MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
天高く馬肥ゆる
秋のミュージアムめぐり
観光モデルルート 秋のミュージアムめぐり
ルートTOP
 
1 品川駅を挟んで水産と物流
 
2 青山で岡本太郎、由縁の地をめぐる
 
3 六本木・虎ノ門、お隣同士の3館めぐり
 
4 新橋・汐留 サラリーマン御用達!?
 
1 白金・高輪 子どもの歓声とミュージアムめぐり
 
1 光の中を、六本木アート・トライアングル
 
1 「ちぃばす」で行く、ユニークなミュージアム
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
◆田町駅西口から、「女性と仕事の未来館」へ◆
 港区のコミュニティバス「ちぃばす」の始発駅1番は、田町駅東口ですが、反対側の西口から、「女性と仕事の未来館」にいきます。
 同館は、平成12年開館で、働く女性・働きたい女性を総合的に支援する拠点として誕生しました。セミナーや相談の実施、情報提供などの支援事業を展開しています。
 3階の常設展示「働く女性のあゆみ」はおすすめ。明治から現代までの働く女性の歴史を学ぶことができます。そのほか、「行政」に関する展示や、働く女性に関係の深い法律改正の概要を説明するコーナーもあります。女性労働の専門図書館もあり、図書やビデオなどの貸出も行っています。
「女性と仕事の未来館」は第一京浜(国道15号線)を品川方面に歩いて3分。やや奥まったところにあります。 2階は女性労働の専門図書館。図書やビデオ等の貸出も行っています。 3階の常設展示「働く女性のあゆみ」。明治から現代まで、女性が社会のなかでどのように働き、暮らしてきたかがわかります。
「女性と仕事の未来館」は第一京浜(国道15号線)を品川方面に歩いて3分。やや奥まったところにあります。 2階は女性労働の専門図書館。図書やビデオ等の貸出も行っています。 3階の常設展示「働く女性のあゆみ」。明治から現代まで、女性が社会のなかでどのように働き、暮らしてきたかがわかります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆女性と仕事の未来館◆
開館時間 9:30〜21:00(火〜土曜)、9:30〜17:30(日曜)
休館日 月曜(月曜祝日の場合は月・火曜)、祝日、年末年始
入館料 無料
所在地 芝5-35-3
交通 JR田町駅(西口)より徒歩3分
都営浅草線・三田線三田駅(A1出口)より徒歩1分
お問い合わせ 03-5444-4151
◆三田図書館の4階にある「港郷土資料館」◆
 田町駅西口から「三田図書館」に行きます。「港区立港郷土資料館」はその4階にあります。中央の展示室はあまり広くありませんが、常設展や企画展示などが行われ、ここでしか見られない港区独自の資料がいっぱいあります。
 なかでも「さわれる展示室」は人気で、実際にさわったり、手にとったりして見ることができます。中央にはミンククジラの全身骨格標本があって、これは東京慈恵医科大学の標本館から寄贈されたものです。そのほか、長火鉢や七輪といった古い民具もあって、「懐かし〜い!」と思う年配の方が多く、利用者どうしの会話も弾みます。
「さわれる展示室」にあるミンククジラの全身骨格標本。東京慈恵医科大の標本館からの寄贈で、歴史系の博物館では珍しい展示品です。 床の間と卓袱台(ちゃぶだい)、長火鉢のある空間もできました。 ダイヤル式の黒電話、オープンリール式のテープレコーダーもあります。
「さわれる展示室」にあるミンククジラの全身骨格標本。東京慈恵医科大の標本館からの寄贈で、歴史系の博物館では珍しい展示品です。 床の間と卓袱台(ちゃぶだい)、長火鉢のある空間もできました。 ダイヤル式の黒電話、オープンリール式のテープレコーダーもあります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆港郷土資料館◆
開館時間 9:00〜17:00
休館日 日・祝日、第3木曜、年末年始、特別整理期間、臨時休館
入館料 無料
所在地 芝5-28-4 港区立三田図書館4階
交通 JR田町駅(西口)より徒歩5分
都営浅草線・三田線三田駅より徒歩2分
お問い合わせ 03-3452-4966
◆バス停3番から18番へ、「外務省外交史料館」◆
 バス停3番・田町駅前から「ちぃばす」に乗って約30分、18番麻布地区総合支所前で下ります。しばらく歩いて「外務省外交史料館」の別館に向かいます。
 館内に入ると、名宰相・吉田茂の胸像が迎えてくれます。この別館は吉田茂記念事業財団(現財団法人吉田茂国際基金)から寄贈されたもので、外務省が所蔵する幕末からの外交史料や、吉田茂元総理関係の資料などが展示されています。
 戦後初のパスポートは、サンフランシスコ条約のために米国にいく吉田茂でした。調印書や認証謄本などの直筆のサインをみると歴史の重みが迫ってきます。
外務省の飯倉公邸に隣接して「外務省外交史料館」があります。 入口には戦後の復興に尽力した名宰相・吉田茂の胸像と写真があります。当・別館は吉田茂記念事業財団(現財団法人吉田茂国際基金)から寄贈されたものです。 戦後初のパスポート、つまり1号は、サンフランシスコ条約のため渡米する吉田茂氏のものでした。
外務省の飯倉公邸に隣接して「外務省外交史料館」があります。 入口には戦後の復興に尽力した名宰相・吉田茂の胸像と写真があります。当・別館は吉田茂記念事業財団(現財団法人吉田茂国際基金)から寄贈されたものです。 戦後初のパスポート、つまり1号は、サンフランシスコ条約のため渡米する吉田茂氏のものでした。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆外務省外交資料館◆
開館時間 10:00〜17:30
休館日 土・日曜、祝日、年末年始
入館料 無料
所在地 麻布台1-5-3
交通 東京メトロ南北線・六本木一丁目駅より徒歩8分
東京メトロ日比谷線・六本木駅・神谷町駅より徒歩10分
都営大江戸線・六本木駅より徒歩10分
お問い合わせ 03-3585-4511
◆バス停34番から47番へ、「先端技術館@tepia(てぴあ)」◆
 バス停34番六本木駅前から、赤坂ルートの「ちぃばす」に乗って、47番青山一丁目駅前で下ります。秩父宮ラグビー場を過ぎた辺りに「先端技術館@tepia」はあります。
 同館は、機械産業記念事業財団が展示事業を始めて20年目に当たることから、全面的にリニューアルされました。私たちの身の回りで先端技術がいかにかかわっているかを、体験性や体感性の高い展示で紹介しています。
 ロビーでは、ロボットの「wakamaru」君がお出迎え。薄型ディスプレイやナノの世界の展示などもあり、普段はなかなか触れることの少ない専門分野について理解しやすい内容になっています。
財団法人機械産業記念事業財団の「先端技術館@tepia」。私たちの日常のなかで最先端技術が活かされていることを展示で紹介しています。 ロビーでは、コミュニケーションロボット「wakamaru」君が迎えてくれます。あいさつをしたり、じゃんけんをしたり、会話も楽しめます。 2階のビデオライブラリー。先端技術や科学技術の歴史などさまざまなプログラムを見ることができます。
財団法人機械産業記念事業財団の「先端技術館@tepia」。私たちの日常のなかで最先端技術が活かされていることを展示で紹介しています。 ロビーでは、コミュニケーションロボット「wakamaru」君が迎えてくれます。あいさつをしたり、じゃんけんをしたり、会話も楽しめます。 2階のビデオライブラリー。先端技術や科学技術の歴史などさまざまなプログラムを見ることができます。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆先端技術館@tepia(てぴあ)◆
開館時間 10:00〜18:00(平日)、10:00〜17:00(土・日曜、祝日)
休館日 月曜(月曜祝日の場合、開館し翌日)
入館料 無料
所在地 北青山2-8-44
交通 東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩4分
東京メトロ銀座線・青山一丁目駅より徒歩9分
都営大江戸線・国立競技場駅より徒歩11分
お問い合わせ 03-5474-6128
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ