MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
天高く馬肥ゆる
秋のミュージアムめぐり
観光モデルルート 秋のミュージアムめぐり
ルートTOP
 
1 品川駅を挟んで水産と物流
 
2 青山で岡本太郎、由縁の地をめぐる
 
3 六本木・虎ノ門、お隣同士の3館めぐり
 
4 新橋・汐留 サラリーマン御用達!?
 
1 白金・高輪 子どもの歓声とミュージアムめぐり
 
1 光の中を、六本木アート・トライアングル
 
1 「ちぃばす」で行く、ユニークなミュージアム
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
◆芸術は爆発だ! エネルギーみなぎる「岡本太郎記念館」◆
 表参道から数分歩いた辺りに「岡本太郎記念館」があります。岡本太郎がアトリエ兼住まいとして50年近くも使っていた空間で、太郎が平成8年に84歳で亡くなった後、平成10年に開館しました。
 日本のピカソの異名をもつ太郎ですが、大阪万国博覧会の「太陽の塔」の作者として、さらに「芸術は爆発だ!」の流行語を生んだ芸術家としても有名です。
 館内には太郎作品が数多く展示されており、1階は太郎が使っていた多くのキャンバスをはじめ、本やピアノなどがそのままの状態で残されています。隣の部屋には前館長の故敏子さんの笑った写真も飾ってありました。
岡本太郎記念館に入ると、すぐ右手の庭。金色に輝き喜ぶ太陽のような作品をはじめ、イガイガのある梵鐘、カラフルな椅子など太郎の作品が楽しげに迎えてくれます。 1階のアトリエはそのままに公開されています。描きかけの絵やたくさんのキャンバスがあります。 2階が展示室。住まいだったこともあり、お家を訪問するような気軽さも魅力です。
岡本太郎記念館に入ると、すぐ右手の庭。金色に輝き喜ぶ太陽のような作品をはじめ、イガイガのある梵鐘、カラフルな椅子など太郎の作品が楽しげに迎えてくれます。 1階のアトリエはそのままに公開されています。描きかけの絵やたくさんのキャンバスがあります。 2階が展示室。住まいだったこともあり、お家を訪問するような気軽さも魅力です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆岡本太郎記念館◆
開館時間 10:00〜18:00
休館日 火曜(祝日の場合は開館)、年末年始、保守点検日
入館料 一般600円、小学生300円
所在地 南青山6-1-19
交 通 東京メトロ千代田線・半蔵門線・銀座線 表参道駅より徒歩8分
◆岡本一平のアトリエ兼住居跡◆
 太郎の両親、岡本一平とかの子由来の地があるので、そこを訪ねてみます。
 父・一平は、東京美術学校卒業後、帝国劇場の舞台美術などに携わり、明治43年に、かの子と結婚。その後、東京朝日新聞社に入社し、絵に軽妙洒脱な文章を添えた「漫画漫文」スタイルの作品で、大正期の漫画界随一の人気者となりました。
 当初は京橋に住居を構えましたが、その後は、青山や白金三光町など戦争で疎開するまでのほとんどを港区で暮らしました。そのうちのアトリエ兼住居が北青山にありましたが、現在は少し古びて貫禄を感じさせるアパートになっていました。
岡本一平のアトリエ兼住居があったのは、北青山病院近くのこの辺り。洒落たお店の多い一角ですが、なぜかその住所の地は歴史を感じさせるアパートでした。
岡本一平のアトリエ兼住居があったのは、北青山病院近くのこの辺り。洒落たお店の多い一角ですが、なぜかその住所の地は歴史を感じさせるアパートでした。    
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆アトリエ兼住居跡◆
所在地 北青山3-8-9
交 通 東京メトロ千代田線・半蔵門線・銀座線 表参道駅より徒歩3分
◆岡本かの子の誕生の地◆
 外苑前駅の近くには、太郎の母・かの子の誕生の地があります。
 かの子は、川崎市の旧家・大貫家の長女として、別邸があった青山の地で生まれます。大地主であった父親に溺愛されて育ち、与謝野鉄幹主宰の「明星」にも10代で参加するなど歌人として早くに世に出ました。
 一平と結婚し、太郎を出産後に前出の北青山のアトリエ付き二階家に転居します。太郎のエッセイによると、父は多忙で朝早くに出て夜中にしか帰らないため、母と子は2人だけで、孤独に身を寄せあって暮らしていたとあります。その後、文壇デビューを果たしますが、49歳で急逝しました。
 かの子の生誕の地は、いまマンションになっています。隣は港区立青山小学校です。
かの子の生誕の地はマンションなっていました。隣は、港区立青山小学校です。
かの子の生誕の地はマンションなっていました。隣は、港区立青山小学校です。    
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆誕生の地◆
所在地 南青山2-23-5
交 通 東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩3分
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ