MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
紅葉の秋
そぞろ歩きの公園散歩
観光モデルルート 神宮外苑イチョウ並木編
ルートTOP
 
1 芝公園編
 
2 国立科学博物館附属
自然教育園編
 
3 神宮外苑イチョウ並木編
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【3】神宮外苑イチョウ並木

 
◆第13回「いちょう祭り」が開催中◆
「明治神宮外苑」は美しいイチョウ並木で知られます。この日は「第13回神宮外苑いちょう祭り」が開催中で、平日の昼間にもかかわらず、家族連れや多くのグループなどで祭り会場は大にぎわいでした。
創建から終戦までは国の施設でしたが、戦後は原宿駅前にある明治神宮の外苑として、独自の管理運営が行われています。また、各種スポーツ施設が完備された公園として、多くの人びとに愛されています。
明治神宮外苑 イチョウ並木 並木通りは大賑わい
「明治神宮外苑」は美しいイチョウ並木で知られます。 遠近法に基づいて植えられたイチョウ並木。美しい景観をつくりだしています。 小春日和のこの日は多くの人出があり、並木通りは大賑わいです。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆神宮外苑◆
交 通 JR中央総武線、信濃町・千駄ヶ谷駅よりすぐ
東京メトロ銀座線・外苑前駅よりすぐ
東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線青山一丁目駅よりすぐ
ホームページ http://www.meijijingugaien.jp/
お問い合わせ 03-3401-0312

◆外苑由来を記す「明治神宮外苑之記」の石碑◆

青山通りからイチョウ並木に入ると、すでにイチョウの黄葉は見ごろを迎え、通りは朝の通勤時のような混雑ぶりです。
入ってすぐ右手に「明治神宮外苑之記」があります。これには明治神宮(内苑)が国の資金によって造営されたのに対し、外苑は民間の有志が中心となり、国民の寄付金によって作られた公園であるといった外苑造成の由来が記されています。
多くの人が集い、黄金色に輝くイチョウのトンネルの中を思い思いに歩いて行きますが、この日の記念にとしきりにシャッターを切る人が目立ちます。
明治神宮外苑之記 ワンちゃんをモデルに 見事なタッチ
外苑ができた由来について記された「明治神宮外苑之記」。 かわいいペットのワンちゃんをモデルに記念撮影。 じっくりと観察され、見事なタッチで描かれていました。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 

◆黄金色のプロムナードを歩く◆

イチョウ並木の距離は約300mあります。その間には146本のイチョウがほぼ9m間隔で植えられ、黄色に染まったトンネルの中を歩いていくような、独特の景観をつくり出しています。
この造園を手がけたのは、日本の近代造園の師と呼ばれた折下吉延博士でした。絵画館に向かって、木の高さとゆっくりと下る道の勾配を計算し、遠近法に基づいてイチョウが植えられています。その風景はまるで一幅の名画のようで、イチョウの木々の織りなす美観は格別です。
道路に乗り出す 緑から黄色に色を変えるイチョウ イチョウの木もそれぞれ個性的
道路に乗り出すように、思わずシャッターを切る人がたくさんいます。 四季の移ろいとともに緑から黄色に色を変えるイチョウは、それぞれの味わいがあります。 「あの先っぽ、ちょっとおかしい」。そんな声が聞こえて、思わず撮った一枚。よくみるとイチョウの木もそれぞれ個性的です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 
◆森のベンチでひと休み◆
祭りの「第2会場」にはケータリングカーが用意され、ベンチに座ってほっとひと息できます。表通りとはちがって森の中といった雰囲気で、家族連れや犬の散歩などで訪れていました。
一方、メイン会場では噴水池の周りだけでなく、球場の一部を開放した場所にも、各地の名産品や陶器を販売する、多くの模擬店が軒を連ねています。噴水池から観る風景も、広々と開けた空と、イチョウの美観とのコントラストがとてもすてきです。
第2会場となった森の中 野球場の一部を使ったメイン会場 メイン会場の一角
第2会場となった森の中で、子どもたちも楽しそうに遊んでいました。 野球場の一部を使ったメイン会場には全国各地より自慢の味や物品を販売するテントが並びました。 メイン会場の一角では四季折々のイチョウ並木の風景写真が展示されていました。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
◆樹齢101年のイチョウの木◆
外苑のイチョウはことしで樹齢101年になります。イチョウの木は現存する最も古い植物の一つで、「生きている化石」とも呼ばれています。
「イチョウの葉を本に挟んでおくと、紙魚虫(しみむし)を寄せ付けない」と、栞(しおり)代わりに利用する人もいます。ひらひらとイチョウの葉が舞い降りてくる中、枯葉をさくさくと踏みながらの散歩は、この季節ならではの味わいです。
噴水池側 枯葉をさくさくと踏みながらの散歩 黄色味を増した葉が風に舞い
噴水池側からみたイチョウ並木。広々とした青い空が印象的です。 枯葉をさくさくと踏みながらの散歩は、秋ならではの味わいです。 黄色味を増した葉が風に舞い散り、歩道やベンチに降り積もります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ