MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
個性あふれる
夏だ!祭りだ! 港区めぐり
観光モデルルート 赤坂界隈コース
ルートTOP
 
1 赤坂界隈コース
 
2 田町界隈コース
 
3 麻布十番界隈コース
 
4 お台場界隈コース
 
5 品川駅
港南口界隈コース
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】赤坂界隈〜サンサン赤坂納涼祭に便乗

 
◆赤坂駅で赤坂周辺を検索◆

千代田線・赤坂駅には、改札をでて左側のエスカレーター沿いに大壁画があります。高さ8m、幅24m。巨大な淡いピンクのしだれ桜、深い緑の竹林、黄色の銀杏が描かれた「四季樹木図」です。平和への願いが込められた千住博画伯の作品です。
改札口正面には電子案内板、通称「ミッケ」があります。赤坂周辺の地図や観光、飲食などの情報が、タッチパネルに触れるだけで簡単に引き出せます。指先1本で即座に検索、地図も見やすく、ここで目的地をしっかりミッケときましょう。駅周辺に10台ほどが設置されています。

千代田線赤坂駅の改札 展示コーナー 電子案内板の通称「ミッケ」
千代田線赤坂駅の改札を出たところ、エスカレーター沿いに千住博画伯による大壁画が描かれています。 赤坂駅改札正面にある展示コーナー。韓流ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」に関連した衣裳が展示されていました。 電子案内板の通称「ミッケ」。赤坂周辺の地図や観光、お店の情報がタッチパネルで検索できます。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

◆赤坂サカスは“水”がテーマ◆

地上に出ると「赤坂サカス」です。平成20(2008)年3月のオープン以来、1年余りで来場者1000万人を突破し、東京の新たな名所になっています。2009年の夏休みイベントは“水”がテーマです。サカス広場には幻想的な滝のゲートが登場。室内の赤坂ギャラリーでは「アクアリウム」が設置され、世界的にも希少な「シーラカンスの冷凍体」を含む3体のシーラカンスが展示されます。期間中はエリア内をライトアップして真夏の夜を彩り、かわいいペンギンたちのお散歩ショーも行われます。

TBS放送センター 赤坂ACTシアター Sacas坂
ビックハットの愛称で知られるTBS放送センター。その手前にメイン会場となる「サカス広場」があります。 赤坂ACTシアター。1324席あり、どの座席からでも見やすいステージです。 Sacas坂。赤坂サカスのメインストリートで、坂の中程には「滝桜」があります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆赤坂サカス◆
所在地 赤坂5-3-1〜3
交 通 東京メトロ・千代田線赤坂駅より直結
ホームページ

http://sacas.net/

◆港区の花バラを楽しむ、氷川公園◆

港区の花であるバラを楽しめるのが「氷川公園」です。公園の地下は駐車場で、その人工地盤の上に公園が整備されました。その際「区の花であるバラを見られるところが少ない」という住民の要望もあってバラ園が造られました。
例年見ごろは5月半ばと10月半ばといいます。公園の周辺は、江戸時代前期、広島藩浅野家を本家とする浅野藩の本・分家の屋敷があった場所で、「忠臣蔵」で悲劇を演じる赤穂藩浅野内匠頭の屋敷もこの付近にありました。

バラ園 公園 案内板
氷川公園にはバラ園があります。バラは港区の花、公園整備の際に区民の要望によってできました。 公園の地下は駐車場になっています。ひと休みするには格好の場所です。 公園内には赤坂地区の旧町名の由来を記した案内板が設置されていました。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆氷川公園◆
所在地 赤坂6-5-4
交 通 東京メトロ千代田線・赤坂駅より徒歩3分
◆お祭り会場は勝海舟ゆかりの地◆
建物の壁に赤と緑の大きな「?」と「!」のマーク、それが目印となっているのが、「サンサン赤坂納涼祭」のメイン会場「赤坂子ども中高生プラザ」、愛称「プラザ赤坂なんで〜も」です。
旧氷川小学校跡地を利用した児童館ですが、武道場、高齢者施設も一緒になっています。かつて当地に住んでいたのが、幕末から明治にかけて活躍した勝海舟(1823-1899)です。江戸城の無血開城を成し遂げたことで知られ、晩年の30年近くをこの地で過ごしました。時局談話『氷川清話』などを遺しています。
プラザ赤坂なんで〜も 大段幕 「勝安房邸跡」の碑
「プラザ赤坂なんで〜も」の楽しい壁。つい入りたくなってしまいます。 お祭りを知らせる、大段幕がフェンスに張られていました。 「プラザ赤坂なんで〜も」は旧氷川小学校の跡地ですが、明治期には、勝海舟(安房守)(1823-1899)が晩年の三十年近くをこの地で過ごしました。「勝安房邸跡」の碑があります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆プラザ赤坂なんで〜も◆
所在地 赤坂6-6-14
交 通 東京メトロ千代田線・赤坂駅より徒歩5分
◆もう1箇所の勝海舟邸跡と氷川神社◆
勝海舟の邸跡はもう1か所あります。プラザ赤坂なんで〜もよりほど近い場所で、一階がレストランになっているマンションの敷地内に「勝海舟邸跡」の柱があります。壁面に銘板があり、そこには勝海舟の半生と業績が記されています。当地には幕末から明治元年の約9年間住んでおり、坂本龍馬らが海舟刺殺を企てたのもこの場所でした。
近くには、8代将軍・吉宗が社殿を建立したという「氷川神社」があります。由緒ある神社で、鎮守の森の木々によって夏のまぶしい陽ざしも和らぎ、清涼な空気が散策で疲れた体をいやしてくれます。
勝海舟邸跡 氷川神社 大銀杏
勝海舟邸跡。36歳から40代半ばまでここで暮らしました。坂本龍馬が勝海舟を刺殺しようとやってきた場所です。 氷川神社。境内は鎮守の森の木々で鬱そうとした雰囲気です。 境内にある樹齢400年という大銀杏。見上げてみる葉も空も美しい。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆氷川神社◆
所在地 赤坂6-10-12
交 通 東京メトロ千代田線赤坂駅より徒歩6分
東京メトロ南北線六本木一丁目駅より徒歩5分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅より徒歩6分
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ