・84番「虎ノ門一丁目」下車
●お問い合わせ 03-3501-9355

◆豊川稲荷で、商売繁盛・家内安全を◆

 赤坂・豊川稲荷は「商売繁盛・家内安全」の神様として有名です。曹洞宗の寺
院で、日本三大稲荷の一つ、愛知県の三州本山豊川稲荷の直轄別院です。お稲荷
様だけでなく、さまざまなご利益のある神様が集合していることでも知られてい
ます。
  財宝を融通する「融通稲荷尊天」、財と知恵と音楽の神様「弁財天」、縁切り・
災難よけの守護神「叶稲荷」、子授けの神「子宝観音」、苦しみを代わって受けて
くれる「身代わり地蔵」などがそろっています。大岡越前守忠相公の位牌もあり、
学業の神様でもあります。

●元赤坂1-4-7
●東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅より徒歩5分
  ちぃばす赤坂ルート43番「豊川稲荷前」下車
●お問い合わせ 03-3408-3414

◆赤坂氷川神社で、厄よけ・良縁・縁結び・家内安全を◆

 赤坂氷川神社は、享保15(1730)年、八代将軍徳川吉宗がこの地に社殿を
建立したという由緒ある神社です。「厄よけ」「良縁・縁結び」「家内安全」、さら
に「商売繁盛」のご利益があることで知られています。境内には樹齢400年と
いわれる大イチョウなどもあり、静謐さと涼とした雰囲気が漂います。
  この大イチョウの下では、月曜から土曜の早朝6:30〜7:30に、ラジオ体操、
ストレッチに引き続き、太極拳が行われています(雨天は中止)。どなたでも参
加自由です。

●赤坂6-10-12
●東京メトロ・千代田線赤坂駅より徒歩6分
  東京メトロ・南北線六本木一丁目駅より徒歩5分
  東京メトロ・日比谷線・都営大江戸線六本木駅より徒歩6分
  ちぃばす赤坂ルート39番「赤坂五丁目交番前」・51-2番「赤坂六丁目」下車
●お問い合わせ 03-3583-1935(赤坂氷川神社社務所)

◆御田八幡神社で、古来より伝わる特殊神事を◆

 御田八幡神社(みたはちまんじんじゃ)は、牟左志国(むさしのくに)牧岡(現
在の白金三田辺り)に東国鎮護の神様として、709年に創建されたのが起こり
といわれています。
  当社で例年行われる特殊神事に、「釜鳴神事(かまなりしんじ)」があります。
お米8合をせいろで蒸し、釜のお湯が沸騰した時に立てる音で、一年の吉凶を占
うというものです。今年は1月15日(土)11:00から行われます。どなたでも
参列できますが、厳粛な祭儀のため途中退席等はできないそうです。

●三田3-7-16
●都営三田線泉岳寺駅より徒歩5分
  JR田町駅より徒歩12分
  ちぃばす高輪ルート148・153番「三田四丁目」下車
●お問い合わせ 03-3451-4687

◆高輪神社は、聖徳太子をお祀りした神社◆

 高輪神社の創建は室町中期、明応年間(1492〜1501)に遡ります。聖徳太
子をお祀りした神社ですが、江戸後期の弘化の大火により、現在の石門、石大鳥
居等を残しすべて焼失しています。もとは稲荷神社と呼ばれていましたが、昭和
4(1929)年9月に高輪の総鎮守として高輪神社と改称。現在の社殿は昭和55
(1980)年に造営されたものです。境内には港区の文化財「高輪神社の力石」
があります。

●高輪2-14-18
●都営三田線泉岳寺駅より徒歩5分
  ちぃばす高輪ルート143・156番「高輪警察署前」下車
●お問い合わせ 03-3441-2719

◆葺城稲荷神社は、屋根職人たちが発見した神社◆

 葺城(ふきしろ)稲荷神社は、桜田通りから一本奥に入った神谷町郵便局の隣
で、急な階段を上がった先にあります。ふつうに歩いていると見過ごしがちです
ので要注意です。
  拝殿前には同神社の由来を記したプリントが置かれています。それによると元
禄4(1691)年に当地に移り住んだ屋根職人たちによって発見された稲荷神社
だとか。その後、同社は関東大震災や東京大空襲でも焼けなかったそうで、いま
はオフィスビルが建ち並ぶ中で、地元の人たちには憩いの場所になっているそう
です。なぜか境内に砲弾が置かれ、どこかにタイムスリップしたような不思議な
想いを抱かせます。

●虎ノ門4-1-3
●東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩5分
  ちぃばす麻布ルート112番「神谷町駅前」下車
●お問い合わせ 03-3431-0327 

【2】観光&イベント情報

●初期の代表作、みずみずしい作品を!
土門拳 作品展「室生寺」
フジフイルム スクエア
開催中〜1月31日(月) 10:00〜19:00
期間中無休 入場無料
───────────────────────────────────
  土門拳が終生愛してやまなかった室生寺。彼の初期の代表作の一つである写真
集「室生寺」に収録された50点の作品を2回に分けて展示。現在開催中の第2
部では、金堂の十二神将や十一面観音立像などを展示しています。

★赤坂9-7-3 (東京ミッドタウン・ウエスト1階)
★東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅より徒歩すぐ
東京メトロ千代田線・乃木坂駅より徒歩5分
★お問い合わせ 03-6271-3350
http://fujifilmsquare.jp/

●甲冑隊がお江の眠る増上寺へ!
「江・浅井三姉妹博覧会 オープニングイベントin東京」
増上寺・東京タワー
1月15日(土) 10:00〜15:00
参加無料
───────────────────────────────────
  NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」の主役「お江」(江姫)の生地である滋
賀県長浜市から、甲冑隊と「お江」のゆるキャラがやってきます。お江が眠る増
上寺「徳川家霊廟」を参拝し、安国殿において特別法要を受け、その後イベント
会場である東京タワーまで武者行列を行います。

★芝公園4-7-35(増上寺)
★芝公園4-2-8(東京タワー)
★都営地下鉄三田線・御成門駅より徒歩3分
★お問い合わせ 03-3433-7355(港区観光協会)
http://www.minato-kanko.com/

●日本を震撼させた孤高の天才!
「建築家 白井晟一 精神と空間」
パナソニック電工 汐留ミュージアム
開催中〜3月27日(日) 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(3月21日は開館)
入館料:一般500円、65歳以上400円、大高生300円、中小学生200円
───────────────────────────────────
  建築家・白井晟一(1905-1983)の全貌に迫ります。その作品は象徴的で物
語性に満ち、哲人と称されたこともありました。本展では建築だけでなく、彼が
遺した書や装丁、エッセイなどさまざまな表現を紹介します。

★東新橋1-5-1 パナソニック電工ビル4階
★JR・東京メトロ・都営浅草線・ゆりかもめ・新橋駅より徒歩3〜5分
  都営大江戸線・汐留駅より徒歩1分
★お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/

─────────────────────────────
◆ご意見・情報をお寄せください!◆
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲
しいスポットなどを募集しています。お寄せいただいた情報は
「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りを
お送りください。お待ちしています。

ご意見・ご要望はこちらから
https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
----------------------------------------------------------
【発行元】港区産業振興課

【問合せ】下記アドレスよりお問合せください。 
https://www.minato-ala.net/contact/index.html
◇毎月第2・第4火曜日中小企業応援メールマガジン配信中!!
  お申し込みはこちらから→ http://www.minato-ala.net/mag/
----------------------------------------------------------

配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK