MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
秋の祭礼を3倍楽しむ
〜祭りの準備を歩く〜
観光モデルルート 〜祭りの準備を歩く〜
ルートTOP
 
1 春日神社と芝大神宮
 
2 白金と赤坂の氷川神社
 
3 赤坂豊川稲荷と天祖神社
 
4 みなと区民まつりの地。もともとの芝公園の周り(芝公園地1〜25号)を歩く
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
◆芝公園地1〜25号が芝公園
 神社やお寺の境内は、昔から祭りの会場として庶民に開放されてきましたが、明治になって、欧米式の公園がつくられるようになり人々の憩いの場になっていきます。
 明治6(1873)年、政府は「太政官布達」によって、芝・上野・浅草・深川・飛鳥山の5つの公園を制定し、本格的な都市公園作りを始めました。それらはいずれも社寺の境内で、芝の場合も徳川将軍家の菩提寺である増上寺の境内で(現在の増上寺境内は、戦後から)、かつては今の住所の「芝公園1〜4丁目」がほぼその敷地でした。明治6年に公園と制定されたとき、敷地は「公園地1〜25号」と25に区分されました。東京タワーのある場所は20号地、東京プリンスホテルあたりが3号地で、港区役所は6号地となります。
 住居表示には消えていますが、なんと、公園の案内図表示や管理事務所にある案内図にも、1号地、6号地、8号地などと記してあるのです。管理事務所では、今でも公園内の位置をこの「号地」名で伝えあっているとのことでした。
芝公園駅の近く。管理事務所があります。 都立芝公園案内図には、かつての公園地の号名が記されています。6号地、8号地、10号地などがみえます。
芝公園駅の近く。管理事務所があります。 都立芝公園案内図には、かつての公園地の号名が記されています。6号地、8号地、10号地などがみえます。  
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
◆日本近代初等教育発祥の地
 都営三田線「芝公園駅」から「芝公園」の信号を金杉橋方面へ。このあたりが芝公園2丁目で、15号地、 14号地です。右に「将監橋」の信号が見えたら左折、区役所方面に。周辺は大きなオフィスビルが建ち並んでいます。左に増上寺の大門を見ながら進んで、港区役所の裏手を行き、愛宕警察署前へ。このあたりが芝公園1丁目で、かつての5号地でした。左折して、進むと日比谷通り。「御成門」の交差点です。
 横断歩道を渡るまえに、ちょっと左手へ。「日本近代初等教育発祥の地」の碑があります。明治5(1872)年の学制発布に先立つ明治3年、東京府は6つの小学校を設置しますが、最も早く設置されたのが、御成門近くにあった源流院(増上寺の子院)の仮小学第一校でした。それがこの地です。
 翌4年には「小学第一校」と改称され、虎ノ門3丁目に移転、明治6年に「第一番小学鞆絵(ともえ)小学校」となります。当時の町名が「巴(ともえ)」だったことから、文武両道を願い“鞆絵”の文字を使いました。平成3年、他の4小学校(桜田・桜・桜川・神明)と統合され、区立御成門小学校となりました。日比谷通りを横断し、芝公園に沿いを歩くと、御成門小学校です。
左手に増上寺の大門が見えました。そのまま直進します。 「御成門」の交差点近くの「日本近代初等教育発祥の地」の碑。 御成門小学校の玄関口にある記念碑。4つの小学校が統合されたことが校章で示されています。
左手に増上寺の大門が見えました。そのまま直進します。 「御成門」の交差点近くの「日本近代初等教育発祥の地」の碑。 御成門小学校の玄関口にある記念碑。4つの小学校が統合されたことが校章で示されています。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆日本近代初等教育発祥の地◆
所在地 芝公園1-1
交  通 都営三田線御成門駅より徒歩すぐ

◆芝給水所と芝給水所公園
 愛宕通りを横断し、芝公園3丁目あたりにでます。右手は愛宕山方面で、ここから上り坂です。明治40年の地図では、24 号地あたりに正則中学校があります。正則学園は、平成21年に120周年を迎える掲げられていました。隣は芝学園。小高い山を上りきったところ、道の反対側にオランダ大使館前があります。先ほどの地図には「和蘭国公使館」とあります。
 そして、その隣が芝給水所。明治29年に竣工し、31年から淀橋浄水場から浄水を受け、給水をはじめました。その後、100年にわたって都民に水を送り続けてきました。敷地内には、現在のポンプ棟の前に旧芝給水所の遺構があります。
 なお、東京都水道局の芝給水所の改装にあわせ、配水池上部は緑化され、芝給水所公園となっています。アスレチック施設やブランコなどもあります。
 道を下っていくと永井坂、そして飯倉交差点です。
 和蘭国公使館も、芝給水所も旧栄町です。公園地に隣あっていました。
明治31年から給水をはじめた芝給水所。新しくなった給水所の敷地内には、旧芝給水所の遺構が展示してあります。 給水所の正面柱。「芝浄水池」とあります。昭和40年に淀橋浄水場から移設したものを、平成14年に復元しました。 緑化され、芝給水所公園と整備された配水池上部。アスレチック施設やブランコなどもあります。
明治31年から給水をはじめた芝給水所。新しくなった給水所の敷地内には、旧芝給水所の遺構が展示してあります。 給水所の正面柱。「芝浄水池」とあります。昭和40年に淀橋浄水場から移設したものを、平成14年に復元しました。 緑化され、芝給水所公園と整備された配水池上部。アスレチック施設やブランコなどもあります。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆芝給水所公園◆
所在地 芝公園3-6-7
◆名所・史跡を歩き、健康測定もやってみよう
東京タワーを仰ぎ見ながら、桜田通りを赤羽橋方面へ。東麻布の歩道橋手前に左に入ると、芝公園にまたグッと近づきます。やがて豆腐料理で有名な「東京芝とうふ屋 うかい」の建物や庭の一部が見え、また道なりに進むと、赤羽橋の交差点。左手のこんもりとした公園側と道を挟んで妙定院のあるほうも芝公園の敷地です。テニスコートや野球場のあたりは、16 号地です。
 公園側のほうが、17号地。ここには、「体力測定健康歩道」という体力測定遊具の配置された道があります。立位体前屈、懸垂、立幅跳びなど9種類の運動で測定ができるようになっています。
 いよいよスタート地点、芝公園駅へ。ザ・プリンスパークタワー東京が建つ右側の公園敷地には、5世紀頃と推定される前方後円墳「芝丸山古墳」があります。古墳の上には、日本地図をつくった測量の先駆者・伊能忠敬を称える「伊能忠敬測地遺功表」もあります。
 かつての芝公園地は、かなりの広さだったことがわかります。
妙定院の土塀。この先が、芝公園のテニスコートや野球場で、16 号地です。 公園側が17号地。ここには、「体力測定健康歩道」という体力測定遊具のある道があります。 緑の丘は、5世紀頃と推定される前方後円墳「芝丸山古墳」です。
妙定院の土塀。この先が、芝公園のテニスコートや野球場で、16号地です。 公園側が17号地。ここには、「体力測定健康歩道」という体力測定遊具のある道があります。 緑の丘は、5世紀頃と推定される前方後円墳「芝丸山古墳」です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆体力測定健康歩道◆
所 在 地 芝公園4丁目
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ