観光モデルルートWelcome港区

梅のかおりを求めて
港区めぐり

観光ルート

  1. 公園・庭園編
  2. 寺社編

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

公園・庭園編

銀世界と呼ばれた梅林、芝公園

梅の名所といえば、芝公園がまず思い浮かびます。 明治6(1873)年開園という歴史をもつ同園では、園内の芝丸山古墳の麓には約70本の紅梅・白梅の梅林があります。もとは新宿角筈(いまの西新宿)にあって「銀世界」と呼ばれた梅林を、明治41〜42年ごろに移植したという由緒があり、梅林の梅が一斉に花を咲かせるようすは「梅屋敷銀世界」と呼ばれるにふさわしい美しさです。 見ごろとなる2月半ばには恒例の「梅まつり」が催されます。


  • 芝公園内にある梅園。約70本の紅梅・白梅の梅林があります。

  • 新宿角筈(いまの西新宿)にあり「銀世界」と呼ばれた梅林を、明治41〜42年ごろに移植したという由緒があります。

  • 気品ある紅の梅がかすかなかおりを放ち、早春の訪れを感じさせます。例年「梅まつり」が催されます。

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

芝公園
所在地 港区芝公園1・2・3・4丁目
交通 都営三田線芝公園駅・御成門駅より徒歩2分
都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩5分
都営大江戸線・赤羽橋駅より徒歩2分

まだ蕾状態だった、旧芝離宮恩賜庭園の梅林

旧芝離宮恩賜庭園は、東京に残るもっとも古い大名庭園の一つ。4代将軍家綱の老中・大久保田忠朝(ただとも)によって造られた回遊式泉水庭園です。 園内を歩いて鑑賞するよう意図された庭は、池沿いを歩くと刻々と変化する眺めを楽しむことができます。梅林は入り口から右手方向にすすみ、庭園内でいちばん高い築山・大山をめざす途中にあります。
あいにく梅の見ごろはもう少し先でしたが、そのなかで1本だけ混じった「十月桜」が淡いピンク色の可憐な花を咲かせていました。


  • 庭園内でもっとも高い築山・大山からみた梅林。まだ多くの梅はつぼみの状態でした。

  • 冷たい風のなか、ほころび始めていた紅梅や白梅。

  • 梅林に1本混じってある「十月桜」は、可憐な花を咲かせていました。

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

旧芝離宮恩賜庭園
所在地 港区海岸1-4-1
交通 JR浜松町駅より徒歩1分
休園日 年末年始
入園料 一般および中学生150円、65歳以上70円、小学生以下・中学生(都内在住・在学)無料
ホームページ http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
お問い合わせ 03-3434-4029 (旧芝離宮恩賜庭園サービスセンター)

「有栖川宮記念公園」を散策しよう

有栖川宮記念公園は、渓流や池、丘などを配した日本庭園で、四季折々の風情が楽しめる憩いの場所。江戸時代は南部藩の下屋敷でしたが、その後は有栖川宮家や高松宮家の御用地などを経て、記念公園として開放されました。
公園の入り口正面に池があり、それを迂回して上っていくと、白梅や紅梅が密集した梅林ひろばがあります。まだ二分咲きほどで、梅のかおりより、落ち葉の湿った感触が一面に漂います。しかし、満開ともなれば、梅特有の甘いかおりが辺りをおおい尽くし、訪れた人びとを癒してくれます。


  • 公園内にある「梅林ひろば」。見ごろは2月半ば過ぎです。

  • 美しく咲く紅白の梅の花に、人生を重ね合わせる人も多いようです。

  • 真っ白い梅の花が青空に映えます。

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

有栖川宮記念公園
所在地 南麻布5-7-29
交通 東京メトロ日比谷線・広尾駅より徒歩3分
お問い合わせ 03-3441-9642(公園管理事務所)
03-5114-8803(協働推進課土木係)

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ