MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
夏だから、コレ!おすすめのお店で、夏にぴったりの商品や楽しみ方を伺います。
港区老舗・おすすめの店100選めぐり Part2
観光モデルルート 港区老舗・おすすめの店100選めぐり Part2
ルートTOP
 
1 高輪から麻布へ
 
2 芝から新橋へ
 
3 赤坂界隈
 
4 高輪界隈
 
4 麻布界隈
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
◆もつ焼きと生ビール、居酒屋「秋田屋」◆
 スタートは、都営浅草線・大江戸線・大門駅からです。
 時刻は夕暮れ。大門交差点近くに「秋田屋(あきたや)」があります。1929(昭和4)年創業のもつ焼きがメインの居酒屋です。昭和30年代の懐かしさ漂う外観ですが、店内は賑やかで活気があり、それでいて和やかな。開店は午後3時半、夕方5時には店内はお客さんで一杯です。
 人気メニューは一人一串限定「たたき」という肉団子。三代目の金沢義久さんによれば、軟骨を包丁でたたいて砕いたから“たたき”となったそうで、店外の立ち飲みも、店内に入りきれないお客さんがビールケースをもってきて飲み始めたのがきっかけだそうです。
 夏のおすすめメニューは、やっぱり冷たい生ビールに、スタミナがつき美容にも良いもつ焼きとのこと。これで元気な夏を過ごせそうです。
開店は15:30。夏は日がまだ高いうちから、お客さんがやってきます。 もつを焼く焼き場の正面にも立ち飲みのテーブルが。店内に入れないお客さんが自主的にはじめた立ち飲みでした。 一人一串限定の肉団子「たたき」(手前)とレバー(右)、牛もつ煮込み(左)。夏の元気のもとです。
開店は15:30。夏は日がまだ高いうちから、お客さんがやってきます。 もつを焼く焼き場の正面にも立ち飲みのテーブルが。店内に入れないお客さんが自主的にはじめた立ち飲みでした。 一人一串限定の肉団子「たたき」(手前)とレバー(右)、牛もつ煮込み(左)。夏の元気のもとです。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆居酒屋「秋田屋」◆
所在地 浜松町2-1-2
交 通 都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩1分、JR浜松町駅から徒歩2分
TEL 03-3432-0020
◆江戸時代は関東の“お伊勢さま”、「芝大神宮」◆
 芝神明商店街を進みます。商店街の街灯につるされた旗は、纏(まとい)と「め組」の絵です。しばらく歩くと左手に大きな鳥居の芝大神宮がありました。創建は平安時代という由緒ある古社で、伊勢神宮の御祭神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおみかみ)を祀っていることから、江戸時代には「関東のお伊勢さま」として多くの参詣者で賑わいました。
 参道の階段を上ると狛犬の台座に大きく「め組」と彫られていました。そうです、芝の神明こと芝大神宮周辺の氏子は、江戸町火消し「め組」が取りまとめていたのです。
 9月中旬の例大祭は、10日間も続くため「だらだら祭」とも呼ばれています。
大門駅を背に芝神明商店街を進んでいくと、やがて左に大きな鳥居の芝大神宮が見えます。 平安時代に創建され、江戸時代は「関東のお伊勢さま」といわれ賑わいました。 狛犬の台座に大きく「め組」とありました。町火消し「め組」がこのあたりの氏子たちをとりまとめていました。
大門駅を背に芝神明商店街を進んでいくと、やがて左に大きな鳥居の芝大神宮が見えます。 平安時代に創建され、江戸時代は「関東のお伊勢さま」といわれ賑わいました。 狛犬の台座に大きく「め組」とありました。町火消し「め組」がこのあたりの氏子たちをとりまとめていました。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆芝大神宮◆
所在地 芝大門1-12-7
交 通 都営浅草線・大江戸線大門駅より徒歩1分
JR浜松町駅、都営三田線・御成門駅より徒歩5分
TEL 03-3431-4802
◆秘伝のタレで国産ウナギ、「蒲焼 鳥かど家」◆
 赤レンガ通りを外堀通り方面に歩くと、創業大正元(1912)年の「蒲焼 鳥かど家」(かばやき とりかどや)に着きます。のれんには「うなぎ」とあるのに店名はなぜか「鳥」。三代目の鈴木徹雄さんによれば、初代鈴木勇助さんのときは鶏肉料理店だったとか。戦後からウナギを出すようになり、現在はウナギ専門ですが、地鶏を使った親子重も人気です。
 国産ウナギを毎朝仕入れ、さばいて白焼に。注文後に蒸し、タレをつけて焼きます。ていねいな焼き方とみりんと醤油だけの独自のタレから、外がサクッと中がふんわり、風味豊かな蒲焼きができあがります。酒類も充実させ、ウナギを骨まで柔らかく煮た「鰻の汽車ポッポ」がおつまみとして好評。品名は圧力鍋のシュッ、シュッという音がヒントになったそうです。
 おすすめは、土用の丑の日(7月24日と8月5日)だけでなく、前後の日にどうぞとのこと。気が早いですが、冬も脂がのっておいしいですよ。
暖簾は「うなぎ」なのにお店の名には「鳥」? 初代のころは鳥料理店だったとか。 長年かけて作り上げてきた独特のタレで、サクッ、フワッの美味しい蒲焼きになります。 おつまみ用に登場した「鰻の汽車ポッポ」も人気です。
暖簾は「うなぎ」なのにお店の名には「鳥」? 初代のころは鳥料理店だったとか。 長年かけて作り上げてきた独特のタレで、サクッ、フワッの美味しい蒲焼きになります。 おつまみ用に登場した「鰻の汽車ポッポ」も人気です。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆蒲焼 鳥かど家◆
所在地 新橋4-27-9 新橋スズキビル1階
交 通 JR・東京メトロ銀座線・新橋駅より徒歩6分
都営三田線・内幸町駅から徒歩7分
TEL 03-3431-0534
◆ベスト曲をアドバイス、「東京堂」◆
 赤レンガ通りを外堀通り方面に歩くと、交差点角に「東京堂」(とうきょうどう)があります。1949(昭和24)年の開業、新橋地区では唯一の個人経営のCDショップとなりました。店主の大谷芳弘さんによれば、戦前は酒屋でしたが、戦後、父親がレコード屋に。大型店と違って売れ筋以外のものもそろえ、ロックやジャズ、歌謡曲、クラシック、落語、民謡など選りすぐりの約1万点の在庫があります。
 夏に聴くおすすめは、ハワイアン、それにボサノヴァとのこと。自宅でこれらの曲を聴けば、ハワイにも南米にも行けますから。
 深夜23時まで営業、JR新橋駅は歩いて数分です。
名盤、定盤、話題盤などジャズコーナーはとくに充実しています。 演歌も落語も民謡もあります。演歌らしいディスプレイも楽しい。 季節にあわせた音楽を雑貨などの小道具を使ってディスプレイし、提案します。
名盤、定盤、話題盤などジャズコーナーはとくに充実しています。 演歌も落語も民謡もあります。演歌らしいディスプレイも楽しい。 季節にあわせた音楽を雑貨などの小道具を使ってディスプレイし、提案します。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆東京堂◆
所在地 新橋2-15-14
交  通 JR・ 東京メトロ銀座線・新橋駅(烏森出口)より徒歩2分
TEL 03-3591-6682
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ