観光モデルルートWelcome港区

都心のオアシス、秋の庭園巡り

観光ルート

  1. おひとりさまにおすすめのスポット
  2. ファミリーにおすすめのスポット
  3. カップルにおすすめのスポット
  4. アクティブシニアにおすすめのスポット

観光情報メールマガジン 「Welcome港区」 配信中!

メールマガジンの登録はこちら

この内容は、毎週木曜日にメールマガジンで配信しています。 お役立ち情報が満載!購読は無料です。まだ登録されていない方は今すぐコチラから!

【2】ファミリーにおすすめのスポット

次は、ファミリー全員で楽しめるスポット【港区立檜町公園】に行ってみましょう。【港区立檜町公園】は、都営大江戸線「六本木」駅に直結しています。園内には、ゆっくりと庭園や池を楽しめる東屋や、広場や遊具が揃うスペースもあるので、家族みんなでたっぷり楽しむことができます。

【交通案内】
@【根津美術館】:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅より徒歩約10分
A【港区立檜町公園】:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩3分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
B【高橋是清翁記念公園】:東京メトロ銀座線 ・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩3分/東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩10分
C【旧芝離宮恩賜庭園】:JR「浜松町」駅より徒歩3分/都営浅草線・都営大江戸線「大門」駅より徒歩5分/ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩7分

ベストセレクトスポット
港区立檜町公園

檜が多いことから「檜屋敷」と呼ばれていた庭園跡

東京ミッドタウンの東側に位置する【港区立檜町公園】は、「ミッドタウン・ガーデン」から続く芝生の広場と、池を中心にした回遊式日本庭園のある公園。その昔、檜が多いことから「檜屋敷」とも呼ばれていた萩藩・毛利家の麻布下屋敷の庭園跡です。その広大な庭は「清水亭」と呼ばれ、江戸の町並みを一望できる名園として名を馳せました。東京ミッドタウンの建設と同時に再整備され、周囲を高層ビルやマンションに囲まれながらも、庭園に一歩足を踏み入れると、緑豊かな自然の風景を楽しむことができます。


  • 池を左手に進んでいくと、東屋が見えてきます

  • 東京ミッドタウンとの調和がとれた開放的な空間

  • 池と東屋を合わせて写真撮影をするなら、ここがオススメ

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

港区立檜町公園
所在地 港区赤坂9-7-9
交通 東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩3分/東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分

周辺立ち寄りスポット
乃木神社

乃木将軍夫妻の御霊を祀る場所

明治時代に活躍した乃木将軍夫妻の御霊を祀り、大正12年(1923年)11月に鎮座した【乃木神社】。昭和20年(1945年)5月の空襲で、手水舎と二の鳥居以外すべて焼失したものの、昭和37年(1962年)、全国の崇敬者の熱意によって本殿・幣殿・拝殿が復興されました。本殿近くには正松神社が鎮祭されており、乃木将軍が師事した長州萩の学者で松下村塾の開祖である玉木文之進と深く敬慕していた吉田松陰の分霊が祀られています。境内には「教育の碑」があり、 明治41年1月、乃木将軍が学習院長に任命された時に、明治天皇から賜った和歌が彫られています。和歌には、乃木将軍のような立派な人物を国の将来を担う大切な子供の教育に当たらせたいという明治天皇の願いが込められています。


  • 乃木坂沿いにある、一の鳥居

  • 長州萩の松蔭神社から分霊をした正松神社

  • 静寂な空気の流れる境内

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

インフォメーション

乃木神社
所在地 港区赤坂 8-11-32
ホームページ http://www.nogijinja.or.jp/

道中路地裏プチコラム
六本木西公園

都会の喧騒を忘れさせてくれる憩いの場所

もともと郵政省の官舎として使用されていた場所で、入口の冠木(かぶき)門が当時の面影を残した日本庭園風の公園。六本木通りのすぐ裏手にありながら、都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな雰囲気。門をくぐり水の流れに沿って歩いていると、都心のオアシスに来た気分になります。園内には遊具もあるので、少し休みながら、お子さんと一緒に遊ぶのもいいですね。

  • 【六本木西公園】の入口。木造の門構えが目印です
  • 石畳の道を歩きながら、緑で溢れた園内を散策しましょう

※上記写真をクリックすると大きな写真が見れます。

ページの先頭へ戻る

Welcome港区TOPへ