MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
芸術の秋
ユニークな博物館・美術館スポット
観光モデルルート 根津美術館編
 
ルートTOP
 
1 フジフイルム スクエア編
 
2 根津美術館編
 
3 21_21 DESIGN SIGHT編
 
4 ソニー・エクスプローラサイエンス編
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】根津美術館編

 
◆「福井ブランド」をおしゃれな空間で◆
平成21(2009)10月、南青山にある根津美術館は、3年半にわたる大規模な改築を終え、新たに開館しました。本館は地上2階・地下1階で、和風家屋を思わせる大屋根が印象的です。建築家・隈研吾氏による設計で「和」の趣を基調としています。
館内の広さは約4000uと従来の2倍となり、エントランスからホール、そして各展示室へとつづく動線もゆったりとしています。入ってすぐ、吹き抜けの広々としたホールにはガンダーラや中国の石彫作品が並び、来館者を静かに迎えてくれます。
根津美術館 本館玄関までのアプローチ 吹き抜けのホール
新しく生まれ変わった根津美術館。設計は現代日本を代表する建築家・隅研吾氏によるものです。 正門から本館玄関までのアプローチ。竹林からこぼれる日差しの中をゆったりと歩きます。 エントランスを抜けると、吹き抜けのホール。庭園と石彫の作品が美しい空間をつくりあげています。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆根津美術館◆
所在地 南青山6-5-1
交 通 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅より徒歩8分
開館時間 10:00〜17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜
入場料(特別展) 一般1200円、高校生以上1000円、中学生以下無料
ホームページ http://www.nezu-muse.or.jp/
お問い合わせ 03-3400-2536

◆趣の異なる6つの展示室を体感◆

同館には6つの展示室があり、それぞれ趣が異なります。1階には3つ。もっとも広い展示室1は企画展示を担い、展示室2は絵画や書蹟、展示室3は仏教彫刻の展示を行っています。2階にも3つの展示室があり、古代中国の青銅器や陶磁器、茶道具などが展示されています。
照明設備は最新技術を駆使し、展示ケース内の照明はすべてLED(発光ダイオード)とファイバースポットを使用。明るさだけでなく、作品の特性に合った調光がされています。
また、使用するLEDは8万個にもおよび、ガラス越しに見ているとは思えないほど、リアルに作品を鑑賞できます。
展示ケースの照明 展示室4  
展示ケースの照明は、LED(発光ダイオード)とファイバースポットを使った最新技術が駆使されています。写真提供:根津美術館 「展示室4」は、中国古代の青銅器を美しく鑑賞できるよう、照明とケースを特別にあつらえた専用ギャラリーです。写真提供:根津美術館  
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 

◆魅力たっぷりの庭園散策◆

同館の魅力の一つが庭園散歩です。本館からは1階の庭園口と地階の茶席口のどちらからでも外に出られます。一歩外に出ると、そこには4棟の茶室を含む17,000uにおよぶ庭園が広がり、四季折々の風情が楽しめます。
配布されるパンフレットにも庭園マップが付いていて、園内の「根津美術館八景」や歩きやすい平坦な園路などが記されています。これまでは飛び石だった園路も一部石畳に整備され、散策しやすくなりました。また改築期間中、人が踏み入らなかったことで、園内の苔はとてもきれいな状態にあるそうです。
庭園 吹上の井筒 深山幽谷の趣のある庭園
17,000uにおよぶ庭園には、4棟の茶室や池、竹林などがあり、四季折々の風情が楽しめます。 庭園のなかの見どころ「根津美術館八景」を探しながら散策するのも楽しい。写真はそのひとつ「吹上の井筒(ふきあげのいづづ)」です。 初代根津嘉一郎が、明治39年にこの起伏に富んだ土地を気に入り、求め、深山幽谷の趣のある庭園につくりあげていきました。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 
◆鑑賞の後の楽しみ、カフェとグッズはいかが◆
園内散歩で立ち寄りたいのが、「NEZUCAFE」です。カウンターとテーブル、あわせて45席の店内では、庭園を一望できるほか、屋上からふりそそぐ木漏れ日のもと、憩いのひとときが過ごせます。
また、1階のミュージアムショップには、館蔵品のモチーフやデザインから生まれたオリジナルのグッズのほか、トートバックやポチ袋、クリアファイル、ポストカードなどの定番アイテムも豊富にそろっています。
NEZUCAFE 絶景ポイント ミュージアムショップ
「NEZUCAFE」では、庭園を一望しながらスイーツやランチを楽しむことができます。 カウンター7席は絶景ポイント。まるで、木々と木漏れ日に囲まれているようです。 ミュージアムショップは、これまでの2倍の広さ。新しいオリジナルグッズも多く、ポストカードだけでも約150種もあります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 
◆来館者層も幅広くなって◆
連日多くの来館者でにぎわう同館ですが、来館者からは「展示がきれいに見える」「広々としてゆったり鑑賞できる」といった好意的な感想が多くよせられています。
若者など来館者の層が広がり、とくに外国人の家族連れが目立つようになったといいます。
また、床を足にやさしいコルク張りにしたり、階段の段差を低くするなど、シニア層への細かい配慮もなされています。「最新の照明技術など、いまでき得る最高の技術を集大成することができたと自負しています。お客様には、ゆったりと個々の作品と対峙していただきたいですね」(同館学芸課長の白原由起子さん)。
展示がきれいに見え    
「展示がきれいに見え、広々としてゆったり鑑賞できる」という来館者の声が届きます。シニア層にもやさしい設計になっています。    
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ