MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
文学散歩
港区ゆかりの作家を訪ねて
観光モデルルート 文学散歩・港区ゆかりの作家を訪ねて
ルートTOP
 
1 青山界隈:中村草田男・斎藤茂吉
 
2 六本木界隈:志賀直哉・永井荷風
 
3 麻布十番界隈:小林多喜二・島崎藤村
 
4 高輪界隈:遠藤周作・巌谷小波
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
【4】文学散歩・高輪〈遠藤周作(えんどう・しゅうさく)、巌谷小波(いわや・さざなみ)〉
 
◆かつて高札場であった札ノ辻(ふだのつじ)◆
 JR田町駅西口から第一京浜(国道15号線)を品川方面に歩き、最初の交差点となるのが「札の辻」です。いまは交差点の名称となっていますが、江戸時代初期ここが高札場であったことから生まれた地名です。
 高札は、江戸幕府が行政、司法その他の法令を一般に知らせる手段の一つで、最も緊急で重大な事柄を高札にして要所に掲示しました。ここは東海道の関門ともいうべき芝口に近かったので、高札場となりました。高札場はその後、600mほど品川寄りの、高輪大木戸に移されています。当時はこの「札の辻」から江戸湾が眺められ、絶好の景色でした。
札の辻の交差点。付近一帯の再開発で交差点周辺の景観は一変しました。 札の辻は交通量も多く、第一京浜と桜田通りをつなぐ港区の交通の要所です。
札の辻の交差点。付近一帯の再開発で交差点周辺の景観は一変しました。 札の辻は交通量も多く、第一京浜と桜田通りをつなぐ港区の交通の要所です。  
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆札の辻◆
所在地 芝5丁目と三田3丁目(第一京浜と桜田通りの交差点)
◆広場内にある元和キリシタン遺跡◆
 札の辻からほど近く、三田中学校(仮校舎)と三田ツインビル西館のあいだは、なだらかな傾斜をもった広場です。付近一帯は再開発されましたが、かつては智福寺(ちふくじ)という寺があり、いまは広場内の一角に大きな岩石と共に、石碑と説明板が残っています。碑には「都史跡 元和キリシタン遺跡 智福寺境内」と刻まれていました。
 ここが元和9(1632)年、50人に及ぶキリシタンが処刑された地です。ここを舞台に主人公の「男」と修道士の「ネズミ」をめぐる物語をつづったのが、遠藤周作の短編「札の辻」でした。慶應義塾大学で学んだ遠藤は、港区ともゆかりのある作家で、「海と毒薬」「沈黙」「深い河」など数々の名作を著しています。
大きな岩石の横に、元和キリシタン遺跡の碑と説明板があります。江戸時代、キリシタンが処刑された場所がこの付近でした。 短編「札の辻」は主人公の「男」と修道士の「ネズミ」をめぐる物語ですが、その舞台となったのが智福寺でした。いまはその跡地に遺跡の碑はたっています。
大きな岩石の横に、元和キリシタン遺跡の碑と説明板があります。江戸時代、キリシタンが処刑された場所がこの付近でした。 短編「札の辻」は主人公の「男」と修道士の「ネズミ」をめぐる物語ですが、その舞台となったのが智福寺でした。いまはその跡地に遺跡の碑はたっています。  
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆元和キリシタン遺跡の碑◆
所在地 三田3-7-8

◆顕彰碑(けんしょうひ)がたつカトリック高輪教会◆
 第一京浜から右折、桂坂を上って品川方面に歩きます。しばらくするとカトリック高輪教会がみえてきます。教会の前庭には、江戸時代の殉教者を称えて「江戸の殉教者の顕彰碑」が建てられています。
 元和9年のキリシタン殉教の中心者のひとりが、原主水(はらもんど)でした。彼は三代将軍徳川家光の近侍でしたが、追放や拷問などの迫害にも屈することなく、自らの信仰を貫きました。その生き様は短編「札の辻」の中でも、鮮烈に描かれています。敢然と死に臨んだ殉教者たちの強い精神力…、遠藤作品には日本の精神風土ではなじみの薄い「神の愛」をテーマにしたものが多いのですが、それだけにその作品は独特の光彩を放っています。
カトリック高輪教会。だれでも自由に聖堂内に入ることができます。 「江戸の殉教者の顕彰碑」。江戸全体で2000人近くが殉教したといいます。 聖堂前庭にあるイエス・キリスト像。
カトリック高輪教会。だれでも自由に聖堂内に入ることができます。 「江戸の殉教者の顕彰碑」。江戸全体で2000人近くが殉教したといいます。 聖堂前庭にあるイエス・キリスト像。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆カトリック高輪教会◆
所在地 高輪4-7-1
HP http://www.catakanawa.com/
◆金色夜叉のモデルになった巌谷小波◆
教会からほど近く、住宅街の一角に「巌谷小波先生住居跡」と刻まれた石碑があります。巌谷小波は明治・大正の時代に活躍した童話作家で、青春時代は尾崎紅葉、川上眉山ら硯友社の同人たちと交遊し、明治時代の一流サロン「紅葉館」によく出入りしました。紅葉館の若い女中たちの人気の的で、尾崎紅葉の代表作「金色夜叉」の貫一のモデルとされています。  明治40(1907)年、児童文学の第一人者となった小波は、芝高輪南町に邸宅を構え、昭和8(1933)年に亡くなるまで住み続けました。その後は人手にわたり、現在は会社に変わっています。小波の記念碑は増上寺本堂裏にあります。
「巌谷小波先生住居跡」と刻まれた石碑。小波は言文一致体の小説で注目を集め、後に児童文学の第一人者となります。邸宅跡は会社のビルになっています。 物流博物館は住居跡のすぐそばにあります。
「巌谷小波先生住居跡」と刻まれた石碑。小波は言文一致体の小説で注目を集め、後に児童文学の第一人者となります。邸宅跡は会社のビルになっています。 物流博物館は住居跡のすぐそばにあります。  
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆巌谷小波邸跡◆
所 在 地 高輪4-1-18
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ