MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
夏だから、コレ!おすすめのお店で、夏にぴったりの商品や楽しみ方を伺います。
港区老舗・おすすめの店100選めぐり Part2
観光モデルルート 港区老舗・おすすめの店100選めぐり Part2
ルートTOP
 
1 高輪から麻布へ
 
2 芝から新橋へ
 
3 赤坂界隈
 
4 高輪界隈
 
4 麻布界隈
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
◆まるでフルーツギャラリー、「サン・フルーツ 東京ミッドタウン店」◆
 六本木駅から東京ミッドタウンへ入ります。その地下1階ガレリアの一角に「サン・フルーツ 東京ミッドタウン店」があります。マンゴーに桃、ブドウ、スイカなどがまるでギャラリーの作品のように美しく並んでいます。贈答用のほか、カットフルーツやフレッシュゼリーは幅広い層に人気です。観葉果樹や観賞用に四角いスイカなどをそろえ、ラグビーボールを大きく太らせたしたような「ゴジラのたまご」、黒い皮の「でんすけスイカ」、「ブラックムーン」などもありました。ネーミングも面白いですね。
 夏のフルーツの楽しみかたは、冷やし過ぎないこと。桃は食べる1時間前、スイカは2時間前から冷やすと、甘くおいしくいただけるとのことです。
まるでフルーツのギャラリーのような「サン・フルーツ 東京ミッドタウン店」 四角いスイカ?観賞用のスイカです。ディスプレイもすてきです。 フルーツコンシエルジュの土方康子さんが、フルーツの世界を案内してくれます。
まるでフルーツのギャラリーのような「サン・フルーツ 東京ミッドタウン店」 四角いスイカ?観賞用のスイカです。ディスプレイもすてきです。 フルーツコンシエルジュの土方康子さんが、フルーツの世界を案内してくれます。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆サン・フルーツ 東京ミッドタウン店◆
所在地 赤坂9-7-4 D-B107
交  通 都営大江戸線・東京メトロ日比谷線・六本木駅より直結
東京メトロ千代田線・乃木坂駅より徒歩3分
TEL 03-5647-8388
◆「ちぃばす」で、六本木から赤坂へ◆
 東京ミッドタウンと赤坂駅は500メートルほどの距離。ですが、日差しの強い夏の日中は、バス利用がおすすめです。天然ガス車で環境にも優しい港区コミュニティバス「ちぃばす」に乗ります。料金は100円。
 「六本木七丁目」のバス停で待ちます。運行間隔は20分に1本です。小学生が描いた絵からデザインされたかわいいバスで、車内では日本語、英語、中国語、韓国語の4つの言語でアナウンスがあります。乃木公園を車窓にみて、10数分で赤坂駅に着きました。
◆あらゆるお酒が勢ぞろい、「赤坂四方」◆
 みすじ通りに入った交差点角に、寛永元(1624)年創業という酒店「赤坂四方」(あかさかよも)があります。店内には地酒、地焼酎、ワイン、ウイスキー、スピリッツなど世界の銘酒がズラリとそろっています。地下1階には広いワインセラーがあり、最高級のワインも並んでいます。
 十六代目で利き酒師、焼酎やワインのアドバイザーである山田峰子さんによれば、昔の酒屋はいろんな蔵元のお酒をブレンドして売っていたそうで、同店も陶器の酒瓶にいれ「四方の瀧水」という名で販売していたとか。自社ブランドのウイスキー「赤坂」もあるそうです。
 夏のお酒の楽しみ方は、夏バテ気味には梅酒のロックやソーダ割り、レモン搾り汁でキリッとさせるのもいいとのこと。ワインはサラッと飲めるオーストラリアやニュージーランド、カリフォルニア産がおすすめ。日本酒もロックで飲んだり、スパークリングの軽い飲み口もあるのでお試しくださいとのことでした。
みすじ通りにある「赤坂四方」は江戸時代初期の創業です。 地下のワインセラーには、世界のトップクラスのワインも並んでいます。 蔵元のお酒をブレンドして販売していた時代の酒瓶(右)と、赤坂四方オリジナルブランドのウイスキー「赤坂」
みすじ通りにある「赤坂四方」は江戸時代初期の創業です。 地下のワインセラーには、世界のトップクラスのワインも並んでいます。 蔵元のお酒をブレンドして販売していた時代の酒瓶(右)と、赤坂四方オリジナルブランドのウイスキー「赤坂」
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆赤坂四方◆
所在地 赤坂3-12-21
交  通 東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅より徒歩5分
東京メトロ千代田線・赤坂駅より徒歩3分
TEL 03-3585-6711
◆夏の風物詩・江戸簾(えどすだれ)、「鈴松商店」◆
 一ツ木通りのやや手前に「鈴松商店(すずまつしょうてん)」があります。2階まで吹き抜けの壁にたくさんの簾(すだれ)がかかっています。
 なかに入ると、ぷ〜んと竹のような香りがしてきます。三代目の鈴木盛雄さんと弟の祐二さんが昔ながらの道具や技法で簾を作っていました。地下の作業場には素材となる植物が数多く置かれ、心地よい香りを漂わせています。簾といっても、用途や好みによって色や素材や大きさが変わります。その種類の豊富さには驚かされます。最近は家屋の洋風化にともなって使われなくなりましたが、その一方で、天然素材の良さが見直されてインテリアとしての利用が多くなっています。
 港区の伝統工芸士でもある盛雄さんによれば、夏の風物詩と季節を楽しんで購入される方が多いとか。素材や雰囲気の面白さから興味をもつ若い建築家もいて、いろんな使い方で楽しんでほしいといいます。
簾にもいろいろな種類があります。房やヘリのあるお座敷用は雅な雰囲気があります。 素材や長さ、編み方にもバリエーションがあり、モダンな印象にすることもできます。 三代目の鈴木盛雄さんは、港区の伝統工芸士です。「簾について何でも聞いてほしい」と話します。
簾にもいろいろな種類があります。房やヘリのあるお座敷用は雅な雰囲気があります。 素材や長さ、編み方にもバリエーションがあり、モダンな印象にすることもできます。 三代目の鈴木盛雄さんは、港区の伝統工芸士です。「簾について何でも聞いてほしい」と話します。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆鈴松商店◆
所在地 赤坂3-15-5
交  通 東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅より徒歩5分
東京メトロ千代田線・赤坂駅より徒歩3分
TEL 03-3583-4068
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ