MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
運河に沿って散歩しよう
〜芝浦・港南運河の〈おすすめ散歩道〉
観光モデルルート 芝浦・港南運河の〈おすすめ散歩道〉
ルートTOP
 
1 芝浦運河(浜松町駅〜田町駅)
 
2 芝浦運河(田町駅〜芝浦ライランド周回)
 
3 新芝運河・高浜運河(田町駅〜品川駅)
 
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
【1】芝浦運河(浜松町駅〜田町駅)
◆渡邊ビルと東京ガス創業記念碑◆
 スタートはJR浜松町駅です。金杉橋口近くに1階がコーヒーショップになっている「渡邊ビル」があります。昭和31(1931)年建築というオフィスビルで、和久井映見主演「殴る女」や中居正広主演「勝利の女神」(ともにフジテレビ系)などのロケ地になりました。
 金杉橋口から線路の反対側にでられる自由通路に入り、S4階段で降ります。そると「東京ガス創業記念碑」という石碑がありました。明治7年12月18日、新橋〜京橋でガス燈が点火され、横浜・兵庫に続く日本で3番目のガス事業がこの地で始まったのです。記念碑は昭和10年の創業50周年を記念して建てられました。 隣接して「モヤイ」の石像がありました。
JR浜松町駅の金杉橋口の近くにある「渡邊ビル」。古さがいい味になっています。 S4階段で降りると、「東京ガス創業記念碑」があります。明治7年、新橋〜京橋でガス燈が点火されました。 新島の人たちが港区との深い交流を願って作ったモヤイ像。「モヤイ」とは、新島の言葉で共同作業するという意味があります。材料は島で産出する抗火石(こうかせき)です。
JR浜松町駅の金杉橋口の近くにある「渡邊ビル」。古さがいい味になっています。 S4階段で降りると、「東京ガス創業記念碑」があります。明治7年、新橋〜京橋でガス燈が点火されました。 新島の人たちが港区との深い交流を願って作ったモヤイ像。「モヤイ」とは、新島の言葉で共同作業するという意味があります。材料は島で産出する抗火石(こうかせき)です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆渡邊ビル◆
所在地 浜松町2-4-21
交 通 JR浜松町駅より徒歩1分
◆シーバンスの「水の公園」◆
 芝浦運河にでると、潮の香りがツンと鼻先をくすぐります。運河に架かった東芝浦橋、古川水門、新芝浦橋、末広橋を横目に見ながら、運河沿いを歩きます。
 すると右側に「水辺の広場」が見えてきました。ここは子ども向けアクション番組の特撮シーンが撮られる場所として知られています。とくに古代ギリシャのパルテノン神殿を思わせるような列柱と噴水がある「水の迷路」は幻想的な音色とともに変化に富み、撮影場所としても最適です。
 広場の先にはオフィスビル「シーバンス」が2棟並び、その間にあるアトリウム棟だけは開放されています。棟内は飲食店が並び、人工の川が流れており、のんびりとくつろげます。

芝浦運河。東芝浦橋、古川水門、新芝浦橋、末広橋と続きます。 オフィスビル「シーバンス」前の広場近く。待ち合わせや休憩が楽しくなりそうです。 オフィスビル「シーバンス」前の「水辺の広場」。古代遺跡のような石の柱に、幻想的な音色の「水の迷路」があります。
芝浦運河。東芝浦橋、古川水門、新芝浦橋、末広橋と続きます。 オフィスビル「シーバンス」前の広場近く。待ち合わせや休憩が楽しくなりそうです。 オフィスビル「シーバンス」前の「水辺の広場」。古代遺跡のような石の柱に、幻想的な音色の「水の迷路」があります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
◆旧木村屋と協働会館◆
  芝浦一丁目交差点にでると、交差点沿いにレトロな雰囲気の建物があります。ここが大正10(1921)年建築の旧木村屋です。木村拓哉主演「ラブ・ジェネレーション」(フジテレビ)のロケ地となり、一躍有名になりました。
 その近くにさらに古風な和風建築がみられます。老朽化のため閉鎖されネットがかけられていますが、昭和11(1936)年に芝浦花柳界の見番として建てられた「協働会館」です。近代木造建築の技術と意匠を巧みに折り合わせ贅を尽くしたとされる、近代和風の建築物で、目黒雅叙園でも活躍した棟梁・酒井久五郎の作です。芝浦ではかつての花街の面影を残す唯一の遺構となっています。
大正10(1921)年建築の旧木村屋。テレビドラマで使われ、一躍有名になりました。 昭和11(1936)年に芝浦花柳界の見番として建てられた「協働会館」です。 近代木造建築の技術と意匠を巧み用い贅を尽くしたなかなかの風格ある建物。しかし、かなり老朽化しています。
大正10(1921)年建築の旧木村屋。テレビドラマで使われ、一躍有名になりました。 昭和11(1936)年に芝浦花柳界の見番として建てられた「協働会館」です。 近代木造建築の技術と意匠を巧み用い贅を尽くしたなかなかの風格ある建物。しかし、かなり老朽化しています。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆旧木村屋◆
所在地 港区芝浦1-7-1
交 通 新交通ゆりかもめ日の出駅より徒歩5分
JR田町駅より徒歩5分
◆協働会館◆
所在地 港区芝浦1-11
交 通 新交通ゆりかもめ日の出駅より徒歩5分
JR田町駅より徒歩5分
◆ガス棟が美しい 芝浦運河沿緑地◆
 ふたたび運河に戻り、竹芝橋から水辺に下り、新芝運河沿いを歩きます。きれいに整備された遊歩道で、おしゃれなガス燈がとてもすてきです。夕暮れには自動的にガス燈が点灯し、ロマンチックな散歩が楽しめます。
 しばらく歩くと、ベンチに腰掛けて楽器を吹いている人を発見。ですが、それは楽器を演奏する3人組の銅像でした。「リバーサイドトリオ」という黒川晃彦氏の作品(1992)です。実際に隣に座ってみると、2人の男性の逞しい体格にちょっとびっくり。静かに耳を傾けるとジャズの音色が聴こえてくるようです。
 遊歩道は香取橋でいったん途切れますが、橋を渡るとまた続きます。新芝橋まで来れば、田町駅はすぐそばです。
新芝運河沿い。ガス燈がおしゃれです。 ベンチに腰掛けて楽器を演奏する3人組の銅像。「リバーサイドトリオ」という黒川晃彦氏の作品(1992)です。 左が田町駅。橋の一部が運河にはり出て、通行の人並みをさけ、ふと眺められるようになっています。
新芝運河沿い。ガス燈がおしゃれです。 ベンチに腰掛けて楽器を演奏する3人組の銅像。「リバーサイドトリオ」という黒川晃彦氏の作品(1992)です。 左が田町駅。橋の一部が運河にはり出て、通行の人並みをさけ、ふと眺められるようになっています。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ