新着情報

産・学・官 連携セミナー 〜地方大学発!イチ押し研究〜
第5回 広島大学 音(おん)の歴史から、日本語の現在(いま)を知る
-親鸞は、複数の漢語音を使った-

【募集要項】

日程 平成23年11月14日(月)
時間 午後1時30分〜3時
内容 外国語であった漢語の音は、かつてどのように発音されていたのでしょう。750回大遠忌を迎えた親鸞が書き残した文献から、当時の発音を探ります。
場所 港区立商工会館 第3・4会議室
対象 港区民及び港区在勤者
定員 30名(申込順)
※定員になり次第受付を締め切ります。
申込方法

お申込み受付は終了しました。

※PDFを表示するにはAdobe Acrobatが必要です。

お問い合わせ

港区立商工会館
Tel:03-3433-0862 / FAX:03-3436-2498
BACK