MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
港区で訪ねる諸国自慢
なるほど!アンテナショップめぐり
観光モデルルート 伊豆諸島・小笠原諸島「東京愛らんど」編
ルートTOP
 
1 鳥取「食のみやこ鳥取プラザ」編
 
2 福井「ふくい南青山291」編
 
3 香川・愛媛「せとうち旬彩館」編
 
4 伊豆諸島・小笠原諸島「東京愛らんど」編
 
5 秋田「あきた美彩館」編
 
6 福島・いわき市「いわき・ら・ら」編
 
7 徳島「なっ!とくしま」編
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】伊豆諸島・小笠原諸島「東京愛らんど」編

 
太平洋上に浮かぶ大小200余りの島々。それが東京諸島こと、伊豆・小笠原諸島です。それら島々のアンテナショップ「東京愛らんど」を訪ねます。
◆ 伊豆・小笠原諸島の物産には島の愛がたくさん◆
伊豆・小笠原諸島は、夏は涼しく、冬は温暖な気候でさまざまな海の幸や独特の文化を育んできました。
諸島への船の玄関口が、竹芝客船ターミナルです。大島へは約2時間、小笠原父島へは約25時間半かかります。「東京愛らんど」はこの竹芝客船ターミナル内の入口近くにあります。店内にはカフェもあり、島々から届けられた個性豊かな島の味や産物で、いろんな島に行った気分を楽しむことができます。
東京愛らんど 東京愛らんど 奥のカフェでは、郷土料理や名産品が楽しめます
「東京愛らんど」は、竹芝客船ターミナル内にあります。
「東京愛らんど」には伊豆・小笠原諸島の愛情たっぷりの商品がそろっています。 奥のカフェでは、郷土料理や名産品が楽しめます。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆「東京愛らんど」◆
所在地 海岸1-12-2 竹芝客船ターミナル内
交 通 JR浜松町駅、都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩7分
ホームページ http://www.islands-net.metro.tokyo.jp/

◆小笠原産の薬膳島辣油(やくぜんしまらーゆ)が人気◆

東京諸島産の島唐辛子は、ふつうのものより太く短く、とても辛いのですが、香りも豊かです。店内には、島唐辛子の粉末、七味、しょう油につけ込んだ「島とうしょう油」などがありますが、店長・羽田昌史さんのおすすめは「薬膳島辣油」。小笠原産の島唐辛子でできたラー油にウコンや花サンショ、アロエなどが漬け込まれ、独特の辛さと風味を醸し出します。
ただ、小笠原便は週1回の運行のため、品切れ状態が多いとのことです。
島唐辛子の粉末や島唐辛子入りのしょう油やお酢 薬膳島辣油   よく振ることがポイント
島唐辛子の粉末や島唐辛子入りのしょう油やお酢など、いろいろな辛みに出合えます。
辛いもの大好きという店長・羽田さんがおすすめの「薬膳島辣油」。 小笠原産の島唐辛子でできたラー油にウコンや花サンショ、アロエなどが漬け込まれています。よく振ることがポイントです。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 

◆独特の海の幸「くさや」、人気の「赤イカ入り塩辛」◆

「くさや」は伊豆諸島の特産品です。新鮮な青ムロアジ、トビウオなどを魚しょうに似たくさや液に浸したあと、天日干しにした干物の一種です。いまではそのまま食べられる「焼くさや」など、くさや初心者用の商品もあります。
塩辛に適したスルメイカのキモをベースに、甘さ・柔らかさでイカの王様といわれる赤イカ(ケンサキイカ)が入った「赤イカ入塩辛」は、最近の人気商品です。
くさや 焼くさや 赤イカ入塩辛
伊豆諸島の特産「くさや」。 くさや初心者には、そのまま食べられる「焼くさや」がおすすめです。 スルメイカのキモをベースに、イカの王様といわれる赤イカ(ケンサキイカ)が入った「赤イカ入塩辛」。おいしいと話題です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
 
◆素朴な味わい。島のお土産の定番「牛乳せんべい」◆

日本各地にある「牛乳せんべい」ですが、伊豆諸島のお土産にも「牛乳せんべい」があります。同店には大島、新島、式根島、三宅島で作られた「牛乳せんべい」が並ぶ一角があり、いずれも素朴な味わいです。ただ、その島々で牛乳やバターの割合など製法に違いがあります。

牛乳せんべい    
島のお土産の定番「牛乳せんべい」。大島、新島、式根島、三宅島のそれぞれ島によって、味わいがちょっとずつ違います。    
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
◆島々の個性ある焼酎「島酎」(しまちゅう)◆
伊豆・小笠原諸島のお酒の多くは麦焼酎ですが、芋焼酎もあります。島々では酒蔵ごとに個性的な銘酒を造っています。神津島産「盛若」(もりわか)は、神津島の天然水を使い、樫(かし)樽で寝かせた麦焼酎で、ほんのり木の香りがするすっきりした味わいです。
「喜島三宅」は三宅島産と鹿児島産のさつまいもを使った芋焼酎です。三宅島噴火後の帰島を記念して作られた特産品で、帰島を「喜」で表現したラベルの字は石原都知事によるものです。
あおちゅう 盛若 喜島三宅
青ヶ島特産の「あおちゅう」は、芋焼酎。昔ながらの製法で「幻の酒」ともいわれます。 一番人気の神津島産「盛若」(もりわか)。水のおいしい神津島ならではの味と風味です。 噴火で避難したあと、三宅島への帰島を記念して作られた特産品「喜島三宅」。帰島を「喜」で表現し、ラベルの字は石原都知事によるものです。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
◆椿油、新島ガラス、黄八丈など自然が育んだ特産品◆

大島のツバキは有名で、ヤブツバキの種から採れる椿油は大島、利島の名産品です。
非加熱製法でつくられた「生の椿油」は、サラリとした使い心地でしっとり感が長持ちします。
天然のグリーンが美しい「新島ガラス」は、新島産のガラス成分の多いコーガ(抗火)石から生まれました。
八丈島の草木染めの絹織物「黄八丈」は、工芸品としても有名です。島名も「八丈絹」を産するのでつけられたとか。黄、鳶色、黒の縞や格子模様が特徴で、店内には無形文化財技術保持者による財布やネクタイなどがあります。

椿油 生の椿油 新島ガラス
ヤブツバキの種から採れる椿油。大島、利島の名産品で、化粧や食用に使われます。 非加熱製法でつくられた「生の椿油」。サラリとしているのにしっとり感が長持ちします。 コーガ(抗火)石から作られる、天然のグリーンが美しい「新島ガラス」。
 
黄八丈 ミネラルを多く含んだ自然海塩の数々 ギョサン
八丈島の草木染めの絹織物で格子模様の色合いが魅力的な「黄八丈」。日常的につかえる財布などがあります。
ミネラルを多く含んだ自然海塩の数々。ハーブ入り、唐辛子入りなどもあります。 島の漁師さんや島民たちが愛用する「ギョサン」。鼻緒と底が一体化していて、とても丈夫です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ