観光モデルルートWelcome港区

運動不足解消!坂道を歩いて、みなと新名所・旧跡を見に行こう

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのスポット
  2. おひとりさまにおすすめのスポット
  3. カップルにおすすめのスポット
  4. ファミリーにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【4】ファミリーにおすすめのスポット

最後に、六本木エリアにある【狸穴坂】へと向かいましょう。【狸穴坂】は、六本木の中心から少し離れた、閑静な住宅街にあります。歩いていると、民家やマンションなどの建物が多く車も少ないので、ファミリーで安心して歩くことができます。

【交通案内】
@【紀伊国坂】:東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅より徒歩約8分
A【霊南坂】:東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅より徒歩8分/東京メトロ千代田線「国会議事堂前」駅より徒歩8分
B【鳥居坂】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩4分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩8分
C【狸穴坂】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩10分

ベストセレクトスポット
狸穴坂

坂の下にある公園もオススメ

外苑東通り沿いにある【狸穴坂】。“まみあなざか”のまみとは、雌ダヌキ・ムササビまたはアナグマの類で、昔その穴(まぶ)が坂下にあったといわれています。また、採鉱の穴であったという説もあります。外苑東通りから坂を下っていくと、左側には「東京アメリカンクラブ」、そして、右側にはマンションや民家が立ち並んでいるのが見えます。坂を下って右方向に進むと「狸穴公園」があるので、お子さんを遊ばせたり、休憩をとるのにオススメです。


  • 道幅が少し狭いので、すれ違う人に配慮しながら下りましょう

  • 「狸穴公園」の入口

  • 公園中央には噴水やベンチがあります

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

狸穴坂
所在地 麻布台2丁目、麻布狸穴町の間
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩10分

周辺立ち寄りスポット
永井坂

東京タワーを近くに感じる坂

【永井坂】は、「飯倉交差点」から「東京タワー前交差点」にかけて続く坂です。江戸時代から明治初期にかけて、この付近の地を芝永井町といったことが所以で【永井坂】という名称になりました。坂の途中には、東京のシンボルタワー「東京タワー」があります。家族みんなで、展望台から東京の景色を眺めてみてはいかがですか?


  • 【永井坂】の中腹地点に案内があります

  • 「東京タワー」入口の様子

  • 緑に囲まれたトンネルを歩きましょう。お子さんはきっと大喜びですね

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

永井坂
所在地 芝公園3丁目6番、4丁目1番の間
交通 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩9分/都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩8分

周辺立ち寄りスポット
雁木坂

ユニークな形をした坂

外苑東通りと桜田通りが交わるエリアにある【雁木坂】(がんぎざか)。階段になった坂を一般的に【雁木坂】といいますが、敷石が直角に組まれていたという理由などから、当て字で“岩岐坂”とも書きます。急な階段になっているので、お子さんの手をとり、一段ずつ確実にあがっていきましょう。

  • 【雁木坂】は、ひっそりとした場所にあります
  • 坂を上がり終えてから、振り返って撮影するのもいいですよ

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ