MINATOあらかるとTOPへ
MINATOあらかるとで
中小企業ガイド 中小企業支援 中小企業お役立ち情報 観光情報 商店街情報 港区の工業 伝統工芸士 みんなの掲示板
観光モデルルート Welcome港区
江戸・明治期創業の老舗を訪ね、伝統の看板やのれんの文字を探る
港区老舗・おすすめの店100選めぐり Part1
観光モデルルート 港区老舗・おすすめの店100選めぐり Part1
ルートTOP
 
1 新橋・虎ノ門界隈
 
2 三田・芝界隈
 
3 青山・六本木界隈
 
4 麻布十番界隈
観光情報メールマガジン「Welcome港区」配信中!
メールマガジン登録はこちら
この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。
まだ登録されていない方は今すぐコチラから!
◆慶応元年創業「麻布十番 豆源 本店」のロゴマークは鳩◆
 スタートは東京メトロ南北線の麻布十番駅からです。麻布十番商店街の一角に「麻布十番 豆源 本店(あざぶじゅうばん まめげん ほんてん)」があります。
 創業は1865(慶応元)年。初代の駿河屋源兵衛(するがや・げんべい)さんは当初、煎り豆を肩や屋台の荷車に乗せてひき売りし、「豆やの源兵エさん」と親しまれていました。麻布十番にお店を構えてからは、大きな日傘が目印でしたが、空襲で焼けて昔のものは残っていないそうです。
 入口付近では、おかきを揚げ、お豆を煎っています。ゴマ油の香ばしい香りがただよいます。店内では本店限定の「豆かん」「くずきり」「赤えんどう」「ゆで落花」も含め、定番のおとぼけ豆や出世豆、おのろけ豆など90種類もの豆菓子がずらりと並びます。
麻布十番駅を背にして、十番商店街を進んで2つめの交差点に「豆源」があります。 本店限定品のほか、おとぼけ豆や出世豆、おのろけ豆など90種類もの豆菓子がずらり。試食も、また楽しみです。 丸に飾りのついたようなマーク。これ、よく見ると鳩なのです。豆とくれば鳩でした。
麻布十番駅を背にして、十番商店街を進んで2つめの交差点に「豆源」があります。 本店限定品のほか、おとぼけ豆や出世豆、おのろけ豆など90種類もの豆菓子がずらり。試食も、また楽しみです。 丸に飾りのついたようなマーク。これ、よく見ると鳩なのです。豆とくれば鳩でした。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆麻布十番 豆源 本店◆
所在地 麻布十番1-8-12
交  通 JR東京メトロ・南北線麻布十番駅より徒歩3分
TEL 03-3583-0962
◆明治42年創業「浪花家総本店」とヒット曲「およげ!たいやきくん」◆
 ビルのやや上のほうに「たいやき」とある魚型の木製の看板が見えます。ここが1909(明治42)年創業の、たい焼きの元祖「浪花家総本店」(なにわやそうほんてん)です。初代・神戸清次郎さんは、江戸時代からあった今川焼きに対抗して、試行錯誤を重ねていました。そのうち、やはり「鯛は腐っても鯛」と、庶民には高根の花だった鯛の形にしたら、これが大当たり。やがて麻布十番に店を出し、童謡「およげ!たいやきくん」にモデルになるほど評判となりました。三代目・神戸守一さんによると、看板はケヤキとヒノキでつくってもらったとか。当時はかなり高価でしたが、貫禄がでるように材質となる木にはこだわったといいます。
 店先では、若い職人さんが一つずつ型にいれて焼く、一本焼き、または天然物といわれる方法で焼いていきます。パリパリっとした薄めの皮に、十勝産小豆を8時間かけて練り上げた甘さを抑えた餡が尻尾まで入っています。
初代・神戸清次郎さんが明治42年に創業した、たい焼きの元祖「浪花家総本店」。 三代目・神戸守一さんは、今年85歳。赤い鯛柄のアロハに、鯛型のブローチのファッション。コック帽に蝶ネクタイで焼いていたトレードマークのぬいぐるみを手に現れました。 若い職人さんが一つずつ型にいれて焼く、一本焼き、または天然物といわれる方法で焼きます。
初代・神戸清次郎さんが明治42年に創業した、たい焼きの元祖「浪花家総本店」。 三代目・神戸守一さんは、今年85歳。赤い鯛柄のアロハに、鯛型のブローチのファッション。コック帽に蝶ネクタイで焼いていたトレードマークのぬいぐるみを手に現れました。 若い職人さんが一つずつ型にいれて焼く、一本焼き、または天然物といわれる方法で焼きます。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆浪花家総本店◆
所在地 麻布十番1-8-14
交  通 東京メトロ・南北線麻布十番駅より徒歩3分/td>
TEL 03-3583-4975

◆明治23年創業「紀文堂」と書家・中村素堂◆
 手焼きの人形焼やせんべいなどで、根強いファンをもつ「紀文堂」(きぶんどう)。1890(明治23)年創業で、看板の文字も気高く風格があります。
 店内に入ると、甘く香ばしく、そして懐かしい香りに包まれます。すぐ奥で人形焼やワッフルを焼いているからです。瓦せんべいから始まり、大正期の終わりに人形焼を、昭和30年代からはワッフルを始めましたが、あくまで「手焼きが基本」といいます。餡がたくさん入ってお顔もくっきりとした6種類人形焼(七福神のうち、毘沙門天がない)は定評です。
手焼きの人形焼やせんべい、ワッフルの「紀文堂」は、創業明治23年です。 お店では、奥で人形焼やワッフルを焼いています。三代目の須崎正巳さんは「手焼きが基本です」と話し、四代目の息子さんもうなずいてワッフルを焼いていました。 看板の文字は、戦後の代表的作家で、歌人であり、また古写経など書の研究資料収集家でもあった中村素堂氏によるものです。
手焼きの人形焼やせんべい、ワッフルの「紀文堂」は、創業明治23年です。 お店では、奥で人形焼やワッフルを焼いています。三代目の須崎正巳さんは「手焼きが基本です」と話し、四代目の息子さんもうなずいてワッフルを焼いていました。 看板の文字は、戦後の代表的作家で、歌人であり、また古写経など書の研究資料収集家でもあった中村素堂氏によるものです。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆紀文堂◆
所在地 麻布十番2-4-9
交 通 東京メトロ・南北線麻布十番駅より徒歩3分
TEL 03-3451-8918
◆器に工夫、今のさらしなそばを伝える「総本家更科堀井」◆
 麻布十番には老舗のそば屋さんが多いのですが、今回は1984(昭和59)年に創業家をひく堀井家として再興し開店した「総本家更科堀井」(そうほんけさらしなほりい)を訪ねます。暖簾の文字は、全体に小さめで上品な雰囲気ですが、その上の金工による「更科堀井総本家」という文字は、大きめの「堀」に光があたり、次の「井」がやや上にあがっているなど強い意志が表れた味わい深いものです。
 九代目の堀井良教さんによると、江戸前の伝統的なそば作りをしているそうで、「木鉢」という蕎麦粉と水を混ぜ合わせ馴染ませる工程はとくに大事にしているといいます。
 白い「さらしなそば」のほか、季節ごとの「変わりそば」も人気で、「トマトつなぎ」「笹切り」のほか、青海苔、しそ、青柚子、菊など旬の食材がそばに練り込まれます。
「総本家更科堀井」の入口。格式とモダンさをあわせもったような雰囲気です。 そば皿の高さがやや低めです。白いさらしばそばに朱塗りで、シャープ感があります。 入口にあるメニューの見本の下に「八代目 堀井太兵衛」とあり、中興の祖として尊敬されていることをうかがわせます。
「総本家更科堀井」の入口。格式とモダンさをあわせもったような雰囲気です。 そば皿の高さがやや低めです。白いさらしばそばに朱塗りで、シャープ感があります。 入口にあるメニューの見本の下に「八代目 堀井太兵衛」とあり、中興の祖として尊敬されていることをうかがわせます。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆総本家更科堀井◆
所 在 地 元麻布3-11-4
交  通 東京メトロ・南北線麻布十番駅より徒歩3分
TEL 03-3403-3401
◆赤い靴の「きみちゃん像」から、チャリティー活動へ◆
 最後は公園「パティオ十番」にいきます。ここには童謡「赤い靴」のモデルとなった「きみちゃん像」があります。これは、岩崎きみという女の子が、6歳でアメリカ人宣教師夫妻の養女となり、渡米したと思われていましたが、実際は結核のために鳥居坂教会の孤児院に預けられ療養しましたが、残念ながら9歳で亡くなったのです。
 麻布十番商店街では、母と子の愛の絆を想い、1989(平成元)年にパティオ十番に「きみちゃん」の像を建てました。像ができたその日の夕方、誰かがきみちゃんの足元に18円を置きました。そのことがきっかけとなり、それ以後毎年、世界のめぐまれない子どもたちのためのチャリティー活動が続けられています。広場近くの「ローリエ ヤマモト」で、寄付金になる絵はがきが買えます。
 ここでちょっと休んでから、帰途につくことにしましょう。
豆源さんのある交差点を左「雑色通り」にいくと、公園「パティオ十番」です。 平成元年、麻布商店街によってきみちゃん像ができました。 世界のめぐまれない子どもたちへのチャリティー活動が行われています。
豆源さんのある交差点を左「雑色通り」にいくと、公園「パティオ十番」です。 平成元年、麻布商店街によってきみちゃん像ができました。 世界のめぐまれない子どもたちへのチャリティー活動が行われています。
※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。
information
◆きみちゃん像◆
所 在 地 麻布十番2-3
交  通 東京メトロ・南北線麻布十番駅より徒歩3分
Welcome港区TOPへ
| 観光データベース | WELCOME港区 | 港区行事カレンダー | ホテル・宿泊情報 | 観光協会のご紹介 | ステキな港区TOP |
MORE
Copyright © MINATO CITY. All rights reserved .
MINATOあらかるとTOPへ