新着情報

ワーク・ライフ・バランス応用セミナーを開催します。

ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事(ワーク)」と、子育てや親の介護、地域活動等の「仕事以外の生活(ライフ)」との調和(バランス)がとれ、その両方が充実している状態をいいます。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みには、中小企業が、コストをかけることなく実践できるものも多く、中小企業の経営者が持つ、「もっと利益を上げて、会社を成長させたい」、「優秀な人材を採用したい」などの課題を解決するヒントが詰まっています。

今回の応用セミナーでは、ワーク・ライフ・バランスを職場で実現するための具体的なステップについて、入門セミナーに引き続き今回も、平成21年度東京ワーク・ライフ・バランス認定企業である特定非営利活動法人フローレンスの職場改革事例をもとにワーク・ライフ・バランス化させるためのノウハウを伝えていただきます。
入門セミナーを受講していない方も、ぜひご参加いただき、ワーク・ライフ・バランス推進にご活用ください。
第二部では、御社の問題点と対応策についてのワークショップも行います。

募集要項

日時 平成23年9月8日(木)午後2時30分〜午後4時30分(開場午後2時)
場所 港勤労福祉会館1階第一洋室
港区芝5-18-2
JR田町駅下車三田口徒歩5分
都営地下鉄 三田線・浅草線 三田駅下車 A7出口すぐ左隣
地図はこちら
対象 中小企業の経営者、人事担当者、ワーク・ライフ・バランスに関心のある方
定員 50名(先着順)
※保育(未就学児まで)、を希望する方は、9月1日(木)までにお申込ください。
講師

特定非営利活動法人フローレンス働き方革命事業部 片山 悦子氏

【プロフィール】
大学卒業後、大手電機メーカー、ITベンチャーでシステム開発に携わり、中小企業への業務効率化の提案、導入を行う。出産時に、育児支援環境が未整備である中小企業で、残業や長期出張が常態のシステムエンジニアリングとして、仕事と育児を継続することの難しさを実感。職場復帰後は、自らの希望でシステムエンジニア職を離れるが、仕事の傍ら、ワーク・ライフ・バランスの概念と出会い、「中小企業こそ、柔軟にワーク・ライフ・バランスを活用し、大きな効果を上げることができる。」と考える。現在は、フローレンスにて激務の代名詞である「システムエンジニア」やワーキングマザー経験を活かし、働き方革命講演を担当する。
お申込

お申込み受付は終了しました。

お問い合わせ

産業振興課港勤労福祉会館
Tel:03-3455-6381 / Fax:03-3457-7787
BACK