観光モデルルートWelcome港区

梅のかおりを求めて
港区めぐり

観光ルート

  1. 公園・庭園編
  2. 寺社編

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

寺社編

威厳漂う「平九郎手折りの梅樹」、愛宕神社

愛宕神社にある梅樹は、有名な故事に由来します。
江戸時代、三代将軍家光が山頂の梅を見かけて、「誰か馬にて手折ってまいれ」との命を発します。それに従い丸亀藩の家臣・曲垣平九郎(まがきへいくろう)は急勾配の石段を見事馬で上り下りし、梅を献上したというのです。
このときの梅と伝えられる「将軍梅・平九郎手折りの梅樹」が社殿前にあります。幹は大きく横にねじれ、地面に寝そべっているような老木で、威厳さえ感じます。宙に伸びた枝先には可憐な白い花を咲いていました。


  • 「将軍梅・平九郎手折りの梅樹」。幹は大きく横にねじれた老木で、地面に寝そべっているようにもみえます。

  • 老木ではあっても、宙に伸びた枝先には可憐な白い花を咲かせていました。

  • この丹塗りの門(神門)の左側に「平九郎手折りの梅樹」はあります。

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

愛宕神社
所在地 愛宕1-5-3
交 通 都営三田線・御成門駅より徒歩6分
東京メトロ日比谷線・神谷町駅より徒歩8分
東京メトロ銀座線・虎ノ門駅より徒歩10分
ホームページ http://www.atago-jinja.com
お問い合わせ 03-3431-0327

凜とした雰囲気に1本の白梅、乃木神社

乃木神社の緑の木々に囲まれた境内は、真夏でもひんやりとした涼が味わえる場所ですが、梅が咲く時期はとくに凜とした空気が漂います。
同神社の拝殿の前まですすむと、左右のおみくじ掛けには多くのおみくじが掛けられ、巨大な地球儀のようです。拝殿の左側には教育の碑があり、その手前には受験祈願であろう、多くの絵馬が掛けられています。それらを見守るかのように、伸びやかに枝を広げた1本の梅に白い花が咲きはじめていました。


  • 乃木神社の拝殿。左右のおみくじ掛けが地球儀のようにみえました。

  • 拝殿左側にある白梅の木。見事な枝ぶりで、梅の甘いかおりが漂ってくるようです。

  • 乃木神社に隣接してある「旧乃木邸」。乃木公園もあって、ゆったりと散策できる場所です。

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

乃木神社
所在地 赤坂8-11-27
交 通 東京メトロ千代田線・乃木坂駅より徒歩2分
ホームページ http://www.nogijinja.or.jp/
お問い合わせ 03-3478-3001

都会の中の静寂さ、梅窓院

区内には梅を冠した寺院が2寺ありますが、その一つが梅窓院です。
同院は、徳川家康の家臣、老中・青山幸成公が逝去のとき、青山家の菩提寺として建立しました。「青山」の地名もこの青山家に由来しています。
境内の広さは約3000坪。墓苑として整備されており、都心とは思えない緑の多さと静寂さがあり、永代供養墓をはじめ、休憩所も多くゆっくり休むことができます。墓苑各所に梅が植えられ、可憐な梅の花が墓参者の心をなごませていました。


  • 地下鉄の駅を上がるとすぐ、青山通りに面して「梅窓院」はあります。

  • 「長青山」と書かれた扁額を掲げる山門。

  • 広い墓苑の各所に梅が植えられ、可憐な梅の花が心をなごませてくれます。

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

梅窓院
所在地 南青山2-26-38
交 通 東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩1分

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ