観光モデルルートWelcome港区

運動不足解消!坂道を歩いて、みなと新名所・旧跡を見に行こう

観光ルート

  1. アクティブシニアにおすすめのスポット
  2. おひとりさまにおすすめのスポット
  3. カップルにおすすめのスポット
  4. ファミリーにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【1】アクティブシニアにおすすめのスポット

まずは、元赤坂エリアにある【紀伊国坂】へと向かってみましょう。元赤坂には、赤坂御用地や東宮御所、迎賓館などがあり、とても穏やかな雰囲気です。【紀伊国坂】は、赤坂御用地に沿う場所に位置し、すぐ近くには首都高速が走ります。この辺りは、人通りも少なく緑が多いため、沢山のランナーとすれ違います。

【交通案内】
@【紀伊国坂】:東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅より徒歩約8分
A【霊南坂】:東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅より徒歩8分/東京メトロ千代田線「国会議事堂前」駅より徒歩8分
B【鳥居坂】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩4分/東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩8分
C【狸穴坂】:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分/都営大江戸線「赤羽橋」駅より徒歩10分

ベストセレクトスポット
紀伊国坂

途中から港区になる坂

【紀伊国坂】は、坂の西側に、江戸時代を通じて紀州(和歌山県)徳川家の広大な屋敷があったことからそう呼ばれていました。赤坂離宮前から「弁慶堀」に沿って元赤坂一丁目方向へゆるやかに下っており、弁慶堀の真ん中あたりから南側が港区です。小泉八雲の『怪談』に出てくる坂としても知られ、都内でも風趣に富んだ坂の一つです。


  • ゆるやかな坂道がしばらく続きます

  • 弁慶堀は、寛永年間に堀割工事を請け負った弁慶小右衛門の名をとったものと伝えられています

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

紀伊国坂
所在地 元赤坂 2-1、千代田区との境
交通 東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅より徒歩約8分

周辺立ち寄りスポット
安鎮坂

緑の多い静かな雰囲気の坂

東宮御所を右手に歩いていると、いつの間にかゆるやかな下り坂になっていることに気づきます。この坂が【安鎮坂】です。付近に安鎮(珍)大権現の小社があったことから坂の名前となりました。また、武士の名からできた付近の地名によって「権田原坂」ともいいます。


  • 「東宮御所」の敷地を右手に、しばらく歩いていきます

  • 坂を下ったところに、【安鎮坂】の案内があります

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

安鎮坂
所在地 元赤坂2丁目1番、2丁目2番の間

道中路地裏プチコラム
九郎九坂

別名は、鉄砲坂

【九郎九坂】は、江戸時代の一ツ木町名主秋元八郎左衛門の先祖、九郎九が住んでいたことから、その名前が付きました。また、鉄砲練習場があり、鉄砲坂ともいいます。

  • 坂のふもと、左側に【九郎九坂】の案内があります
  • 案内の後方にある「元赤坂地区の歴史」では、昔の風景を見ることができます

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ